第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

高卒で稼げる仕事は?給料のいい職種や業種、有利な資格を紹介

「高卒だから給料の良い会社に就職できない」「稼ぐことなんてできない」と諦めていませんか?たしかに、高卒よりも大卒の方が社会的に優遇されていることは明確な事実です。しかし、実際に社会に出てからお金を稼げるかどうかは「学歴」よりも「本人の努力次第」です。そこで、今回はきちんと努力すれば大卒にも負けない仕事について解説します。

高い給料をもらえる理由とは

この社会にはお給料の高い仕事や高い企業が存在する中で、お給料が低い仕事やあまり高く設定されていないため年収を稼ぎにくい企業もありますが、これはなぜなのでしょうか?

高収入を得たいと思っている人であればぜひ、高収入を得ることのできる理由を知っておきましょう。

高収入の仕事の特徴

高収入の仕事には共通する特徴が存在します。例としては以下のようなものが挙げられます。

・キツイ仕事
・危険な仕事
・汚い仕事
・他の人が代わりにできない仕事

上記の最初の3つの要素「キツイ仕事」「危険な仕事」「汚い仕事」は3Kと呼ばれ、昔から人がやりたがらない仕事の特徴として挙げられている有名なものです。

ほとんどの人がやりたがらない仕事ということは仕事の需要があるにも関わらず供給がないわけで、つまりは人材不足に陥っています。そこで雇用主サイドは人材の確保を行うために給与の賃金を上げ、結果高い年収を与えられるのです。

また、最後の項目「他の人が代わりにできない仕事」とは自分が辞めた後に他の人ではフォローができない、しにくいなどの、自分にしかできない仕事を指します。

例えば営業職の場合なら、周りの人の2、3倍の量の営業周りをひたすら続け目を見張るほどの契約を取ってくるようなスーパールーキーであれば、他の人はなかなか真似しにくいですよね。

つまり、高い給料が発生する仕事とは「人がやりたがらない、または他の人にはできない仕事」ということになります。

結局「キツイ(リスクの高い)仕事を選ぶ」or「実力をUPさせる」の2択

さて、上記で高収入を得られる仕事ではなぜ高い給与が得られるのかを確認していきましたが、ここから高収入を得るための選択肢が発生してきます。

これは実に単純ですが、高い年収を得ようとする場合、つまりは「キツイ(リスクの高い)仕事を選ぶ」か、「自分の実力をUPさせる」かの2択ということになります。

やはり楽をして高収入を得る、などという考えはこの現代社会では通用しないと考えておきましょう。そのような仕事を見つけることのできる人はまずいないでしょうし、あっても大変なリスクが伴います。

例えば小学生の将来の夢ランキングで上位を占めているYouTuberなどは一見楽な仕事に見えるかもしれませんが、発信するコンテンツを生み出すことや動画の編集に消費する体力や精神力は計り知れないようです。ライバルも無数に存在し、出し抜きにくい仕事です。

他にもお笑い芸人や俳優・女優など芸能界で働くことも楽に見えるかもしれませんが、売れるまでの下積み時代ではとんでもない極貧を強いられることも少なくなく、生活はしにくいです。また売れる保証がない中でのそんな生活は、精神的にも非常に辛いものでしょう。

こういった仕事と並んで、例えばとび職系(ガテン系)などもケガをしてしまうリスクと戦う必要があるため、人がなかなかやりたがらない危険な仕事に該当します。

ところで高い年収を狙える営業職などでは上記にも例を挙げた通り、他の人には代わりができない、しにくいような仕事を目指すことができます。それ相応の努力は必要ですが営業職は未経験の高卒者でも募集されている求人が多く、その分給与に反映されると考えればモチベーションにも繋がるでしょう。

他にもIT業界エンジニアなどでも高収入を狙うことができます。これも人材不足などが原因で未経験の高卒者を募集しているため、努力次第で這い上がることが可能です。

確実に高収入を目指すコツ

さて、ここまで読んでいて「言ってることはわかるけどなんだかもやもやしていて良く分からない」という方もいらっしゃるかもしれません。つまるところ、確実に高収入を狙うにはどうすればよいのでしょうか?

・最低の基本給が保証されている企業へ就職する
・就職後、実力UPを目指す

この2つのポイントが、高卒者がたとえ未経験の仕事であっても高収入を得ることができるであろう確実な方法です。

最初から収入が高い仕事というものは基本的に見つけることが難しいです。前職でよっぽどのスキルを積んでいたなどの客観的に判断できる功績があれば話は別ですが、新しい職場は基本的に自分のことを知りません。最初は高い年収を得にくいのです。

だからこそ、新しい職場に勤めることができるようになった場合には無理をしすぎない範囲で努力を重ね、自分の実力を、スキルをUPしていけるように頑張ることをおすすめします。

高卒の就職/転職で高給取りになって稼げるようになるために大切なこと

就職するときに多くの企業で正社員入社を検討する際にポイントとなるのが「学歴」です。一般的に高学歴であるほど「給料が良い会社」「福利厚生や手当てがしっかりしている会社」「月給が高い企業」「賞与の額が高い企業」に入社できるとされています。

中卒者や高卒者では見つけにくい高い年収を得られる仕事も、高学歴であれば可能性があるというイメージもあるでしょう。

しかし、この学歴について「なぜ学歴があれば良い会社に入れるのか」についてきちんと理解している人は少ないのです。この違いを理解すれば、高卒であったとしても「学歴に負けない高給取り」になることは可能となります。

まず、高卒と大卒では「一般的な教養の幅」「論理的思考能力」が違うといわれています。高卒では見つけることのできない要素も大卒なら見つけることができるなどの違いです。

一般的な教養とは、古今東西さまざまな分野に関して幅広い知識を持っていることです。知識の幅が広い分だけ、多角的に物事を捉えられるため一面的な見方をしなくなる傾向にあります。

また、論理的思考能力とは「物事を順序立てて理解する」ことです。仕事をするうえでは「何のためにその仕事をするのか」「今は何をするべきなのか」を正確に理解しながら進めていく必要があります。

特に、高学歴といわれるような難関大学を卒業した人とそうでない人ではこの論理的思考能力に差が現れます。大企業は大きくこの2つの能力が備わっていることを条件として、入社希望者を絞り込んでいるのです。

もっとも「そんなことをいわれてもどうしたらいいのか分からない」という人も多いでしょう。たしかに、これらの能力があれば仕事をするうえで有利ですが、簡単にできることなら全員そういった要素を克服して仕事を見つけることができているでしょう。

しかし、実際に社会に出て高給取りになるために大切なのは「本人の努力」です。どれだけの能力があろうとも「お金を稼ぐ」という意欲がなければ、どれだけ求人があっても高給取りにはなれません。

また、努力すればその分だけ(月給だけでなく賞与も含めた)給料として報われる仕事もたくさんあります。もちろん仕事の内容は他業種に比べて厳しくはなりますが、その分だけやりがいも感じられるでしょう。

高卒者が高収入を目指すなら都心へ行くべし!

高卒者として高収入を稼げる職種に就職/転職をしたいと考えている方は全国にいらっしゃることと思いますが、その場合は可能な限り都心で働くことが最も効率的です。

「最低賃金ランキング2018年」によると、最も最低時給が高いのは東京都で985円です。以下、東京都を初めとしたランキングを引用します。

1位 東京都→985円

2位 神奈川県→983円

3位 大阪府→936円

4位 埼玉県・愛知県→898円

5位 千葉県→895円

ここでは時給額についてが記載されていますが、正社員雇用の収入(年収)についてもも同じことが言えます。同じだけの業務量・ストレスでも、働く地域が違うだけで一気に収入(年収)が変わるのです。

せっかく働くのであればより高い収入を得たいのがやはりホンネですよね。家庭の事情などで問題がなければ、ぜひより賃金の高い地域での就職・転職を目指してみることをおすすめします。ぜひ年収UPを目指しましょう。

高卒者の初任給を知っておこう!

