就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

仕事を辞めて転職したい!理由と対処法6選、楽な仕事と転職方法や体験談を公開

仕事を辞めることは決して悪いことではありません。無理をしてまで同じ職場にいる必要はないのです。

この記事では、仕事を辞めたい理由や対処法を具体的な体験談を交えて紹介します。仕事を辞めたいと悩んでいる人は参考にしてみてください。

また、楽な仕事や転職方法なども解説するので、転職に向けて行動したいと考えている人にもおすすめです。企業選びの失敗はしたくない就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

なぜ仕事を辞めたいのか?辞めることは悪いこと?

仕事が合わない、スキルアップしたい、もっと条件のいい仕事がしたいなど、仕事を辞めて転職したいと思う理由はいろいろあります。

なかには何となく辞めたいからという人もいるかもしれません。理由はさまざまなものがあると思いますが、仕事を辞めるというは悪いことなのでしょうか。

仕事を辞めることはいけないことなのか、そして代表的な辞めたい理由について解説します。

仕事を辞めることは悪いことではない!

仕事を辞めることは決して悪いことではありません。一度入社したのであれば最低3年は頑張るべき、といった意見も耳にしたことがある人もいるでしょう。

しかし、そのような意見を気にして会社に居続けても状況はなかなか改善しません。

特にパワハラを受けている、ブラック企業で勤務環境が悪いといった理由で体や心を壊してしまいそうな人は、なるべく早く辞めたほうがいいでしょう。

それ以外の理由であっても著しい違和感を覚えながら仕事を続ける必要はありません。

私たちは日本国民として仕事を自由に決める権利が保障されています。違う仕事を選択できる前提のもと、どんな理由であれ今の仕事を辞める自由があるのです。

内定獲得率90.1%

仕事を辞めたい理由

仕事を辞めたいと思う理由はさまざまですが、代表的なものとして人間関係の悩み、劣悪な労働環境、仕事内容が合わない、一度働くことを休みたい、違った職種に就きたいという理由があります。

それぞれの理由に関する体験談をご紹介します。

人間関係の悩み

会社の人間関係に疲れてしまいました。上司は褒めることはせずにネチネチと細かい注意ばかりしてきます。何をしても注意されるので、上司に話しかけることすらつらくなってしまいました。

同僚は上司に好かれているので、相談しても『気にしすぎ』と相手にしてくれません。それどころか、自分が上司について相談したことを話されてしまい、上司に無視されることも増えてきました。

業務についての話でさえまともにできず、会社に行こうと思うと気持ちが落ち込みます。(26歳・男性)

後輩の態度で常にイライラします。何か注意をしても聞いているんだかどうか分からないような生返事をして、まともに聞いてはくれません。

褒めて育てたくても褒める部分がなく、どう扱っていいのか困っています。このことを上司に相談しても『うまくやれてこそ一人前』と突き放され、なぜ自分ばかりこのような役目を担わされているのか理不尽さを感じます。(27歳・男性)

女性が多い職場で何かとギスギスしがちです。誰かが新しい服を着てくるとめざとくチェックし、値段を聞かれることもあります。

いくつかのグループに分かれていて一見楽しそうにしていますが、そのグループ内でも悪口を言ってくる人もいてうんざりします。

たまには一人で好きなものを食べたくても、グループで決まった場所に行くので昼休みでも息抜きできません。こんな人間関係にうんざりしているので、早く転職したいです。(25歳・女性)

劣悪な労働環境

現在、週6で働いています。就業時間は朝9時から18時ですが、大体残業で23時近くまでかかってしまいます。月の残業時間は120時間を超えているのにも関わらず残業代は発生しません。

上司からは一度18時にタイムカードを押してから残業するように言われていて、残業しているという証拠はありません。

給与も驚くほど低く、時給1,000円のアルバイトよりも少ないと思います。このままだと体を壊してしまいそうです。(24歳・男性)

