就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

転職エージェントとの電話面談を成功させる3つのポイント!事前準備が大切!?

昨今の新型コロナウイルスの影響もあり、転職エージェントとの面談を電話で行う人は増えております。

電話面談はどこでも行うことが可能で手軽に行える印象がありますが、「何を話すのだろう」「事前に準備が必要なのかな」など不安になる方も多いです。

本記事の内容を元に適切に準備を行うことで、ポイントを押さえて面談を行うことができ、非常に有意義な面談にすることが出来ますのでぜひご活用ください。

電話面談の流れ

転職エージェントに登録するとまずはキャリアアドバイザーとの面談が行われます。これまでは対面での面談が一般的な面談方法でしたが、新型コロナウイルスの蔓延により、電話面談やweb面談も一般的になりました。

面談方法によって、内容が大きく変わる事はありませんが、電話面談の場合は対面での面談に比べ短時間で行われることが多いです。

これは電話面談を行う背景として、求職者の仕事終わりの時間や休憩の合間を縫って面談が行われる為です。

対面での面談、web面談は1時間~2時間程度で電話面談は30分~1時間程度で行われます。電話面談の大まかなな流れはサービス紹介→ヒアリング→求人紹介です。

流れに沿って詳しく解説していきますのでポイントを把握して、面談の時間を有意義なものとしましょう。

サービス紹介

予約した時間になると、担当のアドバイザーから電話がかかってきます。本人確認がとれ、挨拶が行われた後は転職エージェントサービスの紹介が行われます。

転職エージェントサービスを行う会社は大手からベンチャーまで非常に多く、各企業によって強みも異なります。

例えば、私たちが行う第二新卒エージェントneoは第二新卒や高卒、フリーターなど学歴や経歴問わず20代の就転職に対して行う手厚いサポートを強みとしています。

履歴書のなどの書類作成から、企業毎の面接対策など細かなサポートを希望される方にはぴったりのサービス内容となっています。

他にも営業職やエンジニアなどの職種に特化した転職エージェントや管理職などのハイキャリア専門の転職エージェントサービスも存在しているので希望の職種やポジションで調べて自分にあった転職エージェントに相談することをオススメします。

また求人だけでなく、サポート方法に関しても確認しておくとよいでしょう。連絡の頻度や方法なども転職エージェントで異なりますので、どういった方針でどのようなサポートが受けられるのかを確認しておきましょう。

ヒアリング

サービス紹介の後はヒアリングが行われます。ヒアリングでは過去の経験からどのような軸で判断を行ってきたのか、就職・転職を考える背景は何なのか、これからどうなっていきたいのかなど過去・現在・未来に関してヒアリングが行われます。

ヒアリング時の注意点として、面接ではないので経歴が不安で嘘をついたり、情報を誇張して伝えることはせずに素直に正確に情報を伝えることを心がけましょう。

不安な点もあるかと思いますが、選考に合わせて経験を魅力的に伝える方法もアドバイスしてもらえるのでありのままを伝えましょう。

これまでの経歴

これまでの経験は履歴書に沿って、ヒアリングが行われます。就業経験がある場合は前職でどのような経験をしてきたかを聞かれますので、どのような経験を積み、どのようなスキルが身に付いたかを伝えられるようにしましょう。

異業種への転職を考えている場合は身についた経験で他の仕事でも活かせることはないか考えておくと面接時に活かせられます。

就業経験がない場合は、アルバイトの経験であったり学生時代に取り組んだことや力を入れてきたことを聞かれる場合があります。部活動や学校行事、ボランティアなどを振り返り伝えられるようにしましょう。

退職理由

就業経験がある場合や、既に転職を経験している場合は退職理由もヒアリングされます。退職理由が仕事内容なのか人間関係なのかなど理由によって次に就く仕事の選択肢が変わり、紹介される求人に関わります。

より自分にあった求人を紹介してもらう為のポイントとして、退職理由を深掘りしておくとよいでしょう。

上司やチームとの人間関係が理由であれば、どういう人とであれば自分は上手く働けそうなのか、働く上で自分が大切にしていることは何かなど、退職理由でだけではなくその背景まで伝えれると社風や環境がより自分にあった求人に出会えるかもしれません。

