就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

「もしかして自分って要領悪い・・・?」原因と特徴、要領が良くなるコツとは?

「もしかして自分って要領が悪いかも・・・」とお悩みの方は意外と多いのではないでしょうか。仕事で「要領が悪い!」などと怒られてヘコんだ経験がある方も、決して少なくないかもしれません。

しかし要領が悪いと言われる方ほど真面目だったり努力家だったり、良い側面があることもまた事実。だからこそ、その要領の悪さを克服しようと努力してみるけれど空回り、という失敗もあり得るでしょう。

ここでは特にそんな方へ向けて、要領の悪い人の原因や特徴、そして要領が良いといわれる方の特徴やそれに近づくためのコツをご紹介します。企業選びの失敗はしたくない就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

「要領が悪い」の定義

そもそも、「要領が悪い」とは一体どのような状況を指すのでしょうか?

「要領が悪い」の定義

weblio辞書によると、要領が悪いとは次のような意味合いを指すのだそうです。

物事の扱い方が下手であるさま。やりかたが悪いさま。うまく処理できないさま。心得がなく、もたついたり失敗したりする様子などを表す表現。「要領」は上手く物事を行う手段や方法などを意味する表現。

※引用基・・・weblio辞書「要領が悪い」より

正しい意味が書かれているとはいえ、悲しいほどの言われようですね・・・。とにかく「要領が悪い」とは、物事をスムーズ(効率的)に行えず、簡単に言えばどんくさい状態を指すようです。

逆に言えば、「要領が良い」とは物事をスムーズに行うための効率的な手段を考えることができ、失敗が少ない”デキる人”のことを指すということになりますね。

そうなると、要領を良くしていくにはまず”効率的な手段を考え付く”ことが大切なようですが、要領の悪い人がそのような思考に持ち込むことは可能なのでしょうか?


会員が受けられるサービス

要領が悪い人の特徴とは?

さて、ここからは要領が悪いといわれている人の特徴について具体的に見ていきたいと思います。自分はどれくらい当てはまるかチェックしてみましょう。

要領が悪い人のマイナスな特徴

要領が悪いと聞くとマイナスなイメージが思い当たりますよね。具体的に考えられる10個のポイントについてそれぞれ見ていきましょう。

(1)現実的な計画を立てられない

まず要領が悪い人は自分のキャパシティーや限界値を把握していません。そのため自分が到底こなすことができないであろう計画を最初に立ててしまい、結果的に失敗してしまうのです。

またその非現実的な計画を遂行するために人一倍努力する傾向があり、一歩間違えるとそれによって溜まったストレスが爆発してしまう可能性も否めません。

(2)優柔不断で決断力がない

要領が悪い人は優柔不断で決断力に乏しい側面があります。一体何から手をつけていいのかを客観的に判断することができず、時間を人より多く消費してしまうことが多いのです。

また、決断力がないことから迅速に対応しなければならないことにも時間をかけてしまい失敗するケースが多々あります。期限や期日を守れない人も多いようです。

(3)優先順位がつけられない

上記にリンクしますが、要領が悪い人はその決断力のなさから仕事に対して優先順位をつけることが苦手です。

要領の悪い人は真面目な素質も併せ持っているため、自分がすべき仕事はすべて同じように大切であると考えてしまい、すべてを100%クリアしようとしてしまいます。

しかし、実際すべての仕事を同じように仕上げることは至難の業であり、なかなかできるものではありません。しかし要領の悪い人はそういった無謀な挑戦をしてしまうのです。

要領が悪い人は効率的な働き方ができないということについて冒頭で触れましたが、この優先順位がつけられない要素も非効率的な側面に影響していると考えられます。

(4)ムダなところに時間をかけてしまう

そうしてすべてのタスクに対して同じような価値を見出し、全方位的に全力で取り組みだした結果、要領の悪い人は本来そこまで時間をかけなくてもいいはずのムダな部分にまで時間をかけてしまいます。