厚生労働省から発表された「平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」にとれば、平均初任給は高卒男性で約16万6000円、高卒女性で約16万2000円とされています。

平成26年からの推移を見ていくと、年々男女共に初任給の金額は増加の傾向にあります。

ただし同データによる大卒者の平均初任給の額は男性で約21万円、女性で約20万2000円となっており、高卒者と大卒者のお間には確かに学歴による給与の差があることは否めません。

しかし、大卒者はその分大学受験のための予備校の費用や入学費用、授業料など多額の費用を支払っています。目先の収入には差がありますが、その分高卒者は一足早く社会へ出て、仕事を見つけることができれば就職し、スキルを身につけて有意義な生活を送ることができるのです。

したがって高卒者だからと言って悲観的になる必要はありません。年収を少しでもUPしたい場合はいち早く職に就き、コツコツと働くことをおすすめします。

高卒者の平均年収を知っておこう!

最終学歴が高卒の人の47都道府県、全企業全てを含めた男女合計の平均年収は実に約423万円程度であるといわれています。また平均月給が約29万円、ボーナスが約67万円とも言われています。

ちなみに、最終学歴が大卒や大学院卒となっている人の平均年収は約607万円ほどであるともいわれており、高卒と大卒以上の学歴の人とでは約180万円もの開きがあるということになります。

さて、上記に提示したものは額面上の給与であり、実際には保険料や税金が引かれ、手取りの給料を手にすることができます。実際に引かれるものには以下のようなものがあります。

・健康保険料・・・約21万円(年間)
・雇用年金保険料・・・約39万円(年間)
・厚生保険料・・・約1万7千円(年間)
・所得税・・・約15万円(年間)
・住民税・・・約25万円(年間)

これらを全て合算すると引かれる額は約102万円弱という計算になります。

したがって額面の給与約423万円-約102万円=約321万円となり、これを単純に12ヶ月で割ると約26万円ほどが手取りの給料の平均値ということになります。

なお、上記でお伝えした給与の平均値は全年齢層を合算したものであり、30代前半の平均給与と数値が近いです。また年齢を重ねるごとに基本的に給与は上がっていき、特に収入が多いとされているのが50代前半です。

したがって10代~20代、60歳以降は収入が少ない傾向にあるため、特に高齢になったときに年収を得にくい状態になった場合のことも考えて働くということをおすすめします。

低学歴での成功者などいるのか?

さて、高卒は社会でしいたげられているのではないか、なにかと不利な立場なのではないか、年収を得にくいのではないかと考えてらっしゃる方も少なくないかもしれませんが、現代にはなんと中卒で大きな成功を成し遂げている方がいらっしゃいます。

例えば皆さんご存知、あの有名カレーチェーン店・「ココイチ」を夫婦で創業した、極貧生活から220億円の資産家へ上りつめた宗次徳二氏が挙げられます。

宗次氏は幼少期を孤児院で過ごし、3歳で養父母に引き取られるも養父のギャンブルへの依存が原因となり生活は困窮、中学校を卒業するまではなんと電気のない生活を送っていたそうです。

しかし、宗次氏はそんな中でも自分を育ててくれた養父母や周りのひとたちのおかげで無事大人となることができ、会社を立ち上げて理想の人生を送ることができたと語っています。

今はもう引退されていますが、ココイチの社長時代には毎朝4時に起きて5時前には出社、もちろん社員は誰も出社していません。

一体なぜそんなに早く出社していたのかというと、なんと1000通以上のアンケートをおよそ3時間かけて全てチェックしていたのだそうです。

退社時間は約23時頃、そして年間の休みは15日ほど。業績が伸び続けたことで経営が楽しく感じたからこそ、この努力を続けられたとご本人は語っています。

学歴など関係なく、やる気と努力、そしてまごころが自分の理想を現実に変えるのだということを見事に体現していらっしゃいますね。

高卒が就職・転職に不利とされる理由とは?

高卒者でも大卒者以上の収入を得て成功している人はたくさんいるにも関わらず、なぜ高卒者は就職や転職がしにくい、、不利であるといわれるのでしょうか。

企業からの学歴フィルター

まず考えられる理由としては、いまだに大卒以上の学歴を持つ人を優先的に採用しようとする企業が存在する点が挙げられます。特に大手企業などはその傾向が強いとされています。

これは何も高卒者を蔑視しているなどではなく、大手企業などではより専門的な知識を扱うことも多く、周りの社員も専門分野やスピーディーなやり取りに長けている人が多いため、より基礎的な学習を終えている大卒者の方が業務内容を吸収しやすく時間や賃金を無駄にしにくいと考えるからなのです。

したがって高卒者はそういった企業には就職や転職をすることが難しいことが多く仕事を見つけることが難しいため、就職や転職がしにくい、不利であるなどと言われることがあります。

大卒の方が学習意欲が高いと思われる

また、いまや高校を卒業することが半ば当たり前ともなってきており、家庭的・金銭的な事情を除いて、将来の夢や目標のために専門学校へ進んだりその他の活動へつなげていない限りは、なぜ大学へ進まなかったのかを企業側は疑問に思います。

こういった高卒者に対してやりたいことややるべきことを見つけることができなかったのではないか、何に対してもやる気が少ないのではないかなどと考える企業も中にはあります。

したがってプラスアルファーで大学を卒業している人のほうが学習意欲が高いと考えられるケースもあるのです。これもまた高卒者が大卒者よりも就職や転職に不利であるといわれることに繋がっています。

仕事を選び過ぎてしまっている

上記をお読みいただいても分かるように、現時点では同じ能力を持った高卒者と大卒者が同じ企業へ応募をした場合、高卒はライバルを出し抜きにくいことや、大卒者が優遇されてしまうことは否めません。

だからこそ、大卒者が多く応募してくるような業界や企業へ高卒者が応募する場合には多少落とされてしまう覚悟が必要となってきます。例えば大手企業や事務職などは大卒者が多く応募してくるため競争が激しいです。

もしそういった事情をよく知らないまま大卒の応募者の多い競争率の高いところへ応募した場合には、高卒者がなかなか内定をもらいづらくなってしまうことは仕方のないことにも関わらず「高卒者は不利なんだ」「高卒者は仕事を見つけにくいんだ」と感じてしまうことに繋がります。

しかし転職がかなり当たり前になってきており、人材不足に陥っている企業や業界も多いこの時代では高卒者が就職や転職に不利であったり仕事を見つけることができないなどということはなく、しっかり内定を獲得することができます

ぜひ仕事を見つけることができないのではないか、就職がしにくいのではないかなどと自分の学歴に悲観的にならずに就活に取り組んでいくことをおすすめします。

「高卒は就職・転職に不利」と思い込んでしまっている

さて、上記の内容にも繋がってきますが、やはり物事は「できるかもしれない」と思って取り組むのと「できないかもしれない」と思って取り組む場合とでは圧倒的に効果が違います

何度もお伝えしますが高卒者は就職・転職に不利であることはないため、「自分も就職・転職ができるかもしれない」「内定がもらえるかもしれない」と思いながら就活に取り組みましょう

自分が向いている仕事を探す方法

①.好きなこと、やりたいことは何ですか?

まずは自分の好きなことやりたいことが何かを考えてみましょう。どんな些細なことでも構いません。好きなことについて、例えばネットサーフィンが好きだとか体を動かすことが好きだとか、ゲームや読書、料理など色んなことが挙げられるでしょう。

これらのように趣味に近いものでなくとも、子供が好きとか細かい作業が好きなどでも構いません。お金を稼ぐこと、自分の時間を過ごすことでもいいでしょう。

また、やりたいことについては明確に定まっている人とそうでない人がいらっしゃることと思います。人とコミュニケーションをとることが好きだから接客業に就職したい、実力で評価されたいから営業職に就きたいなど、はっきりとしている方は問題ありません。

しかしやりたいことがこれといってない方はとても多いので、そんな場合は次の項目も考えてみることをおすすめします。

②.飽きずにできることはなんですか?

