就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

辞められたら困る人の特徴7選|優秀な人ほど会社を辞める理由とは?

新しいことにチャレンジしたいという気持ちがあり、今の職場を辞めて違う会社で活躍したいと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、自分が辞めることで職場に迷惑がかかることを気にしている方も多いかもしれません。

そこで本記事では、辞められたら困る人の特徴や、優秀な人ほど会社を辞める理由などについて詳しくご紹介していきます。

辞められたら困る人の特徴7選

自分が会社にとって辞められたら困る人材なのかどうか、気になっている方も多いのではないでしょうか。辞められたら困る人の特徴はいくつかありますが、ここでは具体的に7つの特徴をご紹介します。

自分自身と照らし合わせてみて、これからの働き方に活かしてみるのもいいかもしれません。

専門的な知識・スキルを持っている

会社にとって辞められたら困る人の特徴の一つとして、専門的な知識を持っていたり、高いスキルを持っていたりすることが挙げられます。

このように専門的な能力が高い人というのは会社にとって大きな戦力になるため、辞められたら困ってしまうのではないでしょうか。

また、業務に必要となる専門的なスキルや知識を身につけている人が少ないということもあり、辞めることを伝えた時に引き止められる可能性も十分に考えられます。

組織の業績に貢献している

今まで会社で十分な実績を残してきていることも、辞められたら困る人の特徴だと言えます。

組織としては業績に貢献してくれる人を必要としているため、このまま会社に在籍して業績アップに貢献してもらいたいと考えているのではないでしょうか。

自身でも業績アップに貢献しているという自負があったり、会社からきちんと評価してもらえていると感じる場合は、会社にとってかなり重要な人材として見られている可能性が高いです。

また、直接的に会社の売り上げを上げるだけではなく、比較的早いスピードで昇進したり、上司として部下をきちんと指導したりすることでも会社に貢献していると言えます。

成長意欲・向上心がある

常に向上心を持っていて、もっと成長していこうという意欲がある人は、会社にとって期待できる存在になります。

上司が何か指示をしていなくても、自分で考えて行動したり、分からないことは自分で勉強して知識を身に付けたりするなど、努力する姿勢がある人は会社から大切にされやすいです。

その結果、より成長できるように研修会に参加するなど学ぶ機会を提供してもらえたり、期待を込めて大きな仕事を任せてもらえたりすることもあるでしょう。このように、期待が大きいため会社側は辞められたら困ってしまうのかもしれません。

失敗をもとに改善できる

仕事で何か失敗をしてしまった時に、すぐに落ち込んでやる気をなくしてしまったり、失敗から何かを学ぼうとしなかったりする人は、会社からもあまり期待されないでしょう。

しかし、辞められたら困る人というのは、たとえ仕事で失敗してしまったとしてもそこからどうすれば上手くいくのかを自分で考えて改善していくことができるものです。

仕事へのモチベーションも高いため、失敗してもへこたれることなくどんどんチャレンジしていく姿が見られるというのも特徴の一つになります。

このように様々な経験を経て、よりよい仕事ができるようになっていけば誰からも必要とされる人になるのではないでしょうか。

協調性がある

次に挙げられるのは協調性があることです。会社で働く上で、周りの人たちと協力しながら仕事を進めていくことはとても重要なことになります。

もしも協調性がなければ、一つの目標に向かってチームで頑張っていくことができなくなってしまうでしょう。

その点、協調性のある人はチーム全体を見ながら仕事をすることができるため、効率的に作業を進めるだけではなく、職場の雰囲気も良くすることができるため、会社としては辞められたら困る人材だと言えます。

また、自分の考えだけを押し通して仕事をするのではなく、相手の立場に立って考えたり行動したりできる人も会社に必要とされます。

人望が厚い

人望が厚い人というのは、仕事をスムーズに進める上で欠かせない存在だと言えるのではないでしょうか。

社内での人望が厚い場合は、職場の人から慕われているため、どんなに難しい仕事をしていたとしても周りがサポートしてくれるため乗り越えていきやすいです。

また、上司や同僚、後輩からの信頼も厚いということは、みんなから必要とされているということになるため、職場全体の雰囲気も良くなります。

職場での人間関係や雰囲気を重視している会社は、このように人望が厚い人に辞められたら困ってしまいます。そして、社外での人望も厚い場合は、クライアントとの交渉がうまくいきやすかったりするなど大きなメリットがあります。

