第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

未経験向け「人事」の志望動機書き方!仕事内容、必須スキルも【例文つき】

採用に直接関わるなど華やかなイメージのある人事職。しかしながら、実際の仕事内容はどのようなものになっているのでしょうか?

企業が選考の際に何を重要視しているのか、どのようにアピールして行けば選考に通過しやすくなるのか。

知っておけば選考のプラスになる情報をまとめ、未経験から人事職に就職するための履歴書における志望動機の書き方をご紹介します。

第二新卒エージェントneoの会員ができること

人事職とは?人事職の募集背景・市場動向

人事の採用市場は非常に狭くそのほとんどが中途の採用となり、人事経験者や事業企画に携わっていた人を採用するケースがほとんどです。

なぜならば人事職、特に採用業務は企業の業績に直結するので、企業は外部から自社の事を知らない未経験の方を採用したがらないからです。

しかしながら、未経験での人事職の採用が無いわけではありません。業務拡大による人員増加や、幹部候補の採用など他の職種と同じように採用をしています。

人事職の市場動向は今後より中途採用メインに移っていくと予想されます。

人材の流動が以前よりも活発になっているので、良い人材を自社に惹きつけて採用成功させたり定着率を高めることのできる人材は企業からの注目度もより高まってゆくでしょう。

実際の仕事内容は?

人事職の仕事内容は、大まかに3つに分けられます。

採用について

人事職と聞いて最初に思いつくのがこの業務になると思います。新卒・中途だけでなく、派遣社員やアルバイトでの採用など様々な雇用の機会に携わります。

さらに採用して終わりではなく、入社した方が定着して活躍できるようにするのも人事の仕事の一つです。

労務について

あまり知られていませんが、人事の仕事の中で大きな割合を占めるのが、この労務になります。

勤怠管理・給与計算・社会保険の手続など日常の業務で行うものから、健康診断や福利厚生に関することまで、その会社で働く人に大きく関わる業務を行います。

教育について

新人社員研修や中途の商材研修など、社内の研修などを管理します。

近年では教育に力を入れる企業も増えており、外部セミナーへの参加者を募ったり、e-ラーニングなどのシステムの導入を行う事もあります。

人事職に求められるスキル・能力

では実際にどのような点をアピールしたら、人事から高評価を得られるのかを見てみましょう。

対応力

社員のモチベーションを保つ為に行動したりと、縁の下の力持ちの役割が多い人事職。面接の際にもしっかりと相手の本音を引き出したり、自社に入社をしてもらえるようなアピールをする機会が多くあります。

社員の評価も担っているので、公正な立場で対応する必要もあります。

さらに業績が悪化し給与や待遇が悪化する際の社員からの不満や離職を防いだり、時には退職勧告などの役割を担わなければなりません。

そのため、公平性を保ちつつ、皆に良い気分で働いてもらえるような対応が出来る人材が高い評価を得ることができます。

企画・計画力

企業は業績拡大のために、採用計画と予算組みを必ず行います。ですので、計画通りに物事を進められる方は重宝されます。

また、採用にかける費用は広告費の様に直接の利益をもたらさないので、企業によっては十分に用意することができません。

その中でもしっかりと数字の目標をやり遂げる人材であれば、採用される確率は高くなるでしょう。自分が人事業務に向いているのか、一度じっくりと考えてみましょう。

ただ、自分を客観視するのはとても難しいこと。そこで最近ではエージェントに無料で相談する方が増えています。仕事選びに迷った方は一度こちらのサービスの利用を検討することをおすすめします。

人事に向いている人の特徴

人が好きである

企業が収益を発生させるためには商品やサービスなどを生み出してそれらをお客様に購入してもらう必要がありますが、そこまでの道のりを作るには社員たちの成長や心身ともに健やかであることが欠かせません。

つまりは不完全な存在である「人」が商品やサービスを生み出すのであり、その「人」を支えるのが人事の仕事です。

人事は人を支える仕事なのであり、その人に対して思いやりの心を持つことが出来る人でなければ人事の仕事は務まりません。

人の成長・活躍を支えたい

上記で述べたように人事の仕事は人を支える仕事です。自分がメインに立つのではなく下から支える、縁の下の力持ちのような存在です。

そういった、目立たないながらも人を支えることのできる仕事として存在するのが人事の仕事であるため、人を支えたい、活躍するのをサポートしたいという思いのある方には向いているといえるでしょう。