就職して仕事をする上で大切なことはその仕事をある程度継続することです。というのも、企業側は求人への応募者に対して継続して働いてくれることを求めています

ひとつの企業が一人の社員を採用・教育・育成し、一人前の社員へ成長させるには多大な費用がかかります。だからこそ採用してすぐに退職されることは避けたいところなのです。

また、働いていく上でも転職を繰り返しすぎるとどこかのタイミングでピタっと転職をすることが難しくなります

過去に様々なところで働いてきた経験や実績はメリットとして残るにしても、あまりに転職回数が多い場合には企業側が「この人は何か欠点があってその職場環境にな馴染めなかったのではないか」「継続して努力をすることが苦手なのではないか」などと懸念を抱く原因にもなります。

だからこそ、ネガティブな理由での転職をすることになってしまわないためにも、飽きずに続けることのできる仕事に就くことが必要不可欠です。

なお、人には向き不向きがありますから「同じ作業を続ける方が楽」という人もいれば「複数のことを同時に進める方が性に合っている」という場合もあるでしょう。

これまでやってきたことを思い出して、自分はどのようなことなら飽きずに続けることができるかを考えて見つけるようにしてみましょう

③.最初から得意だったことはありますか?

特に苦労せずとも、やってみたら意外とうまくいったことはありませんか?おおげさに感じるかもしれませんが、こういうものを社会では才能と言います。

特に習ってないけどスポーツが得意だった、数字に強かった、作文がスラスラ書けたなど、思い返してみたら1つくらいはあるかもしれません。過去を振り返って見つけるようにしてみましょう。

また、このような才能のある仕事は天職と呼ばれ、転職に就いた場合にはより能力を発揮しやすく、周りからの評価が高かったり周りの役に立てたりと、自分のアイデンティティ構築にも役立ちます。

もし特にやりたい仕事が思いつかなかったり見つけることができない場合には、自分の生まれながらに持っている能力を発揮しやすい業界や職種で働いてみることもおすすめします

④.理想の自分はどんな自分ですか?

さて、誰しも将来こんな風になりたいな、こんな人になりたいなという理想像があるのではないでしょうか?ここではぜひそれを具体的に考えて見つけるようにしてみましょう。

仕事をバリバリこなすエリートサラリーマンに憧れていたり、人の役に立って周りから感謝されるような人になりたいなど、理想は様々でしょう。

将来こんな風になりたいと思いを巡らせていると、意外にもやってみたい仕事を想起できるかもしれません。

⑤.理想の自分になるためにできるようになりたいことはなんですか?

さて、将来の理想像を思い起こすことができたら、今度はそうなるために自分がどんなことをできるようになりたいかを考えてみましょう。

なお、ここで大切なのは理想像に近づくために「やらなければならないこと」を考えるのではなく、あくまで「やりたいこと」を考えて見つけるということです。

やらなければいけないという義務的な気持ちは、最初は自分のモチベーションにつながったとしてもいつか自分を苦しめることになってしまいかねません。

仕事に就くということはどこかの誰かの利益に必ず関わることになり、ただでさえ義務からは逃れられないのに自分でもっと負荷をかけてしまうのは危険です。ぜひ、自分がしたいことは何かを、将来の理想像と照らし合わせて考えて見つけるようにしてみてください。

⑥.①~⑤で出てきたもののうち、絶対にしたくないこと・嫌いなことは何ですか?

さて、これまでで考えたものは以下のいずれかに当てはまるはずです。

*好きなこと
*やりたいこと
*飽きずにできること
*得意なこと

ここでは、この中から絶対にしたくないこと・嫌なことを除外してみてください。やはり働いていく上でやりたくないことや嫌なことがダイレクトに関わってきてはストレスに関わります。ぜひ事前に自分にとってマイナスになることを最初におさえておきましょう。

⑦.どんな仕事(業界や職種など)があるのか調べよう

この社会には無数の仕事が存在しています。それは業界だけで絞っても様々です。まずは以下に主な業界の一覧を記載しておきます。

業界一覧
* 医療 * 心理
* 介護 * 美容・ファッション
* 飲食 * 販売
* 教育・研究・保育 * 自然・動物
* 旅行・ホテル * 報道
* テレビ・映画 * 音楽・ラジオ
* 芸能・ネット * スポーツ
* マンガ・アニメ * ゲーム
* デザイン・広告・アート * IT・Web
* 法律・士業 * 政治
* 公務員 * 金融
* コンサル系 * 国際
* 建築・インテリア * 不動産
* 運輸・輸送 * 出版
* 保安 * 葬祭・宗教

なお、職種についてはさらに細部に渡りますので▶コチラをご覧ください。眺めてみるだけでもビビっとくる職種があるかもしれません。

⑧.求人を探そう

さて、なんとなく自分が就職したいと思える職種を見つけることができた場合には次の段階として求人探しに移ります。求人探しにも複数の方法がありますが、ここでは3つご紹介します。

まずは求人サイトを通して求人を探す方法です。これは求人サイトのキーワード検索の欄に職種や業界名を入れ検索をかけると自動で求人がでてくるため大変便利です。サイトによっては希望する最寄り駅や月収や年収などの条件も絞って検索、見つけることができるため効果的です。

ただし、求人サイトを使って仕事探しを行う場合には誰にも頼ることができないため、最初から最後まで自分ひとりで就職活動を行わなければなりません

したがって、自分ひとりで履歴書作成や面接対策、企業との各種交渉を行える、または行いたい人にはおすすめといえる方法です。

次におすすめするのはハローワークの利用です。ハローワークは学歴や年齢、働いた経験のあるなしに関わらず誰もが利用できる公的な職業紹介所です。全国に500を超える拠点があり、厚生労働省から指示を受けて各地域の雇用対策を実施しています。

ハローワークでは仕事の紹介だけでなく、雇用保険に関する業務や職業訓練の斡旋など、雇用に関わるさまざまな業務が行われています。その中でも、新卒者向けの就職支援を行うのが「新卒応援ハローワーク」という窓口です。

新卒応援ハローワークは、高校生に限らず新卒で就職を目指すすべての学生を対象とした就職支援窓口であり、さまざまな角度から学生の仕事探しをバックアップしてくれます。

例えば、希望の就職先や職種が決まらずに悩んでいる学生には職業適性検査や職業興味検査を実施し、より具体的に職選びについてアドバイスしていきます。

客観的に本人の特性や興味について分析してもらえるので、自分では見つけることのできなかった気付きや発見に出会えるでしょう。また、面接を控えた学生には模擬面接も実施しています。

本番さながらの雰囲気の中、面接時のマナーや立ち居振る舞い、言葉遣いなどをチェックしてもらえるのでより実践的な対策ができるはずです

加えて、悩みや心配事を抱えてモチベーションの維持が難しくなった場合などには臨床心理士との面談もできます。仕事探しの具体的な方策だけでなく精神面での手厚いサポートもありますので、安心して就職活動に臨めるでしょう。

新卒応援ハローワークの他にも、「わかものハローワーク」という窓口もあります。こちらは新卒者に限らず、正社員を目指す若者を支援する就職窓口です。

さて、他にもハローワークと並行してぜひ積極的に活用したいのが、民間の人材紹介企業(エージェントサービス)です。

ハローワークは全国に拠点を置きさまざまな就職支援をしていますが、公的機関であるため利用時間が平日17時15分までとなっています。学校のあとにアルバイトをしていたり、習い事をしていたりする人の場合、この時間までに足を運べないこともあるでしょう。