車を使用する営業の仕事をしています。ノルマを達成するために仕事時間がどんどん伸びていき毎日寝不足です。

そんな状況で運転しているので、追突や自損事故を何度か起こしてしまいました。会社は車の修理費を払ってはくれないので、少ない給与から修理費を出しています。

取り返しのつかない事故を起こしてしまう前に仕事を辞めたいと思っています。(28歳・男性)

プログラマーですが、普通の勤務時間ではとうてい間に合わないような仕事が多発しています。納期近くになると何人もの男性が会社に泊まりこんでいます。

数時間の仮眠でひたすらパソコンに向かう毎日で、本当につらいです。納期までに無事納品させても、次々と新しい案件が舞い込み、限界寸前の人がとても多い状況になっています。

あまりにつらい環境で人が次々に辞めてしまうので、自分はどうか辞めないでほしいと懇願され、非常に辞めにくい状況です。(25歳・男性)

仕事内容が合わない

現在の会社は定時出勤定時退勤なのですが、仕事内容がつまらないんです。誰にでもできるような単純作業を毎日繰り返しています。やりがいは皆無です。

同級生から『仕事が大変』『責任が重くてつらい』という愚痴を聞くと、自分の仕事とあまりに差があり落ち込んでしまいます。多少大変でもやりがいのある仕事に就きたいです。(26歳・女性)

仕事に不満はないし、やりがいもあるけれど、この会社にいてもこれ以上自分自身が成長しないのではないかと思ってしまいました。

どんなに出世しても給料はこのくらいだろうと見通しがついてしまっているし、仕事内容も大体目安がつきます。

そんな状態で何年も働いていていいのか、と疑問を抱いてしまいました。思いきって仕事の難易度が高くなるところに転職したほうがいいのかと迷います。(29歳・女性)

今やっている仕事がどうしても好きになれません。この仕事をやりぬいて成功したい気持ちもあるけれど、自分が好きになれない仕事をしながら定年まで働くのかと思うとゾッとします。

労働環境も人間環境も悪くないのに甘えているのではないかと悩みますが、転職したい気持ちが抑えられずつらいです。こんな甘い考えで会社を辞めてもいいのか迷っています。(27歳・男性)

一度働くことを休みたい

仕事だけの生活に嫌気がさしてしまいました。貯金も貯まったことだし、数カ月くらい仕事をしない生活を送ってみたい。

無職になるのは怖いけれど、再就職できそうな年齢のうちに無職生活をしておいたほうがいいのではないかと思いました。(28歳・女性)

違った職種に就きたい

子どものころから美容師になりたいと思っていました。しかし、何となく大学へ進学してしまったので、美容師学校には行きませんでした。

普通に就職してはみたものの、やはり美容師になりたいという気持ちが抑えられません。専門学校の学費を貯まったら会社を辞めようと思っています。(26歳・男性)

大人になって入院しました。そこで、看護師さんの仕事の大変さや素晴らしさに感銘を受けてしまったのです。

いつか会社を辞めて看護師の資格を取りたいと思いました。看護師の資格を取れれば、日本全国どこにいても働くことができるし、普通のパートよりも給与が多いところも魅力的です。

しかし、働きながら看護学校に行くことは難しく、会社を辞めてまで目指していいのかとても悩みます。(28歳・男性)

普通のOLをしていますが、ずっと安定して働くために何か資格を取りたいと思うようになりました。司法書士や税理士などの資格を取って、いずれは開業したいという夢があります。

そういった資格を取るために勉強しようと思いますが、働きながらだと勉強時間があまり確保できない気がします。会社をやめて勉強に専念したいけれど、もし合格しなかったらと思うと不安です。

そのため、今の会社を辞めて仕事が勉強となるような司法書士事務所や税理事務所で働けたらいいなと考えています。(28歳・女性)


会員が受けられるサービス

仕事を辞めるべき人の特徴

仕事を辞めること自体、悪いことではないのですが、辞めればすべてうまくいくというわけではありません。その人の状況や人柄によって、仕事を辞めたほうがいい人とそうではない人がいます。

