就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

仕事から早く帰りたい!定時になったら即上がれる方法8選

「仕事全然終わんない・・・早く帰りたい・・・」

このように、なかなか定時で帰ることができずストレスが溜まっている方は多いことと思います。中には仕事がつまらなくて一日経つのがすごく長く感じられる方もいらっしゃるでしょう。

そこで本記事では定時になったら即上がれる方法8選をご紹介いたします。仕事を早く終わらせる方法もご紹介しますので、少しでもお役に立てれば幸いです。

仕事から「早く帰りたい」と思ってしまう理由5選

そもそも、人はなぜ「早く帰りたい」と感じるのでしょうか?代表的な理由としては下記の5つが考えられます。

それぞれ見ていきましょう。

職場・仕事に原因がある

まずは職場や仕事に原因があることが挙げられ、具体的には下記のようなケースが該当します。

(1)業務量が多すぎる
(2)早く帰りにくい雰囲気がある
(3)職場の空気がギスギスしている

業務量が多すぎる

まずは、業務量が多すぎるケースです。人はある程度ゴールが見えていればモチベーションを保ちやすいですが、先が見えなくなるとやる気を失う傾向があります。

自分一人で片付けるにはとても就業時間内で収まりそうにない業務量を課せられると、「いつになったら終わるんだろう・・・」と次第にモチベーションが低下してしまうのです。

繁忙期など、一定の期間だけ忙しくなる分にはなんとか乗り越えられるかもしれませんが、それが日常的になると仕事を放り出したい気分になり、早く帰りたいと感じやすくなります。

早く帰りにくい雰囲気がある

次に、職場に”早く帰りにくい雰囲気”があることから、周りの顔色が気になってなかなか帰れないケースが挙げられます。

「上司より先に帰ったら失礼になるかも」
「自分だけ先に帰るのは周りに申し訳ない」

このように周りに気を遣い、早く帰れないでいる方は多いのではないでしょうか?不必要な残業が続くと「早く帰りたい」と感じるのは当然です。

またこういった日々が続くと、毎朝出勤する度に「今日も周りが帰るまで残業か・・・」とストレスを溜め込みやすくなり、一層憂鬱な気分になります。

職場の空気がギスギスしている

次に、職場の空気がギスギスしているケースも挙げられます。

悪口や陰口が多い、仕事のやり方で衝突することが多い、多様な価値観の人が集まっているなどの職場では、空気がギスギスしやすくなります。

こういった職場で働いている方は、「この空間すごく居心地悪い・・・早く帰りたい」と感じるようになります。

仕事に本質的な意義・価値を感じていない

次に、仕事に対して”本質的な意義・価値”を感じていないことが挙げられます。

たとえば”人や社会の役に立ちたい”などの自分が大切にしている考え方と仕事内容が合致していたり、”将来就きたい仕事に繋がるノウハウを学べる”などの意義や価値をその仕事に感じている場合、人はモチベーションを保ちやすくなります。

自分にとって本質的な意味や価値を感じるからこそ、少し難しいことや少し面倒なことがあっても苦になりにくいのです。

しかし、そういった何かしらの価値を仕事に見出すことができないと、仕事自体がつまらないものに感じられます。お金を稼ぐ以外にそこにいる意味がなくなってしまうため、定時になったら「さっさと帰りたい」と感じるようになるのです。

大きな仕事の前で緊張している

次に、大きな仕事の前で緊張していることが挙げられます。

真面目で責任感が強い方ほど当てはまる傾向がありますが、任されている仕事の規模が大きければ大きいほど感じるプレッシャーも強くなり、つい仕事から逃げ出したくなるのです。

「失敗して期待を裏切ってしまったらどうしよう」などと深く考えすぎることで逃避願望が強まり、早く帰りたいと感じるケースがあります。

体調が悪い、疲れが溜まっている

次に体調が悪い、あるいは疲れが溜まっていることが挙げられます。

日頃の生活習慣が乱れていることが原因でなんとなく体がだるかったり、憂鬱な気分になっているという方は少なくありません。

漠然と体調が優れず疲れも溜まっていることから、早く帰ってゆっくり休みたいと感じるのです。

プライベートでの楽しみがある

最後に、プライベートでの楽しみがあることが挙げられます。たとえば好きな漫画の発売日や楽しみにしているドラマの放送日には、定時までに仕事を終わらせて帰りたくなるものです。

他にも「大切な人との時間を長く確保したい」「仕事終わりは趣味に時間を長く使いたい」という方もいらっしゃるでしょう。こういった”プライベートでの楽しみ”に意識が分散することで仕事に集中しきれず、早く帰りたいと感じるようになるのです。