希望職種、条件

ヒアリング内容を元に希望の職種と働く上での条件の確認していきます。職種に関しては営業一つをとっても、法人営業、個人営業などお客様の違いや、インサイドセールスやフィールドセールス等役割の違いなど沢山の種類があります。

紹介される求人がすべて自分の希望の内容とは限りませんが、より具体的な職種を希望することでミスマッチを防ぐことが出来ます。

条件に関しては休暇や残業時間、年収に関しての希望があるかと思いますが、好待遇であるほど競争の激しい求人になりますので許容できる範囲で希望は伝えるようにしましょう。

求人紹介

希望職種、条件を伝えた後は少し時間を置き、求人紹介が行われます。ここではヒアリング内容を元に本人希望条件にあった求人と担当のアドバイザーがおススメする求人を紹介されます。

求人紹介でのポイントは求人票に書いてある情報以外について質問するということです。例えば社内の雰囲気やキャリアアップのイメージなどです。

面接時に確認しづらい内容でも気軽に聞けるのが転職エージェントを利用するメリットの一つでもあるので興味のある求人で気になることは積極的に聞いてみましょう。


企業訴求CTA ポップ版

面談前に必要な準備

ここまでで、電話面談の流れについてお伝えしましたが、「事前にどんな準備が必要なの?」と気になる方も多いと思いますので、ここからは面談時間を有意義なものにする為に事前に行っておきたい準備について説明致します。

以下の内容を押さえておくことでスムーズに面談を進めることが出来、より自分を知ってもらったうえでおすすめの求人を紹介して貰えるでしょう。

自己分析

準備をしなくても面談を通じて自己の理解は深まりますが、事前に自己分析を行ったうえで、面談に臨むことでより具体的なフィードバックを受ける事ができます。

自分が思っていた自分と相手から見られた自分とのギャップを理解することで面接や日々のコミュニケーションに活かすことが出来るでしょう。

自己分析に関して、「そもそもやり方が分からない」という場合は以下の記事でステップごとに詳しく書いておりますので参考にしてみて下さい。

自己分析のやり方

レジュメ(履歴書、職務経歴書、など)作成

転職エージェントを利用して選考を進める際は必ず履歴書の作成が必要になります。また就業経験がある場合職務経歴書も必要になるので合わせて準備しましょう。

初回面談時に必ず必要なものではありませんが、履歴書や職務経歴書を事前に提出出来ていると、経験に応じた求人を事前に準備してもらうことが出来るので、希望にマッチした求人に出会いやすくなります。

電話面談で押さえておくポイント

電話面談の場合、画面を映さないこともあり気軽に望むことが出来ますが面談前、面談中に押さえて頂きたいポイントが3点あります。事前準備に加えこちらの内容にも備えて電話面談を行うことをおすすめします。

面談の環境を整える

まずは面談を行う環境を整えるということです。前述の通り、電話面談は画面を映さないことから外で行ったり、移動しながら行ったりする方もいます。その場合外部の雑音が多く、重要な内容を聞き逃したり、大事なことをメモ出来ない可能性が高いです。

面談を行う時間は仕事終わりに余裕をもって設定しましょう。

“転職”への意欲を伝える

二つ目は転職の意欲を伝えるということです。転職エージェントは常に数十人の求職者と同時にコミュニケーションを取っていることが多くなっています。

勿論求職者によって対応に差をつけていることはありませんが、電話での短時間の面談と対面で二時間行う面談と比較すると、より求職者の意向を把握し、理解できるのは対面面談ではないでしょうか。

