就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

仕事を休みたい時は休もう!スムーズに休める理由と上司に伝える時のポイント

ケガや病気を患っている訳でもなく仕事を休んでしまう事に対しては、罪悪感や抵抗感を覚えてしまうケースも多いでしょう。しかし「休みたい」という気持ちは自分の心身から発せられているSOSメッセージである可能性も高いです。今回は会社に出来るだけ迷惑をかけず、スムーズに仕事を休むためのポイントを紹介します。心身に負担がかかっている場合は本記事の内容を元に休みを確保し、休息することが望ましいですが本質的な問題の解決にはならない場合が多いので前提としてその点は認識しておきましょう。

仕事を休みたい!これって甘え?

仕事 休みたい

「気分で仕事を休むなんて甘えだ」と感じる人も少なくないでしょう。確かに慢性的なサボり癖が付いてしまうのは社会人として考えものですが、「仕事を休みたい」という気持ちは無視して良いものではありません。

ネガティブな気持ちを引きずったまま無理矢理仕事を続けていると、自分が思っている以上に心身に負担をかけてしまう事になります。

最初のうちは仕事のパフォーマンスが下がって思うように結果が出せなくなり、悪化すると精神疾患に繋がってしまう可能性もあるのです。気持ちが落ち込んでいる時は無理をせず休暇を取り、リフレッシュした状態で仕事に臨んだ方が生産性の向上を期待出来ます。

職場に行きたくない理由は人それぞれであり、「こんな理由で休んではダメだ」と自分で決め付けてしまう必要はありません。例えば「仕事で大きなミスを犯し、すぐには立ち直れない」「職場の人間関係が過度なストレスになっている」などが代表的な例として挙げられます。

自分でも仕事に行きたくない理由がよく分からない場合は、まず自分の気持ちと向き合って原因を考えてみる事も大切です。

原因が分かれば休んでいる間に適切な対策を考えて、今後の仕事に役立てられるようにもなります。「仕事を休みたい」という気持ちは誰もが抱え得るものであり、自分がだらしないからではありません。

一時的だとしても心身がしんどくなって仕事を休みたいと思う事があれば、勇気を出して仕事を休むという選択肢を検討してください。

仕事を休みたい時に使える理由

仕事 休みたい

自分の心身管理のために仕事を休むとして、どういう理由で会社に伝えれば良いのか迷ってしまうというケースも少なくありません。

「気持ちが落ち込んで仕事に向き合えない」という素直な理由を受け入れてくれる職場であれば問題ありませんが、現実問題としてそう上手くいかない事の方が多いでしょう。

自分を守るためには、時として方便を用いる必要もあるのです。ある程度前もって仕事を休む場合には、仕事に行けない止むを得ない都合を理由にすると職場の人も納得してくれる傾向があります。

結婚式

例えば一般的に仕事を休む理由として多いのが「結婚式」です。親戚に限らず友人の結婚式に参加するというケースも考えられるため、比較的職場や上司からの理解を得やすい理由であると言えるでしょう。

ただし、結婚式の招待状は当日の2~3ヶ月前に届くのが基本であり、出欠の返事はどれだけ遅くても当日の1ヶ月前がマナーとされています。

したがって、休みたい日の1週間前などにいきなり結婚式を理由に休みを申請するのは不自然に思われる可能性があるので注意しましょう。

また、結婚式会場が海外であれば有給を消化して数日間休む事も難しくありません。上司に伝える際は「付き合いの長い友人の結婚式に出席するので、お休みをいただきたいです」など、新郎新婦と交友が深い点をさりげなくアピールするのがおすすめです。

法事・法要

事前に仕事の休みを申請する際の理由としては「法事・法要」もポピュラーです。お通夜や告別式は日程が急遽決まるものですが、法事は故人が亡くなってからある程度時間を置いて催します。故人が従業員の大事な身内や友人であれば、法事に参加する事を止める人はいないと言えるでしょう。

よく知られているのは初七日・七七日(四十九日)・一周忌法要などです。ただし、身内の不幸に関する事なので何度も使うのは憚られます。上司には「○○県で親戚の七七日法要があるので×日はお休みさせてください」というように、どこで・誰の法事法要があるのかを具体的に示しておきましょう。

病院

「病院での診療・健康診断」を理由に仕事を休むというのも1つの手段です。どのような仕事でも身体が資本であり、良好な健康状態は仕事のパフォーマンスにも大きく影響します。

