就活ノウハウ

クリエイティブ職の志望動機

クリエイティブ職は、デザインやコピーライティング、音楽などを日々生み出しています。
日常的に人の目に触れる華やかなイメージに憧れている方も多いかもしれません。

第二新卒や既卒の方がクリエイティブ職を目指すとき、どのような点に気を付けて志望動機を作成していったら良いのか、ここで見ていきましょう。

クリエイティブ職に求められる能力とは?

「クリエイティブ」と名が付くと、奇抜なデザインや突飛な発想が的を射ているように思います。
あるいは、そのような発想ができなければ、クリエイティブ職に向いていないのではないか、と考える方もいるかもしれません。

世の中に溢れる派手なデザインの広告や映像を目にすると、一見、そういった感性が一番大事に思えてしまいますが、実はそれだけでないのがクリエイティブ職です。
多くの人の目に触れるということは、マーケティング力や企画力など、意外にも地道な行動力が問われます。

第二新卒や既卒の方が、今までの経験で培ってきた力を発揮できる可能性のある職種なのです。

分析力がポイントの一つ!

クリエイティブ職では地道な行動力が問われます。
具体的にはどういった力が必要なのでしょうか。

依頼があったら、まずそのクライアントが商品に何を求めているのかを知らなければなりません。
クライアントとコミュニケーションをとり、読み取っていくのです。
要求が分かったら、消費者のニーズをマーケティングで得たり、過去の実績を振り返ったりしながら、より効果的な商品を創造していきます。

本当に有効な商品を探っていくには、そういった情報を分析する力が必要となってきます。
有名クリエイターの一見突飛に見える商品でも、様々な情報の分析から適格なポイントを突いているからこそ、世間に広く知られる結果を生むことができるのです。

クリエイティブ職に有効な志望動機とは?

既卒や第二新卒の方がクリエイティブ職の志望動機を作成していくにあたって、大切なことは他者と差を付けるために突飛な発想ばかりを追求するのではなく、的確な分析からいかに商品の訴求力を高められるかであるということが分かってきました。

マーケティングを基にした分析力だけでなく、クライアントとのコミュニケーション能力や、スケジュールの管理能力なども求められる場合もありますので、志望動機には多様な角度からのアプローチが可能であるとも言えます。

マーケティング経験や企画経験、制作実績など、志望する職によって様々な点を積極的にアピールし、第二新卒や既卒ならではの志望動機を作成していくと良いでしょう。

利益を生み出すには、単に創造力だけが秀でていれば良いわけではないのです。

これまでの経験を振り返って、マーケティングやデータ分析に関するスキルがあったら一度目を向けてみましょう。
自分でも気づいていなかった、クリエイティブ職への新たなアプローチ方法があるかもしれません。

 

若手層に特化した無料就職支援の第二新卒エージェントneoでは、正社員に向けて就職活動をするあなたを専任のキャリアアドバイザーがサポート致します。
クリエイティブ職の志望動機の書き方を教えて欲しい、クリエイティブ職の非公開求人を紹介を紹介して欲しいという方は、是非一度、第二新卒エージェントneoにご相談下さい。

就職支援サービス案内

 

志望動機の書き方はこちら


関連記事



ページのトップへページのトップへ

無料相談