短気でない

人事という仕事は人の役に立つことのできる非常にやりがいのある仕事ですが、時には企業経営者側と社員との意見の食い違いの中で板ばさみになってしまうこともあります。

他にも社員の給与や待遇、昇給システムへの不平不満を投げかけられる場合もあります。人によっては感情的になってしまう場合もあるかもしれませんが、人事の仕事はあくまで社員のサポートです。

社員のモチベーションを高め、前向きな精神を作っていくことがその仕事の意義であるため、そのようなときでも軸を曲げてはいけません。したがって短気だなと自分で感じてらっしゃる方にはあまり向かない仕事かもしれません。

人事の志望動機を書く際のポイント

なぜ人事を希望しているのか

なぜ自分が人事という仕事を志望しているのか、自分が人事職に感じている魅力を採用担当者へ伝えましょう。どのような魅力が人事にはあって、どんな思いでその仕事を志望しているのかはっきりと伝えましょう。

具体的には過去の経験を交えながら伝えると分かりやすくなります。過去にどのような経験があって、その経験から自分には人事に対するこのような適性がありますといった内容をアピールすれば、企業側も採用緒することのメリットを実感しやすくなります。

なお、当たり前ですが志望動機を作成する際には希望する職種(この場合は「人事」)の仕事内容を出来る限り正確に把握している必要があります。

なぜ自分が人事を志望しているのか、人事の仕事内容と自分のその仕事に対する適性について伝えることでその理解度を伝えることにもつながり、より企業は採用のメリットを感じるでしょう。

なぜ他ではなくその企業を選んだのか

なお、人事は多くの企業に存在する仕事です。だヵらこそ、企業は「なぜわざわざうちの会社を選んでくれたのか」という点が気になるはずです。

したがって、人事を狙う際の志望動機ではなぜ他の企業ではなくその企業の人事を選んだのかという点について、他の企業とその企業の違いに着目して作っていく必要があります。

それも、一点のみの違いでは「ではこの点についてはさほど差がないように感じられますがその点についてはどうお考えですか?」などと聞かれてしまう可能性があるため、複数の違いを調べておきましょう。

人事の仕事では情報収集のスキルも重要視されるため、この点をクリアしていればその能力についてもアピールすることができます。

自分がその企業に対してどのように貢献できるのか

さて、人が企業に就職して働くということは企業はその人に対して対価を払って雇うということです。いくらこっちが志望していても企業側が採用するメリットを感じなければ雇ってはもらえません。

したがって志望動機を書く際には自分がその企業に対してどのような貢献をすることができるのかをアピールする必要があります。自分自身のメリットだけでなく、企業にもメリットを運ぶことが出来る旨をはっきりと書きましょう。

【おすすめ】第二新卒が未経験で事務・管理系職種に挑戦するときの志望動機例文集

学歴や性別を問わず、事務・管理系職種はとても人気の高い職種です。だからこそ、他のライバルたちに負けぬような履歴書を作成することが必至です。

そこで重要となってくるのがズバリ、志望動機の作成です。では、この職種に転職したい場合にはどんな内容にしていけばより効果的なものになるのでしょうか。

例えば、人事職に関してはアピールすべきポイントが大きく分けて二つあります。それは「対応力」「企画力」です。対応力についてをアピールしたい!と思った場合には以下のような内容が考えられます。

「前職ではホテルにおいてフロントを担当しておりました。様々なお客様に来店頂いたのですが、中にはまったく日本語や英語がわからないといったお客様もいらっしゃいました。
その状況でも、慌てずにイラストやジェスチャーを交えた説明を行うなどお客様に合わせて対応をして参りました。その結果、言葉が通じなかったお客様にも笑顔でご利用頂く事もできました。
この経験を活かし、面接など対応力が求められる業務でも結果を出したいと考え人事職を志望いたしました。」

このコラムでは他にも様々な場合に分けて志望動機の例文を一覧で掲載しています。続きはコチラ!

