就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

架電とは?使う場面と架電に関わる仕事を紹介!

職場で架電という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。「架電件数」「架電の件」といった表現で使われますが、この言葉の意味や使い方を正しく理解できていますか。

職場で架電という言葉を聞く機会が多いなら、意味や使い方を理解した方がコミュニケーションを取りやすくなるでしょう。そこで本記事では、架電の意味や使う場面などについて解説していきます。

架電とは

架電は「かでん」と読み、「電話をかけること」を意味しています。架電は架と電の2つの漢字で構成されており、架という感じには「かける」「空中にかけ渡す」などの意味があります。電は、架電という言葉においては電話を指しているようです。

架電は警察・検察・裁判所など法律関係の職場で使われていた言葉だそうです。いつから使用されていたのか正確な所は分かっていませんが、昭和40年代には、裁判文書等で使用されています。

法律関係以外の職場でもビジネス用語として使われるようになっていますが、特定の業界・業種で使用される傾向があります。そのため、一般的に認知されている言葉とは言い難く、日常生活ではあまり使われない言葉です。

架電の類義語と対義語

架電と同じような意味を持つ類義語を紹介していきます。対義語も紹介しますので、合わせて参考にして下さい。

類義語

まず、架電の類義語として挙げられるのが「電話」です。電話という言葉は名詞として電話機本体を意味する場合もありますが、「電話機で通話する」という動詞的な意味で使われる場合もあります。

そのため架電の類義語として使用することが可能です。例えば「先方に電話する」などの使い方をします。「通話」も架電の類義語として挙げられます。通話には「電話で話をする」という意味があるからです。

また、「呼び出し」は人を呼んで来させることを意味する言葉ですが、呼び出し電話の略として使われる場合もあるので、状況によっては架電の類義語として使用できるでしょう。

この他に「連絡する」や「一報を入れる」、「発信」や「コール」などが類義語として挙げられます。

対義語

架電は「電話をかける」という意味なので、対義語としては「電話を受ける」「電話がかかってくる」などの意味を持つ言葉が該当します。

まず、対義語として挙げられるのが「受電」です。受電には「電力の供給を受ける」という意味もありますが、「電話を受ける」という意味もあるため対義語に該当します。

この他に「着電」や「入電」、「来電」や「着信」という言葉にも「電話を受ける」という意味があるため、対義語として使用可能です。


内定獲得率

架電を使う場面と文面

「電話をかけること」を意味する架電ですが、実際にどのような場面で使用されているのでしょうか。

「架電の件」として使う

架電の使い方として多いのが、「架電の件」という文面です。「架電の件」には「電話で話した件」や「電話で話した内容」などの意味があります。

では「架電の件」は実際にどのような場面で使用されているのでしょうか。基本的には「電話で話した件」や「電話で話した内容」の言い換えとして使います。

例えば電話をかけてきた、あるいはかけた相手と再び連絡をとる場面です。このような場面では、前置きとして「先ほどお電話でお話し致しました件ですが~」などと話すのが定番となっています。

この前置きで「架電の件」を使用すれば、「架電の件ですが~」となり文面がコンパクトになる訳です。

「架電件数」として使う

営業職などでは何度も電話をかけてアポイントを取る訳ですが、この場面で使用されるのが「架電件数」という表現です。

「架電件数」には「電話をかけた件数」という意味があります。具体的な使用例としては「1時間あたりの架電件数10件以上、1日の架電件数100件を目指す」などがあります。

また、電話営業を掛ける相手のリストのことを「架電リスト」と表現する場合もあるので、合わせて抑えておきましょう。

「架電あり」として使う

「電話がかかってきた」という意味で「架電あり」という表現を使う場合があります。例えば担当者不在時に電話がかかってきた場合に、後に担当者へ電話があったことを伝えることになります。

このような場面で「○○様より架電あり」と表現する場合がある訳です。架電は「電話をかけること」を意味するので、「電話がかかってきた」という意味で使うのは、本来の意味とは少し異なります。

ただし、相手からかかってきた電話も「架電」とする会社もあるので、この使い方も抑えておきましょう。

架電に多く関わる仕事や業界

架電はどこの会社でも部署によっては発生しますが、架電が発生しやすい仕事や業界もあります。そこで、ここでは架電に多く関わる仕事や業界を幾つか紹介していきます。

コールセンター

架電に多く関わる仕事の1つがコールセンターです。コールセンターはその名の通り、電話を通して顧客とやり取りをする業務です。

そしてコールセンターの業務は大きく分けて「インバウンド」と「アウトバンド」の2種類に分類されます。インバウンドは顧客からかかってきた電話を受ける業務で、受信業務という場合もあるようです。

インバウンドで顧客からかかってくる電話の内容は様々で、商品受注やクレーム対応、質問の受付など様々な問い合わせに対応します。またインバウンド業務をテレフォンオペレーター、カスタマーサポート、テクニカルサポートに分ける場合もあります。

一方、アウトバウンドは顧客に積極的に電話をかける業務です。どちらかといえば架電に多く関わるのは、アウトバウンドの方になるでしょう。

アウトバウンドでは個人や法人に電話を掛けて、商品やサービスの提案をする営業が主な業務となります。このように営業電話をかける人を「テレフォンアポインター」と呼ぶ場合があります。

営業電話以外の業務では商品やサービスの満足度調査、商品購入や契約へ至った顧客へのお礼の連絡などがあり、業務内容はさまざまです。

営業電話の場合、わざわざ時間を割いて話を聞いてくれる人は少なく、根気強さが必要となります。一方でマニュアルが充実した職場が多く、研修を受ければ未経験でも活躍できる可能性があります。

