就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

男女別・一人っ子の性格の特徴|向いている仕事10選もリサーチ!

幼少期から兄弟姉妹の中で揉まれて育つことがなかった一人っ子は、育っていく環境の中で特有の性格を身に付けている人が少なくありません。

一人っ子の性格の長所を活かした仕事を選べば、充実した仕事人生を送りやすくなるでしょう。

そこで本記事では、男女別・一人っ子の性格の特徴や向いている仕事にはどのようなものがあるのかをご紹介いたします。少しでもお役に立てれば幸いです。

一人っ子の性格の特徴【男性編】

一人っ子の男性によくみられる特徴を紹介します。

家族を大切にする

兄弟姉妹がいないため、将来的には親の面倒を自分が見なければという責任感を抱いている男性が多い傾向です。両親や祖父母を大切にする人も一人っ子の男性によくみられます。

優しい

何かを兄弟と取り合ったり争ったりする兄弟げんかを経験せずに大きくなっていますので、基本的に優しい性格の人が多い傾向です。人にものを譲ることも自然にできます。

自己肯定感が強い

兄弟姉妹に対する劣等感を持つことなく大人になっているので、自己肯定感が強い傾向があります。性格的に卑屈になりにくいことも一人っ子の特徴です。

一人の時間を上手に過ごせる

小さい頃から一人で過ごす時間が多かったこともあり、一人で過ごす時間を大切にしている傾向があります。

逆に、一人でいる時間が持てないとストレスに感じることもあります。一人でいることが気になりにくいので、良くも悪くも一匹狼のようなところがあるといえるでしょう。

兄弟に対する憧れが強い

一人でいる時間は好きですが、兄弟がいる生活にも憧れているという特徴があります。

たとえば、子どもの頃に公園などで一緒にキャッチボールをしている兄弟を見て羨ましいと思っていた人も少なくありません。

そのため、大人になって自分が結婚したら子どもは複数欲しいと思っている人も多い傾向があります。

一人っ子の性格の特徴【女性編】

一人っ子の女性によくみられる性格の特徴を紹介します。

目上の人から愛されやすい

大人ばかりの環境の中で育ってきているので、自分がどういう立ち居振る舞いをすれば大人は喜ぶのかを心得ています。

目上の人に対する立ち居振る舞いや言葉遣いを自然と身に付けているので、目上の人から愛されやすいというのが特徴の一つです。

マイペースな人が多い

幼少期から兄弟姉妹に邪魔されることがなく、自分のペースで物事を進めてきた人が多いのも一人っ子の特徴です。

大人になってもマイペースを貫いている人は少なくありません。一人っ子の周辺はゆっくりとした時間が流れているように感じられることもあるでしょう。

自立心が身に付いている

一人っ子は両親がしっかり子どもに向き合って育てる時間が持てていることも多いため、しつけが行き届いていることも少なくありません。

大人になるにあたって身に付けておきたい基本的なことは大抵身に付けており、自立心を持ち合わせている人も多いです。

平和主義

兄弟げんかを経験していないのでおっとりした性格の人が多く、基本的に人と争うことを好まない平和主義者です。誰かと競争しようという気持ちもあまりなく、むしろ競争することを避ける傾向があります。

母親との結びつきが強い

一人っ子の女性は、特に母親との結び付きが強い傾向があります。

小さい頃から一緒に出かけたり料理を一緒に作ったりと、母親との時間を楽しんで育ってきた人が多いことも影響しているといえるでしょう。母親との良い関係性は大人になってからも続くことが多くなっています。

