就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

性格が悪い人の特徴|性格が悪いのに好かれる人がいるのはどうして?

「この人性格悪くて付き合いづらい・・・どう関わればいいんだろう?」

このように、いわゆる”性格が悪い人”との人間関係に頭を悩ませている方は多いと思います。特に仕事で毎日顔を合わせるとなると大変ですよね。

そこで本記事では性格が悪い人の特徴を見たうえで、うまい関わり方をご紹介します。人間関係でもやもやしている方のお役に立てれば幸いです。

【態度編】性格が悪い人の特徴

性格が悪いといわれる人には、ある程度の共通した特徴があります。態度の特徴は次の通りです。

他人を見下す

まず、相手を見下すような態度をとることが特徴として挙げられます。言葉に出さなくても、雰囲気や身振り手振りで見下していることが伝わる点がポイントです。

本人は気づかれていないと思っていても、見下していることは些細なしぐさなどでわかります。例えば、アゴで人を使う上司、頬杖を突いたまま話を聞く先輩などが該当します。

自分が誠実に向き合っていることや、頑張っていることが馬鹿らしくなるため、他人を見下す人は性格が悪いといわれます。

同僚の失敗を喜ぶ

他人が失敗すると機嫌が良くなることも、性格が悪い人の特徴です。

例えば、同僚が大きな商談を成約に導けなかったと聞いてどことなく嬉しそうな顔をしている人、同僚が上司から怒られているのを見て機嫌がよくなる人などが該当します。

他人の不幸を喜んでいる姿を見ると、自分が失敗したときも喜ばれるのではと思われるため性格が悪いと評価されることになります。

威圧的・高圧的な態度

部下や後輩、同僚などに威圧的・高圧的な態度をとることも性格が悪い人の特徴として挙げられます。強い勢いで相手を圧倒するような態度や、権力を背景に相手を押さえつけるような態度です。

例えば、有無を言わせず相手を従わせる同僚や反対意見を述べさせない先輩社員などが該当します。

威圧的・高圧的な態度をとる人と接していると自分のペースを乱されたり、自分の意見を伝えることすらできない恐れがあります。そういう人は一緒に働いているとストレスがたまるため、性格が悪いと評価されます。

好き嫌いで態度が変わる

自分の好き嫌いで態度が変わる人も性格が悪いと評価される傾向があります。例えば、可愛がっている部下には優しく、そうでない部下には厳しい先輩や上司などが該当します。

同じ問題を起こしても対応が異なるため、接している人は混乱してしまいます。態度から、相手が自分のことを嫌っていると思わせてしまう点もポイントです。

多くの人は、自分のことを嫌いな人に好意を抱きません。したがって、このタイプの人も性格が悪いと評価されやすくなります。

相手の立場によって態度が変わる

同様に、接する人の立場によって態度が変わる人も性格が悪いといわれることが多くなります。

例えば、プロジェクトの決定権をもっている人にはへりくだった態度、決定権をもっていない人には横柄な態度をとる人などが該当します。このタイプの特徴は、自分に利益を誘導できそうな人には下手に出ることです。

また、その人への評価が人によって大きく異なる点も特徴です。ある人は「性格が良い」、別の人は「性格が悪い」と評価します。本音がどこにあるのかわからないため、このタイプの人は性格が悪いといわれます。

思い通りにいかないと不機嫌になる

自分の思い通りにならないとすぐに不機嫌になる人も性格が悪いと評価される傾向があります。単に不機嫌になるだけではなく、周囲の人に不機嫌さが伝わることが多いです。

例えば、プレゼンで企画が通らず周囲に当たり散らす同僚や明確な指示を出していないにもかかわらず部下が思った通りに動かないことに腹を立てて怒鳴り散らす上司などが該当します。

思い通りにいかないと不機嫌になる人と接していると、相手の機嫌に注意を払わなければならないため多くの人は疲れます。毎日、職場で顔を合わせるとなると、仕事以外の負担がかかるため性格が悪いと評価されます。

注意やアドバイスを聞き入れない

性格が悪い人は、周囲の注意やアドバイスを聞き入れない傾向があります。それなりの理由があったとしても、周囲の人からは自分を顧みない人のように見えるため性格が悪いと評価されます。