日本では長時間労働や休日出勤過多による労働者の健康被害が問題視されているため、従業員が健康管理のために率先して通院する事を咎める上司は少ないです。

ただし、一般企業では年に一度の健康診断が義務付けられているため、会社の健康診断直後は仕事を休む理由にしにくいので注意しましょう。伝え方としては「○日は人間ドックへ行くのでお休みさせてください」といった具合にシンプルに申し出ておくのが無難です。


仕事選び

当日に使える理由

仕事 休みたい

直前まで迷っていたけれど、当日になってどうしても職場に向かう足が踏み出せないといったケースも少なくありません。当日に休みを申請するためには、以下のように緊急性の高い理由を添える必要があります。

急な体調不良

代表的なものとしては例えば「体調不良」が挙げられるでしょう。一口に体調不良と言っても様々なものが考えられますが、会社を休む理由としては発熱・頭痛・腰痛・嘔吐などが一般的です。

「すみませんが、今朝方37度5分の熱が出てしまったのでお休みをいただけませんでしょうか」など、具体的な症状を添えて上司に相談しましょう。

生理痛

女性限定にはなりますが、生理痛も会社を休む理由として受け入れられやすいと言えます。デリケートな分野かつ症状の個人差が大きいので、上司としても申請を突っぱねにくい理由なのです。

ただし上司が男性の場合は言い出しにくい場合もあるので、ケースバイケースで別の理由を探す事も視野に入れておきましょう。

「生理痛が収まらず、吐き気と頭痛が酷いため本日はお休みをください」というように具体的な症状も併せて申告すると、上司としても休ませる判断がスムーズになります。

家族の体調不良

自分が家族と同じ家に住んでいる場合は、家族の体調不良を理由に仕事を休む事が出来る可能性が高いです。例えば自分の親や子ども、あるいは兄弟姉妹の看病を理由にします。

血縁者でなくても同居人と住んでいる場合は同じ要領で休みの理由にする事が可能です。

自宅での看病でも休みをもらえるのが一般的ですが、検査を受けるために病院へ連れて行く体にした方が信憑性が増すと言えるでしょう。「母が体調を崩し一人で歩く事も出来ないので、病院へ連れて行くため本日は欠勤とさせてください」のように、止むを得ず自分が面倒を見ている状況を説明してください。

親の介護

両親が高齢であれば親の介護も仕事を休む理由として成立します。要支援者を置き去りにして仕事へ行く事は命に関わるケースもあるので、比較的職場からの理解も得やすいでしょう。

ただし、介護のために仕事を休む事を制度化している企業も徐々に増えているため、場合によって正式な手続きが必要になる場合があります。前もって会社の休暇制度をよく確認しておくようにしましょう。

申告する場合は「いつも親の介護をしている家族の都合がつかず、本日は自分が担当するためお休みさせてください」など、普段は身内やヘルパーで自宅介護している事にしておくと信じてもらいやすいです。

子供のケガ・体調不良

小さな子どもは予期せぬ事からケガをしたり、急に熱を出したりなど突発的なアクシデントが多いです。そのため、仕事の当日に休みを申請する理由としては自然な流れを作る事が出来ます。

基本的には自分が既婚者で子どもを育てているというのが前提条件ですが、場合によっては兄弟姉妹の子どもの面倒を見なければならないという言い分も通用するでしょう。

「子どもが熱を出して看病しなければならないため、今日の仕事を休ませてください」のように、つきっきりで面倒を見る体にしておくのが通例です。

ペットのケガ・体調不良

犬や猫をはじめとするペットは飼い主にとって家族同然であり、ペットのケガや体調不良を理由に仕事を休む人も珍しくありません。大切な命を守るためである事を説明すれば、上司も納得してくれると言えるでしょう。

一方、ペットの看病に対する見方は様々であり人によってはあまり快く思わないという場合もあります。そのため、職場の上司がペットに理解がある人かどうかは見極めておく必要があるでしょう。

一般的には「昨日からペットの具合が悪くエサも食べてくれず、動物病院に連れて行くのでお休みさせてください」などとして、体調不良が続いている事・動物病院に連れて行く事を明記しておきます。