しかしまわりの人は優先順位をつけることをそこまで苦手としないため、「なんでそんなに時間かかってんの?」とイライラしてしまいます。

しかし要領の悪い人はその人なりのルールをもって取り組んでおり、もちろん手を抜いているどころか常に本気で取り組んでいるため、そのイライラに対して更にイライラしてしまうのです。

(5)大切なことを後回しにしてしまう

さて、このように優先順位のつけ方を誤ってしまうと、ムダなところに時間をかけた結果残された時間がわずかとなってしまいます。

その結果、最も重要な部分に対して時間をさほど割くことができなくなってしまうことにより、後で大目玉を喰らうことになってしまうのです。

要領が悪い人の中には大切なことほど面倒に感じて後回しにしてしまう方もいるようです。優先順位をつけることができていれば面倒でも取り組むはずですが、それが苦手なためつい後回しにしてしまえるのです。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!

(6)完璧主義のあまり時間をかけすぎてしまう

さて、要領の悪い人の多くは完璧主義の側面も持ち合わせています。完璧主義とは、何事も自分が納得する水準に到達するまでよしとすることができない考え方のことです。

完璧主義の考え方は場合によってすばらしい効果を発揮しますが、違う効果が発揮されてしまうと時間をひどくムダにしてしまうことにつながります。

ただし、完璧主義はそういった考え方を持っていない人に比べて持っている人の方が仕事で成果を出しやすいともいえるため、この考え方を棄てるのではなく、いかにうまく付き合っていくかが大切になります。

(7)整理整頓が苦手

要領の悪い人は基本的に整理整頓が苦手です。優先順位をつけることができないように、どこにまとめるのが最もスムーズで便利か、という思考をすることが苦手なのです。

具体的にはデスクまわりやPCのデスクトップが整理整頓されておらず、何の情報がどこにあるかが一目でわからない状態になってしまっていることが多いです。

(8)周りに助けてもらおうとしない

誰しも自分ひとりで仕事をすべて全うすることは難しいものです。

たとえ自分に与えられた業務であったとしても、組織全体が最もスムーズに進むようにするには、まわりの人に少しだけ時間をもらって助けてもらうことが最も効率的でしょう。

しかし、要領が悪い人は真面目に考えすぎるあまり、自分に与えられた仕事は自分一人で最後までやりきらなければならないという偏った思考に陥りがちで、まわりに助けを求めることができません。

また、助けを求めたとしてもまわりが不親切だったり、全体の効率を考えることができない社員ばかりの組織では、その時のトラウマが引き金となって余計にまわりに助けを求めることができなくなってしまうでしょう。

しかし、最終的に目指すべきところはその組織全体で利益を上げることです。誰がどれくらいやったなどという要素は、全体的に見ればさほど関係がないのです。

ただ、もし今いる職場環境そのものに原因がある場合には、働く環境の見直しを行うことも必要になるかもしれません。

(9)臨機応変な対応ができない

要領が悪い人は決断力に乏しく優先順位をつけることが苦手です。そのため、一度理解したルーティーンは問題なくこなすことができても、突然振られた仕事に上手く対応できないことが多いです。

臨機応変に対応するというのは、一瞬に近い短い時間の中で瞬時に最も効率的な方策を導き出すことであり、そのためにはその瞬間にその業務に必要なタスクをすべて洗い出し、一瞬で優先順位をつける必要があるのです。

(10)理解するまで時間がかかりミス連発

要領の悪い人は物事を理解するまでに、他の人よりも時間が多くかかります。

そのため、まわりの人はすでにもう理解しているものと考えてその人に仕事を振りますが、当の本人はそれで合っているのかを理解できていないまま仕事に取り掛かります。

結果、最終的に出ているべき成果が出ておらず、詳しく話しを聞いてみると全然理解でいていない。そこでまわりの人はその要領の悪い人への苛立ちをあらわにします。

しかし、要領の悪い人は一度理解するとそれにまつわるタスクを一気に吸収していき、それまでの鈍行が嘘のようにスムーズなものへと変化します。

要領の悪い人がそのような変貌を遂げるためには、その時理解できていないことの大枠をまず把握すること。一体何のためにその仕事を行っているのか、最終的にどうなっていれば良いのかを把握するのです。