また、せっかくハローワークに行っても利用者が多いため案内されるまで長時間待たされることもあります。こういうことが続くと、思うように就職活動を進められなくなってしまう恐れが出てきます。

その点、民間の人材紹介企業(エージェントサービス)の場合は利用者の都合に合わせてサービスを受けられることが多いです。例えば私たち第二新卒エージェントNEOの場合、電話やメールでの問い合わせも受け付けています。

電話は平日19時まで受け付けていますので、気が向いたときに気軽に連絡することができるのではないでしょうか。

フリーター向け、高卒向け、第二新卒向け、既卒者向けと対象者を細かに分けてそれぞれに応じたサービスを提供していますので、きっと自分に合った情報が見つかるはずです。

また、企業はハローワークに求人を出すのにはお金がかかりません。そのため、「とりあえず出しておこう」という企業も中にはあります。その中には、実は高卒者の採用にさほど積極的でないという企業が隠れている恐れもあるので注意が必要です。

場合によってはいわゆるブラック企業と言われる長時間労働を課すような企業の求人が紛れ込んでいたりもします。

それに対し、民間の就職支援サイトの場合は必ずといっていいほど求人情報を載せるには掲載料がかかります。本当に人手を求めている企業のみが求人情報を出しているため、求職者とのミスマッチが起こりにくいというメリットがあります。

ただし、こういった民間のサービスは高校を卒業する前には利用できません。在学中に就職活動をする場合にはハローワークを通じて行わなければならないというルールがあるからです。

高卒者が採用されやすい業界6選

仕事を探すときは、年収などの賃金面だけではない業界ごとの違いを押さえて企業を見つけることも大切です。

高卒者が採用されやすい業界としては、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。高卒者が採用されやすい業界をピックアップして紹介します。

サービス業界

サービス業界は、全体として高いコミュニケーション能力が求められる業界です

しかしその反面、学歴はあまり重視されないことが多くなります。そのため、人と接することが好きで細かい気配りが得意な人なら就職後にしっかり活躍できるでしょう。

サービス業界であれば未経験からでも働きやすく、フリーターとしての接客経験があればそれを活かして働くことも可能です。サービス業界は日常生活に直結する物事を扱っている企業が多いため、自分の興味に合わせて仕事を見つけることができ選びやすいという点もポイントです。

たとえば、普段から気に入っている商品を販売する仕事に就けば、その商品の魅力を自分の言葉で多くの人に伝えることができます。そうなれば、仕事に対して大きなやりがいを感じられ、高い年収を稼ぐために努める頑張ることもできるでしょう。

サービス業界には、アパレルや飲食をはじめとするさまざまな分野があります。商品を販売したり料理を提供したりする仕事以外にも、お客さんの体に直接触れて美容に関する技術を提供する職業もあります。

どの職場で働くとしても、商品やサービスをお客さんに提供することに加え、お客さんのさまざまなニーズに合わせた対応が必要です。サービス業界で働くならお客さんと直接接する機会が多いため、責任感をもって誠実な対応ができる人が向いているでしょう。

<必要なスキル・能力>
・コミュニケーション能力
・体力
・気配りの能力

<向いている人材>
・人と関わることが好き
・人見知りをしない
・いつでも明るく振舞うことができる
・どんなときでも穏やかさを保つことができる
・対人に関するストレスに強い
・責任感がある
・誠実である

<向いていない人材>
・緊張しやすい
・人見知り
・人と話すことが苦手
・気が短い
・気配りが苦手
・プライドが高い
・ストレスに極端に弱い
・気が弱い
・融通が利かない

IT業界

IT業界は、高い年収を稼ぐことができるにも関わらず未経験者を積極的に採用しています。

なぜなら、IT業界は技術の発展が目まぐるしく、人材の確保が課題となっているからです。学歴よりも適性が重視される傾向があるため、高卒でも採用されやすくなっています。

未経験者を採用している企業は入社後の社員の育成にも力を入れているため、働きながら専門的なスキルを身につけることも可能です。入社後の評価も実力によって決まることが多く、しっかり勉強してスキルを身につければ十分活躍できるチャンスがあります。

IT業界の中には、自社の技術を用いて別の事業を展開している企業も多いです。そうでなくともITの技術は、人々の生活に密着して欠かせない存在となっています。

そのため、IT業界で働いてスキルを身につければ、社会貢献度の高い仕事に取り組むことが可能です。ITの技術は今後もさらに発展していくと予想できるため、さらなる成長や盛り上がりを期待できるでしょう。

<必要なスキル・能力>
・コミュニケーション能力
・体力
・忍耐力
・正確さ

<向いている人材>
・パソコンが好き
・人とたくさん話さずにいたい
・集中力がある
・調べることが得意

<向いていない人材>
・パソコン業務が苦手
・(妥協ができない)完璧主義
・全体を見通して作業ができない

介護・福祉業界

介護・福祉業界で働くには、専門知識が必要なイメージがあるかもしれません。しかし、実際は未経験から働き始め、実務経験を積みながら資格取得を目指すパターンが多いのです。

加えて、介護や福祉のニーズは今後ますます高まっていくと予想できるため、介護・福祉業界では人材確保が大きな課題となっています。

このような背景から未経験者がさらに採用されやすくなっており、介護・福祉業界は高卒で特別なスキルがない人でも働きやすいといえるでしょう。

また、介護・福祉業界では賃金や待遇改善も進められています。よって、実務経験を積んで資格を取得すれば、長く安定的に働きやすくなる可能性が高いといえます。

ニーズの高まりにより他の業界からの新規参入も目立っているため、知識やスキルを身につけておけば将来高い年収を稼ぐこともでき、より条件のよい企業を選んで転職することもできるでしょう。介護・福祉業界は今後の発展がおおいに期待できる業界です。

<必要なスキル・能力>
・責任感
・コミュニケーション能力
・細やかさ
・体力

<向いている人材>
・お年寄りなどと関わることが好き
・他人の少しの変化にも気づくことができる
・責任感が強い
・危機意識が強い

<向いていない人材>
・せっかち
・潔癖症
・体力がない
・相手の立場に立って考えることが苦手

建設業界

超高齢化社会を迎えた日本では、建設業界においても人材不足の問題が起きています。従事する労働者の高齢化も進んでおり、特に現場職で体力が求められるため、若くて元気な人材に対するニーズが高くなっているのです。

現場職では技術が求められますが、未経験でも現場で働きながらスキルを身につけることができます。基本的に学歴よりも実力が重視されるので、高い技術を身につけていけば評価や年収がどんどんアップしていくのも魅力的です。

もちろん、現場職は体を酷使するため危険が伴うのも事実です。しかし、その分しっかりとした収入を得られるでしょう。

建設業界で働けば、政府の施策や復興事業など規模の大きな仕事に関わる機会も多くあります。特にものづくりが好きな人であれば、大規模な建物が完成したときには大きなやりがいを感じることができるでしょう。

建物や土木のインフラに対する需要は継続的にあるため、一度しっかりと技術を身につけてしまえば将来にわたって活躍できる可能性が高くなります。

<必要なスキル・能力>
・精神力
・体力
・コミュニケーション能力

<向いている人材>
・プレッシャーに強い
・人と接することが好き
・細やかな危機管理ができる
・集中力がある

<向いていない人材>
・注意不足
・人と接することが苦手
・緊張しやすい
・ストレスに極端に弱い

運送・旅客業界

運送・旅客業界は、自分のペースで働きやすい仕事です。

運送・旅客業界で働く場合、ドライバーになることが多く、シフト制によってスケジュールが決まります。よって、平日が休みになることもあり、役所や病院に行く用事があっても会社を休まずに日程調整ができます。

