就活ノウハウ

Webディレクター職の志望動機書き方

エンジニアの仕事風景

様々なWebサイトやサービスの作成に携われると人気のWebディレクター職。
企業が選考の際に何を重要視しているのか、どのようにアピールして行けば選考に通過しやすくなるのか。知っておけば選考のプラスになる情報をまとめ、未経験からWebディレクター職に就職するための志望動機の書き方をご紹介します。

▼目次

  1. Webディレクター職とは?
  2. Webディレクター職に求められるポイント
  3. 3ポイントまとめ

 

Webディレクター職の志望動機例文はこちら

 

Webディレクター職とは?

Webディレクターの仕事内容を一言でまとめると、Webサイトやサービスを制作する際のまとめ約です。デザイナーやコーダー、プランナーなど、Web制作における様々な職務の方々の進捗管理を行い、無事に期限通りに問題なくサービスを完成まですすめる事が主な役割です。また、Webディレクターの担当者が、プランニングやコーディング、デザイン業務を行う事もあり、幅広い業務を行う事ができるのもWebディレクターの魅力の一つです。

自分でプログラミングが出来なくても、製作においての質問を受けた際に、どのようなスキルの人員がどのように動けばできるのかを答える事がWebディレクターとしての重要なスキルになります。

Webディレクターのニーズは依然高まりを見せており、大規模サイトの制作経験や幅広いエンジニアスキルを持ったWebディレクターの市場価値は非常に高い傾向にあります。しかしながら、まったくの未経験での募集はとても少ないのが現状です。いきなりではなく、コーダーや他のエンジニア系職種、WebマーケティングやプランニングからWebディレクターに就職することも一つの手であります。

 

Webディレクター職に求められるポイント

では実際にどのような点をアピールしたら、人事から高評価を得られるのかを見てみましょう。

・聴く力、伝える力
Webディレクターは業務上、複数の人と関わらなければなりません。しっかりと進捗状況や問題をヒアリングし、必要な業務を伝える力が必要になります。アルバイトリーダーなどで、シフトの調整経験や、卒業製作や論文でのスケジュール進行の経験がある方は、志望動機に盛り込みましょう。

・勉強熱心さ

 日々移り変わるWeb業界の中でも、幅広い分野の知識が必要なWebディレクター職。受け身ではなく、自ら学んでゆく姿勢がとても重要です。ですので、今までに資格取得や学校の勉強で頑張ってきた経験を志望動機に盛り込む事で、より選考通過率を上げる事ができます。もちろんWeb系の勉強を自主的に行う事がベストです。

 

【気をつけるポイント】

・現場のカバーも必要

進行を管理する立場なので、進捗が遅れていれば、計画の立て直しやカバーに入る必要があります。その際にも、ただ納期を早めるだけでなく、人員のモチベーションなども上手くコントロールしつつ、業務を円滑にすすめる必要があります。

 

3ポイントまとめ

  1. 業務上の立場や役割をしっかり把握
  2. タイムマネジメント経験でプラス
  3. 勉強を怠らない

サービスがローンチされた瞬間の感動はこの上ないWebディレクター職のお仕事。
しっかりとアピールすべき点をアピールし、就職成功につなげてください。

 

Webディレクター職の志望動機例文はこちら

 

他のIT・情報系職種の志望動機の書き方はこちら

SE(システムエンジニア)

Webデザイナー

マーケティング

 

こちらの記事もチェック

志望動機の書き方

自己PRの書き方

 

就職支援サービス案内


関連記事



ページのトップへページのトップへ

無料相談