就活ノウハウ

【既卒就活の教科書】好印象を持たれる身だしなみ~男性向け~

身だしなみの整った男性

男性が就活において好印象を得ることができる身だしなみの基礎をまとめました。

▼目次

  1. 髪・顔周り編
  2. スーツ・衣類編
  3. 靴・小物編

 

就職支援サービス案内

pixta_13462006_M

髪・顔周り編

・髪
髪色は黒にしましょう。濃い目の茶髪なども就活の場ではNGです。
長さはショートヘアが基本です。前髪は目にかからないように、サイドは耳を出すようにしましょう。
当日は寝癖などを直し、整髪剤で整えましょう。ツンツンに立て過ぎたり、ボリュームを出し過ぎたりするのもNGです。

・顔周り
ひげは必ず剃りましょう。忘れがちな頬周りのひげや、もみあげ周辺もきちんと整えましょう。
眉毛もケアが必要です。長さ、形ともに整えましょう。セットをするのがのが初めての方は、ドラッグストアなどにあるグルーミングセットを購入すると、一通りのケアが可能です。

 

 

スーツ・衣類編

・スーツ
黒のリクルートスーツが無難です。
大きかったり小さかったり体にサイズがあっていないとだらしない印象を与えてしまうので、きちんと体格にあったスーツを着用しましょう。
選考が終わったら専用のハンガーにかけ、ブラッシングかスプレーをして手入れをしましょう。
また選考の前には必ずホコリを取り、肩首まわりにフケなどがついていないかも確認しましょう。
ズボンも同じように、必ず折り目をつけましょう。膝が出てしまっているのはNGです。

 

・Yシャツ
色は必ず白のものを選びましょう。Yシャツの下に着る肌着も必ず白の肌着を選びましょう。
サイズを選ぶ際には、首周りを基準に一度お店ではかってもらいましょう。スーツと同じように大きすぎや小さすぎもNGです。

 

・ネクタイ
青か赤のストライプが無難です。他の柄でも大丈夫なのですが、ファッション性の高すぎるものや目立ちすぎるものは避けましょう。
ゆるんでいたり、前と後ろの長さがあっていないなどに気をつけましょう。

 

 

靴・小物編

・靴
黒のビジネスシューズはもちろんのこと、シンプルで先が尖りすぎていないものを選びましょう。
また、選考の前には必ず磨くこと。本格的な手入れセットでなくても、塗るだけで大丈夫な靴クリームなどもあります。
靴下は必ず黒のもので、くるぶしやショートサイズではないものを選びましょう。具体的には、座った際に素肌が見えない長さのものにしましょう。

 

・ベルト
黒のシンプルなベルトを選びましょう。ベルトの先が出過ぎているとだらしなく見えるので、ベルト穴の長さも合わせてカットしましょう。

 

・鞄
A4サイズのファイルが折り曲げずに入れられるサイズのビジネスバッグを選びましょう。
選考の際には椅子の横に置くことが多いので、自立できる形のものが便利です。

 

・時計・文具・手帳
なるべくシンプルで機能性の高いものを選びましょう。文字盤が見やすいものがベスト。
文具や手帳も派手なデザインは避けましょう。キャラクターものなどもビジネスの場ではNGです。

 

身だしなみは準備と意識がけですぐに変えられる事なので、選考のマイナスにならないように気をつけましょう。

step3 書類の書き方へ→ 

一覧へ戻る

就職支援サービス案内

 

こちらの記事もチェック

自己PRの書き方

志望動機の書き方

企業研究のやり方


関連記事



ページのトップへページのトップへ

無料相談