仕事を辞めるべき人の特徴は、会社側に問題がある、精神や体に異常がでてきている、転職先に目安がついている、スキルアップの具体的な目標がある、貯金がしっかりとある、といったケースです。

それぞれの特徴について詳しく説明します。

会社側に問題がある人

人間関係や労働環境など、自分が努力してもどうにもならないような問題がある人は仕事を辞めたほうがいいでしょう。

自分がいかに努力をしても他人のことは変えることができません。会社の部署変更などで解決しそうな問題ならば、なるべく早く部署変更の希望を出して様子をみましょう。

しかし、社風が自分に合わずどの部署にいても人間関係に問題が起こりそうな場合や、部署異動ができない場合などは会社を辞めることが一番の解決策です。

会社の労働環境に問題がある場合も同じです。労働基準監督署に通報する、上司に労働環境の劣悪さを訴えるなどの解決方法もありますが、労働環境の向上には時間がかかります。

この場合は会社を辞めて、より良い労働環境である会社に転職したほうが早く解決することが可能です。

労働環境が悪いなかで無理して働く必要はありません。心身を壊してしまう前に辞めてしまったほうがいいでしょう。

精神や体に異常がでてきている

会社がストレスの原因で心身に異常がでているような人は、なるべく早く仕事を辞めたほうがいいでしょう。

過剰なストレスがかかると自律神経が乱れて、突然涙がでる、死にたいと思ってしまう、思考力がにぶり本を開いても文字が読めないといった症状がでます。

身体的な異常としては、胃腸の不調、皮膚のかゆみ、円形脱毛症などです。

会社に対してストレスを感じていて、このような症状がでてしまっている人は、なるべく早く会社を辞めましょう。自分を犠牲にしてまで働くことはありません。無理をしないようにしましょう。

転職先に目安がついている

すでに転職する会社に目安がついている場合は、遠慮せずに会社を辞めてしまいましょう。転職できそうな状態でも会社や周囲の人に悪いと感じ、なかなか会社を辞められないことがあります。

しかし、一番大事にしなくてはならないのは自分の気持ちです。周りのことは気にせず、転職をポジティブなことと捉えて、行動しましょう。

スキルアップの具体的な目標がある

資格や技術などを取得して今よりもスキルアップし、それを生かせる職に就きたいという明確な目標があるのであれば、仕事を辞めてもいいかもしれません。

具体的に説明すると、看護師学校に通い看護師の資格を取りたい、税理士になりたいので税理士事務所で働きながら勉強したい、といった明確なビジョンがあることです。

そういった目標があるのであれば、会社を辞めたとしても前向きに次の段階へ進めます。思いきって辞めてしまってもいいでしょう。

貯金がしっかりとある

仕事を辞めても数カ月は暮らしていけるくらいの貯金がある人は、とりあえず辞めてもいいでしょう。

実家暮らしか一人暮らしか、また1カ月の生活費がどのくらいなのかによって貯めるべき額は変わってきますが、100万円ほどの貯金があれば当面は暮らしていけます。

職がない状態でもアルバイトをする必要がなければ、転職活動に専念できる点でも安心です。


企業選びの失敗はしたくない就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

辞めないべき人の特徴

会社を辞めないほうがいい人の特徴は、辞めたい理由が親の介護や自身の結婚、安定を最重視する、第三者の意見に流されやすい、無謀な目標を持っているといったケースです。

辞めたい理由が親の介護や結婚である

仕事を辞めたい理由が自分ではなく、親の介護や自身の結婚であるときは辞めないほうがいいかもしれません。親の介護に限界を感じて仕事を辞めるという人はいます。

しかし、会社を辞めてしまうとより介護が大変になることもあるのです。介護には介護用品やオムツなどの消耗品、特別養護老人ホームに入るための資金など、たくさんのお金がかかります。