例えば、先輩から指摘されたことをいつまでたっても聞き入れない後輩、上司から指摘を受けても相手が間違えているといってきかない部下などが該当します。

【行動編】性格が悪い人の特徴

性格が悪い人の特徴は行動にもあらわれます。具体的に、どのような特徴があるのでしょうか。

約束を守らない

まず、他人との約束や部署内のルールを守らない人は性格が悪いと評価される傾向があります。例えば、打ち合わせのアポイントを急にキャンセルする人、平気で遅刻をしてくる人などが該当します。

性格が悪いといわれる理由は、相手の都合や心情を無視しているからです。約束やルールを守らない原因は、自己中心的な考え方だからといえるでしょう。

そのたびに謝っていたとしても、何度も同じことを繰り返すと性格が悪いと捉えられます。

秘密を守れない

秘密を守れないことも性格が悪い人に共通する特徴です。例えば、信頼して相談した内容を周囲の同僚に漏らす、誰にも知られたくない秘密を職場で言いふらすなどが該当します。

本人に悪気があるとは限りません。大したことではないと本気で考えて周囲に漏らしているケースもあります。いずれにせよ、秘密を洩らされた人に大きな損害を与えるため性格が悪いと評価されます。

手柄を横取りする

仕事の手柄を横取りする人も、性格が悪いと評価されます。他人の頑張りを奪ってしまうからです。

例えば、プロジェクトにほとんど関わっていないにもかかわらず自分が中心となってまとめたと上司に報告する人、周囲から協力してもらったにもかかわらずそのことは上司に報告しない人などが該当します。

仕事上の評価に関わるため、このような行動をしていると非常に性格が悪いといわれる恐れがあります。

損得勘定だけで動く

常に損得を考えて行動している人も性格が悪いといわれる傾向があります。協力に対する見返りを求める、メリットを見出せないと協力しないなどのケースが多いからです。

例えば、仕事で手一杯の人が協力をお願いすると、代わりに別の業務を手伝ってほしいなどという人が該当します。このタイプの人は、損得だけを基準に行動してしまうため良好な人間関係を構築しにくい面があります。

こうしたことから、性格が悪いと評価されることが多くなるのです。

相手の欠点を探している

性格が悪い人は、いつも相手の欠点を探している傾向があります。自分の非は認めなくても、相手の欠点は目につくのです。

例えば、報告書の内容を評価せず誤字脱字だけ指摘する人、服装にそれほどこだわらなくてよい業界なのにシャツのちょっとしたシワやネクタイの歪みを執拗に責める人などが該当します。

他人の長所は認めず短所ばかり責めるため、性格が悪いと評価されます。

立場の弱い人をいじめる

性格が悪い人は、自分より弱い立場の人をいじめる傾向もあります。例えば、経験が浅い新人の失敗を取り上げてしつこく指摘する人、自社よりも規模が小さな会社の営業担当者に無理難題を押し付ける人などが該当します。

反撃できない立場の人を狙ってうさ晴らしをしているように見えるため、周囲の人からは性格が悪いと評価されます。一歩間違えるとパワハラに該当するため注意が必要といえるでしょう。

マウントを取ろうとする

相手が劣る部分を取り上げて自分と比較することで優位なポジションを獲得しようとする人も性格が悪いと評価されます。この行為はマウントをとる、あるいはマウンティングといわれています。

性格が悪いと評価される理由は、求められていないにもかかわらず自分と比較して相手のポジションを下げようとするからです。

例えば、出身校の話をもちかけて高学歴であることをアピールしたり、相談されていないにもかかわらず仕事のアドバイスをして結果が出ていることをアピールしたりなどが該当します。

相手の自尊心を傷つけるため、性格が悪いといわれることになります。

ミスの責任を他人に押し付ける

自分が犯したミスを他人に押し付ける人も性格が悪いといわれてしまいます。自分の非を認めないため、周囲の人が責任を負わなければならないからです。

例えば、具体的な指示を出していなかったにもかかわらず納期に間に合わなかったのは仕事を進めていなかった部下のせいと報告する上司などが該当します。

こうしたケースでは、最終的な責任は具体的な指示を出していない上司にあると考えられます。このタイプの人は、自分が悪いとは思っていないため同じミスを繰り返す傾向があります。

