就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

仕事でストレスを感じる人の特徴とは!原因やストレスの症状、対処法を知ろう

仕事のストレスがキツくてしんどい方へ。それは決してあなたのせいではありません。

ここでは仕事のストレスの原因を明らかにしながら、解消する方法をご紹介。ストレスをさほど感じていない方にも見られる危険な症状もお伝えします。

企業選びの失敗はしたくない就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

仕事でストレスを感じるのはあなたのせいじゃない!

今現在、仕事に対してストレスを感じている方は、正直に申し上げて星の数ほどいらっしゃるでしょう。特に日本国内は平均的なサービスの水準も高く、お客様を第一に考えた働き方を行う企業がほとんどです。

そのため現代の日本人は働きすぎている場合が決して少なくなく、その分仕事に対してストレスを抱きやすいのが現状です。

さて、今回はその仕事に対してストレスを感じてしまう原因やその対処法について減給していくのですが、まず最初に、仕事へのストレスが自分のせいかもしれないと考えている人は一旦その考えを捨ててください。

仕事に対してストレスを感じている場合には、職場の環境や人間関係などさまざまな原因が考えられます。

もちろん自分が甘えている場合もありますが「自分が甘えているだけかもしれない」と自ら考えることができる人は、たいていその人のせいではありません。

ここではそんな風に自分を追いこんでしまいがちな真面目な方々にも有効な、仕事へのストレスを解消することができる対処法についてお伝えしていきます。

内定獲得率90.1%

ストレスを感じいやすい人の特徴とは?

まずは仕事に対してストレスを感じやすい人に見られる特徴について見ていきます。自分がどのくらい当てはまっているか、普段の自分と照らし合わせてみましょう。

責任感が強い

まず責任感が強い方は自分に与えられた仕事や役割をしっかりと遂行しようと努力をすることができます。このような人材は職場の周りの人からも信頼され、仕事も集まりやすいです。

しかし、その反面本人は自分に回ってきた仕事のすべてに対して責任を全うしとうとするため、時間をたくさんかけてでも任務を遂行しようとする傾向にあります。

なかなか人が真似できる性質ではなく、特にベンチャー企業などでは評価されやすい人材の傾向ではありますが、少し間違えると自分の体や精神状況を無視して頑張りすぎてしまうことがあります。

周りからの信頼を裏切りたくない、前回よりも良い結果を出したいなどと奔走した結果、社内で倒れて気づいたら病室でした、というケースは決して少なくありません。

これは特別周りから指示されていなくとも自発的にこうしてしまうのが危険な部分。このような傾向にあると感じる方は今後注意するようにしてみましょう。

几帳面な性格の人

几帳面な性格の方もまた仕事に対するストレスを感じやすいものです。仕事はずべてが自分の思い通りにいくものではありません。

チームの仲間と意見が分かれて折衷案をとったり、取引先との関係が悪化してしまったり、商品の受注先のミスなのになぜか自分たちが損害額を被ったりすることは仕事をしていれば日常茶飯です。

しかし、そのようなトラブルが起きるたびに落胆したり「もうダメだ」と自暴自棄になってしまっていては仕事が前に進みません。

「大丈夫、なんとかなるはず!」と多少楽観的に構えることができる人のほうがより自体を明るい方向へと導くことができるものです。

しかし、几帳面な性格の方はその几帳面さゆえ、業務の進行について綿密な計画を立てていることが多いです。

どの日くらいまでにどの業務が完了していて、このタイミングに納品して・・・などと完璧な計画を立てていることでしょう。

ところが途中で自分以外の要因で業務の進行が遅れたり損失が出てしまった場合、精神的なダメージはかなり大きいもので、それについて一件落着するまでに大きなストレスを抱えることとなります。

しかし、先ほども申し上げたように仕事を行っていく課程でこのようなトラブルはつきものであるため、几帳面な性格の方は完璧な仕事を全うしようとするマインドを保つことができる分、感じるストレスは大きいでしょう。

細かい性格の人

性格が細かい方もまたいろんな部分が気になってしまうため、仕事に対して感じるストレスはとてつもなく大きいでしょう。

自分の業務内容だけでなく周りの人の仕事ぶりなども気にかかってしまうため、心配ごとも絶えないでしょう。こういった方はある日突然電源がOFFになってしまう可能性もありますので要注意です。


会員が受けられるサービス

仕事が速い人

仕事の遂行スピードが速い方は周りの社員の業務遂行のテンポが早い場合には問題ありませんが、そうでない場合には四六時中イライラすることになってしまいます。

「なんでこんなことくらいささっとできないんだ!」と感じ続けるとストレスは日に日に大きくなっていってしまいます。

ストレスを解消できないまま放置しておくとある日突然爆発してしまう可能性があるため、仕事の遂行スピードが速い方もまた大変危険です。

心配症の人

心配症な方は業務を行う上で常に心配事が絶えません。

特に正社員雇用の場合には業務に対して大きな責任を負うことになりますから、ただでさえストレスがたまりやすいにも関わらず「これで合ってるかな・・・」「ミスしないかな・・・」と考え続けてしまっていてはストレスは大きくなってしまいます。

