就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

施工管理の仕事内容とは?平均年収や活かせる資格、向いている人を調査!

施工管理とは、安全な建築物を建設できるよう建築現場において現場指揮、管理する仕事ですが、具体的には一体どのような仕事を行っているのでしょうか?

本記事では施工管理の具体的な仕事内容や平均年収、スキルアップを目指せる資格や向いている人の特徴をリサーチいたしました。仕事選びなどのお役に立てれば幸いです。

施工管理の仕事内容とは?

改めて施工管理とは、安全な建築物を建設できるよう建築現場において現場指揮、管理する仕事です。

建設のスケジュール管理や、工事現場の施工や予算の管理、安全面の管理やその他必要な事務手続きなど、建築工事全般において管理業務を行います。

無資格、未経験でも就・転職することが可能ですが、その後も長く働いていくにはスキルアップをしていけるという意味でも“施工管理技士”の資格を取得しておくのが望ましいです。

具体的な業務内容に関しては、以下の4つに大別されます。

工程管理

施工管理の仕事では、建築開始前のスケジュール立てやスケジュールの進行管理を行います。作業員の配置決めや重機、設備の手配など、事前に必要な準備を進めていきます。

そして、日々業務が問題なく進んでいるかの進捗もチェックしていきます。

ただし、屋外で作業する場合には天候によって進捗が乱れる場合も少なくなく、その場合にはスケジュールを立て直すための解決策を考えることも施工管理に求められます。

原価管理

工事一回あたりにかかる材料費や人件費の計算を行い、予算内で建設を行うよう管理したり、毎月の経費計算を行うことも施工管理の仕事です。

ただし、建築現場では何かしらのトラブルが発生することが珍しくはないため、進捗状況と予算配分が予定通りにいかなくなることもあります。

そういった時に解決策を講じ、少しずつスケジュール通りに軌道修正をしていきます。

品質管理

品質管理の業務では、使用する予定の素材の品質やサイズがあらかじめ用意されている仕様書に準じているかどうかなどを管理します。

高品質な建築物を建設できるよう、最適な環境で素材を管理したり、建築物の強度など規定値をクリアしているか、安全面の管理を行うこともここに含まれます。

安全管理

現場で働く作業員たちは常に危険と隣り合わせの中仕事をしてくれています。そんな作業員たちの安全を確保できるよう配慮するのも施工管理の仕事。

使用する重機や機材の点検や手すり、消化設備の設置や整備、特に危険な場所には看板を設置して周知するなど、未然に事故を防ぐための作業も行います。

施工管理の平均年収

転職会議の施工管理の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)によれば、の平均年収は約451万円となっています。

国税庁の民間給与実態統計調査によれば2019年の日本の平均給与は約441万円となっており、施工管理の平均年収はこれを若干ですが上回っていることがわかります。

施工管理のやりがいは?

では、施工管理の仕事には一体どのようなやりがいがあるのでしょうか?簡単に見ていきましょう。

仕事が形として残る

施工管理の仕事のやりがいとして最も大きいのは、やはり自分の仕事が形として目の前に残ることでしょう。

業務中には大変なこともあるかもしれませんが、いざ建物が完成すると自分の仕事のスケールの大きさに気づかされ、大きなやりがいを感じることができます。

時折、自分が携わった建築物の目の前を通るたびに「大変だったけど、あの時頑張ったおかげで立派な建物が立ったなぁ」と、改めて感動することができるでしょう。建物を自分の”作品”として残していけるのです。

作業員との信頼関係を得られる

施工管理の仕事では、日々現場の作業員と密接なコミュニケーションを取ることによって、より安全で円滑な作業の進行を促します。

時にはなかなか意志が噛み合わない時や、伝えたいことが伝わらずにもどかしいこともあるかもしれませんが、それでもなんとかコミュニケーションを頑張って取っているうちに、作業員たちとの間に信頼関係が生まれます。

最初は一字一句正確に伝えないと通じなかったことが、次第に軽く一言伝えただけで意志の疎通が取れるようになっていき、チームプレーで仕事を進めていくことの楽しさや喜びを感じることができます。

人の役に立てる喜び

また、施工管理の仕事では大きなビルを建設することもあれば、インフラ設備の工事に携わったり、個人の住宅の建築を行うこともあります。

特に個人住宅を建設した場合には、その家主や家族の未来を形作るための大きな役割を果たせますし、インフラ設備に携わることができたら、その仕事は直接的な社会貢献に繋がります。

