第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

総務の志望動機書き方&未経験からでも転職できる方法をリサーチ【第二新卒必見】

事務・管理系職種の中では人気の総務職。しかし、実際の仕事に求められるスキルを知っている人は少ないのです。

企業が選考の際に何を重要視しているのか、どのようにアピールして行けば選考に通過しやすくなるのか。

知っておけば選考のプラスになる情報をまとめ、未経験から総務職に就職するための志望動機の書き方もご紹介します。

総務職とは?実際の仕事内容

総務職の仕事内容は多岐に渡り、社内書類の作成・備品や建物の管理・防災防犯関連・社内行事や事業部をまたいでの業務の間に入ったりと様々あります。

また、一般的な中小企業では総務が他の部門の仕事を兼任することが多くあります。経理や人事、法務など幅広い仕事に関われるのも総務職の魅力の一つです。

様々な経験をして専門スキルを伸ばしたい方にも総務職はオススメの職種となっております。

総務職が募集される背景や最近の市場について知ろう

総務職において若手を採用する一番の理由は、将来、役職をになってもらえる方の採用をしたいからです。

総務職は専門的な知識が必要であり急な問題への対応力や責任も求められるため、事務系職種の中では採用ハードルが高めとも言えます。

逆を言えば、会社としては重要な仕事を任せるために採用をしている事が多くあります。

総務職を志望され、実際に求人を探されていらっしゃる方はおわかりかと思いますが、募集の数は全ての求人数に対してかなり少ないのが現状です。

総務は専門的な知識とコミュニケーション能力が必要であり、社内のシステムや業務の進め方を理解していることが必要なのです。

ですので、ほとんどが別の部署で経験を積んでの異動や、知識を持つ総務経験者を中途で採用するといった採用方法を取っています。

第二新卒が未経験で事務・管理系職種に挑戦するときの志望動機例文集

学歴や性別を問わず、事務・管理系職種はとても人気の高い職種です。だからこそ、他のライバルたちに負けないような履歴書を作成することが必至です。そこで重要となってくるのがズバリ志望動機です。

では、事務・管理系職種に転職したい場合に、志望動機をどんな内容にしていけばより効果的なものになるのでしょうか。

例えばですが、管理系職種のひとつである「人事職」に関してはアピールすべきポイントが二つあります。

それは「対応力」「企画力」です。対応力についてをアピールしたい!と思った場合には以下のような内容が考えられます。

「前職ではホテルにおいてフロントを担当しておりました。様々なお客様にご来店頂いたのですが、中にはまったく日本語や英語がわからないといったお客様もいらっしゃいました。

その状況でも、慌てずにイラストやジェスチャーを交えた説明を行うなどお客様に合わせて対応をして参りました。その結果、言葉が通じなかったお客様にも笑顔でご利用頂く事もできました。

この経験を活かし、面接など対応力が求められる業務でも結果を出したいと考え人事職を志望いたしました。」

他にも様々な場合に分けて志望動機の例文を一覧で別の記事にまとめてみました。面接対策用にまとめましたが履歴書の志望動機でも使えますので良ければご覧ください。

私たち第二新卒エージェントNEOでは就職・転職相談だけでなく履歴書などの書類の添削やアドバイスも行っています。志望動機や自己PRの文章作成が不安な方もぜひ一度利用を検討してみてください。



総務職に求められるポイントを知って選考通過率を上げよう

コミュニケーション力

総務は社内の方へ業務や協力を依頼したり外部の方と交渉を行ったりと、事務系職種の中ではずば抜けてコミュニケーション能力が必要になります。

社内の業務が円滑に進むかは総務の腕次第なので、コミュニケーション能力の高い総務は重宝される人材であります。

対応力

総務は突発的な業務や依頼を受ける事も多々あります。中にはやっかいなトラブルの仲裁や対応もしばしば。そのため、とっさの対応力に優れている方は総務職の採用において有利と考えられます。

正確さ

総務職は社内・社外を問わずつなぐパイプの様な役割をする事が多くあります。ですので、正確な状況を把握する力が必要となります。

また契約書など重要な書類を扱う機会も多いので、正確さは必須スキルといっても過言ではありません。

総務はもくもくと事務作業をするだけではない!