この場合も会社にとっては仕事がしやすくなるため、手放すのが惜しい人材だと言えます。

物事の本質を見抜ける

目に見える表面的な部分しか見ようとしなければ、仕事も職場での人間関係も上手くいかなくなってしまいます。なぜなら、物事の本質というのは目に見えない部分に隠されていることが多いからです。

仕事をする上で物事の本質をきちんと見抜けるようになれば、仕事もうまくいくようになるでしょう。

そのため、誰かから聞いた言葉や目に見えるものだけで物事を判断せず、自分で物事の本質を見抜こうとする人というのは、会社にとって必要な存在になるので辞められたら困るのです。

また、このような人が職場にいれば、問題を迅速に対処できるようになったり、人とのコミュニケーションも円滑になったりするため重宝されるでしょう。

優秀な人ほど辞める理由

転職をしたいと思っていても、いろいろなことを考えてまだ迷っているという方も多いはずです。多くの場合、今の職場に迷惑をかけることを心配しているのでしょう。

ここでは、優秀な人ほど転職をする理由をご紹介していきます。その理由をしっかりチェックし、転職に向けて気持ちを切り替えていくのもいいかもしれません。

より成長できる会社を求めるから

優秀な人材というのは、自分を成長させていくために何ができるかということを常に考えているため、現状に満足することがありません。むしろ、現状維持をすることに危機感を持っている人もいるかもしれません。

そのため、今の会社にいても自分がこれ以上成長できないと思ったら、早い段階で見切りをつけて転職する傾向があります。時間を無駄にすることなく、自分をステップアップさせることができる環境に身を置きたいと考える人が多いのでしょう。

そして、転職をする場合は今の会社よりも自分の力を発揮できるかどうかを重視したり、新しいことにチャレンジできるかをチェックしたりするのです。

より裁量を求めるようになるから

会社に自分の能力を認めてもらえなかったり、なかなか昇進させてもらえずに出来る仕事が少なかったりする場合、優秀な人ほどストレスを溜め込んでしまうものです。

また、周りから認められていたとしても、会社の規模などが原因で自分の裁量に任せてもらえない場合もあるでしょう。そんな時、より裁量を求めるようになって転職を考える人もいます。

新しい職場で自分の能力を活かせるようになれば、自分の裁量で仕事を進めていけるようになるため、今までよりも伸び伸びと働けるようになるのではないでしょうか。

また、自分の裁量に自信がある人であれば、転職をする時に最初から自分の裁量で仕事ができる職場を探すというのも一つの手になります。

自分が納得いく環境で働くことができるようになれば、より仕事へのモチベーションが上がり、出来ることも増やしていけるでしょう。

新たなことにチャレンジしたくなるから

優秀な人というのは仕事を覚えるのも早く、要領よく動くことができるため、ずっと同じことをし続けているとモチベーションが下がってしまう場合があります。そのため、新しいことにチャレンジしたくなって転職をするという人も多いです。

自分が今までやっていた仕事よりもさらに難易度の高いスキルが求められる仕事や、逆に全く新しい分野などにチャレンジしたくなるのかもしれません。

こうやってどんどん新しいことにチャレンジすることで、スキルを磨いたり、働くことの楽しさを見出していったりするのが優秀な人材の特徴だと言えます。

自分が今の状態から抜け出して何かにチャレンジしたくなったら、その意欲を大切にしてステップアップしていくことが大切になるでしょう。

業務が自分に集中しやすくなるから

会社から認められるほど優秀な人というのは、周りから頼りにされやすいため自分にばかり業務が集中してしまう可能性があります。

上司に大切な仕事を任されたり、後輩のミスを処理したりするなど、自分の仕事の範囲を超えて働かなくてはならない場合も出てくるでしょう。

その結果、自分が頼りにされていることを実感して自尊心が高まる一方で、激務になりやすいためストレスが溜まってしまうことも考えられます。

自分にばかり業務が集中すれば、その分残業することになってしまったりするなど、プライベートの時間も削ることになりかねません。

また、自分に頼ってくる上司や同僚に対して、嫌悪感を抱くようになるかもしれません。このような状況が続けば、優秀な人はすぐに新しい環境に移動したくなるのも自然なことです。

