第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【日本の採用状況を知るPart8】業界別の求人属性でホワイト企業がわかる

求人が少ない業界は離職率が低い、いわゆる「ホワイト企業」と呼ばれる企業が多い業界です。安心材料のひとつになるホワイト企業としての認知がある企業や業界への採用を希望して活動している就活生も少なくありません。

離職率の低い業界の求人数

離職率が低い業界では基本的に求人数は他の業界と比較しても少なく、希少になってしまうのは予想ができることだと思います。教育・学習業界をはじめ、飲食業界や宿泊サービス業界、第一産業業界、そしてインフラ業界が離職率の低さランキングで上位に入っていますが、働きやすい環境が整っていてやりがいのある仕事ができ、人間関係も良好である、といった理由だけが離職率の低さを表しているわけでもなさそうです。教育・学習業界は一度入って数年立つころにはスキルが身についていますが、民間企業とは異なっているものが多く、ビジネスパーソンに求められる人物像と違っているために転職しにくいといった背景も見られます。

離職率が低い理由は?

離職率が低い=良い会社というイメージはありますね。離職率が低いことは良いことです。ただし、単純に離職率だけで会社を判断するには材料不足のように思えます。
離職率が低い理由として揚げられるのは、職場環境が良いことの他に、転職志向の少ない人材が集まっている、または社員に転職できる能力が備わっていない、業界が安定、停滞しているので求人がない、などです。特にインフラ業界はなくなることがない安泰な産業なので、もとから安定志向の人材が集まることになり、結果離職する人が極端に少なくなります。また一部では不満であっても辞められない業界もあるのが実情です。

離職率の低い業界へ就職するには?

離職率の低い業界に就職して、どんな仕事をしたいのか、企業に対してどんな貢献ができるのか、どんなメリットがあるのかを明確にしましょう。それと同時に、その業界に関する知識や情報を集めておくことも重要です。不安や不満があっても辞められずにいる人が多い企業や業界では、数年我慢して続けることで、他の業界でやっていける自信がなくなり結果的にその場に居ざるを得ない状態になっている人の影響で離職率が低い場合もあります。離職率だけを見て業界や企業の安定度合いを判断するのは不十分なので、生きた情報やデータを自分で集めて比較するなど、広い視野を持って活動していくことが大切になってきます。

まとめ

離職率が表すものは一部分であって、それだけを過剰に信用することはリスクが高くなります。
既卒や第二新卒の方は業界や企業の様子を常に仕入れるようにして変化する市場の状態を見逃さずに、自分の目で確かめながら就職活動を進めていくことが大切です。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