一人っ子の強み

ここからは、一人っ子ならではの性格的な強みと弱みについて紹介します。まずは強みからです。

物事にじっくり取り組む集中力を持ち合わせている

幼少期から兄弟姉妹と遊ぶことがなく、家庭内では一人で遊んできた一人っ子は、誰かに邪魔をされることがなく自分の好きな遊びに没頭できる環境で育ってきています。

良くも悪くも兄弟姉妹の影響を受けないので、自分の好きなことに対して熱中し、とことん取り組む姿勢が身に付いているといえるでしょう。

想像力が豊か

一人で過ごす時間が長かったことから、頭の中でさまざまなことを想像したり妄想したりしながら日々を過ごしてきた人が多いことも特徴です。

他の人が思いつかないようなユニークな発想をすることがあり、周りの人を驚かせることもあるでしょう。

自分の意思をしっかり持っている

大人ばかりの中でじっくりと育てられた一人っ子は、自分の意思をしっかり持っている人も少なくありません。

周りの意見や多数決に流されることなく、自分はこうしたいという思いをしっかりと持っており、それを貫き通す意思の強さも持ち合わせています。

自分の意思をはっきり主張できる

一人っ子は兄弟がいないので、自分の思っていることを両親にストレートに伝えられる状況の中で育ってきた人が多い傾向です。

何かを主張するときに、他の人がどう思うかを考える必要がありません。その結果、自分の意思をはっきりと主張できる大人になるケースが多いです。

先輩や上司と良い関係性を築ける

一人っ子は目上の人に対する言葉遣いやどのような態度でいるべきかなどを心得ています。

社会人として必要な基本的なマナーや礼儀正しさを身に付けていることが多いため、先輩や上司からの受けも良い傾向があります。

真面目で頑張り屋

一人っ子は両親の愛情を一身に受けて育ってきています。そのため、両親の期待に応えなければならないという思いが潜在的な意識の中にある人も少なくありません。

環境的にも落ち着いた中で育っているので、真面目で頑張り屋な人も多い傾向があります。

一人っ子の弱み

喧嘩をしたときの修復が苦手

兄弟姉妹と喧嘩をするという経験をせずに育っているため、自分が発言したことに対して相手がどう思うかを考えずに言葉を発してしまいがちです。

その結果、相手が気分を害して気まずい状態になることも少なくありません。さらに、その状態になったときにどう対処すれば元の状態に修復できるのかが分からず、仲直りのきっかけ作りが苦手な傾向があります。

自分に非がある場合は素直に認めることで、相手の気持ちを和らげることができるでしょう。

無理な努力をしてしまう

一人っ子は親の期待を一身に背負っていることを自覚しているため、常に頑張らなければならないという思いを潜在意識の中に抱いてしまいがちです。

自分にとっては難しいと感じられることも頑張りすぎてしまい、結果としてうまくいかず、心が折れてしまうこともあります。自分の手に負えないものは諦める潔さを身に付けるとよいでしょう。

我慢が苦手

一人っ子は自分のペースで物事を進めることに慣れているので、他の人にペースを乱されることを好みません。

周囲の状況を見て我慢しなければならないときでも自分のやり方や考え方を変えたり人に合わせたりすることが苦手です。相手の立場になって考えてみると、想像力が働くのではないでしょうか。

競争心が少ない

一人っ子は兄弟姉妹の中で切磋琢磨してきた経験がないので、何かを人と競うことが得意ではありません。

誰かに負けたくないという思いがあれば努力をして自分のものにしようという向上心が生まれますが、競争心がなければ向上心にもつながりません。

多少、人と競争することは成長をもたらすことを自覚してみるとよいでしょう。

決断することが苦手

人っ子は兄弟姉妹との会話がなく、親と会話することが自然と多くなります。小さな子どもにとって親は絶対的な存在なので、一人っ子は親に言われた通りに行動しがちです。

自分自身で何かを決めるシーンでも親が先回りして決めてしまうことも少なくありません。その結果、自分で何かを決断した経験をあまり持たないまま大人になってしまう場合があります。

新しい趣味や習い事を始めるなど些細なことからで構いませんので、自分で考えて決める癖をつけていくとよいでしょう。

頑固な一面がある

一人っ子は「自分」というものをしっかり持っていて意見もはっきり言えるからこそ、自分の意見を通そうとする頑固さも持ち合わせています。

子どもの頃から兄弟姉妹との摩擦がなく、大人の中で育っているため自分の思いが通る経験を数多くしてきていることが一因です。

頑固さを前面に出すことで対人関係がぎくしゃくしてしまう場合もあります。他の人の意見に冷静に耳を傾けてみると、自分では気づけなかった新たな発見があるかもしれません。

人から指図を受けることが苦手

自分の思い通りに過ごすことがデフォルトとなっているため、人から指図されることを苦手と感じる人も少なくありません。

企業で働くときは上司の指示を受けることがありますが、円滑にコミュニケーションが取れないと人間関係にひずみが生じることがあります。

上司から何かを指示されたり注意されたりした時には「自分を否定された」と考えるのではなく「より良い成果を上げるために教えてくれている」と考えるようにしてみてはいかがでしょうか。

一人っ子に向いている仕事10選

一人っ子の性格や強み、弱みを客観的に見ていただきましたが、こういった特徴や傾向を踏まえると向いている仕事がある程度絞れてきます。そこでここからは、一人っ子の性格に合った仕事を紹介していきます。

プログラマー

一人っ子は、自分が興味のあるもの、好きなものに関して黙々と取り組みます。好きなものに対してであれば、コツコツと努力をすることを苦に感じることはありません。

思い通りにスムーズに進めなくても、途中で投げ出すことをあまりしない性格です。プログラミングは生活の中でもさまざまな分野で使われています。

そうしたものに興味を持ち、自分で動かしてみたいと考えられるなら、プログラマーは一人っ子に向いた仕事だといえるでしょう。

デザイナー

一人っ子は想像力が豊かであるという長所があります。

デザイナーは自分でデザインを考え出すというクリエイティブな仕事ですので、人とは違う独創性を持った一人っ子に向いている仕事だといえるでしょう。

加えて、デザイナーは一人でもできる専門職ですので、一人でいることが苦にならない一人っ子に合った仕事だといえます。

イラストレーター

一人っ子で絵を描くことが好きな人はイラストレーターも向いています。イラストレーターは、さまざまな媒体に合ったイラストを制作する仕事で、依頼には納期がつきものです。