得意なことを活かして活躍することも大切ですが、プライベートと仕事を上手く分けて働くためには、優秀な人が集まる会社に転職するのも必要なのではないでしょうか。

評価にシビアだから

優秀な人は、自分の仕事に対して誇りを持ちながら働いています。優秀な人材になるために自分のスキルを磨いたり、責任を持って働いていたりするため、自然と自信がついてくるのでしょう。

そのため、自分の実力を会社から評価してもらえるかどうかということに重きを置いている人も多いものです。

もしも適切な評価をもらえなければ、これ以上今の会社にいても自分のことをきちんと評価してもらえないと考え、早い段階で見切りをつけて転職する傾向があります。

他社からのスカウトがあるから

豊富なスキルや知識を持っている優秀な人であれば、自分から何か働きかけなくても他社からのスカウトをもらって転職する場合があります。

業績アップに貢献していたり、働いている業界で有名になるほどの実力を身につけていたりすると、周りが放っておかないのでしょう。

逆に言えば、いくつもの会社からスカウトをもらっているのであれば、それは優秀であることの証拠だと言えます。もしもスカウトしてきた会社に興味が持てるのであれば、新しい環境に移って自分の才能を発揮するというのもいいかもしれません。

転職先で求められる人材になる方法

万が一、今の職場で辞められたら困る人の特徴に当てはまっていなかったとしても、転職先で求められる人材になる方法を知ることで、より活躍しやすい環境を作ることができます。

ここでは、転職先で求められる人材になる方法を詳しく説明していきます。大変な部分もあるかもしれませんが、より良い会社で働くためにも要チェックです。

実績を作る

転職活動を行うということは、今までの自分の経験を活かして新しい職場で即戦力になることが求められているということになります。

自分で自分の能力に自信があったとしても、具体的な実績がなければ転職先から必要とされなくなってしまうのではないでしょうか。そのため、まずは今の会社で実績を作っておくことが大切です。

例えば、会社で与えられた仕事を選り好みせずに一生懸命取り組んで、何事にもチャレンジするなど、貪欲な姿勢が必要になります。その結果として、業績アップにつなげていけるのではないでしょうか。

会社に貢献した実績を作っていけば、転職活動で強いアピールポイントにすることができます。自分が転職したい会社の特徴を研究して、どのような実績があれば必要とされやすいのかを考えることも重要です。

また、なかなか思うように実績を作ることができないと思ったら、仕事で活かせるような資格を取得するというのも大切だと言えます。

資格を取得するために勉強して知識を身につけていけば、今の会社でもどんどん仕事を任されるようになるのではないでしょうか。そうすれば実績につながる仕事も任されるようになり、転職に活かせるかもしれません。

もしも実績につながらなかったとしても、履歴書に書けるような資格であれば十分役立ちます。

向上心を持つ

転職先で求められるようにするためには、向上心を持っている姿勢を見せることが大切になります。なぜなら、転職先の職場でも仕事に対して向上心がある人材が必要とされているからです。

もしもやる気がなくて現状に満足している人であれば、面接をした段階で「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえなくなります。

面接では、スキルだけではなく向上心など仕事への姿勢も見られているということを忘れずに、常に前向きにいることを心がけましょう。また、面接で話す話さない関係なく、自分の中で仕事に対する目標をしっかり設定しておくことも重要です。

例えば、営業の仕事であれば売り上げ目標を掲げたり、事務の仕事であればこれからどのようなスキルを身につけていくのか目標を掲げたりするなど、自分の仕事に沿った計画を立てる必要があります。

そして、いつまでも向上心を持ち続けたまま仕事をすることが求められるため、自分でモチベーションを維持する方法を身につけるというのも大切になるのではないでしょうか。

一緒に働いている同僚と切磋琢磨することでより向上心を高くするというのも一つの手です。

また、仕事への集中力を切らさないためにも、プライベートを充実させて心も体もリラックスさせるといいかもしれません。自分に合ったやり方で、向上心を高めていきましょう。

