就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

退職時のお菓子の選び方完全マニュアル|渡すタイミングや注意点も

退職時にお菓子を渡すかどうかお悩みではありませんか?

渡すにしてもどんなお菓子を選べば良いのか、どのタイミングで渡すべきなのかわからないことが多いかもしれません。

そこで本記事では、円満退職するためのお菓子を渡す際の注意点とポイントをご紹介いたします。お菓子選びに迷っている方はぜひ参考にしていただけましたら幸いです。

退職時にはお菓子を配るべき?

退職時には今までお世話になったお礼として、職場の人にプチギフトを配るのが一般的です。お菓子は世代を問わず人気が高いので、幅広い年齢層が働く職場にぴったりの退職ギフトだといえます。

ハンカチ・タオル・入浴剤など色々な候補がありますが、贈った相手に迷惑をかけないために、お菓子のような消えものを選ぶ人が多いのではないでしょうか。

円満退社を望むなら贈るべき

会社に不満を持って退職するとしても、円満退社を望むならお礼の品を贈るのが望ましいものです。

形式上のお礼を伝えることで、後腐れなく職場を去れるはずです。パワハラによるストレスで体調を崩し、退職代行や休職期間を経て退職する人は、無理にギフトを贈る必要はないでしょう。

ただ退職後に後悔しそうだと感じているなら、用意しておくことで気持ちを新たにして転職先で働き始められるのではないでしょうか。

在職期間が短い人は渡さないことも

在職期間が1~6カ月未満の場合は退職ギフトを贈らない人が多いようです。

特に、雇用期間が最初から決まっている派遣社員・契約社員の場合は、職場が変わる度にギフトを贈るのは経済的にも大きな負担になります。

職場の人とまだ関係性を構築できていない状態で退職するなら、軽く挨拶をするだけでも問題ないといえます。仲が良かった人には、個別にお礼の品を渡すだけでも良いかもしれません。

育休中に辞めるなら、お詫びを兼ねて渡すほうが心証は良い

産休と育休を取得したものの、保育園が見つからずやむなく退職を選ぶ人は多いと思います。もしも育休取得中に退職するなら、お世話になった人だけにでもギフトを渡しておくのがおすすめです。

本来なら育休中で欠員が出た場合は、派遣社員などが補充されるケースが多いですが、中には戻ってくるのが前提で補充しない企業もあります。

周りの負担が大きくなっている可能性を考えると、お礼の品を渡して退職するほうが心証は良いでしょう。

相手が喜ぶものなら、お菓子にこだわる必要はない

退職時にお菓子を渡す人が多いですが、迷う場合は他のものでも構いません。むしろ仲が良い人にはお菓子ではなく、その人が喜ぶものをプレゼントしても良いでしょう。

好みが分からない人や仕事上の付き合いをしていた人には、万人受けするお菓子を渡すのが無難だと思います。

お菓子だと仕事の息抜きに食べられるため、休憩室にも置きやすいギフトだといえます。

退職時にお菓子を渡さなくても問題ない?

では、退職時にお菓子を渡さなかった場合には何か問題が生じるのでしょうか?

退職後に、元職場の人と再会したら気まずい思いをする可能性も

退職時に後腐れのないようにギフトを渡しておくと、元職場の人と同じ職場で働くことになった際に気まずい思いをしなくて済みます。

異業種への転職や、企業がたくさんある都心での転職なら、元職場の人と同じ職場になる可能性は低いでしょう。

ところが、狭い業界での転職や地方での転職だと、元職場の人が転職してくる可能性がないとは言い切れません。悪い印象を残さないためにも、ギフトを渡して穏便に退職するのが望ましいと考えられます。

仮に渡せなくても気に病む必要はない

とはいえ、パワハラで退職する、仕事が合わなくて在職期間が短いなどの事情があってお菓子を渡す間もなく退職する人も気に病む必要はありません。

マナーとして渡すのが慣習になっているだけで、辞めて1年も経てば大抵の人は顔を思い出せなくなっているでしょう。渡せないと気にし続けるよりも、新天地で頑張るほうが自分の身になります。