仕事を続けてお金を稼ぐことも介護にとってプラスになるでしょう。また、仕事をしていない同居家族がいると、特別養護老人ホームに入れる優先順位が下がってしまいます。

さらに一人が24時間かかりきりで介護をすることはとても難しいことです。

介護保険で受けられるサービスやホームヘルパーなどの訪問介護を利用し、公的な介護サービスに助けてもらいましょう。会社を辞めず働きながらの介護をおすすめします。

女性の場合、結婚を期に仕事を辞めるという人もいるでしょう。しかし、新居から自分の職場が遠い、子どもが早く欲しいといった理由がないのであれば、仕事は辞めないほうがいいと考えられます。

一度仕事を辞めてしまうと、また同じような条件の仕事に就けるわけではありません。

また、結婚生活に問題が起きたとき、女性が経済的に自立していたほうが、万が一離婚になったときも対処しやすくなります。

多くの選択肢を残すためにも、結婚したからといって会社は辞めないほうがいいでしょう。

安定を最重視する

性格的に安定が一番と考えている人は、仕事を辞めないほうがいいです。安定志向の人は、さらなる安定を求めて転職したいと考える人もいるでしょう。

しかし、安定を第一に職探しをすることはリスクも伴う点に注意が必要です。安定を最重視する人は、仕事内容や給与に変化が起こることを恐れます。

そのため、応募する求人の幅が狭まってしまうことがあるのです。転職活動をしているときに安定して経営していた企業が今後どうなるのかも分かりません。

安定を求めて転職したのに、業績が悪化しリストラにあってしまう可能性もあります。

第三者の意見に流されやすい

仕事を辞めるように勧めてくる人がいます。「同じ会社にいても成長できない」「もっと楽して稼げる方法がある」「雇われるよりもフリーランスで稼ごう」といった甘い言葉は魅力的です。

しかし、そんなときは落ち着いて自分の状況や今後のことを考えてみてください。ずっと同じ会社で業務を続けていれば、その職のエキスパートになれる可能性があります。

楽して稼げる方法は合法ではないかもしれません。フリーランスは自分で仕事を取りにいかなければならないので、ある意味会社員よりも大変です。

第三者の意見を聞いて辞めたいかもしれないと思ったときには、今一度自分の状況を省みてみましょう。案外辞めないほうがいいかもしれません。

無謀な目標を持っている

資格を取得しスキルアップしたい、職業訓練校や専門学校で手に職をつけたいという目標は決して無謀ではありません。

しかし芸能人や小説家、YouTuberといった、なれるかどうかが分からない目標を持っている人は、会社を辞めないほうがいいでしょう。

そういった職業で成功することは不可能ではありません。しかし、誰でも必ずなれる職業でもありません。無謀な目標のために会社を辞めしまうことは、かなりのリスクがあります。

こういった目標を持つ人は、働きながら目指すのがおすすめです。

あなたの就活を二人三脚で助ける無料サポート

仕事を辞めたいときの対処法6選

仕事を辞めたいと感じても、すぐに辞められる人ばかりではありません。しかし、辞めたいと思いながら仕事を続けることもつらいでしょう。

そこで、仕事を辞めたいと思ったときに、現状を改善するための対処方法を6つ紹介します。

休養をとる

疲れが取れないと、思考力が低下し、間違った選択をしてしまうこともあります。まずは休養をしっかりと取り、頭をスッキリさせましょう。

なるべく夜更かししないように早く就寝し、睡眠時間を確保します。家でしなくてはならない家事はひとまずやめて、体を休めることを優先しましょう。

仕事が忙しくなかなか休養がとれない場合は、思いきって会社を休職するのもおすすめです。

一度休職して会社から離れることで、辞めないと解決しない問題なのか、辞めなくてもいいのかを落ち着いて考えられます。

会社によっては休職を認めないところもあります。そういった会社であれば、迷わず早めに転職を考えましょう。

周りの人や機関に相談する

会社を辞めたいという悩みを客観的に考えるために、周りの人に相談してみましょう。友人や家族に相談するには勇気がいるかもしれませんが、自分一人で考えるとどうしても思考がかたよってしまいます。