配送業

配送業も架電が発生しやすい業界の1つです。まず、配送業とは小型・中型・大型のトラックを使い、荷物を配達先に届けるのが主な仕事です。

輸送業や運送業と混同している方もいるかもしれませんが、物流業界では「輸送」「運送」「配送」の3つは明確に区別されているようです。

「輸送」は、車や飛行機、船を用いて人や物を運ぶことを指し、大量の人や物を長距離で運ぶ時に輸送という言葉が使われる場合が多いです。

例えば工場などの拠点から物流センターなどに物を運ぶ場合に輸送が使われます。「運送」は言葉の意味としては輸送と余り変わりませんが、物流業界では車やトラックを使って物を運ぶ場合に運送を使います。

そして「配送」は、物流センターから企業や一般家庭などの複数の場所に物を運ぶ場合に使用されます。例えば、通販で注文した商品が自宅に届くまでの過程が配送となります。

そのため物流の中でも配送が、消費者に身近な存在です。このように配送業は消費者に直接荷物を届ける機会が多いので、再配達依頼など電話対応も多くなります。

また、折り返しの連絡としてドライバーから電話をかけることもあるため、配送業は架電が発生しやすいのです。

営業職

営業職は、自社の商品やサービスで顧客のニーズや課題の解決に応えられることをアピールして、契約に繋げる仕事のことです。

営業職では顧客に電話をかける機会も多いので、架電も発生しやすい傾向にあります。

販売職と混同している方もいるかもしれませんが、営業職と販売職には大きな違いがあります。営業は自社の商品やサービスを知らない客に対して売り込むことがメインで、販売は購入意欲が高い客に対応することがメインとなります。

そして、一口に営業といっても、その営業相手や営業方法は様々です。例えば営業職は、営業相手によって個人営業と法人営業の2種類に分類できます。

個人営業は一般消費者や家庭を対象とする営業で、法人営業は企業を対象とする営業です。

また、営業方法としては訪問営業や飛び込み営業、ルート営業やテレコール営業などがあります。どの営業方法でも架電が発生する可能性はありますが、特に機会が多いのが訪問営業やテレコール営業などです。

訪問営業は顧客先を訪問して営業活動を行う手法で営業の基本スタイルと言われています。

事前にアポイントを入れてから訪問するため、アポ取りのために架電の機会が多くなります。テレコール営業は電話でのやり取りのみで契約まで完結させる営業方法のこと。電話対応中心の業務なので架電も多くなりがちです。

社内のお客様窓口担当

社内のお客様窓口担当も架電が発生しやすい仕事の1つです。社内のお客様窓口担当は会社の窓口として、お客様からのお問い合わせに対応するのが主な仕事です。

問い合わせ内容は、商品やサービスの使い方の説明からクレーム処理まで多岐にわたります。

基本的に社内のお客様窓口担当は、お客様から電話などで問い合わせを受けるので、受電業務が多いです。ただし、問い合わせに対して社内のお客様窓口担当が電話をかけ直す場合もあります。

例えば、お客様から窓口に問い合わせがあったものの、担当者が不在で対応できないケースなどです。この場合、改めて担当者から電話をかけ直すことでフォローできます。

また、お客様から窓口への問い合わせが集中し、対応が間に合わないケースでも折り返し電話を活用する場合があります。

この場合、お客様の名前と電話番号など必要最低限の情報だけヒアリングして、後から折り返しの連絡をする訳です。このように受電業務が多いお客様窓口担当も、折り返しの電話をかける機会があるので、架電業務が発生します。

飲食(接客)業

飲食(接客)業は、店舗でお客様に対応したり、サービスや商品を提供したりする仕事です。そんな飲食(接客)業ですが、電話対応すべき場面が多くあります。

まず、飲食(接客)業で多いのが営業時間や休業日、店舗の場所などお店に関する情報の問い合わせです。

また、外国語に対応しているか、車イスの利用が可能かどうかなど聞かれる場合もあります。このような、お店に関する情報の問い合わせがきた場合、分からないことは勝手に判断せず、折り返し連絡をするなどの対応も必要です。

また、飲食(接客)業では予約に関する電話や、食材の卸売り業者などの業者からの電話、求人の連絡などもあります。このように飲食(接客)業は電話対応すべき場面が多く、時には架電が必要な場面も出てくるのです。

人材紹介業

紹介してきた仕事や業界以外で、架電業務が発生する仕事として人材紹介会社が挙げられます。

人材紹介会社は求人を出している企業に対して、希望するスキルや条件を持った求職者を紹介する会社です。

求人をしている企業に対し、電話などで希望する人材の条件を確認する場合があるので、架電業務が発生する訳です。

また、求職者に対しておすすめの仕事を紹介する作業も、架電業務の一つとなります。人材紹介会社は求職者へ紹介する求人案件を開拓するため、企業に訪問営業や電話営業などを行います。そのため電話営業に伴い、架電業務も発生する訳です。

まとめ

架電の意味と使い方を理解できたでしょうか。架電はどこの会社でも部署によっては発生する業務です。一方で架電を始め電話のやり取りに抵抗がある人もいます。

ただし、架電が多い業界でも部署によっては電話対応がない部署などもあったりします。

そして電話対応が少ない部署で働きたい時に活用したいのが転職エージェントです。希望の条件で働く為に架電などの細かい条件も転職エージェントに相談してみると自分にあった求人に出会うことが可能です。

私たち「第二新卒エージェントNeo」も、第二新卒をはじめとした20代の方向けに就職・転職のサポートを行っています。

専属のキャリアアドバイザーが細かくヒアリングした上で、求職者の希望条件を踏まえた求人を紹介します。架電などの細かい条件にも対応可能なので、自分にあった求人を見つけたい方は、気軽にご相談ください。


「自分に合った仕事は?」

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div