お菓子選びのポイント5選

ここからはお菓子選びのポイントを5つピックアップしていきますので、何を渡して良いか分からない場合は、下記を踏まえてどの世代にも喜ばれるお菓子を選んでみましょう。

必要な数を間違えない

お菓子を選ぶときは、必要な数を計算してから購入しないと配るときになって足りなくなるケースが考えられます。

どこまで配るかは本人次第ですが、自分が在籍していた部署とお世話になった人に贈るのが一般的です。

複数の部署を異動した人は、基本的には最後に勤めていた部署の人数分揃えれば問題ないでしょう。ただし、社員数が少ない会社なら全員分用意するのが無難かもしれません。

迷ったら多めに菓子折りを用意しよう

複数部署を異動した人で、それぞれの部署にいた期間が長い場合は注意が必要です。最後の挨拶をする際に、今まで関わった部署の人が見送りに来てくれるケースがあります。

複数の部署の人からお別れの挨拶やプレゼントがあると、部署1つ分しかないお菓子は渡しにくいものです。

仮に余ったとしても持ち帰れば済む話なので、見送りに来るかもしれない部署の人数分はお菓子を用意しておくと安心でしょう。

個包装のお菓子を選ぶ

退職ギフトを渡すなら、個包装のお菓子はマストだといえます。

筆者は実際に同じ部署の人が退職する際に個包装ではないお菓子を頂いたことがありますが、ロールケーキを頂いた際は扱いにとても困りました。

切り分けるナイフやフォーク、紙皿がなかったため、社内で譲り合った結果、上司が持って帰る運びとなったのを覚えています。

後日、上司がロールケーキの代金分のお菓子を購入して、社員にお菓子を配り直していました。

贈る相手のことを考えてオシャレなお菓子を選ぶのも良いですが、配りやすいお菓子にしないと扱いに困る可能性があります。

焼き菓子なら個包装のものが多い

個包装のお菓子というと、何を買えば良いか悩む人も多いかもしれませんが、焼き菓子だと個包装タイプが多いでしょう。

洋菓子だと、クッキー・フィナンシェ・マカロン・サブレ・ボーロ・ブラウニーなどが挙げられます。

職場の年齢層が高めだったり、和菓子好きの人がいたりする場合は、どら焼き・豆菓子・モナカなどを配るのもおすすめです。

焼き菓子ではありませんが、羊羹・饅頭・ゼリー・チョコレートといったお菓子も退職時のギフトとして人気があります。

常温保存できるお菓子を選ぶ

常温保存できないお菓子は、職場に冷蔵庫がない場合は止めておくのが無難です。仮に冷蔵庫があったとしても、渡し忘れてしまったり、職場の人が食べ忘れてしまったりする恐れがあります。

特に、フルーツ・カスタードクリーム・生クリームといった傷みやすい材料が使われているお菓子は注意が必要です。

持って帰るのを忘れても問題ない、常温保存で保存期間が長めのお菓子を選ぶと、受け取る側に負担がかからないでしょう。

あんこ・チョコレートの扱いには気をつけて

チョコレートのお菓子は、夏場に職場へ持っていくのはおすすめできません。たとえ職場に冷蔵庫があったとしても、持ち帰る際に液化して食べられなくなるケースは少なくないでしょう。

