就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

美容部員の志望動機・例文!アピールポイントや書き方、面接での伝え方とは?

書類選考や面接では、求人に応募をした動機が結果に影響することがあります。採用担当者がチェックしている志望動機のポイントが、仕事への意欲や適性、スキルなどです。

美容部員の求人に応募する際にも、採用担当者の目線で志望動機を見直してみると効果的なアピールの仕方がわかるかもしれません。

そこで本記事では、美容部員を目指す際の志望動機の書き方を3パターンの例文と共にご紹介したいと思います。少しでも参考になれば幸いです。

美容部員の仕事内容とは?

美容部員は、化粧品メーカーなどに勤務をして自社商品を販売する仕事を担当します。美容部員の勤務場所となるのが、デパートや専門店、ドラッグストアの化粧品売り場などです。

このようなお店に設けられた自社のブースで、美容部員はお客様の対応を行います。この職種の人は、化粧品の販売にとどまらず、幅広い業務を手掛けます。

スキンケアやメイクの悩みを抱えている人にアドバイスをしたり、商品の使用感を試してもらってその人に合った化粧品をすすめたりすることは、仕事のひとつです。

ブースを訪れた人にカウンセリングを行うことも多く、スキンケア、メイクアップのプロとしてお客様が美しくなるお手伝いをするのが美容部員の役割です。

中には、新商品のPRなどの広報活動を行うケースもあります。また商品を発注したり、顧客情報を管理したりといった仕事もあります。

お客様が気持ちよく過ごせるように、ブースの掃除をするのも美容部員の仕事です。以下では、美容部員の1日のスケジュール例を簡単に紹介します。

ちなみに、美容部員の平均年収ややりがいなど、もっと詳しい情報を知りたいという方は下記の記事にまとめてありますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

1日のスケジュール例

百貨店や専門店に勤務する美容部員は、比較的規則正しいスケジュールで仕事をこなすことができます。ここでは、美容部員の一般的な1日のスケジュールをまとめてみました。

出勤

美容部員の出勤時間は、百貨店や専門店の開店時間によって変わります。出勤した後はブースの掃除をしたり、スタッフと簡単なミーティングをしたりして、お客様を迎える準備を整えます。

接客、販売

お店が開店すると、ブースにも徐々にお客様が訪れるようになります。テスターの前で足をとめた人に商品の説明をしたり、パンフレットを配ったりするのも美容部員の仕事です。

午前中は店内が比較的空いていることが多く、メールチェックやサンプルの準備といった作業に時間を使える場合もあります。

昼休憩

美容部員のお昼の休憩は、交替でとるのが一般的です。お昼時にお客様が一気に増えたり、出勤をしているスタッフが少なかったりすると、なかなか休憩に入れないこともあります。

接客、販売

休憩の後も接客、販売業務を行います。土日祝日や平日の夕方以降は店内が混雑することがあり、美容部員もブースを訪れた人の対応に追われるケースが少なくありません。

職場によっては売上目標やノルマがあるため、販売につい力が入ってしまう美容部員もいるようです。売り上げが自然に上がるような接客をすることは、美容部員の課題のひとつと言えるでしょう。

売上確認、退社

売上の確認や翌日の準備などは、お店が閉店してから行う仕事です。仕事がスムーズに終われば、美容部員も退社ができます。残業が比較的少ない職場が多いことは、美容部員の仕事のメリットです。

美容部員の志望動機のアピールポイント

接客や販売業務を担当する美容部員には、いろいろなスキルが求められます。

履歴書や面接の志望動機では、求められるスキルにつながるアピールポイントを伝えると評価がアップする可能性があります。積極的に伝えておきたいのが、次の4つのアピールポイントです。

聞き上手

聞き上手であることは、志望動機のアピールポイントになります。美容部員の仕事では、お客様にアドバイスをするシーンがたびたび発生します。

どのような悩みを抱えているのか、理想とするメイクのイメージなど、ヒアリングをするには、相手の話をしっかりと聞くスキルが必要です。聞き上手の人なら、その都度的確なアドバイスができるでしょう。

ポジティブ思考

日ごろからポジティブな考え方をする人は、志望動機でもそのことをアピールしておきましょう。

美容部員は、コンプレックスをカバーする方法などをアドバイスして、お客様を励ますスキルも時に求められます。

ポジティブで明るい人は前向きな発想ができるため、お客様がより美しくなれるような方法を提案できる可能性があります。

人とチームワークがとれる

チームワークが上手にとれることも、アピールポイントのひとつです。美容部員は、他のスタッフと連携して仕事をしなければならないシーンが多く、チームワークのスキルが不可欠です。

忙しい時に必要なフォローをしたり、仕事がしやすいように業務の割り振りを考えたりできる人は、周囲の信頼を得て活躍ができるでしょう。

美容に興味がある

志望動機では、美容への興味もアピールポイントになるでしょう。美容部員は、最新の美容情報や他社の化粧品などにも目を配っておくことが求められます。

元々美容に興味がある人なら、入社してからも自主的に勉強をしてスキルを高めていける見込みがあります。


仕事選び

【例文】美容部員の志望動機の書き方

履歴書の志望動機では、限られたスペースでさまざまなことを伝えなければなりません。採用担当者が納得できるような志望動機を書くには、話の論理展開にも気を配る必要があるでしょう。