だからこそ心配症の方の多くはその心配を減らすために人一倍の努力を行おうとします。これは大変良い心がけなのですが、中にはそこで努力をしすぎてしまう方もいらっしゃいます。

そうなるとストレスはより強まってしまい、これもまた危険です。

あなたの就活を二人三脚で助ける無料サポート

仕事でストレスを感じる原因7つとは?

さて、ここまでは仕事にストレスを感じやすい人の特徴をお伝えして参りましたが、ここからはストレスを感じる原因7つについてお伝えします。ぜひ自分職場環境などと照らし合わせてみましょう。

人間関係の悪化

人間関係が悪化した状態では仕事を進めていく上で大きなストレスが伴います。特にチーム内などで人間関係が悪化してしまうと、連絡をするだけでも心臓が疲れます。

特に相手に対して面と向かって不満を伝える人は日本には少ないため、無言だからこそ感じる嫌な雰囲気が心を苦しめます。

こうなってしまうと自分ひとりではどうしようもなくなってしまうため、ストレスを解消しようにもすぐにはもやもやがとれません。

仕事での失敗

業務上でミスをしてしまった場合、会社や一緒に働いている社員への申し訳なさやミスをした自分を恥じる心理などが入り混じり、とてつもないストレスを感じます。

もちろん人間ですからミスは誰しもしてしまうことです。小さなミスくらいであれば少し落ち込んでもまたすぐに復活することができるでしょう。

しかし、大きなプロジェクトや直接売り上げにつながる戦略立ての失敗などの重大なミスをしてしまうと、かなり長い期間落ち込んでしまい、大きなストレスを抱えることになります。

特に自分が責任者として取り組んでいた事業などの場合にはそのストレスはより一層強いでしょう。

会社の業績不振

自分が勤めている会社が業績不振の場合、ハッピーな気持ちで働くことができる人はいないでしょう。業績不振を受けリストラが行われる可能性や仕事量は増えたり減給される可能性もあります。

または突然会社が倒産してしまうリスクも考えられるため、会社が業績不振に陥っている期間には社員全員が大きなストレスを抱えながら働いていくことになるでしょう。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!

責任の重さ

業務に対して責任が重すぎる場合もまたストレスを感じやすいです。

特に不慣れな業務を突然任されたにも関わらず失敗したら企業に大ダメージを与えてしまう、などという状況下でストレスを感じない人間などほぼいないでしょう。

責任のある仕事をしたいという方もいらっしゃいますが、責任が重過ぎる場合にはストレスを溜め込んでしまいがちです。

給料が仕事量に見合っていない

特にブラック企業などによく見られる傾向ですが、仕事量に対して給与が見合っていないという場合にもストレスを感じやすいです。

仕事を頑張れば頑張るほどもらえる賃金が増えるようなインセンティブのある営業職などは働き甲斐もありモチベーションを保ちやすいですが、仕事量に対してあまりに給与が低いという場合にはストレスが溜まりやる気も失せてしまうでしょう。

特にブラック企業では元々伝えられていた賃金と実際にもらえる賃金が違うというケースもあり、入社後に苦しんでいる方は後を絶ちません。

長時間労働、劣悪な労働環境

これもまたブラック企業によく見られる傾向ですが、長時間労働や劣悪な労働環境のもとで働くことを強制されている場合にもとてつもないストレスを感じます。

たとえば、夏場に冷房がしっかりときいていて働きやすいオフィスが本来あるべき姿ですよね。

しかし、ブラック企業などのできるだけお金をかけたくないと考えている企業では従業員の気持ちを汲み取ろうとしないため、夏場でも冷房の費用をカットするために一切つけてくれない場合があります。

また従業員に対して、同じ賃金で多くの仕事量をこなさせるために定時でタイムカードを押させておいて、そのあとはタダ働きをさせるブラック企業も実際に存在します。

そのような過酷な環境下で働き続けてしまっては次第に精神を病み、体力が尽きる前に精神が崩壊してしまう可能性も考えられるため非常に危険です。

休暇や休息が足りない

休暇や休息をまともに与えられない環境で働く方もまたストレスを多く感じていることと思います。

上司からの無言の圧力や社内雰囲気から、なかなか有給休暇を取得させてもらえない、休憩時間も仕事をし続けなければならないなどの状況ではストレスフリーに働くことができません。

やはり人間は定期的に休息をとることによって最高のパフォーマンスを発揮することにもつながるため、休息をとることができない環境は異常と言っても過言ではありません。

カンタン!年収診断!