総務は事務系職種の中でもずばぬけて他の人とコミュニケーションを取る機会が多い職種です。

社内だけでなく、社外とのやり取りもとても多くなります。ほとんどの企業では、総務が法務や経理・人事といった部門を兼任する事が多いのが現状です。

そのため、備品発注の業者から税理士や弁護士といった専門家など、幅広い人と関わって仕事を行う事となります。

志望動機で長所だけ書いていてはダメ。面接官により伝わる志望動機の作り方

今、実際に第二新卒として転職活動をしていらっしゃる方もいるかもしれません。志望動機の作成などを行うことも多いと思いますが、長所だけを書いていませんか?

例えば、志望動機の中で自己PRをする際に、に「私は粘り強い性格です。最後まであきらめずにやり抜く自信があります。」などと書くだけで終わってしまってはいないでしょうか。

これだけでは面接官に長所が何も伝わりません。また、面接官は今まで何百、何千人という候補者を採用するか判断してきたプロです。

そのプロから見た際に、根拠もともなわない志望動機は「内容が薄い」と思われるだけならまだしも、「口で言うだけなら何とでもいえる」と思われる可能性もあるのです。

さらに言えば、「第二新卒には社会人経験がある」という認識があります。

そのため、志望動機にただこんな性格ですと書くだけでは「この子は前にいた会社で何も学んでこなかったのか?」などと思われてしまい、面接官に良くない印象を与えてしまいかねません。

まず志望動機に書く自己PRを作成する際にはそのアピールポイントの根拠となる具体的なエピソードの記載が必要です。

また、その内容をより具体的にするために自己分析を行い、過去の経験を振り返ってみましょう。

志望動機を濃くするポイントと順番はこちらの記事にまとめました。

第二新卒が総務職に転職する際の3ポイントまとめ

  • 幅広い業務を行う事を理解
  • コミュニケーション能力がカギ
  • 正確性をアピールできるとプラスに

総務職は会社を支えるために多種多様な業務を行うお仕事です。会社ごとに業務内容が異なる場合もありますし、臨機応変な対応も求められるため幅広い知識や経験が歓迎されます。

また、社内では複数の部署やたくさんの人とコミュニケーションを円滑にとる必要がありますので、コミュニケーション能力に自信がある方にはおすすめです。

気遣いや思いやりも重宝されるため、そういったエピソードを自己分析で見つけ、会社への貢献が連想できる形でご自身をアピールしましょう。

加えて、売り上げなどの加点方式で評価される営業職と違い、ミスがあると評価が下がりやすい減点方式の傾向が強いのが総務職。

ミスなく正確に業務をこなし、もしミスしてしまったとしても次ぎ起こさないようにアクションをし続けることも大切です。

また、もしも一人での転職活動に不安を感じたならばぜひ私たち第二新卒エージェントneoにご相談ください。

応募職種を総務職にするかのご相談なども大歓迎です。

私たちは第二新卒者に特化した若者向けの転職エージェントで、皆さんの転職活動を企業様紹介や書類提出から内定獲得まで完璧にサポート。

また全て無料で支援しております。登録後はお一人お一人を専属のアドバイザーが担当させていただきます。

ご本人の性格や目標、希望、将来のビジョンをを最大限考慮してそれに沿った企業様をご紹介いたします。

転職は個人戦ではなく団体戦です。

学歴に関係なく求人を募集している企業様もたくさんいらっしゃいますので、転職活動に困っていたらぜひ一度お気軽にご相談ください!

【体験談】第二新卒から転職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員転職に成功しています。不安な方もぜひ体験談を読んで安心感や勇気をもらってくださいね。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