さまざまな人の意見を取り入れれば、落ち着いて悩みについて考えられます。辞めたくても会社に悪くて辞められないという人は、人に相談することで背中を押してもらえるかもしれません。

ただ、同じ会社の人の場合はよほど信頼できる人だけに相談しましょう。

辞めたいと思っていることを言いふらされてしまうと、より会社に居にくくなったり、逆に辞めにくくなったりしてしまうかもしれません。

会社を辞めたいのに会社側から止められていて困っているという人は、労働基準監督署に相談してみましょう。

会社を自由に辞めるということは労働者が持っている権利なので、会社側が阻止することはできません。そういった労働者の権利の侵害について、労働基準監督署は解決策を教えてくれます。

また、会社側が労働基準法に違法している場合も、労働基準監督署が動けば会社側は対応せざるを得ません。

労働基準監督署へ相談しにくい人もいるかもしれませんが、会社をスムーズに辞めるためにはそういった機関に相談するのもおすすめです。

転職を考える

会社を辞めたくなったら、とりあえず転職活動を開始してみてもいいでしょう。

転職先が決まれば辞めたい会社にいる必要はなくなり、会社を辞めたいという悩みは解消されます。日中働いていると、なかなか精力的に転職活動できないかもしれません。

しかし、転職サイトなどに登録する、他の人に転職について相談するなど、終業後や休みの日にできる転職活動もあります。

転職活動をしてみると、新しい発見もあるかもしれません。すぐに仕事を辞めるのではなく、まず転職を考えて行動してみてもいいでしょう。

仕事えらびに迷ったら仕事のプロへの無料相談がおすすめ!

ストレス発散方法を見つける

仕事をしていれば、大なり小なりストレスが発生するものです。仕事を辞めて転職しても、上手にストレス発散できないと、また仕事を辞めたくなってしまうかもしれません。

ストレス発散方法が見つかれば、仕事を辞めずに済むこともあります。よくあるストレス発散方法としては、思いっきり買い物をする、カラオケで大きな声で歌うといったものがあります。

自分の好きなことを思う存分楽しみましょう。また、部屋を思いっきりきれいに掃除するというストレス発散方法も効果があります。

部屋が汚れていると、探しものが見つからなかったり意味もなくイライラしたりとストレスが溜まりやすいです。

部屋もきれいになり自分もスッキリするという一石二鳥の方法なので、ストレス解消のためにも部屋掃除を頻繁におこなってみてはいかがでしょうか。

家でできる簡単ストレス解消に、壁に向かって投げるための人形を買う方法もあります。会社での人間関係に悩みがある人は、こういった人形を壁に投げればスッキリするかもしれません。

仕事の目標を見つける

仕事に対してやりがいを感じられないと、仕事を辞めたくなりがちです。仕事にやりがいを感じるために、目標を見つけてみてはいかがでしょうか。

大きな目標である必要はありません。短い期間で達成できるような目標を設定してみましょう。

小さな目標だとしても、与えられたものではなく自分で能動的に見つけた目標があれば、仕事に対するモチベーションが上がります。

また、目標が達成されると自信にもつながるでしょう。自信がつけば仕事に対して前向きになり、やりがいも生まれます。

自ら目標に向かって頑張るという行動力がつくと、周囲の評価も変わってくるかもしれません。

目標を設定するときは、実現可能なものを目標とし、達成までの期間も設定しましょう。あまりに現実的ではない目標を設定しても意味がありません。

また、達成までの期間を決めておくことにより、ダラダラと行動するのを防げます。できれば、目標はノートやスマホにメモしましょう。

達成できた目標をチェックすると、目に見えて目標が達成されたことが分かり、モチベーションが上がります。仕事が好きでなかったり、やる気が出なかったりする人におすすめの対処法です。