それだけで理解度に雲泥の差が現れます。

内定獲得率90.1%

要領が悪い人のプラスな特徴

要領が悪いと聞くと上記のようなマイナスイメージばかりが想起されてしまいがちですが、実はそれに隠れて目立ちにくい良いところもあります。

自分は要領が悪いのではないかとお悩みの方は、以下の項目に当てはまるのではないでしょうか?

(1)真面目で何事も全力

通常、要領が悪いといわれる人はどんなことにも常に全力で、真面目に取り組む傾向があります。そういった人たちは一度納得したことに対しては決して力を緩めることなく突き進みます。

・・・いえ、正確に言えば力を抜くことができないのかもしれません。

他の人がほどよく力を抜きながら行っている仕事でも「そんな緩い仕事ではお客様に最高の価値を提供できないのでは・・・!」と仕事に対してまっすぐに向き合い、自分の考える”最高”のために全力で取り組み続けます。

結果、人より時間がかかっても、人より体力を使ってしまっても、最終的には他の誰にも負けない成果を手にすることもあります。そしてその努力はまわりが簡単に真似できるものではありません。

(2)意外と精神面が強い

しかし、そういった努力は報われることばかりではありません。まわりからは「そんなに丁寧じゃなくてもいいから量をこなして!」「もっとスピード上げてくれる?」などと心ない一言を投げかけられることも少なくないでしょう。

自分の理想とまわりから求められる理想のギャップに苛立ち、精神的な苦痛を伴うことは決して少なくありません。

そのため、そういった方は人生で幾度となく挫折を経験したり、キャパオーバーになって爆発してしまうこともあります。

しかし、そういった方は先にもお伝えしたとおり”真面目”ですので、「いつまでもへこんでちゃダメだ・・・しっかりしないと!」と自分を鼓舞して立ち上がります。

しかし、また苦痛を受けてへこんでしまう。でも立ち上がる。このサイクルをこなしていくうちに、要領が悪い人は人知れず強靭な精神力を養っていっているのです。

「自分は要領が悪いからダメだ・・・」「自分はすぐにへこむからダメだ・・・」などと自分のマイナス面に意識がいきがちな人ほど、実は精神力が強く、またそれに気づいていません。

「あ、自分のことかもしれない!」と感じた方は、ぜひ自分に少し自信を持ってみましょう。

今は職場で理不尽なことをいわれて困っているかもしれません。質を追いたいのに量を追えと怒られて苦しいかもしれません。

しかし、そんな経験がたった今もあなたを強くしてくれています。今は到底考えられないと思いますが、時間が経てば今いるその環境を多少ラッキーかもしれないと捉えられるようになるでしょう。

だからまずは自分に自信をもってください。そして、自分は要領が悪いのではなく、物事の本質に向かって努力できるすばらしい人間なのだと自分自身を褒めてあげましょう。

(3)上司や先輩から好かれやすい

さて、要領が悪いといわれる人は上司や先輩など、目上の立場の人から好かれる傾向にあります。

要領が悪いといわれる人の大多数が自分の意見を強く主張して押し通そうとしたり、人を見下すような発言をすることがありません。

また、苦しいときでも自分に与えられた仕事はしっかりとこなそうと努力できる頑張り屋さんです。

そしてそれに加えて、ミスが目立つ分、目上の立場の人間からすれば「手はかかるけれどどこかほっとけない」と感じられることも少なくありません。

これらの要素から、要領が悪い人は上司や先輩から「どんくさいけど頑張ってるほっとけないやつ」というイメージを持たれることが多いのです。

そして「要領が悪い」という特徴は仕事の現場であらわになるのであり、私生活ではほとんどわかりません。

もちろん飲み会の幹事を行ったりデートプランを練るなど、何かを仕切る作業をした途端にミスがボロボロと出てきてしまう特徴はありますが、後輩という立場であれば私生活においてさほど差し支えがありません。

そのため、上司や先輩はそういった後輩を連れて飲みにいったりランチを一緒に食べるその空間を意外に心地良く感じる節があり、結果要領が悪い人は目上の人から好かれやすいのです。

仕事えらびに迷ったら仕事のプロへの無料相談がおすすめ!

