就活ノウハウ

物流業界の志望動機

インターネットの普及により、日本はもちろん、世界各国のものが手軽に自宅に届けてもらえる時代になってきました。
そこで注目されているのが物流業界です。
物流と言っても幅広くトラックや飛行機、そして船など輸送する手段もさまざま。物流業界を考えている方のために志望動機を書くコツなどを探っていきます。

物流業界の現状について

物流業界は、物を運ぶすなわち輸送する仕事です。
原価率を下げるため、海外の工場に生産を移行していることから、国内での輸送量が減少傾向にあります。
そのため、3PL「サード・パーティー・ロジスティクス」という方法が活用されています。
この3PLとは、企業が今まで行ってきた物流部門を、アウトソーシングという形で物流業界が一元管理する形です。
物流業界は専門的職種という立場からコストや効率化を前提とした物流戦略を企画し、企業の物流部門の見直しや改革などを担っています。
ますます物流業界の面白さや可能性がどんどん開花できる時代に突入したといっても過言ではありません。

求められるのは柔軟性と積極性

物流業界では、取引先の企業となる流通ルートやコスト削減、そして問題点や要望などをヒアリングして、それを企業の実際の物流ルートなどと照らし合わせ、双方に良い方法を構築していきます。
まさに新しい物流システムがどんどん生まれていくやりがいのある業界です。
会社独自の規定やルールはあっても、それをいかにアレンジして企業の要望に応えられるかは柔軟性と積極的にかかっています。
積極的に自社内で提案などを行っていく発信力なども求められますし、既卒の方で新しい事にどんどんチャレンジしていきたいと思う方に適性の合う職業であるといえます。

即戦力となるメッセージを含める

既卒の方で物流のアルバイトをしたことがある方は、学んだことを踏まえて志望動機に反映するとより具体性を持たせたメッセージを伝える事ができます。
また、社内はもちろん、アウトソーシングで取り引きする企業の意向をくみ取って、最適な物流部門を確立するためにはやはりコミュニケーション能力が重要です。
大学やサークルでのリーダー経験など、柔軟性や積極性を盛り込んだ志望動機を記載すると、即戦力となって企業に貢献するイメージが持てるため、印象が良く映ります。
実際に物流関係で働く場面を想像しながら、志望動機に絡ませて記載してみると良いでしょう。

物流業界はますます発展を遂げる業界の一つとして注目を集めています。
既卒の方で物流業界を希望している方は、ぜひ業界の歴史や現状などを踏まえて志望動機に反映させると、即戦力となって活躍してくれる印象を持ってもらえるのではないでしょうか。

 

若手層に特化した無料就職支援の第二新卒エージェントneoでは、正社員に向けて就職活動をするあなたを専任のキャリアアドバイザーがサポート致します。
物流業界の志望動機の書き方を教えて欲しい、物流業界の非公開求人を紹介を紹介して欲しいという方は、是非一度、第二新卒エージェントneoにご相談下さい。

就職支援サービス案内

こちらの記事もチェック

志望動機の書き方

自己PRの書き方


関連記事



ページのトップへページのトップへ

無料相談