周囲の人に直接的な被害をもたらすため、当然ながら性格が悪いと評価されます。

周囲への気遣いができない

周囲への気遣いができない人も性格が悪いといわれることが多いでしょう。「空気を読めない人」と言い換えることもできます。

例えば、部署に届いた差し入れを一人で独占してしまう人、部署全体が忙しいときも自分のことだけをしている人などが該当します。一緒に働いていると周囲の人の居心地が悪くなるため性格が悪いと評価されます。

しかし、本人は周囲の不満に気づいていないケースが多いようです。

自己顕示欲・承認欲求が強すぎる

性格が悪い人は、自己顕示欲や承認欲求が強すぎる傾向があります。例えば、相手の都合を聞き入れず自分の主張ばかり押し通そうとする人や周囲から認められるため必要性の低い業務に注力する人などが該当します。

このタイプの人は、自分本位なうえ相手の評価を求めるため、本人も気付かない間に職場の同僚などを疲弊させてしまいます。そういう点で、性格が悪いと評価されてしまうのです。

自分の利益のために同僚を使う

性格が悪い人は自分さえよければよいと考える傾向があります。したがって、自分の利益のために同僚を使うこともあります。例えば、自分が楽をするため面倒な雑務を同僚に押し付けるなどが該当します。

ポイントは、必然性ではなく自分の興味や利益を基準に行動していることです。雑務を押し付けられた同僚は納得できないため、その人のことを性格が悪いと評価することになります。

【言動編】性格が悪い人の特徴

性格が悪い人の共通点は言葉にもあります。どのような特徴があるのでしょうか。

嘘をつく、相手をだます

性格の悪い人は、平気で嘘をついたり相手をだますことがあります。目的はケースで異なりますが、自分を守るため、相手を貶めるためなどが多いでしょう。

例えば、自分の失敗を隠すため上司に事実とは異なる報告をする、相手を出し抜くため事実とは異なる情報を伝えるなどが考えられます。嘘をつかれた側、だまされた側に悪影響が及ぶため、このタイプの人も性格が悪いと捉えられます。

同僚や上司の悪口を言う

性格が悪い人は、同僚や上司の悪口をよく口にする傾向があります。例えば、「Aさんはたいして仕事もできないくせに偉そう」「Bさんは男性社員にだけいい顔をしている」などが考えられます。

また、性格が悪い人は悪口に同調すると「Cさんが言っていた」などと言いふらす傾向もあります。悪口を頻繁に口にするため、自分もどこかでいわれているのではと周囲の人に感じさせることが少なくありません。

聞いているだけでも気分が悪くなるため、性格が悪いといわれてしまいます。

いつでも愚痴をこぼしている

何かにつけて愚痴をこぼしている人も性格が悪いと評価されます。特に、改善策を講じずに愚痴だけをこぼしている人はこの傾向が強くなります。

例えば、「私が結果を出せないのは適切な仕事を割り振らない会社が悪い」「仕事が面白くないからやる気が出ない」などの愚痴をこぼしている人などが挙げられます。

性格が悪いといわれる理由は、愚痴を聞いている側まで嫌な気分になってやる気を失ってしまうからです。

自分の自慢話ばかりしている

自分の自慢話ばかりしている人も、性格が悪いと評価されやすいでしょう。周囲の興味の有無にかかわらず、一方的に自慢話をしてくるからです。一緒にいるとうんざりしてしまいます。

例えば、「学生時代はたくさんの女性からデートに誘われた」「新規取引先のほとんどは自分が開拓した」などの自慢話ばかりをする人が該当します。

自慢話をよくする人は、成功している人の欠点を指摘してマウントをとろうとする傾向もあります。

他人の話に興味をもたない

自分の話はするのに他人の話は聞かない人も、性格が悪いといわれることが多いでしょう。このタイプの特徴は、相手の話をだしに使うことです。

例えば、「Aはどうだった?」などの質問を投げかけておきながら、最終的には自分の話にもっていく同僚や上司などが該当します。

性格が悪いといわれる理由は、相手の興味・関心に応えようとしている善意を自分のために利用するからです。1度や2度だと性格が悪いとはいわれませんが、何度も続くと相手も疲れるため性格が悪いと評価されることになります。

