第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

不動産業界の志望動機~第二新卒・既卒ver.~

不動産業界は、新築と中古の戸建て住宅やマンションの販売、アパートやマンションの賃貸、あるいは投資用の物件を取り扱うなど、幅広い分野の仕事があります。不動産業界の志望動機は、何に着目して考えたらよいのでしょうか。

タフでコミュニケーション能力のある人材

不動産業界では、比較的人材の流動が多く、営業職では即戦力として短期間での結果が求められる仕事です。
業界全体を通して、明るくコミュニケーション能力のあるタフな人材が求められます。業務を通じて多くのお客様と接する仕事のため、初対面でも円滑にコミュニケーションを取る必要があります。

成果主義の企業が多く、営業職であれば、ノルマ達成に向けてのモチベーションの高さと精神的、肉体的な強さも大切です。企画職では他の部署と連携し、協調性を持つことが大切です。衣食住の「住」に関わる仕事として、お客様が理想とする住まいを提供することができたとき、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

分野による仕事の違いを理解すること

不動産業界の営業職といっても、分野によって仕事内容や求められる人材は変わってきます。
既卒、第二新卒の方の志望動機には、なぜ不動産業界でもこの分野を選んだのかを盛り込むようにしましょう。新築マンションは、主にモデルルームを訪れた人に対して営業を行うため、接客が好きな人が向いています。プロジェクトごとにチームで動くため、協調性も大切です。

注文住宅の営業は、お客様一人一人とじっくり向き合い、提案から契約、竣工、アフターケアまでの長い付き合いとなり、ヒアリング力や提案力も求められます。建売住宅の営業は、比較的歩合率が高く、営業力が求められる仕事です。カウンターセールスが中心の賃貸業では、安定志向の人に向いています。

宅建の取得は不動産業界転職のアピールポイントに

不動産業界は不動産関連の法的な知識も必要とされ、入社後に宅地建物取扱主任者の資格取得を求められるケースがほとんどです。
開発業者を中心に、所属部署に関わらず、全社員に宅建の資格取得を推奨している企業もあります。

既卒であれば、既に宅建の資格を取得していると不動産業界への転職の本気度を伝えるアピールポイントともなります。
入社後は勉強時間を取るのが難しくなるため、不動産業界への転職を考えたら、資格取得に向けた勉強を始めておくとよいでしょう。業務を進める上で、必要な知識を取得する利点もあります。

まとめ

不動産業界の志望動機では、業界研究に力を入れており、不動産業界の中でも転職を希望する企業の仕事に興味を持っている理由を盛り込むようにしましょう。人と関わることが好きで、あちこち動き回ることが苦にならない方に向いた業界です。

こちらもチェック!→物流業界の志望動機~第二新卒・既卒ver.~

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