なお、エージェントでは求人紹介だけでなく履歴書の添削や面接対策なども行っています。それに伴い志望動機や自己PRの作成についてもアドバイスを行っていますのでぜひ一度チェックしてみてください。

人事の志望動機・例文

経験者の志望動機例文

「私はこれまで○○メーカーの人事部で約4年間勤務して参りました。社員教育や新人研修へ特に力を入れており、各個人のスキルアップやモチベーションの工場について任されておりました。 これまでの経験や知識、スキルを活かし、より○○の魅力を社会に発信したいと考え○○業界への転職を決意いたしました。
今後さらにニーズが増えるであろう○○業界において各社員の眠っている能力を引き出し、より働きやすい環境を整えることのサポートをさせていただけたらと考えております。」

未経験者の志望動機例文

「私が貴社の人事を志望させていただいたのは、これまで○○業界の○○職で得た経験や知識、スキルが特に採用に関する人事の仕事で活かせると考えたです。
また前職の新卒・中途採用において面接官の経験もあり、その際にはできる限り面接の中で応募者の方の本心を引き出すための雰囲気や話し方を心がけて参りました。
貴社の「○○」という方針に沿った採用人事において最大限貢献させていただきたいと考えております。」

人事に就職する際の注意点

人事は華やかな仕事というありがちな思い込みとは

面接など一見華やかで楽しそうな人事の仕事ですが、実際の裏側は地道な仕事も多いのです。採用人数も計画通り進めなくてはならなく、採用する人も適当に選ぶわけにはいかないのです。

どんな仕事でも同じですが、楽しい仕事ややりがいを感じるためには、厳しい道を歩まなければならないのです。

「採用担当」は選ばれる側

よほどの大企業ではないかぎり、良い人材をより自社に惹き付ける交渉が必ず必要となります。

しかしながら年収や待遇、仕事内容を変えることは難しいので、他社のほうが条件が良い場合、その方を採用できるかどうかは人事の交渉の腕にかかっているのです。

自社の魅力を採用したい方に伝え、他者ではなく自社を選んでもらうのが人事のミッションなのです。なので、「選ぶ」人事ではなく「選ばれる」人事でなくてはならないのです。

▶新卒で人事職に就職するのは難しい!?目指す方はこちら

「転職したい!でも書類の準備がよくわからない・・・」そんなあなたにおすすめ

第二新卒でいられる間に転職してもっとやりたい仕事を探し出したいと考える人が非常に増加傾向にあり、それらの多くは書類作成に頭を悩まされます。

そこで近年人気を集めているのが就職・転職エージェントの利用です。エージェントでは企業がどんな観点で採用を行っているかをレクチャーしています。

例えば第二新卒者は履歴書を作成する際に、新卒との違いをはっきりと認識できている人が多くありません。実はこの違いを把握できていないことが原因で書類審査に通過できないでいる第二新卒者が多いのです

第二新卒者も新卒者もポテンシャル採用が基本となっているところは同様ですが、第二新卒者は多少なりとも社会人経験があるという点でまず新卒と異なります。

そして第二新卒は社会人経験があることに付随して、ビジネスマナーも一通り身についているであろうという前提を企業から持たれます。

そして短期間で前職を辞めているという事実もあります。これらの要素を把握した上で、ポジティブな新卒との違いを履歴書に盛り込み自分をアピールする必要があるのです。

さて、このコラムでは第二新卒者が悩みやすい転職における書類作成についてリサーチしています。続きはコチラ!




一人での就活に不安を感じたら「第二新卒エージェントneo」が手っ取り早い!

もしも自分ひとりでは不安だと感じたら、ぜひ私たち第二新卒エージェントneoにご相談ください。

私たちは第二新卒者をはじめとした主に20代の若い方向けの転職エージェントサービスを行っている、いわば転職のプロ集団です。現在も多数の第二新卒の方が我々のサポートを受けて就職に成功しています。

私たちはこれまでの経験と実績から、ジャンルを問わず多数の優良企業様からの求人情報を持っております。

そして企業様と有料でやり取りをさせていただいている分、求職者様である皆さんへは会員登録から質の高いサービスまで全て無料でご提供することが出来ております。

私たち第二新卒エージェントには専門のキャリアアドバイザーが複数在籍しています。

求職者様お一人お一人へ専属で担当させていただき履歴書や職務経歴書の書き方から面接対策まで全てをサポート、内定獲得まで全力で応援いたします。

もし第二新卒での就職活動に不安や疑問、焦りや行き詰まりを少しでも感じたら、ぜひ私たちにお声かけください。

そうすれば就活を個人プレーではなくチーム戦で行うことの心強さを実感していただけることでしょう。

【体験談】第二新卒から転職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員転職に成功しています。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