また、シフトを多めに入れることで収入を増やせる可能性もあるでしょう。そして福利厚生や手当が充実している企業を選べば、より働きやすい環境を手に入れることも可能です。

ドライバーの仕事といっても、実際に運転する車両はタクシーやバスに加えてトラックなどさまざまです。業務で車を運転する場合、普通運転免許のほかにも業種に合った免許が必要になります。

業務に必要な免許を取得するには、普通運転免許を取得してからの年数や年齢にも条件があるので注意が必要です。運送・旅客業界で働きたいと考えているなら、早めに普通運転免許を取得して準備しておいたほうがよいでしょう。

<必要なスキル・能力>
・臨機応変さ
・コミュニケーション能力
・責任感
・体力

<向いている人材>
・運転が好き
・体力に自信がある
・収入を多く得たい

<向いていない人材>
・運転が苦痛
・運転が苦手
・体力に自信がない
・体調を崩しやすい

公務員

高卒者が採用されやすい業界としては、公務員もあげられます。

公務員になるには公務員試験を受験する必要があり、「初級地方公務員」の試験は高卒以上が対象です。ただし、自治体の中には、独自の試験を実施していて一般企業のようにエントリーシートを提出させるところもあります。

いずれにせよ公務員になるための試験は一般企業の選考とは異なるので、特別な対策が必要です。

公務員試験では筆記試験が実施されることから、しっかり勉強して点数をとれば2次試験の面接に進むことができます。
書類だけで判断されることがないので、大卒者とも勝負しやすいでしょう

また公務員は事務職の募集が多いですが、専門知識を必要とする専門職の募集も多少あります。他にも公務員としては警察官や消防官、自衛官という選択肢もあります。

公務員の仕事に就けば、たくさんの人の生活を支えるやりがいの大きな仕事に携わることができるでしょう。

<必要なスキル・能力>
・規則への従順さ
・判断力
・コミュニケーション能力

<向いている人材>
・社会貢献への志が強い
・残業を避けたい
・記憶力が良い
・説明が得意
・細かい性格
・言われたことをそのままこなすことが好き
・仕事=お金をもらうひとつの手段として割り切っている
・新たなものを生み出すよりも既存の方式に従うのが好き
・文章を書くことが得意
・資料をまとめることが得意

<向いていない人材>
・おおざっぱな性格
・クリエイティブなことが好き
・毎日に大きな変化を求める
・人をサポートすることが苦手
・記憶力に自信がない
・実力主義の世界で生きていきたい

稼げて未経験OKで求人がたくさんある職種4選!

【未経験OK・求人多数】営業職で稼げる!コミュニケーション能力が重要

まず、紹介するのが「営業職」です。多くの会社では自社のサービスや商品を売り出していくために営業職を雇っています。

扱う商品の分野や業種は非常に多種多様で、日常生活で使うような小物の営業から車や家などの高額商品までさまざまです。これらの商品やサービスをエンドユーザーに直接販売したり、企業相手に販売したりする場合もある仕事です。

学歴不問の求人が多く、未経験から募集しているしていることも多いためやる気があれば歓迎されるでしょう。現在では福利厚生などの手当が充実した企業・求人も多く見られます。

なお、基本的に人を相手にする仕事であるため「コミュニケーション能力」は必須となります。「人と話すのが好き」という人に向いている職種と言えるでしょう。

▶高卒の第二新卒転職/未経験でルート営業職に挑戦するときの志望動機の書き方

営業職はどの企業にとっても要の存在であり、営業職が契約を上げることによって会社全体の仕事が回っています。

契約を上げれば上げるほど会社内での評価は高まり、それに応じて給料や年収もあがっていく場合がほとんどです。特に、完全歩合制で給料をもらえる会社であれば、自分の努力次第で初年度から大卒を上回る給料をもらうこともできます。

もちろんそれ相応に仕事は激務になる傾向がありますが、「やればやるだけ給料がもらえ年収がUPしていく」ことにやりがいを感じることができれば高給取りになることも十分可能です。

▶高卒OKの営業職求人はこちら

【未経験OK・求人多数】体力勝負!ガテン系で稼げる

工事現場や左官工など現場仕事を主にする職種も高給取りが多い職種です。「難しいことは分からないけど、体力には自信がある」という人にピッタリの仕事になります。未経験者歓迎や学歴不問の求人が多くあります。

ただし現場での仕事は会社での仕事に比べて危険を多く伴います。工事現場であれば重機の扱いや高所からの転落など、命に関わるような事故につながる場合もあるのです。

さらに、夏の猛暑や冬の寒さのでも外で仕事をするため体力がなければ続けることが難しい仕事になります。もちろんその分だけ月給は良く、大手の企業であれば高卒であっても大卒と大差ない給料で雇ってくれる企業もあります。

「スーツを着るよりも現場で汗をかく方がいい」という人はぜひ検討してみましょう。

【未経験OK・求人多数】資格取得で手に職をつける!工業系の仕事で稼げる

掘削・発破工や金属・建築塗装工など特殊な資格を取得することで就労、勤務することができて高給取りになれる仕事です。

工業高校であれば在学中に資格を取れる仕事もあるので、積極的に資格取得を目指すことで就職先に困ることは少なくなるでしょう。ひとつの資格だけでなく、勤続していくなかで複数の資格を取得すれば給料アップも望めます。

さらに、大きく収入を伸ばすのであれば経験を積んだあとで独立や自分の会社を作ることも視野に入れておきましょう。独立すれば給料は青天井です。そのためにも、まずは現場でも経験をしっかりと積むことが大切です。

【未経験OK・求人多数】エンジニアとしてIT業界へ!

「え!?エンジニアなんて難しそうで入社すらできんないんじゃ…」と感じられた人も多くいらっしゃるかもしれませんが、実はIT業界は現在、各企業・各業種において圧倒的な人材不足に陥っています。

そのため、IT業界では積極的に未経験者を採用・入社させていることが多く、月給や賞与、福利厚生や手当ての充実を希望している人には狙い目の仕事です。

IT業界と一口に言っても様々な業種が存在しますが、未経験から始められるのは主にエンジニアになります。そしてエンジニアの中にも様々なポジションが存在します。

・フロントエンドエンジニア:Webサイトのビジュアル(見た目・表面)の実装を行うエンジニア

・サーバーサイドエンジニア:いわゆるコードを書くエンジニア

・インフラエンジニア:Webアプリの動作の整備を行うエンジニア。※コードはあまり書かない系

・テストエンジニア:作成したアプリの稼動確認を行うエンジニア※コードはあまり書かない系

・・・etc

さて、IT業界の企業へ未経験で入社したい場合に注意しておくべきポイントは、完全な未経験者はいわゆるコードを書くエンジニアとしては採用されにくいという点です。

未経験でいきなりコードを書くような仕事を行うことはかなり難しく、未経験でも採用するということは未経験でもできる仕事を任されることと同義であるということになります。

IT業界ではそれが普通のこととなりますので、転職活動を行う際には事前に知識を十分につけておくことが大切です。

なお、未経験からエンジニアを目指す場合には30歳を越えると難しくなります。特にIT業界は実力主義かつ体力を要する業界であるため、年齢を重ねると即戦力であることを求められるようになります。

未経験でプログラマーを目指したい場合には、ぜひ20代以内までに検討してみてください。

また、未経験でエンジニアに転職を目指す場合に必ず必要なのは自分でアプリを製作したことの経験です。これは自分のやる気やこれからのポテンシャルを企業に知ってもらうために重要となります。

付け焼刃でとりくんだような作品でなければ、基本的にスキルを計るものではないため積極的に提示しましょう。

▶掘削の資格 「掘削作業主任者」 って?