制限された納期までの時間内に相手に納得してもらえるものを生み出す力を備えた人に向いています。

イラストレーターはその人独自の絵のスタイルを持っていることが求められるので、独創性のある一人っ子にはぴったりの仕事です。

脚本家

脚本家は何もないところからストーリーを生み出す必要があります。時には自分の知らない分野の執筆を行わなければならない場合もあるでしょう。

普段からアンテナを張り、さまざまなものに好奇心旺盛であり勉強熱心であることが求められます。多いときは数百枚にわたって一人で原稿を執筆しなければならないため、根気が続くことも大切です。

脚本家はコツコツ努力を続けられる一人っ子に向いた仕事だといえるでしょう。

Webライター

Webライターはインターネット上の文章を書く仕事です。

企業に所属してメディアの執筆をする他、特定メディアの専属ライターとして執筆を行う場合や、幅広いメディアから依頼されて文章を執筆する場合など、広く活躍の場があります。

文章を書くことが好きであるというのが大前提で、伝えたいことを分かりやすく伝えられる文章作成能力も必要です。

定められた納期に間に合うよう一人で行う仕事であることから、一人っ子に向いているといえるでしょう。

営業

営業の中でも特に新規営業は一人っ子に向いた仕事の一つです。

新規営業は一人で行うことが一般的で、結果につながっていれば人から何かを言われることも少なく、自分のペースで仕事を進められるためです。

また、新規営業の場合は自分で顧客を選ぶこともできます。合わないと感じた相手に無理に合わせる必要もないため、自分をしっかり持っている一人っ子には取り組みやすい仕事といえます。

税理士

税理士は資格を取得した後も常に新しい知識を取り入れ、学ぶ姿勢を持っている必要があります。

学ぶことが好きでコツコツと努力できる人に向いた仕事です。また、税理士の仕事は几帳面さが求められます。税理士は自分の興味のあることを突き詰めて考えられる一人っ子に向いた仕事だといえるでしょう。

在宅系の仕事全般

在宅ワークは企業とは雇用関係を持たず、個人事業主としてパソコンなどを使って自宅で仕事を行うことをいいます。通勤の必要がなく、働く時間も自分で自由に設定できることも特徴です。

在宅ワークは自分一人で仕事を行い、その成果に応じて報酬を得る働き方ですので、一人で過ごす時間を大切にしている一人っ子に向いた仕事だといえます。

医師

一人っ子は自分の興味のあることにこだわり、突き詰めて考える人も多いため医師も向いた仕事です。

患者さんを診療する臨床医よりも大学などで医療の研究を行う研究医のほうがより向いているといえるでしょう。

自分の得意な分野を極めていくことで、これまでにないものを発見したり、大きな功績を生み出したりする可能性があります。

介護福祉職

自分よりも目上の人とのコミュニケーションを上手に取れる一人っ子は、介護福祉職も向いた仕事だといえます。

介護福祉の現場は慢性的な人手不足に悩んでいますので、仕事の選択肢として考慮してみても良いのではないでしょうか。

一人っ子に向いていない仕事

一人っ子に向いていない仕事は、自分一人になれる時間がまったく持てない仕事、自分より年下の人を教育しなければならない仕事、チームプレーが基本となる仕事です。

美容師

美容師はお店を開けている間は常にお客様への接客をする必要があります。また、閉店後は他の同僚と共にカットの練習をしなければならず、仕事をしている時間に一人になれるときはありません。

お客様の喜ぶ顔や自分の技術の向上にやりがいが見いだせると仕事を楽しめるようになるでしょう。

飲食店の正社員

飲食店の正社員は、パートやアルバイトを取りまとめ、教育をしなければなりません。接客業ですので、お店の開店中は常にお客様と相対する必要があります。

細やかな気配りが必要な仕事ですので、気ままなところがある一人っ子には向いていません。お客様の喜ぶ顔が見られて嬉しいと感じられれば、仕事のやりがいへとつながるのではないでしょうか。

医療事務

医療事務は、病院の受付や処方箋の受付など、患者さんに接する機会が多い仕事です。コミュニケーション能力や相手に対する思いやりを必要とします。

他の医療従事者と連携してチームプレーで仕事をする必要があるので、一人っ子には不向きな仕事といえるでしょう。チームプレーの良さに気づけると、仕事が楽しくなるかもしれません。

本当に自分に合った生き方を見つけるには

本当に自分に合う生き方を見つけるためには、自分の性格や志向に合う仕事を探すことが大切です。

しかしそのためには自分をよく知ることだけでなく、世の中にどんな仕事があるのか、実際にどういった働き方するのかも詳しく調べなければ「こんなはずじゃなかった」と後悔することにつながります。

ただこれらを自分一人で行うには限界があります。そこで就・転職エージェントで「本当に自分に合った仕事・職場」をカウンセリングしてもらう方法が便利です。

【就・転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが就・転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、履歴書・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

就・転職エージェントを利用すると専属のキャリアアドバイザーから「本当に自分に合った仕事・職場」をアドバイスしてもらえる他、必要に応じて書類・面接対策~入社までを徹底サポートしてもらえます。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っている他、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

「本当に自分に合った仕事に就きたい」「ストレスのない働き方がしたい」という方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


仕事選び

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div