就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

人材・サービス業界の志望動機~第二新卒・既卒ver.~

人材・サービス業界は、いわば人事のプロが集まる業界のようなものです。志望動機を考える際にハードルが高く感じられがちですが、どのような人材が求められ、志望動機はどのように考えていくことがよいのでしょうか。

人材・サービス業界で求められる人物像とは

人材・サービス業界には、主に人材紹介と人材派遣に分けられますが、どちらもマッチングビジネスとして求められる人物像は似ています。
人材・サービス業界の仕事では、企業側の担当者や求職者からニーズを聞き出すための高いコミュニケーション能力が求められています。日中仕事をしている求職者に合わせて行う仕事のため、勤務時間が夜までと長くなりがちです。求職者に合わせる姿勢を持てるかということも重要なポイントです。マッチングを成功させるには、細かな雇用条件の面でも双方の折り合いをつけることが必要となり、折衝能力も求められるでしょう。

人材・サービス業の業務形態を理解しておこう

人材紹介のキャリアコンサルタントの仕事には、企業と人材それぞれに向けた業務があります。
企業に向けては、企業をまわって求人企業を確保するとともに提案から採用までのコンサルティング業務を行います。求職者に対しては求職者のニーズを聞き、求人先の企業を紹介し、転職先が決まるまでのサポートが業務です。

会社によっては企業と人材の双方を担当する一気通貫制か、企業と人材のどちらかを担当する分業制があります。人材派遣では、営業が新規開拓と既存の得意先企業をまわり、求職者とのマッチングはコーディネーターが行う場合が大半です。企業によって、どんな業務形態をとっているか把握しておきましょう。

企業による特色の違い

人材・サービス業界の企業には、人材紹介と人材派遣がありますが、それぞれに総合型といわれる事務職を中心に幅広い職種に対応する企業と、医療など職種を限定した専門型の企業があります。総合型の人材・サービス会社でも、強い分野があるケースもみられます。

職種や業態の違いの他、ホームページや説明会をもとに、企業の経営方針や社風を研究しておきましょう。既卒の方は業界研究に力を入れがちですが、企業研究を十分に行い、業界に対する志望動機だけではなく、応募先の企業に対する独自の志望動機も盛り込んでいくようにしましょう。

まとめ

人材・サービス業界の志望動機では、コミュニケーション能力が高いことをアピールするとともに、業界に対する理解を踏まえたものとしましょう。応募先の企業に惹かれた点を盛り込み、企業ごとにオリジナルの志望動機を用意するようにしておくのがおすすめです。

こちらもチェック!→不動産業界の志望動機~第二新卒・既卒ver.~

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div