家のカギの紛失

家のカギは紛失したままにしておくと空き巣被害の原因にもなり兼ねないので、仕事を休む理由として成立する場合が多いです。

後で上司から危機管理能力についての注意を受ける可能性もありますが、とにかく直近の仕事を休んで心身をリセットしたい時には有用な欠勤理由であると私たちは考えます。

上司には「大変申し訳ないのですが自宅のカギを紛失し、警察への紛失届提出や管理会社への連絡のためお休みをください」というように、まずは自己責任である事をお詫びした上で具体的な対応を伝えるのがベターです。

車の故障

会社によっては車での通勤を許可しているところもあり、車の故障を理由に仕事を休む事も難しくありません。自宅周辺で鉄道やバスといった公共の交通手段が整備されている場合は通用しない事もあるので注意しておきましょう。

信用してもらうコツは「車の警告灯が点灯しているので、申し訳ないのですが点検のため遅刻します」「原因が分からず修理業者を呼んだのですが、すぐに直らないそうなので本日は欠勤とさせてください」など、連絡を2~3回に分けて行う事です。

前日に使える理由

仕事 休みたい

止むを得ない事情を理由にすれば当日でも仕事を休む事は出来ますが、上司や職場の負担を考えると出来れば前日には連絡を入れておきたいところです。以下では休む前日に使える欠勤理由を紹介します。

ライフラインの修理・設備点検

自宅工事の立会いは会社を休む際の理由として受け入れられやすいものの1つです。特に集合住宅の場合は法律によって火災報知器やガス設備の定期点検が義務付けられています。

点検日は原則として管理会社や業者の都合によって決まるため、住人は指定された日に在宅して点検に協力するのが一般的です。安全に関わる事なので、上司としても無理矢理出社させる訳にいきません。

一般的に設備点検は数日前から住人に告知されるので、「しばらく郵便受けを確認しておらず、明日設備点検がある事を今日知りました」と添えておくと良いでしょう。

自己管理について言及されそうな場合は「水道が故障して修理が翌日になるのでお休みをください」など、ライフラインの修理を理由にするのがおすすめです。

親族の危篤

親族の危篤を理由に翌日の仕事を休むというのもよくあるパターンです。比較的ありきたりではありますが、上司から「本当に危篤なのか?」と問い詰められる事はほとんどありません。「危篤」とは命に関わる問題が発生しており、なおかつ回復の見込みが少ない状況を指す言葉です。

血の繋がった大切な親族の最期に関わる事であれば、上司も簡単に無下には出来ません。自分と親等が離れ過ぎているとやや不自然なので、自分の祖父母・兄弟姉妹とその配偶者を含む2親等あたりまでにしておくのが無難です。

「祖父の容態が悪化して危篤状態なので、明日はお休みいただけませんか」といった具合に申告しましょう。

葬儀

葬儀への参列も会社を休む理由としてポピュラーなものとされています。比較的近い親族の危篤を理由に会社を休んだ場合、その後の葬儀への参列も併せて長めの休みを取る事も出来るでしょう。

しかし、「忌引き」と呼ばれる制度が採用されている会社では葬儀への参列は正式な手続きが必要となる場合もあります。

親族の葬儀であれば書類の提出を求められるケースも多いので「長年の友人が亡くなったため、明日は葬儀参列のためお休みをください」など、出来れば親族以外の葬儀を理由にしましょう。なお、友人関係の葬儀が忌引きの対象になるかどうかは会社の規定次第です。

役所での手続き・免許更新

平日の昼間に仕事をしている場合は公共機関での手続き・免許の更新が仕事を休む理由として有効と言えます。

例えば税務署・区役所・市役所での手続きを理由とするケースが多いです。こういった公的機関は原則平日9~17時までの受付となっているのが一般的であるため、「仕事を休まなければ必要な手続きに行けない」という理屈が成り立ちます。

免許の更新も行きそびれると通勤や日常生活に支障を来たすため、仕事を休む理由として効果的です。注意点としてマイナンバーカード活用の観点から、自治体によっては住民票の写しや戸籍謄本をコンビニで入手出来るようになっているという点が挙げられます。

仕事を休む理由として使う場合には、事前に自治体のホームページを確認しておくと安心です。職場への連絡は「期日が迫っている○○の手続きのため役所へ行く必要があるので、当日はお休みをいただけませんでしょうか」などとしましょう。