目標達成したときの自分へのご褒美を用意する

目標をこなしていくことを長く続けるためには、目標達成のときに自分にご褒美をあげましょう。

自分へのご褒美は、何か欲しいものを買うのでもいいですが、お金がかかってしまうので頻繁に用意できません。

小さな目標を達成したときは、金銭的に負担にならないようなご褒美にしましょう。例えば、いつもよりもちょっと高めのお酒やお菓子を買う、いい香りの入浴剤を入れるといったプチ贅沢がおすすめです。

もちろん大きな目標を達成したときには、高額商品を買ってもいいでしょう。自分へのご褒美があると、仕事に対するモチベーションが上がります。

仕事に対してやる気がでないというときは、このような対処法を試してみてください。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!

比較的楽な仕事!?TOP5

どうせ転職するのであれば、楽な仕事に就きたいという人へ向けて比較的楽とされる仕事を5つ紹介します。仕事の大変さがつらく、とにかく楽な仕事に転職したいという人はぜひ読んでみてください。

事務職

事務職はオフィス内で座ってできる仕事ですので、体力的には楽な仕事でしょう。仕事内容も雑務や書類管理など、あまり負担になりにくいことが多いです。

事務職は時期による仕事の増減が少なく、1年を通して定時に帰りやすいという特徴もあります。そういった点も含め、事務職は人気の高い職種です。

事務職はパソコンを使って業務することが多く、マイクロソフトオフィスが使えると有利になります。オフィスがどのくらい使えるのかを表す資格のMOSなど、パソコン系の資格は取っておいたほうがいいでしょう。

そのほか、文書系を扱うのであれば文書情報管理士、英語を使うのであればTOEIC、経理系なら簿記といった資格や検定がおすすめです。

また、秘書検定は一般的なビジネスマナーが身についていることのアピールになりますので、事務職であっても取得して損はないでしょう。

ドライバー

ドライバーは体力がある人にとっては楽かもしれません。ドライバーは個人で仕事をするので人間関係の問題が起こりにくく、そういった点で気楽な職種です。

集中力や体力が必要なので人によっては大変かもしれませんが、人間関係のわずらわしさはありません。

タクシードライバーなど、お金をもらって人を乗せるのであれば第二種運転免許が必要となります。

第二種運転免許は、21歳以上で第一種運転免許を取ってから3年経過しないと取得できません。そのため、人によってはすぐに転職できる仕事ではないので、注意が必要です。

観光バスや路線バスなどのドライバーは大型二種免許が必要です。大型一種免許に比べて、学科も実技も難しくなります。

病院の送迎バスや幼稚園バスの場合、第二種免許は不要ですが、バスの大きさによっては中型や大型免許が必要です。

トラックドライバーは、中型免許だけでもなれますが、乗ることができる車種が限られてしまいます。トラックドライバーを目指すなら、大型免許は取っておいたほうがいいでしょう。

工場勤務

仕事内容が比較的簡単なのが工場勤務です。他人のことは気にせず自分の仕事をすればいいので、もくもくと作業に集中できます。

手を動かしていればいい業務なら、隣の人と楽しくおしゃべりしながら仕事をするのも可能です。工場勤務するにあたり取得したい資格は、何を扱う工場なのかによって変わります。

例えば、鉄系を扱う工場であれば溶接技能者、ガソリンなどの危険物を取り扱うのであれば危険物取扱者、物を運ぶのであればフォークリフト免許、食品関係の工場だと衛生管理者の資格を持っているといいでしょう。

また、工場は機械を取り扱うことがほとんどです。そのため、電気工事士といった資格もおすすめです。

工場勤務で取得したい資格は、工場によってさまざまなので、就職したい工場にどんな資格が必要か聞いてみましょう。

受付勤務

座って業務できるうえ、仕事内容もさほど複雑ではないので、受付勤務も比較的楽な仕事でしょう。ただし、来客対応など接客業という一面もあるので、人と接するのが苦手な人には不向きかもしれません。

