第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【横浜で正社員】第二新卒が横浜で転職するメリット&注意点

第二新卒の人にとって横浜は転職先を見つけやすいエリアなのでしょうか。このコラムでは横浜で転職活動をするメリットと注意点について紹介します。成功を勝ち取るための基本的な方針も提案するので、参考にして上手に転職活動を進めましょう。

第二新卒の募集事情を知ろう

まずこれから転職活動をする第二新卒の人はどのような形で第二新卒の募集が行われているのかを知るために転職市場を理解するのが大切です。

一般的には企業は中途採用をするときに即戦力を求めます。
社内の人材では不足してしまっている部分を、新たにすぐに働ける戦力となる人材を手に入れることで補えるようにするのが基本だからです。

あるいは新しい事業を展開するために必要な能力を持っている人材を集める目的の場合もよくあります。

また、退職者が出てしまったときに、すぐに同じように仕事ができる人材を確保することで業務に生じる支障を最低限に食い止めるのも中途採用を行う目的として代表的です。

このような観点からの求人では第二新卒はほとんど採用してもらえません。
社会人として3年以下の経験しか積んでいない人材では即戦力と言えることはほとんどないからです。

しかし、転職市場の実態として第二新卒を求める求人は着実に増えてきています
これは若い人材の確保が難しくなってきているからです。

新卒の全体数が減ってきている中、起業ブームの影響を受けて新卒を獲得したい企業は多くなっています。
そのため、予定していた通りに新卒の人数を確保できず、別枠で何とかして若い人材を手に入れようと考える傾向が生まれているのです。

第二新卒は社会人としての基礎を会得しているので、即戦力にならなくても比較的速やかに戦力の一部にできるのが魅力です。

第二新卒は新卒として就職した企業の文化にもまだ染まりきっていない場合が多く、第二新卒を獲得した企業は新卒の人と同じように帰属意識を持たせやすいと考えていることもよくあります。

このように初期の教育があまり必要なく、若くて新卒と同じように将来的に成長して企業のために貢献してくれる人材として期待されているのが第二新卒の特徴です。

この観点からの求人が転職市場で目立つようになり、今までは求人を出していなかった企業も徐々に募集するようになってきています。

▶【山手線沿いの求人】第二新卒の転職で知っておくと得な件

横浜を舞台として仕事を探すメリットと背景とは

全国的な傾向としては第二新卒を募集する求人が増加している傾向がありますが、横浜の場合にはどうなっているのでしょうか。

実は横浜は他のエリアに比べても第二新卒の人が転職しやすい状況が整っています
比較的新しい企業や、時代のトレンドに合わせて発展しようという意欲がある企業、外資系企業やベンチャー企業がよく集まっているエリアだからです。

第二新卒を獲得する方針を立てるのは企業としては大きな決断です。
今までとは違う形で現場に人材が入ってくることになるため、現場で働いている従業員も、その第二新卒の上司になる管理職も動揺してしまうことは否めません。

しかし、そのリスクがあっても第二新卒を獲得しようと決められるのは、世の中の新しい動きをよく確認し、メリットがあるものを積極的に取り入れようという意識が強い企業だからです。

比較的新しい企業はまだ人材採用の体制を整えている段階にあり、第二新卒に魅力を感じて採用して成長させられる仕組みを取り入れようという動きを取りやすいでしょう。

また、外資系企業も含め、時代のトレンドに合わせて柔軟にシステムを変えていこうという企業では比較的このような改革を速やかに行っています。
ベンチャー企業の場合にも同様の傾向があることに加え、新卒の獲得で大手に比べて不利になりやすく、若手を獲得する手段としても第二新卒を重宝しているのが実情です。

横浜には長い歴史がある大手企業もありますが、実はその大手企業の中でも第二新卒を募集する企業があります
この原因として大きいのが新卒の内定者辞退が頻繁に起こっていることです。

企業にとって計画通りの新卒が入ってこないのは痛手になるため、速やかに欠員を補充したいというのが本音です。
その手段として第二新卒の採用を検討するケースがよく見られるようになってきています。

このような状況があるため、横浜では第二新卒の求人がたくさんあって選びやすくなっているのがメリットです。

横浜での転職で気をつけるべき点と対策とは

横浜で転職活動をするときに重要なのは油断せずに十分な企業研究をした上で求人に応募することです。

横浜での第二新卒の募集状況を理解すると、比較的簡単に転職できるのではないかと思うかもしれません。
第二新卒の獲得競争が起きていると考えると、応募があったら前向きに採用を検討してくれるはずだと期待できるでしょう。

しかし、実際には第二新卒の転職が険しい道のりになってしまう場合も多いのです。

新卒の場合と違って現場のニーズに合っているかどうかをよく吟味されるのが第二新卒の特徴です。

短期間で戦力になることを重視して選ぶので、本当にビジネスマナーが身についていて教育が必要ないか、これから従事する仕事に近い経験を積んでいるかといった点で十分に魅力的な人材でないと採用を見送られてしまいます。

また、就職してすぐに辞めようとしている点が懸念される場合もあります。
入社したらずっと働いてくれるのかも慎重に吟味し、この人なら大丈夫だと納得した上で内定が出るのです。

この対策として重要なのが企業がどんな人材を求めているかを正しく把握し、ニーズに合っている人材だと的確に伝えることです。

そのためには情報収集をして企業について研究しつつ、自己分析とキャリアの棚卸しをしなければなりません

その上で適切な伝え方を考え、応募書類に書いたり、面接でアピールしたりすれば採用してもらえる可能性が高まります。
この対策をする上ではサポートサービスの利用も検討してみましょう

▶第二新卒でも大丈夫!未経験もおすすめ!転職先選びの考え方

転職に成功するために役立つサービスとは

転職のサポートサービスとして役に立つのが転職エージェントです。

私たちは第二新卒の人を主な対象とする転職エージェントとして、転職に成功してもらうために様々な形で手助けをしています。

メインとなるのは希望に合っている仕事を探し出して企業からの求人を紹介することです。
その際に私たちが企業の現場に行って独自に手に入れてきた情報を提供できるのが大きなメリットでしょう。

求人の募集要項やウェブサイトの情報からではわからない人材募集の意図を理解した上で書類や面接の対策を立てられるようになります。

自己分析やキャリアの棚卸しも私たちと相談しながら進められるので、プロの視点を借りて客観的に自分を見つめ直すことが可能です。
その結果に基づいて対策を立てれば、説得力のあるアピールができるようになるでしょう。

有利なエリアで十分な対策を立てて転職に挑戦しよう

横浜では第二新卒を募集する傾向が強まっているため、転職活動をするエリアとしては有利です。

しかし、その企業のニーズに合っている人材かどうかを慎重に吟味されることを念頭に置いて、十分に企業研究をして対策を立てておかなければなりません

企業が第二新卒を募集している意図を理解し、自分の能力や経験と照らし合わせて的確にアピールできるようになるには、転職エージェントとしての私たちのサポートが役に立ちます。

横浜での転職を成功に導くための手段としてぜひ活用して下さい。

▶【最短ルート!?】第二新卒が渋谷の企業に転職する方法!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