掘削(くっさく)とは土砂や岩石を掘削用の道具を用い掘り取って、穴を空ける技術

掘削とは|掘削技術.COM|掘削エンジニアのための技術サイト

▶発破の資格 「発破技士」 って?

発破(はっぱ)とは鉱山,炭鉱,土木工事などで,爆薬を爆発させ,その力によって,岩石などを破壊すること。

発破(はっぱ)とは – コトバンク

▶塗装の資格 「塗装技能士」 って?

塗装(とそう)とはものの表面に,装飾・保護などの目的で塗料を塗ったり吹きつけたりして被膜をつくること。

塗装とは – 機械加工技術用語 Weblio辞書

仕事選びのポイント

さて、高卒におすすめの職種について紹介したところでやっておきたいことがいくつかあります。

まずは、希望条件を明確にしておくことです。自分がどんな仕事をしたいのか、どんな条件で働きたいのか、そういった希望条件を事前に整理しましょう。

やりたい業種や職種がはっきりと決まっている場合は、まず希望する仕事内容を明確にすると良いです。

例えば接客業務が好きで、販売の仕事をしたいのであれば、どんなものを売りたいのか、どういう層のお客さんに貢献したいのかなど、細かい部分を明確にしていきましょう。

またやりたい仕事がはっきりと決まっていない場合は、希望する待遇を先に明確にすると良いです。

例えば、夜勤ではなく日勤の仕事だとか、残業代がいくら働いても固定の「みなし残業」ではなく、働いた分だけしっかり残業代をもらえるなど、自分がどんな条件で働きたいかを決めておきましょう。

なお勤務地のエリアも希望条件のうちのひとつです。通いやすいところを見定め、使用したい交通機関などを決めてもいいでしょう。

またここで注意しておきたいのが、希望条件には優先順位をつけておくことです。

実際に仕事選びをしてみると、既卒の就職活動では、希望条件をすべてクリアする仕事が見つからないという場合もあります。
そんなときのために、絶対に譲れない条件と、やむを得ない場合は譲歩してもいい条件を仕分けしておきましょう。

この仕分けをしていくうちに、自分でも気付かなかった性質や人生で重視していることが浮き彫りになってくることもあります。

就職・転職活動は、自分探しの絶好のチャンスです。ぜひトライしてみましょう。

高卒の平均収入はいくら?上げることは可能なのか?

現在、中学校を卒業して高校に進学する子供達は97%を超えておりそのほとんどが高校に進学しています。

そして高校を卒業後に大学に進学する人は54%と、約半分の人が進学を選択し残りの約半分は就職かその他の道を選んでいるということになります。

そしてここで気になるのが、高卒で就職した場合の収入です。一般的に高卒は大卒よりも収入が低く設定されており、生涯賃金も大卒に劣るといわれています。

皆さんは、高卒で就職した場合の初任給はだいたいいくらくらいかをご存知でしょうか?厚生労働省の資料によると、平成28年度の高卒の初任給の平均は男性で約16万3千円、女性で15万7千円

男女で差があるのが気になりますが、それよりも気になるのが大卒の平均的な初任給との差です。大卒の平均初任給は男性で約20万5千円、女性で約20万円と、高卒の初任給よりもはるかに高く設定されています

初任給の時点でこれだけの差があるため、その後年数を経るにつれてその賃金の差はより大きなものになっていきます。
では、高卒者はその収入をUPさせることなんて可能なのでしょうか?

このコラムではその方法などを解説していきます。もっと読みたい方はコチラ!

稼げるようになるために、「向上心」を持ち続けよう

上記で紹介したような仕事が高卒でも稼げる仕事です。社会的には「高卒は給料のいい会社に入れない」と思われがちですが、実際に社会で働き始めれば「学歴の差」よりも「向上心の差」が重要なポイントになります。

どん欲に「お金をたくさん稼ぎたい」と思い「どうすれば会社に貢献できるか」「客が喜んでくれるか」を考えて行動できれば、高給取りへと近づいていくでしょう。大切なのは「いつまでも成長しつづけたい」という「向上心」です。

高い給料をもらえる職場を探すために必要なこと

厚生労働省の資料によると、平成28年度の高卒の初任給の平均は男性で約16万3千円、女性で15万7千円です。男女で差があるのが気になりますが、それよりも気になるのが、大卒の平均的な初任給との差です。

大卒の平均初任給ですが、男性で約20万5千円、女性で約20万円と、高卒の初任給よりもはるかに高く設定されています。

なので、高卒でも待遇や条件がいい職場を探すためには学歴よりも経験ややる気、成果を重視する実力主義のような業種を探してみましょう。

初任給は大卒と比べて低くなることはありますが、実力主義なので、成果により、高収入になる可能性が高いです。

ただ稼ぎたいからといって、稼げる業種や職種を求人を絞らずになんでも選んでしまうと上手く続けられない場合もあるので、しっかりやりたい仕事を決めた上に就職活動を進めていきましょう。

良く分からない場合には自分に合った求人を紹介してくれる専門のエージェントと相談するとスムーズに進みます。また、高収入もいいけど老後まで安定的収入がほしいと思う方は公務員を目指すことも方法としてあります。

高卒の転職を考えている方も公務員であれば市役所の環境局や水道局、土木局などの中途採用を行っている場合もありますので、同じ正社員の求人探しでも常に広範囲で情報収集をしましょう。

学歴の差を埋めて就職活動を有利に進める資格を教えます。

多くの企業で求めているのは成果を出せる人、仕事のできる人です。成果を出せる人であるかどうかを判断するために企業の採用担当者が見るのは今までの経験や職種です。

普通自動車免許や簿記などのほか、宅地建物取引主任者や建築士、建築施工管理技士、ボイラー技士などを取得している方も多いことでしょう。求人に応募すると書類選考から始まりますので資格を持っていると学歴が関係なく、有利になるはずです。

ただ、応募する企業で生かせる資格ではないと、有利だとは言えないので、どのような職種を目指すのか、具体的な職種・仕事像をつかんで資格の取得準備をしましょう。

高卒で働く場合は、自分が好きなことを活かした仕事に絞って探すと求人を見つけやすくなります。そのためには、自分が得意とすることをしっかりと把握するのが大切です。

また、専門的な知識や技術を持っている場合は、それらを活かした資格を取得するのもよいでしょう。逆に自分が得意とすることを把握する方法として資格を取ってみると、知識や技術の幅が広がり、スキルアップにもつながって就職活動に役に立ちます。

分野の異なるさまざまな資格があるので、自分に合ったものを取得にチャレンジしてみましょう。

【体験談】高卒から転職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員転職に成功しています。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

営業職の求人一覧

手当てや福利厚生充実で完全週休2日制!成長したい人にぴったりのルート営業職

<仕事内容>
医療系ベンチャー企業の営業職です。バックオフィスで半年~1年 業務を先輩から学び、在宅事業部としてケアマネージャーとの連携をとり、営業をして頂きます。また、人事・総務・経理・経営企画などのバックオフィスの管理部門もございます。

将来的には各拠点を任せる存在になって頂くことを期待しております。 そのため、将来的に経営者として活躍したいたいという方には様々なスキルを学ぶことが出来ます!