ストレスを感じた時の症状とは?あなたは大丈夫?

さて、実は仕事に対して特にストレスを感じていないという方も、実際にはストレスを自分の内部に溜め込んでしまっているケースがあります。

しかし、こういった場合にはなかなか自分だけで気づくのが難しいものです。そこでここでは知らず知らずのうちにストレスを感じてしまっている方に見られる症状について少しお伝えしておきたいと思います。

眠れない

さて、最近なかなか眠れないという方はいらっしゃるでしょうか。驚くことに、眠れなくて困っている方は日本国内の20%を占めているという調査結果が出ています。

ところで不眠症という病気を皆さん一度は耳にした事があるかと思います。不眠症といえば睡眠することができない障害ですが、これには睡眠時間などによる病気の定義はありません。

理由は人によって睡眠時間はさまざまであり、その正常値を図ることができないからです。

そこで近年、不眠症の診断基準は本人が睡眠について悩んでおり、かつ本来なら寝られる環境なのに寝ることができないために集中力の低下や倦怠感などによって日常生活に差し支えがある場合とされています。

さて、不眠症には5つの原因があるといわれていますが、その中のひとつに精神疾患に伴うものが挙げられ、うつ病統合失調症が当てはまります。

これは仕事で働きづめの方や職場での人間関係がうまくいっていない、または責任の重すぎる仕事を課せられている方に見られる症状でもあります。

そのため、不眠症に当てはまっている方は今一度今現在の自分の働き方について振り返り、自分の働き方私大でより負担を減らすことができそうであればすぐに改善しましょう。

また自分の力だけではどうしようもない場合には上司に相談するなどして働く環境を改善しましょう。

そのままの働き方を続けてしまっては症状が悪化してまともに働けなくなってしまう可能性があり、ひどい場合は命に関わります。

なお、上司への相談が難しい場合には外部の信頼できる人に力を借りるようにしてください。こういう時に絶対に注意すべきなのは一人で抱え込もうとしないことです。

仕事えらびに迷ったら仕事のプロへの無料相談がおすすめ!

食欲がない、または食欲がすごくある

最近食欲がないという方もまた危険かもしれません。食欲がない場合には精神的に大きなストレスを抱えていることが考えられます。

中には食欲が異常に高まり過食状態に陥る方もいらっしゃいますが、このどちらかに当てはまる場合には体がSOSを発しているサインです。まずは病院に行って新卒を受けましょう。

手が震えるようになった

まえまではなんともなかったのに、最近なんだか手が震えるようになった・・・これは非常に危険なサインといえます。

必ずそうであるというわけではありませんが、中にはその原因がパニック障害によるものである可能性が考えられます。

パニック障害とは不安に対する心のコントロールが乱れる心の病気の一つです。ここでいう不安とはこれから先のことに対してマイナスな感覚を抱き、緊張が高まることを指しています。

通常でも人は緊張したり怖いこと、心配ごとなどがあると汗をかいたり震えたり、心臓がドキドキとなることがあります。

しかしパニック障害によるパニック発作ではそのような不安心が必要以上に高まってしまい、このまま死んでしまうのではないかと思わせるほどの恐怖心を本人に与えます。

震えの他には動悸や息切れ、発汗やめまい、苦しさや気持ち悪さなどが挙げられます。これに当てはまっていると少しでも感じた方は一度精神科を受診することをおすすめします。

仕事のストレスの対処法!

さて、ここまでで仕事にストレスを感じる原因やその症状についてをお伝えして参りましたが、ここからはいかにしてそのストレスを解消することができるか、その対処法についてお伝えして参ります。

休暇をとる

まずは単純に休暇をとることが最もわかりやすい対処法として挙げられます。

通常仕事に対して並々ならぬストレスを感じている方の多くは十分な休息をとることができていないことが多いため、休暇をとって自分の体を半強制的に休ませることが大切です。

なお、休暇をとることによって体を休めることができるだけでなく、精神をも休ませることができます。

精神状況というものは意外に自分ひとりでは把握することが難しく、心を休ませなければならないタイミングであるにも関わらず働き続けてしまい体調を大きく崩してしまうことはよくあることです。

具体的に休暇をとって心も一緒に休ませることでストレスを体の中から追い出すことができ、新たな気持ちで仕事に集中することに繋がります。

趣味に没頭する

皆さんは趣味を持ちでしょうか?ネットゲームやスマホゲーム、スポーツや料理、裁縫など人によってさまざまな趣味がるでしょう。中には食べることが趣味という方もいらっしゃるかもしれませんね。

仕事のストレスを感じているな、またはストレスを感じていたらまずいなと思ったら、自分の大好きな趣味に没頭してみてはいかがでしょうか?