仕事から早く帰りたい!定時になったら即上がれる方法8選

では、仕事から早く帰りたいと感じている方がそれを実現するには一体どうすれば良いのでしょうか?ここでは方法を大きく下記の2つに分けたうえで計8つの方法をご紹介します。

【定時で即上がれる方法】

(1)定時で帰る工夫をする
(2)ポジティブなマインドを作る

まずは定時で帰る工夫について見ていきましょう。

定時で帰る工夫をする

定時で帰る工夫としては下記の3つが挙げられます。

仕事を早く片付ける工夫をする

まずは仕事を早く片付ける工夫についてです。具体的には下記が挙げられます。

仕事を早く片付ける工夫

(1)優先度の高いものから片付ける
(2)思考力を使う仕事は午前に回す
(3)前倒しで仕事を片付けておく
(4)報・連・相をこまめに行う

なかなか仕事が終わらないという方には、仕事にうまく優先順位をつけられないことで日常的に仕事に追われているケースが見られます。

そこで、下記の流れを参考に優先度の高いものから片付けるようにするとより効率的に仕事をこなすことができます。

【優先度の高いものから片付ける方法】

(1)タスクを全て書き出す
(2)優先順位をつける
(3)緊急・重要度が高いものから片付ける
(4)緊急・重要度が低いものは明日以降に回す

まずは自分のタスクを全て洗い出した後、下記の画像を参考にそれぞれ優先順位をつけます。そして納期が決まっている緊急度の高いものや重要度が高いものから片付けるようにすれば、仕事に追われにくくなります。

緊急度・重要度が低いものは明日以降に回したり、隙間時間に進めることで緊急度・重要度が高い仕事の進行を妨げることなく着手することができます。

次に、思考力を使う仕事は午前、作業ベースの仕事は午後に回すのがおすすめです。

脳科学者・茂木健一郎氏によれば朝の起床後3時間は脳が最も効率的に働く「ゴールデンタイム」とのことで、企画を考えるなどの思考力を必要とする作業は午前中に行った方が効果的とされています。

その分、資料作成やデータ集めなどの作業ベースの仕事は午後に回すことで、より効率的に仕事を片付けることができるのです。

あとは前倒しで仕事を片付けておくことで仕事に追われるのを防げるほか、上司への報・連・相をこまめに行うことによっても仕事を早く終わらせることに繋がります。

報・連・相をこまめに行わなければ、資料を完成させた後になってから「この情報入れといて」と指示をされて二度手間になってしまったり、事前に上司へ相談しなかったことでトラブルを誘引してしまう可能性もあります。

これらは今日からでも試せる方法となっておりますので、ぜひトライしやすそうなものから着手してみてください。

仕事を早く片付ける工夫(再掲)

(1)優先度の高いものから片付ける
(2)思考力を使う仕事は午前に回す
(3)前倒しで仕事を片付けておく
(4)報・連・相をこまめに行う

周りに協力してもらう

次に、周りに協力してもらう方法が挙げられます。業務量が多くてどうにも定時で帰ることが難しい場合には、周りにお願いしてタスクを分担させてもらいましょう。

「でも、周りもすごく忙しそうだから頼みにくい」という方は、自分の苦手なタスクを人にお願いする代わりに、自分の得意なタスクを引き受けるようにすればWIN-WINかつ効率的な状態を作れるためおすすめです。

場合によっては上司に相談して業務量や担当領域の調整をしてもらうことも検討してみましょう。

周りを気にせず帰る

最後に挙げられるのは、周りを気にせず帰る方法です。

職場の雰囲気的に定時で帰るのが難しいという方は少なくないと思いますが、やるべきことをやり、就業規則に則った働き方をしていれば定時で帰ることには何の問題もありません。

勇気を出して「すみません、お先に失礼します。お疲れ様でした」と声をかけて帰宅しましょう。

どうしても先に帰るのが気まずいという方は、与えられた仕事をこなしたうえで+αの業務まで終わらせておけば、周りに迷惑をかけたり「あの人全然仕事してないな」と思われるのを防ぎやすくなります。

また、定時で帰り続ければ「あの人は早く帰る人」という認識が少しずつ定着し、将来的に今よりもっと帰りやすくなるはずです。

ポジティブなマインドを作る

ここまでで定時で帰る工夫についてご紹介しましたが、ここからはポジティブなマインドを作る方法をご紹介します。具体的には下記の5つの方法が挙げられます。

目標設定を見直す

まずは目標設定を見直す方法です。昇給や昇進を目指すあまり、自分の身の丈に合っていない高すぎる目標を掲げてしまってはいませんか?