仕事を休みたいと伝える時のポイント

仕事 休みたい

仕事を休みたい旨を職場に連絡する際、スムーズに事を運ぶためにはいくつか気をつけておきたいポイントがあります。場合によっては今後の人間関係にも影響を及ぼす事もあるので、次の点には十分注意しておきましょう。

同じ理由を使い回さない

仕事を休みたいと感じる日は1日だけとは限りません。人によってはどうしても仕事に行きたくない日が断続的に発生する事もあります。休み癖が付いてしまうのも考え物ですが、心身を守るために必要であれば仕事を休むという選択をせざるを得ないでしょう。

その時、以前仕事を休む時に使った欠勤理由をそのまま使いまわさないようにしてください。

どのような理由であれ、同じ理由を使い続けていると上司や職場から「またか」と疑念の目を向けられてしまう可能性があります。仕事を休むための理由は1つや2つではないので、タイミングや状況を考慮して適切なものをチョイスしましょう。

月曜日に欠勤を重ねない

自分の意思で仕事を休む場合、欠勤日が月曜日ばかりになってしまわないように気を付けてください。月曜日はブルーマンデーという呼び方もあり、会社が休みである土日の直後という事から一般的に社会人の気持ちが落ち込みやすいとされています。

それゆえ、月曜日ばかり欠勤していると単なるサボりではないかと疑われてしまうリスクが高くなるのです。

週の頭として月曜日に決まった業務がある場合は、その業務が嫌で休んでいると思われる可能性もあるでしょう。自分が休んだ日は出来るだけメモしておき、月曜日が続いてしまうようであればもう一日だけ頑張って休みを火曜日にずらすなどしてみてください。

当日は外出とSNSを避ける

仕事を休んだ当日に気持ちが落ち着いて元気になったとしても、買い物など必要最低限の外出に留めておきましょう。

気分転換のための不用意な外出は職場の人や取引先の顧客に目撃される可能性が高く、欠勤の理由がウソであるとバレてしまうリスクがあります。また、事前に取得していた有給休暇などでは問題ありませんが、SNSについても同様で休みの当日は投稿を控えておくのがおすすめです。

仕事を休まざるを得ない理由があったハズなのに、関係ない事をSNSに投稿していると周囲からの不信感に繋がります。仕事を休んだ日は極力自宅で大人しく過ごして、心身の回復やリフレッシュに努めてください。

上司に電話で伝える

仕事を休むための連絡は「直属の上司へ」「電話で伝える」という2つのポイントを徹底しましょう。自分が仕事を休む事になった場合、最も影響が出るのは自分の所属部署とそこの管理職です。

上司は担当部署に欠員が出た場合、仕事の割り当てや人員配置を考える必要があります。SNSやメールでの連絡も可能ですが、相手に迷惑をかける事になるので直接電話で伝えるのが社会人として最低限のマナーなのです。

また、SNSやメールはいつ相手に見てもらえるか分かりませんが、電話であればその場で確実に用件を伝える事が出来ます。言った・言わないの水掛け論になる心配もないので、上司と話すのが苦手でも休みの連絡は極力電話で行いましょう。

電話口では「お休みをいただきます」と断言するのではなく「お休みをいただけませんか?」など、上司に対して伺いを立てるようにするのが基本です。

また、休む当日に電話する場合は始業の10~15分前に連絡するのが良いでしょう。これよりも早いと上司が会社へ移動中である可能性が高く、始業直後は定型業務などでバタバタしているケースが多いです。

始業までに連絡がないと無断欠勤や交通事故の心配をかけてしまう事になり兼ねません。始業10~15分前は比較的落ち着いた時間なので、落ち着いて欠勤の旨を伝えられるでしょう。

休む理由は簡潔に伝える

仕事を休む理由は出来るだけ簡潔にまとめて、上司から聞かれない限り余計な事は喋らないようにしましょう。信用を得ようと自分からどんどん情報を出していくと、どこかでボロが出て矛盾を指摘されてしまうリスクが高くなります。

上司としても始めから自分の従業員を疑うような真似はしません。むしろ必要最低限の情報だけ伝えて来る方が「余裕がないのだろう」という印象になります。何を伝えるべきかを予め絞り込んでおき、突っ込まれそうなポイントの答えは2~3個用意しておく程度で問題ありません。

