第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

Webマーケティング職の志望動機の書き方!未経験でもできるんです

マーケティング職は企業内でも花形部署というイメージが強いですよね。マーケティング職は採用枠に対して希望者が非常に多いため、狭き門となっています。既卒・第二新卒の方がその激戦を潜り抜けるためにはやはり志望動機がカギとなります。今回は、マーケティング職の志望動機のコツをご紹介します。

広報・宣伝職は未経験も募集していて狙い目!

一昔前は、広報・宣伝の担当者を採用している企業も少なく、未経験から採用されることは難しい職種でした。

なぜなら、プロモーションの中心がテレビや看板、雑誌といったマスメディアであった時代にはプロモーションには高い費用が必要であり、潤沢に予算を確保できない中小企業では宣伝活動は容易ではなかったのです。

しかし、インターネットが発達し少額の予算でもwebプロモーションが可能になった今では、未経験からでも広報・宣伝のポジションでの採用も多く行われるようになってきています

また、広報・宣伝と合わせてマーケティング企画職といったポジションで、複合的に採用されるケースも増えてきております。

広報・宣伝職は今後も採用人数が増加してゆく、狙い目で注目のポジションであるとも言えます。

実際の仕事内容は?

広報・宣伝の仕事内容は、大きく分けて「社外」「社内」の2つになります。

社外向けのPR

具体的にはプレスリリースの作成や、取材対応などが主な仕事になります。新製品のPRから企業ブランドの認知向上のためのPRなど、その内容は様々です。

新商品のPRであれば営業や開発の方々と連携を取りながらプロモーションを行ったり、レポートや結果分析の際にはマーケティングの担当者と業務を行ったりと、社内の方と幅広く仕事をすることになります。

webプロモーションを展開している企業であれば、SNSでの情報発信など直接的にメディアに露出する機会もあるでしょう。さらに、メディアからの取材に応じるのも広報・宣伝の重要な仕事の一つです。

自社のサービスや商品を上手く伝える事ができれば企業を大きく成長させる事ができるため、非常に重要でやりがいのあるポジションでもあります。

社内向けのPR

具体的には社内報の作成や、社内イベントの企画などが主な仕事になります。

単純に社員の方を楽しませるコンテンツではなく、自社の一員としの意識づけや、一体感を出しモチベーション向上や離職率の低減のために行うケースが多いです。

【フリーターの方に捧ぐ!志望動機の作り方Part10】面接を活かす志望動機とダメにする志望動機って?

フリーターの方かどうかにかかわらず、企業採用で非常によく聞かれる質問の一つに「志望動機」が存在します。

志望動機は人材採用を行う上で企業側が注目するとても重要なポイントの一つ。だからこそその志望動機の書き方次第で他者と大きく差をつけることも、逆に後れを取ることもあります。

企業面接で問われることの多い志望動機ですが、多くの企業では履歴書と面接の両方でその内容を問います

履歴書は時間をかけて書くことができます。またインターネットで「志望動機」と検索すれば参考になるサイトを多数見つけることができるため、一度型を決めれば、簡単に書くことができます。

しかし、問題は面接で問われる志望動機です。面接では志望動機について聞かれることが多いものです。

せっかく履歴書に素晴らしい志望動機が書かれていたとしても、面接の答え次第ではマイナスイメージにつなげてしまうこともあります。

しかし、他者を引き離すほどのプラスイメージを抱かせることもできます。では、両者の違いは一体どこにあるのでしょうか。

このコラムではこのように、面接を活かす志望動機とダメにする志望動機について考えます。もっと読みたい方はこちらをCheck!

広報・宣伝職に求められるポイント

では実際にどのような点をアピールしたら、人事から高評価を得られるのかを見てみましょう。

企画、分析力

会社の魅力を伝えるのが広報・宣伝のお仕事なので、PRに有利なスキルを持った人材は重宝されます。マーケティングや、プレゼンの勉強をすることも、選考でのプラスの材料になるでしょう。

アンテナの感度

情報を発信するポジションであるので、他社の情報発信にも敏感な方は選考で有利になります。トレンドや次にヒットしそうな情報をいち早く入手できるアンテナ感度の高さは、広報・宣伝の仕事の成果につながります。

対応力

取材やPRの際には、企業の魅力を最大限にアピールしないといけません。そのためには、記者やメディアからの質問に上手く対応しなくてはいけなくなりません

対応の幅が広い人材はそれだけ、広報・宣伝としてのスキルアピールになります。

気をつけるポイント

取材などの華やかな仕事ばかりではない

一見華やかに見える広報・宣伝の仕事ですが、もちろん他の職種のように大変な事もあります。企業の信用に関わる問題が起きた際には、社外からの問い合わせに対応する業務も請け負います

また、時にはメディアへの謝罪等も行わなければなりません。良い・悪い含めて、企業の顔として対応することが広報・宣伝の仕事になります。

細かな活動も込みでプロモーション活動

プロモーションも、企画してメディアに出して終わり!、、、というわけにはいきません。細かい予算やスケジュール管理から、プロモーションの効果測定まで地道な作業を行わなければいけません。

そのため、表には出てこない努力も必要とされます。

フリーターが就職するための志望動機はどうやって作る?ポイントまとめ

就職活動に向かうにあたって、最初にぶつかる壁は志望動機ですよね。その企業への採用の可否は志望動機で決まると言っても過言ではありません。

では志望動機は一体どのように書けばよいのでしょうか?まず、志望動機を書くには希望する業界について調べる必要があります。これはいわゆる業界研究企業研究のことです。

自分の希望する業界の特徴や現状、将来性や成長性などを知ることで、自分の経験や適性をその業界でどのように役立てることができるのか、業界の発展のために自分には何ができるのかという観点から自分を企業などの採用者サイドへアピールすることができます

また、自分の適性強みを把握するために自己分析を行うことで、その内容を自己PRに活かすことができます。

自分が今後の業務にどれくらいの可能性を秘めているのか、企業側に分かってもらうことができれば成功はぐんと近づきます。

また志望動機を書くにあたって文章の構成をどう組むか、そしてその志望動機をどう面接に役立てるかなども重要です。

このコラムでは、以上の他にもさまざまな視点から志望動機の書き方のコツとポイントについてご紹介しています。もっと読みたい方はこちらをCheck!

おわりに3ポイントまとめ

・華やかな仕事だけでは無いことを理解
・対応力をアピールして評価アップ!
・マーケティングやプレゼンを勉強してプラスの評価を

華やかな一面だけではなく、細かい業務も必要な広報・宣伝職。しっかりとアピールすべき点をアピールし、就職成功につなげてください。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