就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【3分でわかる】第二新卒の自己PRの作り方!面接で好印象にする方法とは?

皆さんは自己PRの書き方をしっかりとご存知でしょうか。今第二新卒として転職活動に奮闘中の皆さんは、自己PRに「私は粘り強い性格です。最後まであきらめずにやり抜く自信があります。」などと書くだけで終わってしまってはいないでしょうか。

どの企業においても「第二新卒は社会人経験がある」という認識がありますから、ただこんな性格ですと書くだけでは「この子は前にいた会社で何も学んでこなかったのか?」などと思われてしまい、面接官の印象に残れないどころかあまり良くない印象を与えてしまいます。

面接官は今まで何百、何千人という学生や既卒者を見ている採用のプロですから、自己PRの内容が薄いと評価すらしてもらえない可能性もあるのです。さて、ここでは内定に一歩近づくための第二新卒の方向けの自己PRの書き方をお伝えしていきます。

企業選びの失敗はしたくない就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

自己PRは根拠を示す具体的なエピソードが必要

「私は粘り強い性格です。最後まであきらめずにやり抜く自信があります。」という自己PR、一見好印象に見えますよね。しかし、これは面接であまり効果がありません。

では、これはいったい何が問題なのでしょうか。就職試験では、その人が他の人と何が違うのかを見極めようとします。長所を述べるだけの自己PRは誰にでも書ける内容であって、その人ならではの自己PRではないのです。

つまり自分の長所をアピールするには根拠を示す具体的なエピソードを交えて書くことが大切なのです。

表面的に自分をアピールすることは誰でも簡単にできます。しかしそれでは本当にその人にそういった長所があるのか、信憑性に乏しいのは言うまでもありません。

そこで具体例を交えることによって、より自己PRに信憑性を持たせることができ、面接官も改めて採用について真摯な態度で臨んでくれることでしょう。

具体例を示す時は、「やり抜いた」というだけではなく、どういった努力や工夫をして成功に結び付けたか、どれくらいの成果があったのかを忘れずに書くようにしましょう。

自己分析を使ってアピールポイントを明確に

具体的なエピソードが書かれていない自己PRのほかにも、内容が薄いという印象を与えるものがあります。
例えば、アピールポイントが弱い自己PRです。

アピールポイントが弱くなる原因には自己分析不足があります。自己分析をしっかりと行い、自信を持ってアピールできるポイントを的確に選ぶようにしましょう。自己PRは常に”客観的視点”とセットと考えましょう。

自己分析とは自分の適性や得意分野、目標や将来の理想像など、自分の本質を知るための作業のことです。やり方についてはこのあと詳しくお伝えします。

案外人間は自分のことをきちんと理解できていなかったり勘違いしていることが多いため、自己分析は非常に大きな効果を発揮します。

「私は粘り強い性格です。」という根拠が、「こういった場面で第三者から言われた」「○○の期間で、このような結果を残した」<など、常に他者からの視点を通しても具体的にわかると更によいでしょう。

書かれている自己PRの内容と実際の印象が違うと、自己分析不足と判断される可能性があります。

また、その会社がどういう人材を求めているのかを会社のホームページや就職サイトなどで研究しておくと、さらにアピールポイントが明確な自己PRにすることも可能です。

内容の濃い自己PRにする方法

効果的に自分をアピールする自己PRにするためには、相手が読みやすく理解しやすい自己PRを作ることがポイントです。

読みやすくするために、結論(自分の長所)→ 根拠となる具体的なエピソード → 就職してどのような点に活かせるか、という順番で書くのがよいでしょう。

具体的なエピソードには以下の4点を交えて書くと良いでしょう

  1. その事例に取り組んだきっかけ
  2. 困難だった点やうまくいかなかった点
  3. 問題を解決するためにどのように努力・工夫したのか
  4. 具体的な成果

また、その成果に対する周囲の評価を加えると、さらに説得力の増す自己PRになります。

とはいえ、自分ひとりでは自己PRを作成するのが難しい、不安だという方も多くいらっしゃることでしょう。そんなときには転職エージェントの利用が非常に便利です。

転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の就職支援サポートです。

例えば私たち第二新卒エージェントNEOでは第二新卒者をはじめとした若者を対象にサービスを展開しております。自己PR作成を自己分析の段階からお手伝いいたします。

またお一人お一人をプロの転職アドバイザーが担当させていただき、個人の希望条件や性格、適性に沿った求人もご紹介可能です。その他履歴書の添削やアドバイス、本番さながらの面接対策も行っています。

加えて面接後のフィードバック入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントNEOではすべて代行しており、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

なお、第二新卒エージェントNEOの強みはなんと言ってもアドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさ。「人見知りで対人が苦手・・・」という方にも高評価をいただいております。

ご相談からでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人での仕事探しでお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。

【自己分析のやり方】自己PRには自己分析が必須!