自分の就職、転職のパターンに合った内容にすることは、志望動機を書く時のコツのひとつです。

以下では、美容部員の志望動機の例文を紹介します。例文を書く時に重要になる部分や、注意すべき点などもお伝えしましょう。

同業界・同職種からの転職の場合

美容部員の求人は、「経験者優遇」となっているケースもあります。このような求人の場合、仕事の経験があると選考での評価がアップしたり、入社してからの待遇がよくなったりすることが多いです。

「大学を卒業後、私は化粧品メーカーに就職をし、5年ほど美容部員としてお客様の接客を行ってまいりました。低刺激の化粧品を扱う貴社を希望したのは、自身がアレルギーで悩んだ経験があるからです。

同じ悩みをもつお客様をサポートしたいと考え、セミナーや通信講座を利用して化粧品の成分や肌の仕組みなどを一から学び直しました。

接客経験や知識を活かして、貴社で美容部員としてお役に立ちたいと考えております。」

この例文では、その会社を選んだ動機の部分が特に重要です。

アレルギーで悩んだ経験や、「低刺激の化粧品を扱う」などのその会社の特徴を記載しておくことで、採用担当者も転職の理由がイメージできるようになります。

同業界、同職種から転職をする場合は、面接官が自分のこれまでの経験を具体的に想起できるように意識しながら、端的に書きましょう。

どのような会社でどういった仕事をしてきたのかをアピールしておくことは、書類選考をスムーズに通過するうえでも重要になってきます。

同業界・異職種からの転職の場合

同業界で他の職種を経験した人は、美容業界に関する基礎知識を持ち合わせているかもしれません。このパターンの人は、異職種を経験したからこそアピールできることもあります。

「前の職場では、化粧品の商品企画に携わっておりました。美容部員の仕事を希望したのは、アドバイスをしたり、お客様からじかに意見が聞けたりする仕事内容に魅力を感じたからです。

商品企画の経験を活かして、お客様に合ったアドバイスができる美容部員になりたいと存じます。」

この例文の場合も、重要になるのは動機の部分です。

他の職種から美容部員に転職をする時には、何らかの理由があるのが一般的です。美容部員の仕事のどこに魅力を感じたかを伝えておくと、説得力がだせるかもしれません。

他の職種から美容部員に転職をする時には、仕事で求められることの違いを理解したうえで志望動機を書かないと、アピールの効果が余りでないため要注意です。

この場合、商品企画のスキルを熱心にアピールしても余り効果は期待できません。

例文のように、「お客様に合ったアドバイスができる」などの美容部員としての具体的な目標を書いておくと、「仕事を理解している」と評価してもらえる可能性があります。

異業界・異職種からの就・転職の場合

経験がない人でも、仕事への意欲があれば美容部員を目指すことができます。この職種は、募集要項などで指定がない限り、専門資格も特に必要とされません。

未経験者を積極的に採用している会社も多く、地域や時期を選べば求人は比較的見つけやすいかもしれません。

「この仕事を希望したきっかけは、自分がある化粧品カウンターで美容部員の方からメイクをしてもらったことです。

この時以来、メイクはもちろん、会話で人を元気づけられる美容部員の仕事に私もチャレンジしたいと思うようになりました。

美容部員の経験はありませんが、日頃からインターネットや本で美容情報を積極的に入手するようにしています。現在は、日本化粧品検定の受験に向けて勉強中です。」

未経験から美容部員を目指す時は、例文のように具体的なエピソードを挙げて応募の理由を伝えるのがポイントです。

未経験者は業界知識がないため、動機が漠然とした内容になりがちです。エピソードを加えることで、志望動機に具体性を出すことができます。

また未経験者の志望動機で注意をしたいのが、「やる気は感じられるが、経験がない点が少し心配」といったネガティブな印象を与えないようにすることです。

例文のように、美容部員としてのポテンシャルがあることや資格取得の勉強中であることを伝えておくと、経験のなさをカバーできる可能性があります。

ちなみに、「志望動機の基本的な考え方を確認しておきたい」という方は、下記の記事に基礎的な部分から細かくご紹介しておりますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

志望動機で困ったら・・・

美容部員の志望動機を書こうとしても自分ならではのアピールポイントが見つからなくて書けないという人もいるでしょう。

「本当にこれでいいのかなぁ・・・」と不安を抱いたまま応募するのは、内定の可能性を狭めてしまうようで気が引けますよね。

そこでぜひ知っておいていただきたいのが就・転職エージェントの存在です。

就・転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の転職支援サポートです。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは、第二新卒者をはじめとした若者を対象に、プロの転職アドバイザーがマンツーマンでご対応。

個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介する他、志望動機をはじめとした応募先の企業に効果的な履歴書対策や面接対策を行わせていただきます。

加えて面接後のフィードバックや入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行。

アドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさもあいまって、就・転職が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

ご相談だけでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、志望動機について一人でお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。


面接対策ならプロがサポート!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div