物事の本質を捉えることを意識する

仕事を円滑に進めていく上で、物事の本質を捉えることはとても大切なことになります。もしも本質を見抜くことができなければ、仕事で大きなミスに発展してしまったり、人間関係が悪くなってしまったりする恐れがあるからです。

そのため、転職先でも物事の本質をきちんと捉えられる人というのは重宝されるのでしょう。まずは、目で見える表面上のことばかりを大切にするのではなく、その裏側まで深読みするように意識することが重要です。

例えば、仕事が上手くいっていたとしても、何か問題になる点はないか深掘りしてみたりすると案外見落としがちなミスが発覚することもあるでしょう。

また、仕事は一人だけの力で行うものではなく、職場の仲間と協力しながら進めていくものなので、人間関係を良好に保ちながら働くことも求められます。

偉い人の言葉だけを聞いて行動していては物事の本質を捉えられなくなってしまうため、上司や後輩など様々な人の意見を取り入れながら動いていくことが大切です。

こうやって常に物事の本質を大切にしながら仕事をしていけば、会社に貢献できる働きができるようになるのではないでしょうか。

得意分野をさらに伸ばす

今まで自分が得意としてきた分野がある場合は、それをさらに伸ばすことで転職先でも求められる人材を目指すことができます。

しかし、自分の実力を過信して、得意分野を伸ばす努力をしなければ、せっかく転職しても自分の力を発揮できなくなってしまうのではないでしょうか。

どこに行っても求められる人材になるためにも、まずは自分が得意とする分野を明確にすることが大切です。

例えば、人とのコミュニケーションが得意でそれを仕事でも発揮していたという場合には、そのスキルをさらにアップさせていきましょう。

心理学に関する知識を身につけたり、説得力のあるトーク力を身につけたりするなどすれば、交渉力や営業力などが伸びていくはずです。

また、パソコンに関する知識が豊富で会社でも活躍していたのであれば、今度はその知識を人に教えられるようにより深い知識を身につけるというのも一つの方法になります。

人に教えられるほどの実力があれば、転職先でも重宝される存在になれるのではないでしょうか。これはあくまでも一例ですが、他にも自分の得意分野を伸ばして強みを手に入れることが重要なポイントです。

もし今の段階で得意分野がないのであれば、自分が興味を持てることを探して勉強していきましょう。関心がある分野だったら勉強にも身が入り、より早いスピードでスキルを習得できるようになるはずです。

一般的常識やマナーを身につける

転職先では、一般的な社会人としてのマナーや常識を身につけていることが求められます。新卒ではなく転職して会社に入ることになるため、一から教えなくても即戦力になるような人材が求められているのです。

すでに社会人として働いていたとしても、マナーや一般常識などに不安がある場合は、復習しておくといいのではないでしょうか。初歩的な部分で自分の実力を発揮できなくなるのはもったいないため、出来ることはしておくことが無難です。

まとめ

会社を辞められたら困る人というのは、専門的なスキルや知識を持っていて組織にもしっかり貢献している人のことを指します。

また、失敗したとしてもすぐに立ち直って、上手くいくためにはどうすればいいかを考えることができる人や、一緒に働く人たちと協力し合いながら働くことができたりする人も辞められたら困る人材だと言えます。

しかしこういった優秀な人は、新しいことにチャレンジしたり自分をより成長させたりするために転職をする傾向にあります。むしろ優秀だからこそ、今の会社から転職することで自分の実力を最大限発揮することができるようになるのです。

転職しようか迷っている方は、自分が転職してからも求められる人材になれるように努力を重ねていき、自分に合った職場を探すようにしましょう。

ちなみに転職エージェントを利用すれば、より自分が必要とされていて活躍しやすい仕事や職場を紹介してもらうことができます。

【転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、書類・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

転職エージェントでは専属のキャリアアドバイザーが希望や性格から「本当に合った仕事」をカウンセリングしてもらえるほか、必要に応じて書類・面接対策~入社までを徹底サポートしてもらえます。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っているほか、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

「自分が活躍できる仕事を知りたい」「本当に合った職場を教えてほしい」という方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


満足のいく転職を

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div