相手の揚げ足取りばかりしている

性格が悪い人は、相手を批判するチャンスを常にうかがっている傾向があります。そのため、相手の言い間違いや言葉じりを捉えて、話の本質とはずれる批判をするケースが少なくありません。

揚げ足を取られた側は嫌な気分になります。また、言い間違いや言葉じりを批判するため、いつまでたっても議論は深まりません。面倒な人と捉えられるため、相手の揚げ足取りばかりしている人も性格が悪いといわれるのです。

上から目線のアドバイスをしてくる

性格が悪い人は、専門分野でなくても上から目線でアドバイスしてくる傾向があります。例えば、知識や経験がないにもかかわらず「Aさんはもっと〇〇に取り組むべきだ」などのアドバイスをする人などが該当します。

良かれと思いアドバイスをしている可能性はありますが、知識や経験がない人から余計な口出しをされたくないと思われるケースは多いでしょう。

また、参考にならないということでアドバイスを無視していると、機嫌が悪くなる人もいます。このタイプの人は厄介者扱いされるため、性格が悪いと評価されるのです。

強い口調で相手を責め立てる

性格が悪い人は自分に対しては甘く、相手に対しては厳しい傾向があります。したがって、自分の失敗は認めませんが、相手の失敗は許しません。

例えば、やむを得ない理由で相手が約束を破ると強い口調で相手を責め立てたり、自分のルールを相手に押し付けるように責め立てたりなどが考えらえます。

必要以上に責め立てられるため、失敗をした側は反省を通り越して気分が悪くなってしまいます。だから、あの人は性格が悪いといわれることになります。

お礼をいわない、挨拶や返事をしない

性格が悪い人は、周囲を自分より下と考えていることが少なくありません。そのため、何かをしてもらってもお礼をいわない、挨拶や質問をされても無視をするケースがあります。

当然ながら、何かをした側や無視された側は嫌な気分になります。基本的な礼儀が身についておらず相手を不快にさせてしまうため、このようなタイプの人も性格が悪いと評価されます。

性格が悪い人との関わり方

職場や取引先に性格悪い人がいるケースもあります。性格が悪い人と付き合うには、どのような点を意識すればよいのでしょうか。良い関係を築く方法を紹介します。

関係を割り切る

性格が悪い人と仲良くしなければならないと考えると、振り回されてしまうため大きなストレスがかかります。仕事で求められる良好な関係は、業務を協力して進められる関係です。

性格が悪い同僚と友だちのように仲良くする必要はありません。したがって、適度な距離感を意識して必要以上に関わらないようにするとストレスを軽減できる可能性があります。

具体的には、常識的な範囲で礼節は守る、プライベートな話はしない、業務上必要な連絡は滞りなく行うなどを意識するとよいでしょう。以上の対応を続けることで、適度な距離感を保ちやすくなります。

あしらう・おだてる

性格が悪い人をあしらう、おだてることも有効な対処法になります。あしらうポイントは相槌を打つだけで意見を述べないこと、おだてるポイントはぐっととこらえて相手をいい気分にすることです。

性格が悪い人は、本人が満足さえすればその場を立ち去ってくれます。

あしらうとおだてるは、性格が悪い人の特徴に合わせて使いわけます。自分の話をしたい人はあしらう、プライドが高く自己顕示欲が強い人はおだてるを積極的に活用するとよいでしょう。

反面教師として受け取る

性格が悪い人と付き合うことは面倒ですが、メリットがないわけではありません。捉え方次第では、相手を反面教師にすることができます。

相手の態度・行動・言動が気になったときに自分の態度・行動・言動を振り返れば、自分自身が性格が悪い人になることを防げます。

感情的に反応すると疲れてしまうため、悪い見本と考えて落ち着いて対処することが重要です。性格が悪い人も、関わり方を見直せば自分磨きの反面教師として活用できます。

コミュニケーションを取る回数を工夫する

適度な距離感を保っても、業務で必要なコミュニケーションはなくなりません。性格が悪い人とのコミュニケーションに苦痛を感じる人もいるでしょう。苦痛を感じる場合は、コミュニケーションの回数を減らすことをおすすめします。