自分の仕事が人の役に立っているということを肌で感じることができるため、これもまたやりがいに繋がるのです。


仕事選び

施工管理のメリット&デメリット

やりがいの多い施工管理の仕事ですが、その他メリットやデメリットも存在します。ここではそれぞれ簡単に見ていきましょう。まずはメリットからです。

施工管理に就くメリット

施工管理の仕事はどの時代でも必ず需要があります。新しい建築物を一から建設するだけでなく、拡張工事や老朽化による建て替えを行うこともあります。

いつでも必ず仕事が発生するため、程度生活の安全を保つことができます。

また、事故件数が少なかったり、スケジュールを徹底的に管理することができた場合などには、職場によっては成果報酬を受け取れることもあります。

目標を持って取り組める仕事であることも、施工管理の仕事のメリットです。

施工管理に就くデメリット

一方で、施工管理の仕事は工事が予定通りに進まなかったり、現場仕事以外にも書類整理などのデスクワークの仕事があるなどして、残業が多い傾向にあります。

現場の進捗があまりにも遅れている場合には休日を返上して作業することもあるため、プライベートを重視したいという方には少々不向きな仕事かもしれません。

また、施工管理の仕事ではたくさんの人と関わることになるため、それが信頼関係を生みやりがいに繋がることもあれば、逆にストレスとなることもしばしばです。

特に人見知りの方や、個人プレーで働きたいという方にとってはストレスが溜まりやすいといえるでしょう。

また、施工管理の仕事は人の命を預かっているともいえるため、日々そのプレッシャーを感じやすい方は精神的に圧迫されやすくなります。

なお、平均年収のところでも触れたように、施工管理の仕事は給与額が平均より高い傾向にありますが、その分就業時間が長いため、人によっては割に合わないと感じることもあるようです。

施工管理に向いている人ってどんな人?

中には、施工管理の仕事を仕事選びの選択肢に入れようとお考えの方もいらっしゃることと思いますが、どのような仕事にも向き不向きがあります。

就・転職に失敗しないためにも、その仕事が本当に自分に合っているのかどうかを事前にチェックしておくことが大切です。

そこで、ここからは施工管理に向いている人とそうでない人の特徴をご紹介いたします。まずは向いている人の特徴についてです。

コミュニケーションが得意な人

施工管理の仕事ではコミュニケーションが不可欠です。作業員への指示出しや依頼人との打ち合わせなど、人とのコミュニケーションが軸になっている仕事だからです。

依頼人と打ち合わせを行う際には、先方の意思を的確に把握しなければならないため、こちらの質問の角度や細やかさによってもその理解度は変わっていきます。

また、ポリシーの強い作業員に対しても円滑に指示を行うためには、相手を無理なく納得させるようなアプローチと、相手の温度感を見計らいながらテンポを変えて話すなどの力が必要となります。

そのため、コミュニケーションが得意な人は施工管理の仕事に向いています。

まとめ役に慣れている人

施工管理は現場のまとめ役です。しかし、普段人をまとめた経験がないという方や、どちらかというと出された指示に従う方が性に合っていると感じる方には荷が重いかもしれません。

友達と遊びに行ったり、仕事仲間と食事に行く際など、知らず知らずのうちにまとめ役に回っていることが多いなと感じる方は施工管理の仕事に向いています。

業務に慣れさえすれば、次第にリーダーシップを発揮していけるようになるでしょう。

複数の仕事を同時にこなせる人

また、冒頭でもお伝えした通り、施工管理の業務内容は多岐に渡ります。

施工管理はあれらの業務を日々並行して進めていかなければならないため、複数の仕事を同時にこなすことができる人がこの仕事に向いています。

施工管理を選ばない方がいい人ってどんな人?

一方で、施工管理の仕事を選ばない方がいい方にはどういった特徴があるのでしょうか?

