就活ノウハウ

Webデザイナー職の志望動機書き方

デザイナーの仕事風景

Web業界の成長と共に、認知度も上がって来た人気のWebデザイナー職。
企業が選考の際に何を重要視しているのか、どのようにアピールして行けば選考に通過しやすくなるのか。知っておけば選考のプラスになる情報をまとめ、未経験からWebデザイナー職に就職するための志望動機の書き方をご紹介します。

▼目次

  1. Webデザイナー職とは?
  2. Webデザイナー職に求められるポイント
  3. 3ポイントまとめ

 

Webデザイナー職の志望動機例文はこちら

 

就職支援サービス案内

 

Webデザイナー職とは?

Webデザイナー職とは、その名の通りWebサイトやサービスのデザインを行う職種です。具体的には、企業サイトやアプリケーション全体のデザインから、細かいバナーやボタン、素材等のデザインと作成を行います。また、デザインだけでなく、全体のフレームワーク及びコーディング作業を兼務する事もあります。また、マーケティングやSEMの支店を交えたデザインが出来るWebデザイナーは重宝されます。

IT業界全体としても伸びており、今後もさらなる成長が見込める業界ですのでWebデザイナー職の需要は高まっていきます。さらに、デザイナーだけではなく、コーディングやITのスキルをつけることによって、幅広いキャリアアップも可能です。

 

Webデザイナー職に求められるポイント

では実際にどのような点をアピールしたら、人事から高評価を得られるのかを見てみましょう。

・デザインスキル
デザイナー職である以上、スキルは必ず求められます。しかし、ここでいうスキルはセンスや受賞経験などではなく、デザインソフトをきちんと扱えるかといった点になります。もちろん、制作実績が有るにこした事はないですが、応募する段階で、必ずデザインソフトの基礎は学んでおきましょう。また、デザインのスキルだけでなく、IT・Webサイト等の関連した知識や製作スキルも選考においてはプラスの要素となります。

・ヒアリング、理解力

 活躍できるWebデザイナーの特徴として、ディレクターやクライアントの意向を汲み取れるといった点があります。ただ言われた通りのカラーパターンやイメージで作るのではなく、クライアントが求めている内容を理解し、提案できるWebデザイナーは重宝されます。ですので、何かを提案し改善した経験などがあれば志望動機に盛り込むことできっとプラスとなるでしょう。

 

【気をつけるポイント】

・好きにデザインが出来るわけではない

商業デザインにおいて、クライアントの意向は絶対に守らなくてはいけません。その意向に沿いながらも、一番効果が出るであろうデザインを自分の好みやセンスとは別物として、提案・作成しなくてはなりません。

また、フリーランスであれば別ですが、企業や組織に属していれば、その組織の色や方針に沿ったものを作成する必要があります。ですので、商業デザイナーである以上、自分の好きなデザインだけをすることは出来ないのです。

 

3ポイントまとめ

  1. 基礎的なスキルは必ず身に付ける
  2. デザインだけでないWebの知識もアピール
  3. ヒアリング・や提案経験などで志望動機に厚みを持たせる

自分がデザインしたサイトが実際にWeb上に公開された瞬間の感動はこの上ないWebデザイナー職のお仕事。

しっかりとアピールすべき点をアピールし、就職成功につなげてください。

 

Webデザイナー職の志望動機例文はこちら

 

若手層に特化した無料就職支援の第二新卒エージェントneoでは、正社員に向けて就職活動をするあなたを専任のキャリアアドバイザーがサポート致します。
Web系職種の志望動機の書き方を教えて欲しい、Web系職種の非公開求人を紹介を紹介して欲しいという方は、是非一度、第二新卒エージェントneoにご相談下さい。

就職支援サービス案内

 

他のIT・情報系職種の志望動機の書き方はこちら

SE(システムエンジニア)

Webディレクター

マーケティング

こちらの記事もチェック

志望動機の書き方

自己PRの書き方


関連記事



ページのトップへページのトップへ

無料相談