就活ノウハウ

【既卒就活の教科書】履歴書の書き方

履歴書

履歴書は面接官があなたから印象を受ける最初の場です。
この時の印象が良ければ、面接での評価をプラスでスタートさせる事ができます。
逆に言えば、履歴書で悪い印象を与えてしまうと、面接での評価がマイナスからスタートしてしまいます。
選考通過率を高めるために、以下の内容にそって履歴書を作成しましょう。

 

履歴書見本

・見られているポイント

①丁寧に書かれているか
丁寧に書かれている履歴書はそれだけで好評化です。下書きをしてからきちんと書きましょう。

 

②写真がきちんと撮れているか
写真はビジネスの場にふさわしいものを貼り付けましょう。剥がれてしまってもいいように、写真の裏には名前を書きましょう。

 

③汚れていないか
汚れがついていたり、折れ曲がっているのはNGです。”読んでもらうもの”という認識を忘れずに。

 

④誤字脱字がないか
誤字脱字は問答無用でマイナス評価です。間違えても絶対に修正液や二重線での修正は禁止です。めんどくさがらずに書き直しましょう。

 

⑤黒のペンで書かれているか
ビジネスの書類において、消せるもので書くことはNG。鉛筆や消せるペンでの提出は厳禁です。

 

⑥使い回ししていないか
使い回しをせずに、1社1社丁寧に書きましょう。日付も見られているポイントなので、当日のものを記入しましょう。

 

複数社受けているとないがしろにしてしまいがちな履歴書。
しかし、面接官が受け取るのはその中の1通だけ。一枚一枚丁寧に書きましょう。

 

step4 企業選びへ→

 

一覧へ戻る

こちらの記事もチェック

自己PRの書き方

志望動機の書き方

企業研究のやり方

 

就職支援サービス案内


関連記事



ページのトップへページのトップへ

無料相談