就活ノウハウ

印象がガラッと変わる!履歴書に最適な写真って?

履歴書に必ず必要な証明写真。早くて安いスピード写真を使っている人も多いかもしれません。

しかし重要なのはその写真が「履歴書に最適」なのかということです。

写真は履歴書の中で最初に目がいく場所です。ここに気を遣っているかどうかで印象も変わってきます。

少しでも差をつけたい既卒の方には重要なポイントです。

スピード写真と写真館の違いは?

最近のスピード写真は昔と比べると綺麗に撮れるため魅力的です。

街の至る所に設置されているため、都合のいいときにいつでも撮りに行けます。

しかし、仕上がりの綺麗さを見てみるとやはり設備の整った写真館で撮影したものとは違います。

写真館での撮影はスピード写真にありがちな、顔の陰影の強弱や光量の明暗などの問題はすありません。さらに、撮り直しや焼き増しもしてもらえることがポイントです。

就職活動は多くの写真が必要になります。その度に撮影していたのでは時間もかかってしまうため、焼き増しをしてもらえるのはとても便利です。

 

客観的に見てもらえる、プロによる撮影

タイミングや表情、姿勢など全て自分で判断しなければいけないスピード写真に比べ、写真館ではプロのカメラマンが的確なアドバイスをしてくれます。

肩が曲がっていないか、目の焦点は合っているか、顎を少し引いた方がいいまたは上げた方がいいかなどと、ほんの少しのことですが自分ではなかなか気付きにくい部分も指摘してくれます。

客観的に見てもらうことによって些細なところまでこだわった写真になるのです。

また、写真館によっては肌の色などの画像修正やヘアスタイリング、メイクをしてくれるところもあり、より納得のいく写真に仕上げることもできます。

写真1枚にかける手間や時間

スピード写真は早くて便利ということもあり、安易なイメージを持つ人がいるかもしれません。

就職は人生を左右するものであり、履歴書は自分を最大限にアピールできる場所です。

その履歴書に手間や時間をかけた写真を使うか、それとも簡単に撮れる写真を使うかどうかにより、熱意の伝わり方が変わってくる場合もあります。

履歴書の内容が大事なのはいうまでもありませんが、少しでもよい印象を与えるためには、写真一枚であっても些細なところまでこだわる必要があるのではないでしょうか。

多少の手間や時間がかかっても、綺麗な仕上がった写真の方が意欲的な履歴書になるはずです。

写真で合否が決まるわけではありませんが、たかが写真されど写真です。

どんなに履歴書の内容が素晴らしいものであっても、マイナスのイメージを持たれてしまうような写真を使うことは避けたいものです。

不安要素は少しでも取り除いて、自信をもって就職活動に臨みましょう。

 

就職支援サービス案内


関連記事



ページのトップへページのトップへ

無料相談