人見知りの人

施工管理の仕事は人とのコミュニケーションがすべての要です。だからこそ、人見知りで初対面の人と話すことが苦手だったり、無愛想な態度になってしまう方はこの仕事に向いていません。

プレッシャーに弱い人

また、先ほども軽く触れましたが、施工管理の仕事は常に人の命を預かっており、そのプレッシャーはこの仕事に就く誰しもが感じます。

ただ、たいていの場合は業務に慣れると共にそのプレッシャーにも程よく慣れていくことができます。

しかし、元々プレッシャーに弱い方や緊張しやすい方にとっては、常に気を張り詰めてしまう環境になるため、人一倍ストレスを強く感じてしまうことでしょう。

そのため、そのような方は施工管理の仕事に向いていません。

プライベート重視の人

なお、こちらも先述した通りですが、施工管理の仕事は残業が多い傾向にあるため、毎日定時に帰宅してプライベートを楽しみたいと考えている人には不向きな仕事です。

そういった場合には一般事務などの残業が発生しにくい仕事や、閉店時間が決まっているような店舗で働く仕事などが合っているでしょう。

施工管理に活かせる資格・スキル・経験

さて、ここからは施工管理の仕事に活かせる資格やスキル、経験についてご紹介いたします。

施工管理に活かせる資格

施工管理の仕事は未経験からでも就・転職できる仕事で、最近では「未経験歓迎」のフレーズで求人を公開している企業も多くあります。

しかし、将来的にスキルアップしていきたい場合には施工管理技士の資格を取得する必要があります。これには全7種類の資格があるため、ここではそれぞれの資格の概要を簡単にご紹介いたします。

建築施工管理技士

建築施工管理技士とは国家試資格で、ビルやマンション、商業施設などの建築工事に欠かせない資格です。

建設業の事業所は、小さな工事でない限り、工事を行う際には各営業所に専任の技術者を配置しなければならない決まりになっています。

建築施工管理技士の資格を取得することで、建設現場における施工管理の仕事全般をその専任の技術者として行えるようになります。

1級と2級があり、それぞれの級によって監理技術者や主任技術者となることができ、将来のスキルアップに繋がります。

ただし、これらの試験を受けるまでには細かい受験資格を満たす必要があり、実務経験も問われます。そのため、未経験からこの仕事に就・転職する場合には資格取得支援制度が整っている職場を選ぶのが得策です。

土木施工管理技士

土木施工管理技士も国家資格で、道路やトンネル、橋や鉄道などのインフラ設備をメインに行う工事現場の施工管理を、上記と同様、専任の技術者として行うことができる資格です。

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士はその名の通り、電気関係にまつわる工事を行う際に必要不可欠な資格です。上記同じく国家資格で専任の技術者となることができます。

信号や送電設備、変電設備などの工事に携わる際に有用です。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士とは、空調設備や水道設備(下水道含む)などの、管工事を行う際に必要不可欠な資格です。こちらも上記同じく、国家資格で専任の技術者となることができます。

建設機械施工管理技士

建設機械施工技士は、建設機械を使用して工事を行う現場において施工管理を行う際に必要不可欠となる国家資格です。こちらも専任の技術者となることができます。

電気通信工事施工管理技士

電気通信工事施工管理技士もまた国家資格で、電気通信工事の現場における施工管理の資格です。こちらも専任の技術者となることができます。

造園施工管理技士

最後に、造園施工管理技士の資格は公園や遊園地、道路緑化工事などの工事の施工管理を行う際に必要不可欠となる資格です。

もちろん、こちらも国家資格で専任の技術者となることができます。

施工管理に活かせるスキル・経験

繰り返しになりますが、施工管理の仕事ではコミュニケーションスキルを活かすことができます。そして、それと同時にヒアリングスキルも発揮することができます。

これまでの仕事の中で顧客のニーズを引き出すようなヒアリングスキルを培ってきた方であれば、施工管理の仕事においても依頼人のニースを正確に把握することで、依頼人の満足度を高めることができるでしょう。

また、施工管理の仕事では現場の指揮を執るため、バイトリーダーやチームリーダーなど組織をまとめた経験のある方は、それもまた活かすことが可能です。

理想の転職を実現させたいなら

さて、本記事では施工管理の仕事についてお伝えして参りましたが、いかがでしたか?少しでも仕事選びのお役に立てていましたら幸いです。

しかし、中には施工管理の仕事が自分に合わないかもと感じた方や、もっと他の仕事について知りたいという方もいらっしゃるでしょう。そこでぜひ知っておいていただきたいのが転職エージェントの存在です。

転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の転職支援サポートです。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは、第二新卒者をはじめとした若者を対象に、プロの転職アドバイザーがマンツーマンでご対応。個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。

加えて面接後のフィードバックや入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行。

アドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさもあいまって、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

ご相談だけでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、仕事探しについて一人でお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。


内定獲得率

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div