相手の理解が進む事で求人も自分によりマッチしたものに出会えます。また担当のアドバイザーを理解することで信頼して素直に思いを伝えられるようになります。

いつまでに転職を成功させたいのか、どのような仕事に就きたいと考えているのか、前向きな姿勢を見せることを心がけましょう。

担当アドバイザーが現職の業界・希望業界に知見があるか確認する

転職エージェントには専門型と総合型があり、専門型は営業職や飲食業界など業界、職種に特化した転職エージェントサービスと指します。

総合型は求職者に応じて幅広い業界、職種の求人を紹介するサービスです。希望の業界、職種が明確な場合は専門型を活用し、総合型の場合では担当のアドバイザーの知見が深いかも確認するようにしましょう。

担当のアドバイザーは変更可能なことが多いので、合わないと思ったら担当を変えてもらうことも転職エージェントを活用する上で大切なポイントです。

電話面談のメリット・デメリット

最後に電話面談を行うメリットデメリットについて紹介します。デメリットに関しては対応策も合わせて紹介しますので是非、確認した上で電話面談に臨んでください。

メリット

場所や服装を選ばず手軽に行える

最も大きなメリットは場所や服装を選ばず気軽に行えるということです。対面面談も私服で問題ありませんが、移動をともない交通費などのコストがかかります。

また近年多くなっているweb面談では接続できる機器やネット環境が必要になるので、電話一本で行えるという点は非常に大きなメリットとなります。

効率よく求人紹介を受けられる

一点目に合わせての内容になりますが、たとえ対面面談より短い30分程度の電話面談でも通常の面談と同じように求人の紹介を受けることが出来ます。

一社のみ利用する場合は前述のとおりミスマッチがおきやすく、希望の求人に出会えないかもしれませんが30分の電話面談で複数社の利用すれば効率よく多くの求人に出会うことが出来ます。

転職活動に伴うコスト削減に繋がる

転職活動は選考を始め、面接の為に身だしなみを整えたり、電車で移動したりと何かとコストがかかります。

またコストはお金だけではありません。

時間も同様にコストと考えると電話面談は移動の手間を省くことが出来るのでお金、時間双方においてコスト削減につなげることが出来ます。確保できた時間を自己分析や業界研究に充てるなどすることでより有意義な転職活動になるでしょう。

デメリット

紹介される求人に希望とのズレが生じやすい

デメリットの一つ目は求人のズレが生じやすくなることです。これは電話面談が通常の面談に比べ短い時間で行われること、お互い相手の表情や雰囲気が分からず、信頼関係が築けないままサービスが進むことが要因となっています。

ズレを生まない為のポイントは自己分析を出来る限り済ませておき、譲れない条件をまとめて伝えることです。

ここでは”譲れない”ということがポイントです。出来る限り希望とのズレを無くすために譲れないという旨を担当のアドバイザーに必ず伝えるようにしましょう。

準備不足になりやすく、本来聞きたい事が聞けずに終わってしまう

面談の日時が決まっていれば準備をして臨むことが出来ますが、電話面談の場合準備不足になるケースが多いです。

単純に仕事や面談までのスケジュールが忙しい場合もありますが、声だけのやり取りであることから気の緩みも少なからずあるかと思います。

手軽に行える面談ではありますが、自分の時間を使って行っているので、有意義な時間になるように準備することを心がけましょう。

まとめ

転職エージェントとの電話面談はメリットデメリットそれぞれありますが、デメリットの多くは意識の問題や事前の準備で対策することが出来るので上手く活用することで転職活動をスムーズに進められるでしょう。

また電話面談に限らず、現職の不満を改善したいという思いや、将来のキャリアに不安がある場合は気軽に利用してみることもオススメします。

私たちは第二新卒エージェントneoというサービスを行っていて、主に20代の就転職のサポートをさせて頂いております。20代の多くは経験社数が少なく、給料や労働時間、仕事内容など今の環境が当たり前だと思っていますが、当たり前ではありません。

現在の経験をそのまま活かすことで現職の不満が解消される方も沢山います。転職が正解ではなく、相談を通じ周りの環境が見えることで逆に現職の環境にありがたみを感じ、仕事のモチベーションが上がる機会になるかもしれません。

ぜひ気軽に相談できるパートナーとして転職エージェントに登録してみることをオススメします。


「自分に合った仕事は?」

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div