第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【東急東横の求人】第二新卒が転職するならコレ知ってる?

第二新卒とは、学校を卒業してから一度は就職したものの短期間で退職して転職を志している人のことです。そういった人の中には、東急東横線沿いで転職を検討している人もいらっしゃるかと思いますが、雇ってもらえるのか不安を感じることもあるかもしれません。今回の記事では、第二新卒者が正社員へ転職する際にためになる情報をお伝えします。

転職活動に入る前にこれだけは押さえておこう!

会社を辞める理由はさまざまあるでしょうが、第二新卒者が転職するならその理由をしっかりまとめておくことが大事です。

例えば、前の職場の上司が嫌で、仕事が続かなかったという人がいるとしましょう。
その場合、辞めた理由を正直に話してしまうと、人付き合いがうまくできない人と思われてしまい、採用に響きやすくなるのです。

人間関係がもとで転職することになったとしても、企業の心を掴むような理由を考える必要があります

第二新卒でも取りやすい資格として、宅建士国内旅行業務取扱管理者の資格があるので、資格取得を転職理由にするのも1つの手です。

宅建士の資格を持っていると不動産会社で働くことができ、ビル・土地の売買や賃貸物件のあっせんを行えるようになります。
国内旅行業務取扱管理者の資格は、旅行会社に勤務しながら、お客の国内旅行をプロデュースできる便利な資格です。

前職の退職理由を伝えにくい人は、こういった資格を取っておけば、東急東横線沿いの企業から好感を持ってもらえるようになります。

求人チェックをする際のポイントを2つ紹介!

求人をチェックする場合、ボーナスがあるかをチェックすることがポイントです。

東急東横線沿いにはボーナスがないものの月給が高く設定されている企業もありますが、すぐに応募しないよう注意しなければなりません。

そのわけは、月給が低くてもボーナスのある企業であれば、年間で得られる収入が多くなるケースもあるからです。
少し多く稼ぎたいなら、ボーナスのある求人を積極的にチェックし、仕事内容に興味の持てるところへ応募しましょう。

また、休みがどのようになっているのかも求人を見ていく際には重要です。
いくら収入面が良かったとしても、休みが少なければ、自分の時間を持つことが困難になります。

例えばサイクリングが趣味で、仕事をしながらその趣味も並行して楽しみたいという人がいるとします。
休みをたくさん確保できれば、さまざまなところへサイクリングしやすくなるでしょう。

一方、休みがあまり取れないとひと月でサイクリングに行ける場所は限られてしまいます。
趣味のある人は、プライベートの時間を多く取れるよう休みが取りやすい求人をチェックするようにしましょう。

▶【最短ルート!?】第二新卒が渋谷の企業に転職する方法!

書類を書く際に気をつけること

履歴書職務経歴書を作成する場合、誤字脱字には十分気をつけて記入を進めることがポイントです。

パソコンやスマートフォンが普及した影響もあり、直筆で文字を書く機会が少なくなったため、書類を書き進める際に漢字がわからなくなることもあるかもしれません。
そういったケースに遭遇してもひらがなで書くのは避け、辞書やネットで調べてから正確な漢字を書きましょう。

なお、「行(おこな)う」のように、送り仮名を間違いやすい漢字もあるので、共に気をつけながら記入を進める必要があります。

また、ひらがなを記入する中「してました」と書きそうになることもあるかもしれませんが、これは正しい書き方ではありません。
「してました」を正しく書くなら、「していました」と「い」を含める必要があります。

他にも、日常会話をする中で接続詞として「なので」を使うこともあると思いますが、こちらも書類を書く際には不適切です。
「なので」を書類で使いたい場合には、「そのため」や「ですから」といった接続詞を使うと、文章全体がきれいにまとまります。

面接における大事なポイント

面接室に入る際には、まずはドアを3回ノックし、中から「どうぞ」の声がかかってから入室しましょう。

2回ノックするのは空席確認の意味があり、トイレでよく使われますが、面接では控えるようにしてください。
面接室へ入った後は、ドアへ体の向きを変え、両手をそえて静かにドアを閉めます

その後は、面接官のほうへ体を向け、30度傾くようお辞儀をしましょう。
お辞儀がすんだらそのまま椅子の横まで歩いていき、面接官から声がかかってから「失礼いたします」の一言を添えて着席します。

なお、椅子に座る際には背もたれに背中をつけず、握りこぶし1個分の間隔を空けて背筋をまっすぐ正すことがポイントです。
その際、男性は軽く握りこぶしを作り、女性は手を重ねて両膝の上で置くようにしましょう。

▶【人気なのに穴場!】第二新卒の転職なら新宿をチェック!

【転職先の見つけ方1】ハローワーク

転職活動に不安があるならハローワークを使えば職員に聞きながら転職先を探すことができます。

ハローワークは「職安」とも呼ばれており、求職者に仕事を紹介するのが主な業務内容です。
この仕事探しの魅力は、さまざまな求人をチェックできることです。

ハローワークでは求人を無料で載せられることから、東急東横線沿いの企業で人材を募集する際に利用しているところも多くあります。
そのため、ハローワークには職種に関係なく数々の求人があるので、より多くの求人を見てみたいならこの仕事探しが適しているでしょう

なお、家から通いやすいところにハローワークがあれば、移動に苦労することはないかもしれません。

一方、自宅からハローワークが離れている場合は、求人をチェックしに行くだけである程度時間がかかってきます。
移動が面倒に感じるなら、自宅にいながらでも取り組めるやり方で転職先を探したほうがよいでしょう。

【転職先の見つけ方2】転職エージェント

転職活動を行う中でできれば移動したくないという人は、転職エージェントを使うという手があります。

転職エージェントは主にパソコンを使って転職活動を進めていくので、自宅にいながらでも取り組めるのが魅力です。

求人の探し方としては、サイト内で職種や勤務地を指定して検索すると、それに該当する求人が表示されます。
検索機能を使えば自分だけで1つずつ求人を調べるより、希望にあったものをスムーズに見つけることができます。

なお、特に職種が決まっていない人は就活アドバイザーに相談するのが良い方法です。

転職エージェントの中には、転職者の悩みを解決できるよう就活アドバイザーを取り入れているところもあります。
就活アドバイザーを利用すれば、転職者の特徴や思いをもとにその人にあった仕事を見つけてくれるのです。

さらに、志望動機のアドバイスもしてくれるので希望する企業に採用されやすくなるでしょう。

転職をサポート!第二新卒エージェントNEOを使ってみよう

第二新卒者が東急東横線沿いの企業を受けるなら、好感を得られるような転職理由を考えておくことが大事です。

そうすれば、雇ってもらえる確率も高くなるので、第二新卒だからと転職にネガティブになる必要はありません。

なお、仕事探しで迷ったら、転職エージェントを使うのが良い方法です。

私たち第二新卒エージェントNEOには、就活アドバイザーがいるので、求人選びで迷った際に、転職者の意見をヒアリングした上で、その人が心から楽しめる仕事をアドバイスします。

また、面接の日程調節など、自分でやることに不安という人もいるでしょう。
第二新卒エージェントNEOを利用すれば企業とのやり取りを代わりに行うため、面倒な手間を省くことができます。

転職エージェントはいくつかありますが、どのサービスを利用しようか迷った際には第二新卒エージェントNEOを使ってみてはいかがでしょうか。

▶【保存版】第二新卒は未経験でも経理に転職OK!仕事選びのコツを書いてみました

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