現状の業務状況を報告する

休みの電話を入れる際は、その時点で自分が受け持っている業務の状況を上司に伝えておきましょう。これは上司がどのように人員配置や業務の割り当てを変更するかの判断材料となります。

特に取引先との連携に関するものや納期が近いものなど、優先度の高いタスクについては漏れがないようチェックリストにまとめておくのがおすすめです。

緊急の場合は自分に連絡してもらうように一言添えておくと上司の心象も良くなり、自分としても業務上の予期せぬトラブルを予防出来るので安心して休めるようになります。

次回の出勤日目安を伝える

休みの連絡は「次回の出勤日がいつになるか」と1セットと考えてください。現場を仕切る上司としては、従業員が抜けた穴をいつまでカバーしておけば良いのかによって取るべき選択肢が異なってきます。

職場の事を考えると、自分がいつ復帰出来そうなのかを伝えておくのがマナーです。休みの理由が法事や設備点検であれば1~2日で復帰するのが一般的ですが、体調不良の場合はいつ治るか分からないので後ほど改めて連絡を入れるのが良いでしょう。

その際は「本日病院で診察を受けたところ症状も収まり、落ち着いていれば出勤しても構わないとの事でしたので明日から復帰致します、ご迷惑をおかけしました」などとして、一言お詫びを添えておくと丁寧です。

必要に応じて関係者に連携する

仕事を休む場合、必要に応じて可能な範囲の連絡は自分で行うようにしておくのも社会人としてのマナーです。例えば取引先との商談が控えていたのであれば、当日どのように対応するかを連絡しておきましょう。

社内で代理の担当者が居ればその者が伺う事を、それが難しいようであれば丁寧にお詫びした上で改めてスケジュールを調整してもらうのが基本です。

上司や代理担当者から取引先に連絡するのはマナー違反にあたり、今後の関係に影響を与えてしまう可能性もあるので十分注意しておきましょう。

社内での業務を誰かに代行してもらうにも、業務状況を一番理解している自分が適任者を探すのが効率的です。同僚が抱えているタスク状況が分からない場合は、電話口で上司と相談しながら代役を決めると良いでしょう。

仕事を休みたい気持ちが続く際の対処法

数日間仕事を休んでみても気持ちが晴れない場合は、根本的な問題点を解決する必要性が出てきます。原因によって解決策が異なるので、まずは何故仕事に行きたくないのか自分と向き合ってみましょう。

慢性的な疲れ

長時間労働や業務過多が常態化した職場で働いていると、1~2日休んだくらいでは完全に回復しないケースが多いです。

身体の疲れは心の疲れに繋がっていくので、まずはマッサージやアロマなど自分なりに疲れを取る取り組みを積極的に試してみましょう。それでも疲れが取れないようであれば、上司に相談して業務配分を再考してもらうのが賢明です。

職場の人間関係

職場の人間関係がストレスで仕事に行きたくないという人も少なくありません。この場合、相手の性格や価値観を変える事は難しいので「自分の意識」を変えてみるのが解決への近道です。

「悪いところではなく良いところを探す」「その人を苦手に感じる理由を把握し、回避策を考える」など、無理のない範囲で取り組んでいきましょう。仕事なので価値観の異なる人がいるのは当然と割り切る姿勢も時には大切です。

業務内容や待遇

自分がやりたい仕事を一向に振ってもらえない、評価や待遇に不満があるという場合もまずは上司に相談してみましょう。

自分が普段努力している事ややりたい仕事に対する熱意を真摯に伝えれば、上司が対応してくれる可能性は十分にあります。あくまで冷静に、論理的に話を進める事を意識してみてください。また、社内評価については人事担当部と直接コミュニケーションを取るのも有効です。

場合によっては異動や転職も考えよう

仕事を休みたい原因が分かった上で自分なりに取り組んだとしても、必ず問題が解決するとは限りません。今の職場で働き続けるのが辛いと感じたら、部署異動や転職も視野に入れてみましょう。

転職の場合は自力で求職活動を行うよりも、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

例えば私たち第二新卒エージェントneoでは、転職先企業の社風や具体的な業務内容などを丁寧に調査して求職者に情報提供しています。

こうした情報は求職者が自力で知る事は難しいですが、実際に働くにあたっては重要な要素です。仕事を休みたい気持ちがどうしても消えない時は、まず無料の会員登録から転職のプロである私たちに相談してみてください。


「自分に合った仕事は?」

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