<求める人物像>
・仕事内容に興味がある方
・色々なことに挑戦したいと思っている方

<給与>
215,000円~

<勤務地>
東京都

<勤務時間>
東京本社※転勤は当面ありませんが、総合職のため将来的に転勤はあります。:9:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>
年末年始休暇、有給休暇(初年度10日付与)、慶弔休暇、残全産後休暇、育児休暇、介護休暇、特別休暇、提携ホテル割引、べルスファミリークラブ加入 旅行やレジャー、食事やショッピングで利用できる割引があります

経験・学歴不問!人物重視!個人の目標を後押ししてくれる働きやすい営業職

<仕事内容>
ベンチャー企業に特化したオフィスの仲介営業に従事して頂きます。創業間もない企業を中心にご自身のお客様を開拓して頂きます。

具体的には・・・電話営業、DM、経営者交流会や紹介を駆使してベンチャー企業の経営者との接点を作っていきます。7名チームで動き、未来の優良企業を開拓して頂きます。仲介手数料はすべてお客様に決めていただきます。

<求める人物像>
・将来成し遂げたい目標をお持ちの方
・成長意欲・向上心の高い方
・企業経営者との人脈を作りたい方

<給与>
240,000円~

<勤務地>
東京都

<勤務時間>
東京本社:09:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>
◆慶弔休暇◆年末年始◆夏季休暇◆有給休暇◆完全週休2日制(土・日)祝日◆有給休暇10日~20日

産休・育休実績アリ!表彰制度もアリでモチベーションを保ちやすい提案営業職

<仕事内容>
具体的には、、、同社「奈良営業所」にて社用車を使用し在宅訪問医療マッサージの営業スタッフとして利用者獲得活動を行います。また、事業所長のマネジメントの補佐も一部担当する予定です。

<求める人物像>
・仕事内容に興味がある方

<給与>
200,000円 ~ 240,000円

<勤務地>
東京都

<勤務時間>
品川事業所:09:00 〜 18:00
練馬事業所:09:00 〜 18:00
世田谷事業所:9:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>
年末年始、夏期休暇、有給休暇、有給休暇10日〜20日、週休2日制、日曜休み、産休・育休実績あり、マイカー通勤可(駐車場無料貸与)、表彰制度(年二回、売上に依る)有

福利厚生&休暇制度充実!大手で安心して働ける店舗営業職

<仕事内容>
入社後、まずは営業として働きますが、IDOM社の営業は”提案営業”となります。具体的には、、、1万台以上の中からお客様の求めている最高の一台を、お客様と共に信頼関係を築きながら提案を行います。

自動車の営業は、不動産やウエディングなどの人生に一回の買い物ではなく、一定の周期(5年~10年)で買い替えを行います。

買い替えのタイミングでお客様と関わり続けられる事が出来れば人生を通して関わり続けられる営業であり、お客様の生活に必要な最高の一台をコーディネートし続け、ライフスタイルを設計していきます!

<求める人物像>
・行動力のある方
・何か一つのことを深く長く経験したことがある方

<給与>
201,000円~

<勤務地>
東京都

<勤務時間>

全国のガリバー直営店舗および本社、浦安オフィス、幕張オフィス:10:00 〜 20:00

<休暇・福利厚生>
慶弔休暇◆年末年始◆夏期休暇◆有給休暇◆ゴールデンウィーク◆特別休暇◆産前産後休暇◆育児休暇◆介護休暇、確定拠出年金(401K)◆財形貯蓄◆従業員持株会◆社員割引販売◆社会保険完備

出産/育児休暇◆ベビーシッター利用補助制度◆慰労手当◆保養所◆社宅制度◆慶弔見舞金 ◆結婚祝金 ◆出産祝金 ※直営店配属時はマイカー通勤が可能となっていますので、ガソリン代を支給いたします

若い未経験も上を目指せる!厳しさゼロで人物重視の賃貸代理店営業

<仕事内容>
賃貸提案営業(ルート営業)に従事して頂きます。具体的には・・・駅前などにある不動産賃貸仲介会社を訪問し、
同社が販売、または所有・管理するワンルームマンションの空き部屋情報をご案内して頂きます。

担当地域を定期的に訪問し、信頼を築き、空室が出ないように働きかけていきます。訪問先は、いずれも過去に実績のある企業ばかりですので、安心して訪問・提案していただけます。

<求める人物像>
【第二新卒】【未経験】大歓迎!人物重視の選考を行っています。未経験・第二新卒の方や、今春卒業の方も安心してご応募ください!

専門的な知識などは、先輩社員が入社後しっかりとレクチャーさせていただきます。実際に、中途入社した人のほとんどが未経験者でしたが、先輩社員のサポートもあり着実に知識とスキルを身に着けていっています!

<給与>
208,000円~

<勤務地>
大阪府

<勤務時間>
大阪本社:10:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>
◆慶弔休暇◆春季休暇◆夏季休暇◆有給休暇◆年末年始◆完全週休2日

未経験大歓迎!休暇制度充実で導入研修もアリ!安心して働ける事務職

<仕事内容>
具体的には・・・来店されたお客様の対応、書類作成、電話応対など従事して頂きます。導入研修後に接遇マナー基礎、スタッフ基礎、営業サポート強化、トレーナー養成など段階ごとにきちんと学べる環境なので、安心してチャレンジしてください。

<求める人物像>
・未経験歓迎
・第二新卒歓迎

<給与>
200,000円~

<勤務地>
大阪府

<勤務時間>
大阪本社:09:00 〜 18:00
南港店:09:00 〜 18:00
東店:09:00 〜 18:00
南店:09:00 〜 18:00
北店:09:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>
◆年末年始◆春季休暇◆夏季休暇◆週休2日制(水曜・月2回の休み)

休暇制度充実で働きやすい!水着やコスチューム、ルームウェアの企画・販売にも携われる営業職

<仕事内容>
「Pixy Party」「Gucciny & Co」という自社ブランド商品の企画から販売戦略、営業活動まで
トータルでお任せします。アイテムは水着やコスチューム、アンダーウェア、ルームウェア
財布、パスケースなどが中心です。

■商品企画
販売予定の1年前から、市場調査・企画をスタート!流行を調査しデザインや色、素材をどうするのか?利益は見込めるか?などを考えながら企画を改良します。社内でOKが出たら協力会社のデザイナーにデザイン画を依頼。修正を加えながら
最終的な仕様を決定します。

海外工場へ、メールで仕様や納期について指示します。商品が出来上がったら品質をチェックし、完成です。続いて販売促進の企画を考案。いつまでに何個販売するか、そのためにどう動きどんなメディアを使うかといったプロモーションについても考えていきます。

■営業活動
ホームセンターからディスカウントショップ、商業施設のテナント、ネットショップまで幅広い店舗と取引を行なっています。関西エリアをメインに、営業1名あたり20~30社を担当する予定です。

<求める人物像>
・何かの分野で秀でた結果をお持ちの方
・何かしらアパレル関係の業界に携わった経験をお持ちの方

<給与>
230,000円~

<勤務地>
大阪府

<勤務時間>
大阪本社:09:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>
完全週休2日制(日曜固定+シフト)◆GW休暇◆夏季休暇◆年末年始休暇◆慶弔休暇◆有給休暇◆設立記念日◆社員旅行(グアム、台湾、マカオ、石垣島)◆私服勤務可

福利厚生や手当てが充実!仕事の意義を常に感じられる営業職

<仕事内容>
様々な法人中心に自社製品を販売レンタルの営業をして頂きます。
具体的には・・・担当エリア内にある介護ショップや病院などへ介護用のリフトや移乗用のスライドボードなどを中心に提案、販売を行います。

当企業の営業は単に商品を販売するだけでなく試乗から設置、立ち会い、取付指導、 さらにアフターフォローまでのすべてを行います。
また介護職員様や社会福祉協議会の職員様、介護をしている方々に対しての取扱い勉強会での指導や、 展示会では製品のPR活動なども行います。

<求める人物像>
・第二新卒歓迎

<給与>
200,305円~

<勤務地>
愛知県

<勤務時間>
愛知県本社:8:30 〜 17:20

<休暇・福利厚生>
◆週休2日制◆慶弔休暇◆年末年始◆有給休暇

各種研修制度多数!スキルアップが目指せる環境事業の総合職

<仕事内容>
処理施設、マンホールポンプ場の日常点検・保守点検・施設に付随する建屋管理等に従事して頂きます。具体的には・・・経営幹部候補(総合職)としてご入社頂きますので、当社のビジネスモデルを理解頂く必要があります。