業務は比較的楽かもしれませんが、企業の顔となる仕事です。やりがいがある点でも魅力があり、人気が高い職種の1つでしょう。

受付勤務は、事務職と同じでパソコンを使って仕事をします。そのため、マイクロソフトオフィスがどのくらい使えるのかを表す資格であるMOSは取っておくとよいでしょう。

公務員

公務員は何か問題を起こすことさえしなければリストラされることはなく、民間の企業と違って倒産して職を失うこともありません。

職務によって違いますが、きちんと土日祝日が休みで比較的定時に帰りやすい職種が多いでしょう。ただし、公務員は公務員試験に受からなければ絶対になれません。

公務員試験は難易度が高く、受験資格に年齢制限があるなど、決して受かりやすいものではありません。仕事は楽かもしれませんが、なかなか転職できない職種です。

仕事えらびに迷ったら仕事のプロへの無料相談がおすすめ!_2

おすすめの転職方法は?

仕事を辞めて転職するためにはさまざまな方法があります。自分に合った方法を使って転職活動をしましょう。

ここでは、求人サイト、ハローワーク、ジョブカフェ、エージェントを使った転職方法を具体的に紹介します。

求人サイト

転職活動としてまず身近な存在なのが求人サイトです。求人サイトにはさまざまな種類のものがあります。

転職、パートやアルバイト、正社員、派遣社員、看護師などの有資格者のためのものなどいろいろです。自分が次にどのような形態で働きたいのかによって、利用する求人サイトを決めましょう。

転職を目的とするのであれば転職専門の求人サイトがおすすめです。最初の段階では、求人サイトでどのような職種や条件で求人がでているのかをチェックします。

それにより、より良い条件の求人はあるのかを調べることが可能です。

求人サイトによって掲載されている求人が違うので、登録は複数のサイトにします。1つの求人サイトだけ参考にしていると、求人の種類が限られ転職活動は難しくなってしまうかもしれません。

また、求人サイトによる違いは扱われている求人だけでなく、転職者のためのサポートにも差があります。自分にあったサポートがある求人サイトを探してみましょう。

求人サイトの選び方として、大手であればいいとは限りません。大手の求人サイトは、求人数も多く幅広い職種を扱っているので最適に思えます。

しかし、中小の求人サイトでもある特定の職業に強いものもあり、大手に登録しておけば安心というわけではありません。求人サイトの登録は最低でも3社はしておきましょう。

ハローワーク

ハローワークは、無料で使える職業紹介所です。自分で仕事を探せますが、実際に職員に相談して自分の条件にあった仕事を見つけてもらえる場所でもあります。

ハローワークは全国どこにでもあります。利用するのであれば、自宅の最寄りか働きたい地域にあるハローワークがおすすめです。自宅のそばであれば頻繁に通えて、いい求人をすぐに見つけられるかもしれません。