要領が良い人の特徴とは?

さて、ここからは要領が良いといわれている人の特徴です。基本的には要領が悪い人の反対の要素を持っていますが、そういった理解だけではその根本的な理解が難しいでしょう。

ゴールから逆算。優先順位をつけるのがうまい

要領が良い人は優先順位をつけることがうまいです。

最終的にどうなれば良いのか、何を目標にその仕事を行っているのかをはっきりと理解しています。

完璧を目指そうとしない

要領が良い人は自分の限界値を知っています。そのため自分には到底できないような量の業務や目標設計を立てることがありません。

しかし、これは良いことばかりでもなく、一歩間違えるといつまでたっても成長できない、自分ができることだけをやり続けてしまう変化のない人になってしまいかねません。

最も賢い要領の良い人は、自分の限界値とまではいかないまでも、昨日の自分よりも成長できる範囲での努力をすることができるのです。

周りの人に頼ることができる

要領が良い人はその組織全体の利益を常に考えています。そのため、自分がこうしたい・したくないではなく、組織が最も効率的にまわるための方策を採ろうとします。

そのため自分が困ったときには周りの人の力を借ります。ただし、ただ時間をとらせてしまうことが迷惑になってしまうということも十分に理解しているため、最低限の時間で済むようにしっかりと準備しています。

周りから求められていることを知っている

要領の良い人は、自分が周りから一体どんなことを求められているのかをよく理解しています。

自分がその組織においてどんな役割を担っているのかを把握しているため、まわりのニーズに逸れず職場での人間関係に亀裂を入れてしまうことも少ないです。

要領が良いとは、何事においても全体を俯瞰して見通すことができること、といっても過言ではないかもしれません。

あなたの就活を二人三脚で助ける無料サポート

たったコレだけ!?要領が良くなるコツ

さて、ここからは要領の悪い人が要領を良くしていくことができるコツをご紹介します。真面目な人ほど焦って改善しようとしがちですが、その焦りがまた失敗を生んでしまいます。

自分の心が疲れない程度に実践してみてください。

自分のキャパを把握する

まずは自分がその業務においてどれくらいの分量なら遂行可能か、緩く見当をつけてみましょう。初めて取り組むものにつては難しいかもしれませんが、決して無理のないラインを引くように心がけましょう。

また、普段行っている業務についてはタイマーで時間をはかるなどして、自分が自然にその業務を行うとどれくらいの時間を要するのか、そしてどのくらいの量をこなすことができるのかを調べてみましょう。

ゴールから逆算!優先順位を決めよう

上記ができたら、今度は自分が任されている仕事全体の優先順位をつけてみましょう。その時に肝心なのは、最終的にどのような結果を出しておく必要があるのかを把握することです。

最終的に求められている結果が出ていれば、その課程に非人道的な不正などがない限り組織としては問題ありません。まずは最終的な目標を把握し、ゴールから逆算して優先順位をつけましょう。

後回しにしない

優先順位をしっかりとつけることができれば、何が最も大切で何なら多少削っても全体には支障がないかを知ることができます。そのため、自然と重要な仕事を後回しにしないようになるはずです。