趣味に没頭することで自分の思考を完全に仕事から切り離すことが出来、仕事によるストレスを忘れやすくなります。

また自分にとって楽しいことをしたり笑顔になることで、より精神状況を明るくしていく効果が見られます。

ちなみに、もし今現在趣味が全くないという方はそれが仕事のストレスを抱え込んでしまう原因になりかねませんので、何かひとつでもかまいません、趣味を見つけてみましょう。

体を動かすことによってすがすがしい気分になる、または学生時代スポーツをやっていたという方にはウォーキングやハイキング、ちょっとしたエクササイズなどがおすすめです。

中にはランニングを趣味にしようと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、実はランニングは健康に良いどころか体に負担を与えるという調査結果が出ていますので、おすすめするのはゆっくりとした有酸素運動であるウォーキングなどですね。

また、あまり体を動かすのが好きではないという方にはゲームやプラモデル作り、料理やイラストを描くことなどがおすすめです。意外と釣りなどもしっくりくるかもしれませんね。

スポーツをする

具体的にスポーツをするべき場合として当てはまるのは、日頃デスクワークで座りっぱなしである方などの運動不足の方ですね。

スポーツをすることによって普段は得られない開放感に浸ることで、仕事によるストレスを発散させることに繋がります。

ただし、いきなり本格的にスポーツを始めると怪我や体の故障につながってしまいますので、最初はウォーキングなどのゆっくりした運動から始めるようにし、体が慣れてきて体力が少しついてきたら好きなスポーツを始めましょう。

一人でも始められるスポーツには以下のものが挙げられます。

*バッティング
*ゴルフの打ちっ放し
*テニスの壁うち
*スカッシュ
*ボクササイズ
*水泳
*登山
*ボルタリング
*サイクリング
*ホットヨガ

実はホットヨガもスポーツにあたるんですね。これは特に女性に人気ですが、それ以外のものは性別を問わず人気のスポーツです。

たとえば水泳は最寄りの市民プールなどに通えば一回あたり300円くらいで利用できるため、コストもかからずおすすめです。

ただし久しぶりに泳ぐとたいした運動量ではないはずなのにすごく疲れます(笑)。休日の昼下がりなど、疲れても問題ないような時間帯に始めてみてはいかがでしょうか。

なお、サイクリングは自転車をお持ちであれば無料で運動することができます。中には自転車通勤の方もいらっしゃるかと思いますが、そうでない場合にはお買い物ついでにサイクリングに出かけてみてはいかがでしょうか。


企業選びの失敗はしたくない就職活動でこんな悩みを抱えていませんか

異動する

さて、人間関係のストレスに悩まされているという方は、まず異動を考えても良いかもしれません。信頼できる上長に相談して異動を検討してもらいましょう。

人間関係の悪化は周りの社員との感覚のズレから発生することが多いです。中には陰口を叩かれていたり不当な扱いを受けて苦しんでいる方もいらっしゃるかと思いますので、異動はぜひ検討すべき手段といえます。

ただし会社の内部に信用して相談することができる人がいない場合もあるかと思います。そのような場合には家族や友人に相談してもかまいませんし、外部の相談窓口も有効です。勇気を出して相談してみましょう。

転職する

さて、もはや異動を行ってもなお根本的解決ができないような場合には転職を考えることも必要です。具体的なケースとしてはブラック企業に勤めてしまった場合などでしょうか。

ブラック企業に勤めてしまうと不当な労働条件のもと、体も心もボロボロになるまで働かされることになります。

本来生活のために行っているはずである仕事にも関わらず体を壊してまで働かなくてはならないというのは冷静に考えればおかしなことですが、ブラック企業に一度勤めてしまうと洗脳に近い社内教育によってそのような客観的判断が難しくなりがちです。

だからこそ今自分が置かれているその状況に違和感を感じることができたときにはその直感を信じるようにしましょう。自分の心の声に、素直に耳を傾けることが必要です。

とはいえ、自分一人では転職の進め方がわからず不安だという方もいらっしゃるでしょう。そこで就職・転職エージェントの利用が非常に便利です。

転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の就職支援サポートです。

例えば私たち第二新卒エージェントneoでは第二新卒者をはじめとした若者を対象にサービスを展開しております。

お一人お一人をプロの転職アドバイザーが担当させていただき、個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。またその他履歴書の添削やアドバイス、本番さながらの面接対策も行っています。

加えて面接後のフィードバック入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行しており、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

なお、第二新卒エージェントneoの強みはなんと言ってもアドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさ。「人見知りで対人が苦手・・・」という方にも高評価をいただいております。

ご相談からでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人での仕事探しでお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div