働きたい地域にあるハローワークはその周辺の求人に特化しており、通っているうちに本当に働きたい地域なのか検討もできます。

ハローワークは、最初だけ登録が必要です。求職申込書があるので、そこに必要事項を記入し申請しましょう。

ハローワークを利用しての転職活動は、ハローワーク内に置いてあるパソコンで希望の仕事を探したり、就職について人に相談したりします。

実際に相談してみると、自分の希望が高望みなのかどうか、希望する仕事が希望する地域にあるのかどうかを教えてくれるので、効率的に仕事を探すことが可能です。

何か分からないことがあっても常に職員がいるので、その場で疑問が解消されます。

仕事を辞めてから転職活動をする人は、転職活動中に支給される失業保険の手続きをしなければなりません。

失業保険は、希望する会社に履歴書を送ったり、面接に出向いたりと就職活動をしている人がもらえる給付金のことです。

ハローワークでは、失業保険の手続きや失業保険をもらうための条件など詳細を教えてくれます。確実に失業保険をもらうためにも、ハローワークには必ず行きましょう。

また、ハローワークでは職業訓練校の紹介もしています。職業訓練校では補助金を受け取りながら、転職に有利となる資格や技術を学ぶことが可能です。

転職を期にステップアップしたい人は、職業訓練校の利用をおすすめします。

ジョブカフェ

ジョブカフェとは、各都道府県が設置している若者の就労をサポートするサービスを提供する場所です。

ジョブカフェでは、その地域の特徴に合わせて、職業紹介や生かせる技術についての説明などを行っています。

転職について不安を抱いている人にとって、相談できる貴重な場でしょう。ハローワークに併設されているジョブカフェもあり、職探しをしている人は積極的に利用してみてはどうでしょうか。

エージェント

エージェントとは、職業と人材をマッチングさせる代理人、仲介業者のことをいいます。エージェントによる転職活動では、自分で職を探すのではなく、自分に合った職業をエージェントに探してもらえます。

エージェントは紹介する企業から報酬をもらうため、転職活動をする側は無料で利用できることがほとんどです。

企業と転職活動者の間にエージェントを介することにより、給与などの条件を交渉してもらったり、その企業にあった面接の仕方や履歴書の書き方などを教えてもらえたりします。

転職エージェントは、求人サイトなどに掲載されていない仕事を取り扱っているケースもあり、求人サイトで思うように転職活動ができなかった人にもおすすめです。

何かと不安になる転職活動ですが、転職エージェントに相談すれば自分がどのような職業が向いているか、面接のポイントなどを教えてもらえます。

エージェントと面談する手間もありますが、確実に転職活動を成功させたいのであれば転職エージェントを頼ったほうが確実でしょう。

仕事を辞めたいとお悩みの方に人気のコラム一覧!

スムーズに仕事を辞める方法と対処法5選!円満退職できる退職理由とは?

どれほど仕事が苦しくても「頑張らなければいけない」「逃げたら負けだ」と考えてしまう人は多いでしょう。

しかし、過酷な環境で無理をすると取り返しのつかない事態を招きかねません。思い切って辞めるのもひとつの方法です。

この記事では、私が考える、スムーズに仕事を辞める方法と辞めたくなったときの対処法について解説していきます。

「仕事辞める!」円満退職できるタイミングと退職理由って?(手順も公開!)

仕事を辞めるには何からはじめればいいのかお困りではないでしょうか?ここでは退職の流れの説明から解説、円満退職するためのポイントについてお伝えしていきます。

誰でも最初は初心者ですから不安になる必要はありません。ぜひこれを読んでスムーズな退職を目指しましょう!

「会社辛い!」時の原因と対処法とは!転職すべき場合や不安克服のコツを検証

仕事をしていると、理不尽なことや人間関係が上手くいかないことなど、辛い経験をたくさんします。

特に若い時期ほど、辛い思いや不安にどのように対処すればよいのか、どのようなときに転職すべきなのかといったことが分からないものです。

この記事では会社が辛いときや不安があるときの原因、対処法や不安を克服するためのコツについて紹介していきます。また、転職すべき場合はどのようなときなのかも詳しく解説していきます。

一人で不安な転職ならエージェント!

仕事を辞めることは決して悪いことではありません。転職してしまったほうが、今よりもいい労働環境になるかもしれません。

自分一人での転職活動に不安があるのであれば、相談できるエージェントの利用をおすすめします。

例えば私たち第二新卒エージェントNEOでは第二新卒者をはじめとした若者を対象にサービスを展開しております。

お一人お一人をプロの転職アドバイザーが担当させていただき、個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。またその他履歴書の添削やアドバイス、本番さながらの面接対策も行っています。

加えて面接後のフィードバック入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントNEOではすべて代行しており、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

なお、第二新卒エージェントNEOの強みはなんと言ってもアドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさ。「人見知りで対人が苦手・・・」という方にも高評価をいただいております。

ご相談からでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人での仕事探しでお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div