ちなみに、つい後回しにしてしまう人は意外なことに、真面目で完璧主義な人が挙げられるそうです。ぜひ自分自身を俯瞰して見てみましょう。

まわりの人に頼る

自分に与えられた仕事であっても、スムーズにこなすことができなければ深く考えずにまわりに助けを求めましょう。

一体何で困っているのか、試した方策はどんなものか、最終的にどうしたいのかをまとめてから質問すると、相手に獲らせる時間も短時間で済み、迷惑ではなくなります。

休憩を取って効率的に進める

要領の良い人は無理をしません。自分の体が「疲れた」というSOSを発しているなと感じたらしっかり休息をとります。

要領の悪い人は真面目さゆえに休息をとることすらも悪いことのように感じる傾向にありますが、実はその方が非効率的。かえって業務が滞って時間だけを消費してしまうことにつながります。


会員が受けられるサービス_2

ひょっとしたら自分は悪くない?転職を考えるべきタイミング

さて、ここまでお読みになられて「あれ?意外と自分って要領悪くないかも・・・?でも、その割には会社での扱われ方が気になる・・・」などと感じた方はいらっしゃいませんか?

それ、ひょっとすると職場環境に原因があるのかもしれません。上司からの理不尽な対応や周りからの冷たい接され方に悩んでいる方は、自分の仕事の出来がよくないからかもしれないと考え仕事に必死になって取り組むことがあります。

しかし、そういった方はその結果周りとの人間関係や自分に対する周りの接し方に変化はあったでしょうか?ないという場合には転職など、環境を改善する方法をとるべきかもしれません。

しかし、転職に不慣れな場合などは一体何から手をつければいいかわからないかもしれません。そのような場合には転職エージェントの利用がとても便利です。

転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の就職支援サポートです。

例えば私たち第二新卒エージェントneoでは第二新卒者をはじめとした若者を対象にサービスを展開しております。

お一人お一人をプロの転職アドバイザーが担当させていただき、個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。またその他履歴書の添削やアドバイス、本番さながらの面接対策も行っています。

加えて面接後のフィードバック入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行しており、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

なお、第二新卒エージェントneoの強みはなんと言ってもアドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさ。「人見知りで対人が苦手・・・」という方にも高評価をいただいております。

ご相談からでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人での仕事探しでお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。

仕事のストレス悩んでいる方に人気のコラム一覧

仕事でストレスを感じる人の特徴とは!原因やストレスの症状、対処法を知ろう

仕事のストレスがキツくてしんどい方へ。それは決してあなたのせいではありません。

ここでは仕事のストレスの原因を明らかにしながら、解消する方法をご紹介。ストレスをさほど感じていない方にも見られる危険な症状もお伝えします。

仕事を頑張るコツとは?頑張る人の特徴ややる気が出ない理由、モチベUP方法を公開

「今日はどうしても仕事をやる気になれない・・・」「仕事に対してやる気がでない・・・」などと仕事に対するモチベーションのことでお悩みの方は多くいらっしゃることと思います。

確かに、毎日同じような仕事環境の中で常にMAXで仕事を頑張るのって、かなり難しいですよね。キツイ!と音を上げるのもうなずけます。

しかし、仕事を頑張るようにコントロールするコツはいくつかあります。まずはそれを試してみるのもいいかもしれません。

ただ、ひょっとしたら仕事のモチベーションは自分のせいではないかもしれません。職場環境や仕事内容に問題がある可能性も多いにあり得ます。

ここでは仕事を頑張るコツの他、職場環境や仕事内容に問題がある場合に試すべき対策についてご紹介します。

仕事を辞めて転職したい!理由と対処法6選、楽な仕事と転職方法や体験談を公開

仕事を辞めることは決して悪いことではありません。無理をしてまで同じ職場にいる必要はないのです。

この記事では、仕事を辞めたい理由や対処法を具体的な体験談を交えて紹介します。仕事を辞めたいと悩んでいる人は参考にしてみてください。

また、楽な仕事や転職方法なども解説するので、転職に向けて行動したいと考えている人にもおすすめです。

【体験談】第二新卒から転職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員への転職に成功しています。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!


企業選びの失敗はしたくない就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div