できる限り、暑い季節を避けて渡すほうが美味しい状態を保てます。あんこのお菓子は、夏場でも直射日光が当たらない「涼しい場所でなら常温保存が可能」です。

ただし、暑い外気に長時間さらされる可能性があるときは、焼き菓子などの食中毒が起こりにくいお菓子を選ぶと安心です。

少し多めに買っておく

退職時のお菓子は少し多めに買っておかないと、当日になって渡す人数が増えたり、勘違いして足りなかったりして困るケースがあります。

想定している数よりも多く用意しておくと、渡す人数が変わっても焦らなくて済むでしょう。

長く勤めた会社だと、最後に挨拶をするために上司や社長が顔を出す可能性もあるので、5人分くらいは多めに持っておくと安心できます。

不安な人は、他部署の人が挨拶に来たときを想定して一箱余分に備えておくと良いかもしれません。

足りないとモヤモヤされる原因になる

退職時のお菓子が足りず、一人二人だけ行き届かない状態になると、あえて自分だけ外されたのではないかと勘ぐる人もいます。

一人くらい足りなくても大丈夫と思っていても外された本人は傷ついている可能性があるので、余裕を持って用意しておきたいところです。

余った分は自分で食べたり、他部署のお世話になった人に渡したりもできるため、多めに入っているお菓子を選びましょう。

一つあたり100円前後で十分

あまりにも高いお菓子を購入するともらう側がかえって気を遣うため、一つ100円前後で用意するのがおすすめです。

クッキーだと20枚入りで2,000円程度から購入できるため、退職時のギフトとして贈りやすいでしょう。職場の人数が多いときは、一つ100円前後で購入できるクッキーやフィナンシェで十分だと思います。

ただし人数が少ない職場やお世話になった人に特別なお菓子を渡したい場合には、一つ250~300円前後するどら焼き・ケーキ・マカロンを贈るという手もあります。

同僚や上司には300~500円の品を渡すケースも

職場全体に配るお菓子ではなく親しい人に個別に渡すお菓子だと、300~500円程度で用意する人が多いようです。

2個入り500円前後で購入できるカヌレや、5個入り2,500円前後で販売されている「お世話になりました」と印字されたマカロンを小分けにして贈るのも良いでしょう。

お菓子を渡すタイミング

退職時に、いつお菓子を配るか悩む人も多いのではないでしょうか。渡すタイミングが分からず困っている人は、下記のタイミングと順番を参考にしてお菓子を配ってみてください。

一般的には最終日のタイミングで渡す人が多い

お菓子を渡すタイミングは、一般的には最後に出社する日の夕方頃です。

退勤後に渡そうと考えていると、人によっては直ぐに帰宅する人もいるため、退勤時間の少し前に渡すと良いかもしれません。

職場によっては挨拶をする時間を設けるところがあるので、挨拶と一緒に渡すと良いでしょう。

持ってくるのをうっかり忘れてしまったり、購入する時間が取れなかったりした場合は、制服や備品を返却する際に渡すというのも一つの手です。

退職日まで有給休暇を取得する場合は、有給休暇に入る前の最終出勤日にお菓子を渡すのが無難だといえます。

有給休暇に入ってしまい、お礼を伝えに行くまでの期間が空くと挨拶のないまま退社したと誤解される原因になりかねません。

職場によっては朝一で配るのもOK

定時間際は、電車の時間や締め切りの都合で、忙しくてピリピリしている職場もあります。夕方以降に渡すのがはばかられる場合は、朝一番に渡すと良いでしょう。

朝礼で退職の件に触れられたときは、挨拶と一緒にお菓子を配って回るか、お菓子について話しておくと後々面倒になりません。

休憩時間にお茶菓子として配る

朝礼がなく終業間際も時間が取れないなら、昼休憩やおやつ休憩のタイミングで渡すのがおすすめです。日頃からみんなでおやつを食べている職場だと、お茶菓子として喜ばれるでしょう。

最終日ではなく、後日おやつ休憩の時間にシュークリームなどを差し入れる方法もあります。

実際に退職後に書類を取りに来る予定だった人は、挨拶のときに「後日差し入れを持ってきます」と宣言してプリンを持って来てくれました。

アットホームな会社だからこそできる差し入れの方法だとは思いますが、気兼ねなく話せる関係性なら後日お菓子を持ってくるスタイルでも問題ないでしょう。

小分けにできるなら送別会で渡すのも手

送別会を開催することが決まっているなら、開催場所で渡しても良いでしょう。ただし、箱ごと渡すと誰かが一旦持って帰らないといけないため、小分けにして持っていくのがおすすめです。