そのため、あらゆる仕事を経験して頂きます。 入社後、半年間は現場研修期間として、さまざまな部署・現場を経験していただきます。その後、適性・希望等を考慮し、正式に配属となります。

<求める人物像>
・第二新卒歓迎
・未経験歓迎

<給与>
178,000円~

<勤務地>
愛知県

<勤務時間>
愛知本社:8:30 〜 17:30

<休暇・福利厚生>
◆週休2日◆慶弔休暇◆年末年始◆夏季休暇◆有給休暇◆育児休暇

福利厚生&休暇制度充実!大手で安心して働ける店舗営業職

<仕事内容>
入社後、まずは営業として働きますが、IDOM社の営業は”提案営業”となります。具体的には、、、1万台以上の中からお客様の求めている最高の一台を、お客様と共に信頼関係を築きながら提案を行います。

自動車の営業は、不動産やウエディングなどの人生に一回の買い物ではなく、一定の周期(5年~10年)で買い替えを行います。

買い替えのタイミングでお客様と関わり続けられる事が出来れば人生を通して関わり続けられる営業であり、お客様の生活に必要な最高の一台をコーディネートし続け、ライフスタイルを設計していきます!

<求める人物像>
・行動力のある方
・何か一つのことを深く長く経験したことがある方

<給与>
201,000円~

<勤務地>
愛知県

<勤務時間>
全国のガリバー直営店舗および本社、浦安オフィス、幕張オフィス:10:00 〜 20:00

<休暇・福利厚生>
慶弔休暇◆年末年始◆夏期休暇◆有給休暇◆ゴールデンウィーク◆特別休暇◆産前産後休暇◆育児休暇◆介護休暇、確定拠出年金(401K)◆財形貯蓄◆従業員持株会◆社員割引販売◆社会保険完備

出産/育児休暇◆ベビーシッター利用補助制度◆慰労手当◆保養所◆社宅制度◆慶弔見舞金 ◆結婚祝金 ◆出産祝金 ※直営店配属時はマイカー通勤が可能となっていますので、ガソリン代を支給いたします

エンジニアの求人一覧

PC好きにぴったり!産前産後休暇も完備で女性も働きやすいエンジニア職

<仕事内容>
顧客先にチームで常駐し、サーバ設計・構築・運用(Linux、Windows)やネットワーク設計の構築・運用(CISCO)、各種のシステムサポートやヘルプデスク、運用支援に従事して頂きます。

具体的には・・・障害の監視や一次切り分け対応といったオペレーション・単純作業は少なく、運用・設計・構築などエンジニアとして高度なスキルを要求される業務がメインです。

案件の約7割はインフラの構築〜運用業務、そして残りの3割は顧客提案〜設計・構築業務です。インフラの設計・構築案件では、エンジニアがプリセールスやPMまで担当することもあり、インフラエンジニアとして、幅広い領域をカバーしています。

<求める人物像>
・本気でエンジニアになりたい方
・パソコンが好きな方

<給与>
210,000円~

<勤務地>
東京都、神奈川県

<勤務時間>
都内外部企業:09:00 〜 18:00
横浜内外部企業:09:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>
◆休日休暇:勤務先に準ずる◆年末年始◆夏季休暇◆有給休暇◆産前産後休暇

未経験でも最先端の開発プロジェクトに!プロを目指せる電子回路設計エンジニア

<仕事内容>
お任せするのは、電子回路や半導体の設計。大手メーカーの開発プロジェクトに入り込み、基本設計から詳細設計、検証作業までを担います。当社では、大手メーカーの技術教育にも導入されている教育サービスを展開しており、あなたも2ヶ月かけて同じ内容を受講。エンジニアの基礎を身につけられます。

<求める人物像>
・第二新卒歓迎
・未経験歓迎

<給与>
178,300円~

<勤務地>
神奈川県

<勤務時間>
横浜本社(フレックスタイム制 1日の標準労働時間 8 時間 コアタイムあり):10:00 〜 15:00

<休暇・福利厚生>
◆完全週休2日◆慶弔休暇◆年末年始◆有給休暇

資格取得支援に通信教育補助あり!キャリアステップも充実な設計エンジニア

<仕事内容>
研修後、経験豊富な先輩エンジニアのアシスタントとして「設計・開発」の基礎を学んでいきます。様々な分野の開発プロジェクトに『技術サービス』を提供し続けることで、 将来的には、アイデア創出や具現化を実現したり、コンサルティング事業を手懸けるまでの技術を身に付けていくことが可能です。

<求める人物像>
・『ものづくり』に興味のある方
・『設計開発』に興味のある方
・『家族的な』人付き合いの好きな方

<給与>
170,050円~

<勤務地>
宮城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、新潟県、愛知県、大阪府

<勤務時間>
各拠点:9:00 〜 17:50

<休暇・福利厚生>
■賞与:年2回(6月・12月)■昇給:年1回(4月)、健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、通勤手当、住宅手当、家族手当、残業手当、業務手当、役職手当、単身赴任手当、完全週休2日制(土曜、日曜)、祝日、GW、夏季休暇

年末年始休暇、年次有給休暇:入社時5日、7ヶ月目プラス5日) 、半日休暇取得制度有 、特別休暇(慶弔時など)、報奨金制度、独身寮完備(研修期間のみ)、財形貯蓄制度、 資格取得支援制度、社員提案制度、契約保養所あり、健診費用全額支給(健康診断・生活習慣病検診・人間ドック・配偶者主婦検診)

通信教育補助 【補足事項】給与(下限)は第二新卒の方の場合で住宅手当(11,460円)を含みます。※住宅手当は、住居条件により支給額が異なります。 また入寮、親元同居の場合は支給されません

未経験大歓迎!年間休日125日のITサポーター職を募集

<仕事内容>
コンピュータIT及びデジタル機器システムへの技術サポートを電話やメールもしくは訪問して現地でハードウェア、ソフトウェアの点検や修理・修繕を行います。

具体的には、、、PCに関する大手のアウトソーシング業務/大手メーカーのコールセンター請負/パソコンやサーバー、タブレットなどのIT機器や、POSレジ、ネットワーク回線機器など、各種機械や端末のトラブル対応や保守などをおこないます。

<求める人物像>
・明るく雰囲気のよい環境で仕事がしたい方
・人が喜ぶ仕事をしたい方
・お客様目線でコミュニケーションをとりながら提案をしたい方
・エンジニアとして挑戦したい方

<給与>
180,000円~

<勤務地>
東京都

<勤務時間>
首都圏事業所:09:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険※各種保険完備、通勤手当、住宅手当、夏期休暇(3日/交代制)・冬期休暇(7日/交代制) 有給休暇(社員採用後6ヶ月目以降10日付与)、会社命令による転勤者には寮完備、福利厚生クラブ(エフアンドエム)加入追加、各種レクリレーション

残業規制あり!自社パッケージを開発しているIT企業で未経験SE職!

<仕事内容>
ソフトウェア開発(プログラマ・システムエンジニア)を担当していただきます!具体的には、、、建築業界をターゲットに、プログラム開発環境を駆使してのプログラム開発が主な業務であり、製品開発の為の企画、設計、テストなど下流から上流まで、すべてを行います。

最終的には「トータルエンジニア」を目指していただきます!

<求める人物像>
・第二新卒・既卒の方
・お仕事に興味のある方

<給与>
180,000円~

<勤務地>
兵庫県

<勤務時間>
兵庫本社※週休二日制(月6~10日):09:00 〜 18:00

<休暇・福利厚生>

賞与:年2回・昇給:年1回・慶弔休暇/年末年始/夏期休暇/有給休暇

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