就活ノウハウ

【既卒就活の教科書】好印象を持たれる身だしなみ~女性向け~

身だしなみの整った女性

女性が就活において好印象を得ることができる身だしなみの基礎をまとめました。

▼目次

  1. 髪・メイク編
  2. スーツ・衣類編
  3. 靴・小物編

 

就職支援サービス案内

 

pixta_16039877_L

 

髪・メイク編

・髪
髪色は自然な色合いで。地毛に近い色がベスト。
前髪もすっきりとした印象を与えられるように、額や眉毛を出すようにする。
ロングヘアは動いた際に顔にかかったりしないようすきりと束ねる。
ショートヘア、ボブヘアも面接の際にはサイドを後ろでまとめ、耳を出すなどするとすっきりとした印象に。

 

・メイク
ナチュラルメイクを心がけましょう。バッチリメイクはビジネス・面接の場ではマイナス印象になりかねます。
ベースのファンデーションは、首などと差が出すぎないようにしましょう。あくまでナチュラルに、素肌にあった色合いにしましょう。
チークも目立ちすぎず、ナチュラルな印象を与えるように、自分の頬が自然に少し赤くなった時のような色を選びましょう。
目元は派手になり過ぎないように。目の下側にはラインをひかずつけまつげも外しましょう。
唇は暖かみを感じる色になるようにしましょう。血色に合わせ、血色が良い時は地の色を活かして透明でツヤが出るものを、血色が悪い時にはピンク系で元気な印象を与えるようにしましょう。
目の下のクマやくすみもコンシーラーで隠しましょう。ただし、厚ぼったく塗りすぎるのもNGなので、日頃から睡眠不足などにも気をつけましょう。

 

スーツ・衣類編

・スーツ
黒の無地のものが基本です。サイズもだらしなく見えないように自分の体型にあったものを選びましょう。
セミタイトのものを選ぶと、よりすっきりとした印象を与えられます。
面接の際には必ずボタンをとめるので、きつすぎてもNGです。
実際に着てみて、Vゾーンがナチュラルに見えるものを選びましょう。

スカート丈は座って膝にかかるくらいに。立っている状態と見える長さが変わるので注意。
タイトスカートのポケットにものを入れると形がくずれてしまうので、小物や携帯も鞄の中にしまいましょう。
パンツスーツの方は、折り目をしっかりとつけましょう。

上下共にシワ・ホコリに気をつけ、帰宅後はハンガーにかけ、ブラッシング・スプレーを必ずしましょう。

 

靴・小物編

・靴
パンプスは黒いシンプルなものを。ヒールの高さも4センチ程度のあまり高くないものを選ぶ。
素足はNG、ストッキングを必ず着用する。色は地肌に近いナチュラルな色を選ぶ。濃い色のタイツはNG。
ストッキングは必ず予備のものを鞄に入れておきましょう。

 

・鞄
資料を折り曲げずにしまえるように、A4サイズが入るサイズにしましょう。
また、面接の際に椅子の横におけるよう、自立するタイプのものを選びましょう。
肩にかけるタイプの鞄は、スーツにシワをつけてしまう可能性があるので、なるべく手持ちタイプにしましょう。

 

・時計・文具・手帳・小物
なるべくシンプルで機能性の高いものを選びましょう。文字盤が見やすいものがベスト。
文具や手帳も派手なデザインは避けましょう。キャラクターものなどもビジネスの場ではNGです。
アクセサリーも選考の場では極力外しましょう。
ネイルも長過ぎたりつけ爪はやめましょう。マニキュアは透明や薄めのピンクで抑えましょう。

 

身だしなみは準備と意識がけですぐに変えられる事なので、選考のマイナスにならないように気をつけましょう。

step3 書類の書き方へ→

一覧へ戻る

若手層に特化した無料就職支援の第二新卒エージェントneoでは、正社員に向けて就職活動をするあなたを専任のキャリアアドバイザーがサポート致します。
書類の書き方や面接に自信がない、やりたい仕事が見つからない、自分にあった求人の探し方がわからないといいたお悩みをお持ちの方は是非一度、第二新卒エージェントneoにご相談下さい。

就職支援サービス案内

 

こちらの記事もチェック

自己PRの書き方

志望動機の書き方

企業研究のやり方


関連記事



ページのトップへページのトップへ

無料相談