有効な対処法として挙げられるのが、開かれた質問ではなく閉じた質問を意識することです。開かれた質問は「はい」と「いいえ」だけでは答えられない質問、閉じた質問は「はい」と「いいえ」だけで答えられる質問を指します。

閉じた質問を積極的に活用すれば、上司と部下の関係であってもコミュニケーションの回数を減らせる可能性があります。

職場の人間関係から解放される2POINT

ちなみに、職場の人間関係から解放されるには下記の2POINTがカギとなります。

(1)自分の「考え方・行動」をコントロールする
(2)自分に合ったストレスの対処法を実践する

下記の記事ではこれらの2POINTについて詳しく解説しているほか、「職場の人間関係の悩みから解放される3つの方法」についてご紹介しておりますので、気になる方はぜひこちらも参考にしてください。

ちなみに、職場の人間関係が辛くて仕事を辞めたいという方の中には、「早く今の職場を離れたい」という焦りから、職場選びに失敗して転職を後悔するケースが多いです。

そうならないためにも、転職する際には人間関係以外の何かポジティブな理由(キャリアアップ、手に職をつけるなど)を見つけ、それを解決できる職場を探し、転職することが重要になります。

もし転職活動が初めてで何から始めれば良いのかよくわからないという方は、転職エージェントを利用することで職場選びから選考対策、入社までを徹底サポートしてもらえるためおすすめです。

【転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、書類・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

転職エージェントでは専属のキャリアアドバイザーが希望や性格から「本当に合った仕事」をカウンセリングしてもらえるほか、必要に応じて書類・面接対策~入社までを徹底サポートしてくれます。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っているほか、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

「とにかく人が良い職場に入りたい」「転職しても後悔しないか不安」という方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


満足のいく転職を

性格が悪いのに好かれている人がいるのはどうして?

性格が悪いと感じる人の中には、なぜか周囲から好かれている人もいます。性格が悪いにもかかわらずなぜ好かれているのでしょうか。考えられる理由を紹介します。

人によって態度を変えているから

性格が悪い人は、相手によって態度を変えるケースが少なくありません。相手の立場によって、へりくだって接する、高圧的に接するなど、態度を変えているのです。そのため、上司や先輩など一部の人からは好かれていることがあります。

ただし、良い評判をいつまでも維持できる保証はありません。部下や後輩から相談を受けた上司や先輩が見方を変えることやポジションが変わったことで悪態をつかれるようになった人が見方を変えることなどがあるからです。

性格が悪い人が良い評判を維持し続けることは難しいといえるでしょう。

言動が”素直”とポジティブに受けとられているから

自己中心的な言動や振る舞は、場合によっては周りから”あの人は素直な人だ”と評価されるケースもあります。例えば、上司から今どきの若者には珍しく自分の意見をはっきり述べる根性があるなどと捉えられているケースが該当します。

自己中心的な言動や振る舞いによって、直接的な被害を受けない人からこのように評価されるケースが多くなります。

我慢を強いられる立場の人にとっては不快ですが、他人の評価を第三者が変えることは基本的にできません。我慢できない場合は、転職エージェントに相談して働きやすい職場を見つけるとよいでしょう。

(根拠はないが)自信があり、頼られているから

性格が悪い人は自尊心が高く、自分の短所を意識しない傾向があります。したがって、自信に満ち溢れているように見えることが多いといえるでしょう。

何をするにも自信があるように見えるため、自信がない人の精神的な拠り所になるケースがあります。

つまり、頼りがいがある人と捉えられることがあるのです。ただし、実際に問題が発生すると性格が悪い人の実力が明らかになります。実力が伴わない場合、周囲からの評価は低くなってしまいます。

仕事ができるから

なお、性格が悪くても仕事ができるため職場で頼りにされているケースもあります。営業職など、客観的に成果を把握しやすい職種でこの傾向は強くなります。

性格の悪さを仕事の結果で補っている状態といえるでしょう。ただし、周囲から性格が悪いと捉えられていると、結果を出せなくなったときに手のひら返しをされる恐れがあります。

仕事で結果を出せていたとしても謙虚な姿勢は重要です。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div