また、職場から開催場所まで直接向かうならバックを持っている人が多いですが、時短勤務やパートなどで一度帰宅している人も来る場合は、袋も用意しておくと安心です。

女性はバックを持参する人がほとんどですが、男性は財布だけを持ってくる人も少なくありません。小さめのビニール袋や紙袋を持っていくと、持ち帰りに困らないでしょう。

お菓子を配る順番

お菓子を配る順番について悩む人が多いとは思いますが、大抵は役職が高い順に配ります。

少人数の会社で社長や役員が常にいる場合は、社長・副社長・専務・常務・役員・部長・次長・課長といった順に配っていきます。

社員数が多い会社だと、同じ部署やチームに所属する人に配るケースが多いでしょう。

部署内に配る際は、部長・次長・課長・係長・主任・一般社員・契約社員・派遣社員・パートという順に回れば問題ありません。

人数が多い場合はまとめて渡しても良い

同じ部署に所属する人が多い場合は、社内の状況を熟知している人に手渡すのがおすすめです。みなさんで召し上がってください、と渡しておけば休憩室などに置いてくれます。

渡す順番が分からない人は、勤務年数の長い社員に手渡しておけば問題ないでしょう。外勤の人が多く、社内にいる人数が少ない場合は、まとめて渡しておくほうが渡し忘れる心配がありません。

休憩室やカフェコーナーに置くのも手

同じ部署の人だけが使う休憩室やカフェコーナーがあるなら、メッセージを添えてお菓子を置いてしまうのも一つの方法です。

「お世話になりました。みなさんで召し上がってください。〇〇部署××」と書いておけば、気がついた人から取っていきます。

退職時の挨拶をさせてくれる職場なら「お菓子を休憩室に置いておくので、みなさんでどうぞ」、と伝えておくと良いでしょう。

その他の退職時にお菓子を渡す際のポイント

スマートにお礼の品を渡して、後腐れなく退職したいと考える人は少なくないのではないでしょうか。

相手に失礼のないように済ませたいと考える人のために、退職時にお菓子を渡す際のポイントをまとめています。

感謝のメッセージを添える

お菓子を休憩室に置いたり、渡す人数が少なかったりする場合は、感謝のメッセージを添えるのがおすすめです。

渡す量が多く、かつ手渡しする場合はメッセージではなく、直接お礼を伝えるのが良いと思います。

感謝のメッセージは一人ひとり変えるとより感謝の気持ちが伝わりますが、難しい場合は同じ言葉を添えても構いません。

「お世話になりました。入社時からご指導していただき感謝しています」と一言お礼を添えるだけでも印象は変わるでしょう。

色紙に一人一言書いてプレゼントしてくれることも

アットホームな職場だと、一人一言を書いた色紙を退職日にプレゼントしてくれるところもあります。

以前職場でもらったことがありますが、その際にお菓子にメッセージでも添えておくべきだったと激しく後悔をしました。

職場の人がサプライズで派手な演出で見送ってくれるケースもあるため、嫌な思いをして辞めるのではなければ、メッセージを書いておくと良いかもしれません。

大したものを用意していない、と気まずい思いをせずに済むでしょう。

数が膨大な場合は関係性でランクを分けてもよい

部署を異動した経験があってかなり大量のお菓子を用意しなければならないときは、関係性で渡すものを変えることをおすすめします。

最近まで在籍していた部署には1個100円前後のお菓子、数年前まで居た部署には50円前後のお菓子とランクを分けるのは仕方ないでしょう。

仲の良い同僚やお世話になった上司には、ワンランク上のギフトを個別に用意しても良いかもしれません。

箱に入った焼き菓子セットを分けるのがおすすめ

3,000~5,000円程度する焼き菓子アソートだと、クッキー30枚・フィナンシェ5個・マカロン5個など、複数種類入っているので退職時の挨拶にぴったりです。

たとえば、500円の予算でクッキーを1箱買うのと、5,000円のアソートでクッキーを用意するのでは見た目がかなり異なります。

予算に糸目をつけず同じランクで用意できれば良いですが、量が多いと金額がかかり過ぎてしまいます。

それぞれランクに応じた予算で買うよりも、アソートを買って分けるほうがオシャレなデザインのお菓子を用意できるでしょう。

ギフトボックスや袋を買って部署別に詰めておけば、当日も渡しやすいのでおすすめです。

賞味期限をチェック

職場に持っていく際は、賞味期限が短いお菓子は避けることをおすすめします。受け取る人が当日に全員揃っていれば良いですが、出張や長期休暇などで手にするまでに日数が空く人もいます。