自己分析のやり方はいろいろと存在しますが、ここではパソコンやスマートフォンのメモ機能や、紙に書き出して考えていくやり方について解説いたします。

過去の経験を時系列で書き出す

まずは過去に経験した出来事を時系列に沿って書き出していくことになります。20代であっても30代であっても、今現在の自分は過去の様々な経験を積み重ねた上で成り立っているものなので過去を振り返ることは非常に大切です。

そういえばあの時ああいうことがあったから今こうしてるんだよななど、忘れていたようなことや今まで気づけなかったことに気づけたり理解できるかもしれません。そういった自分の奥底にあるものをこの作業によって探していくようにしましょう。

自分の今の立場と何をしてどうなったかを書く

さて、過去の出来事を思い出せるだけ書き出したら、次は今自分がどのような立場にいて、何をしてどんな成果を生み出したかを書いていくようにしましょう

アルバイトの経験などでもかまいません。自分が熱意を持って取り組んだことについて書いていくことができればベストです。

学んだこと、影響を受けたこと

次に過去の経験から学ぶことができたことや自分が影響を受けたことについて書き出しましょう。またそれによって自分の得意なことや苦手なこと、長所や短所を書き出して理解・把握していくこともできます。

長所と短所の共通点から性格を分析

さて、最後に上記で導いていくことができた長所と短所の共通点をあぶり出し、そこから自分がどんな性格なのかを理解、書き出して見つめてみましょう。

20代という年齢も加味しながら、そこから自分がどんな要素を含んだ仕事に向いているかなどが理解できると思います。

「転職したい!でも書類の準備がよくわからない・・・」そんなあなたにおすすめ

第二新卒でいられる間に転職してもっとやりたい仕事を探し出したいと考える人が非常に増加傾向にあり、それらの多くは書類作成に頭を悩まされます。

そこで近年人気を集めているのが就職・転職エージェントの利用です。エージェントでは企業がどんな観点で採用を行っているかをレクチャーしています。

例えば第二新卒者は履歴書を作成する際に、新卒との違いをはっきりと認識できている人が多くありません。実はこの違いを把握できていないことが原因で書類審査に通過できないでいる第二新卒者が多いのです

第二新卒者も新卒者もポテンシャル採用が基本となっているところは同様ですが、第二新卒者は多少なりとも社会人経験があるという点でまず新卒と異なります。

そして第二新卒は社会人経験があることに付随して、ビジネスマナーも一通り身についているであろうという前提を企業から持たれます。そして短期間で前職を辞めているという事実もあります。

これらの要素を把握した上で、ポジティブな新卒との違いを履歴書に盛り込み自分をアピールする必要があるのです。

さて、このコラムでは第二新卒者が悩みやすい転職における書類作成についてリサーチしています。続きはコチラ!

第二新卒の面接で見られているポイントとは?

書類選考が通過すると次はいよいよ面接となりますが、 第二新卒の皆さんは具体的に面接官が選考者の何を見て合否を判断しているかご存じでしょうか?それを知っているといないとでは通過率が大幅に違ってきます。

面接では自己PRの内容や志望動機の書き方で悩まれる方がほとんどだと思います。もちろん面接の中身はとても重要なことですが、それ以外にも声の出し方や見た目の清潔感を変えることで選考通過に大きく関わってきます

メラビアンの法則においては見た目、声、話の内容が印象の多くを占めていると言われており、見た目からの印象は55%、声からの印象は38%、話の内容からの印象が7%とされています。

なんと人に与える印象に関しては見た目が半分以上も占めているのです。ぜひ、身だしなみのチェックを怠らないようし、声の出し方やや話の内容の濃さにも気をつけましょう。

また、選考に参加する際にNGとされている見た目、仕草のワースト3を皆さんはご存知でしょうか?これもまたよく知らないまま面接に臨んでしまうと選考で失敗してしまいます。

さて、このコラムでは第二新卒の面接で気をつけるべき点についてリサーチしています。もっと読みたい方はコチラ!

【体験談】第二新卒から転職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員への転職に成功しています。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div