就活ノウハウ

【日本の採用状況を知るPart6】求人動向はチェックするべき?

就職活動において求人動向のチェックは欠かせませんが、新卒や第二新卒に比べると採用枠が厳しい既卒の就職活動においては、卒業後の無職期間はデメリットとなることもあり、流されずに就職活動をすることが重要です。

 

 


就職支援サービス案内

 

求人動向は参考程度に

求人動向はおおまかに企業の採用姿勢をはかるのに参考となる資料です。しかし企業の採用活動のメインは新卒であるため、既卒の場合はさらに厳しいのが現状であり、明確な数字として見えて来ない部分も多いです。したがって希望する業種の求人が少ないからといって時期を待っていては、いわゆる無職期間が長くなることとなり、先の就職活動にも悪影響を及ぼします。逆に既卒だからといって安易に求人数の多い業種を志望理由として就職活動を行うのは危険です。これまでの就職活動の経験を生かすためにも、求人動向に惑わされないことが重要です。

 

既卒が就職時期を遅らせるデメリット

既卒で就職活動を行っていると必ずチェックされることが、無職期間の長さです。
空白の期間が長くなればなるほど、就職には不利になります。たとえ資格取得や関連業種でのアルバイトなどで空白期間を過ごしていたとしても、無職期間が長引いていると書類選考が通らなくなるケースや、その後の面接での印象が下がるといったデメリットももたらします。そのため今は業界が不調だから、と就職活動の時期を遅らせるのは得策ではありません。時期を待っていたところで新卒との競争も激化していく可能性もあるので、一刻も早く行動を起こすべきです。

 

既卒が早期就職をめざしたほうがいい理由

既卒の場合、ブランク期間が少ない方が就職活動は成功しやすいのはもちろんですが、早期就職をめざした方がよいのは、就職時期が早いほど以降のキャリアを早く形成できるからです。求人動向を気にするあまりに就職活動を先延ばしにしたり長引かせたりしていると、社会人としての経験や業務の知識を得る時期も遅れてしまいます。就職活動において第二新卒が既卒よりも有利な理由はこの社会人としての教育やキャリアがすでに形成されているという点です。一社会人として遅れをとらないためにも、既卒が就職活動の時期を待つ必要性は見当たりません。

 

まとめ

就職活動において求人動向の分析はある程度必要ですが、既卒者にとって就職活動時期を遅らせるのはデメリットが目立ちます。動向に流されずに自分の希望や目標を明確にして素早く行動することが採用への道となるでしょう。

次回→【日本の採用状況を知るPart7】職種別求人の属性を知る!

 


就職支援サービス案内


関連記事



ページのトップへページのトップへ

無料相談