2~3日で賞味期限が切れてしまうものだと、手に渡るときには賞味期限が切れてしまう恐れがあるでしょう。

あまりにも賞味期限が短いと廃棄に困るケースも

実際に退職する人からお礼として刺身をもらったことがありますが、持って帰るのを忘れて数日間冷蔵庫に放置してしまった経験があります。

金土日と休みを挟んでしまったために、賞味期限が切れて臭いが発生していました。出勤した際に袋を二重にして持ち帰りましたが、電車通勤なのでとても困ったのを覚えています。

良かれと思って用意したものも、受け取る側の状況次第では困るケースもあるので、贈る品物には配慮したいところです。

特にその場で食べられない品を贈る場合は、腐りやすいものは避けるのが無難だといえます。

包装紙や箱に賞味期限の記載がない場合はメモを残す

菓子折りのなかには包装紙に賞味期限は記載してあるものの、個包装や箱に賞味期限が記載されていないものもあります。

包装紙を開ける人が配慮してくれれば良いですが、むきだしのまま賞味期限が分からない状態で置かれるケースは少なくありません。渡す当日にいない人は、賞味期限切れか分からず困るでしょう。

できることなら、メッセージに箱に貼ってある賞味期限のシールを貼っておくか、賞味期限を記載しておくと相手に安心して受け取ってもらえます。

定番のモノを買おう

奇をてらったお菓子を買うと、食べられない人がいるので止めておきましょう。定番のお菓子だと味の予想がつくため、比較的誰にでも受け入れられやすいといえます。

マンゴー・梅・酸味のあるラズベリー系・ミント・パクチー・抹茶・シナモン・辛いものなどは、味の好みが分かれます。

癖の強いものはやめて、チョコやプレーンなど定番の味を買うと当たりはずれがなく、喜ばれやすいのではないでしょうか。

味は複数種類あるほうが良い

お菓子を用意するときは、味が複数種類あるものを選ぶのがおすすめです。

チョコレート味のみ、イチゴ味のみだと、必ず食べられない人が出てきます。苦手な味を避けられるように、オーソドックスな味が一通り揃っているお菓子を選んでおくと安心でしょう。

職場にカロリー摂取を気にしている女性がいるなら、糖質オフのお菓子も一定数忍ばせておくと、みんなに楽しんでもらえるかもしれません。

アレルギーが出る食品の代表格は避ける

事前に食物アレルギーがある人がいると分かっているなら、アレルギーが出る食品は避けて選ぶべきでしょう。

職場に卵・乳製品・小麦などのアレルギーを持つ人がいるのにもかかわらず、考慮しないで先述した材料が使われているお菓子を持っていくと、食べられない人が出てしまいます。

また、自分より若手の社員だとはっきりと断れない人もいるので、押しつけないことが大事です。

その場で食べるスイーツを差し入れるときは特に注意を

プリンやケーキ、シュークリームなどその場で食べるスイーツは、アレルギーを持つ人がいないと分かった状態で差し入れたいところです。

アレルギーと言い出しにくい人も一定数いると踏まえたうえで、退職時に持っていくお菓子を選びましょう。

まとめ

お菓子を渡して感謝を伝えるのは、円満な退職をするためには必要な取り組みだといえます。

モヤモヤした気分のまま退社するのを避けたい人は、一つ100円前後のお菓子で構わないので用意しておくのがおすすめです。

職場に良い思い出がない人も、渡さないことで後悔しそうなら用意しておくほうが自分のためになるでしょう。

飲食物の持ち込みを禁止している職場に勤めている場合は、事前に退職時のお菓子を持ち込んでよいか確認しておくと安心です。

退職時にお菓子を渡すだけでは、感謝の想いは伝わりません。退職時の挨拶では、これまでお世話になった感謝の想いを伝えるのを忘れないようにしましょう。

ちなみに、転職先がまだ決まっておらず悩んでいるという方には私たち第二新卒エージェントneoが転職活動を全面的にサポートさせていただきます。

求人紹介や企業への推薦、書類・面接対策のアドバイスなどをさせていただく他、利用していただくとこのようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

初めての転職でうまくいっていなかったり、短期間で転職したい方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


仕事選び

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div