高すぎる目標を掲げると必然的に仕事量が増え、心に余裕がなくなり、キャパオーバーを起こしてやる気を失いかねません。

高い目標を目指す向上心はとても素晴らしいですが、自分を追い込みすぎてやる気がなくなってしまうのは本末転倒ですよね。

目標が高すぎることに心当たりがある方は、少し目標を低くしてみましょう。今よりも仕事量が緩和されて、早く帰路につけるはずです。

場合によっては自分の身の丈に合った仕事量に調整することでモチベーションが向上し、「早く帰りたい」と感じにくくなるかもしれません。

帰宅時間を決める

次に、帰宅時間を決める方法です。出勤したら「今日はこの時間までに帰るぞ」と決めて、それに向けて集中するという方法になります。

具体的には帰宅予定時間から逆算してその日の仕事の時間配分を決め、スケジュールに落とし込み、それに沿って仕事を一つひとつ片付けていきます。

この方法を取ることで最終的なゴールが見えやすくなりモチベーションが高まります。また、「この作業はこの時間までに終わらせよう」と時間を意識することで集中しやすくなり、仕事が早く片付きます。

仕事終わりのご褒美を用意する

次に、仕事終わりのご褒美を用意する方法です。特に、仕事に対してやる気が起きずついダラダラしてしまう方に効果的です。

「早く帰れたらずっと気になってたあの映画を見よう」「早く帰れた時だけはお酒を解禁しよう」など、仕事終わりのご褒美を用意することでより仕事に身が入りやすくなります。

ちなみに、自分が早く帰宅して一人の時間を満喫している様子を具体的に想像することで、より一層「早く仕事を片付けて家に帰ろう」と感じやすくなるためおすすめです。

規則的な生活習慣にしていく

次に、規則的な生活習慣にしていく方法が挙げられます。特に漠然と体がだるかったり、ちょくちょく風邪を引いてしまったり、疲れがなかなかとれないという方に効果的です。

規則的な生活習慣にしていくことで、体の不調や疲れを軽減し、仕事に対するネガティブな気持ちを予防する効果があります。具体的には下記の2つの方法がおすすめです。

【生活習慣の改善】

(1)睡眠の質を高める
(2)しっかりと休息をとる

まずは睡眠の質を高めることです。睡眠は食事と同じで、量より質が重要です。質の高い睡眠を確保することで疲れが取れ、集中力の低下を防ぎ、仕事に対するネガティブな気持ちを軽減させることができます。

睡眠の質を高める方法はたくさんありますが、今日からでもトライできる簡単な方法としては下記が挙げられます。

次に、しっかりと休息を取ることも大切です。身体を休めることもそうですが、脳のONとOFFをしっかり切り替えることで脳や心を休ませることも大切です。

仕事終わりや休日も仕事のことや過去のミスを思い出してはくよくよ悩んでいる、という方はいらっしゃいませんか?そういった状態では脳や心が休まらず、いつまでも漠然としただるさが取れません。

仕事終わりや休日には趣味や友人との予定を多く入れるなどして、脳や心をリフレッシュさせることも念頭に置いておきましょう。

意義・価値を感じる仕事に就く

最後に挙げられるのは、自分が意義や価値を感じられる仕事に就く方法です。

本記事の前半でもお伝えした通り、人は自分が大切にしている考え方と仕事内容がマッチしていたり、仕事に対して何かしらの価値を感じた時にモチベーションが高まります。

そのため、なんとなく就職先を決めてしまった、あるいは入社前と後のギャップが大きかったなど、今の仕事をするうえでの意義や価値があまり感じられないという場合は、転職によって解決することも一つです。

改めて自己分析を行い、自分が仕事においてどんな意義や価値を求めているのかを明確にしたうえでそれを実現できるような仕事を探してみましょう。

「自分が仕事に何を求めているのかよくわからない」という方は、転職エージェントを利用することで、専属のキャリアアドバイザーから職場・仕事選びをサポートしてもらう方法がおすすめです。

【転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、書類・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

転職エージェントでは専属のキャリアアドバイザーが希望や性格から「本当に合った仕事」をカウンセリングしてもらえるほか、必要に応じて書類・面接対策~入社までを徹底サポートしてもらえます。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っているほか、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

「自分が仕事に求めている価値観を知りたい」「ストレスフリーに働ける職場を教えてほしい」という方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


仕事選び

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div