就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

仕事でミスばかりするなら〇〇が効果的!対策方法12選と立ち直る方法を公開

「仕事でミスばかりしてしまう」

「周りから白い目で見られているようで辛い」

このように、仕事でのミスが続き悩んでいるという方は多いのではないでしょうか?

そこで本記事では仕事でミスばかりする原因と効果的な対策方法をご紹介いたします。ミスから立ち直る方法もお伝えしますので、少しでもお役に立てれば幸いです。

ミスばかりで辛いのは自分だけじゃない

「今日もやらかした・・・自分はなんてダメなんだ」

このように、仕事でのミスが続くと自分だけが取り残されているように思え、自信を失いがちです。しかし、同じように悩んでいる人は他にもたくさんいます。

いかがでしょうか?これら以外にも、仕事でミスばかりしていることで悩んでいるツイートが多く見られました。

人間、どんなに優秀な人材でもミスはしてしまうものです。ミスばかりしてしまうからといって自分の人格を否定せず、まずはミスをしてしまう自分を受け入れましょう。

ちなみに、ミスが立て続くことには必ず理由があるため、原因を把握して対策に繋げることで業務上のミスを軽減させることができます。

まずは自分がミスばかりしてしまう原因を特定してみましょう。

ミスばかりしてしまう原因

では、仕事でミスばかりしてしまう原因としてはどんなものが考えられるのでしょうか?大きく分けると下記の3つが挙げられます。

仕事の進め方に問題がある

まずは仕事の進め方に問題があることが挙げられます。具体的には下記のようなケースです。

(1)優先順位を決めていない
(2)見直し癖がついていない
(3)スケジュール管理ができていない
(4)色んな仕事を並行して進めている

優先順位を決めていない

優先順位を決めて優先度の高い仕事から着手するようにしなければ、納期漏れが起きたり、焦って終わらせようとすることでミスが増えてしまいます。

また周りと連携して進める仕事の場合、優先順位を無視して仕事を進めていると周りの業務進捗(進み具合)にも影響を及ぼし、迷惑をかけてしまうことになります。

見直し癖がついていない

見直し癖がついていないと必然的にミスが増えます。冒頭でも触れたように人間は誰しもミスをするものです。資料作成一つをとっても数値の入力ミスや必須情報の欠落など、ミスしやすいポイントはたくさんあります。

日頃から見直し癖がついていないと、そういったミスを修正することなくそのまま提出してしまうことになります。上司に怒られるだけでなく、場合によっては社外の人に迷惑をかけてしまうことになります。

スケジュール管理ができていない

スケジュール管理ができていない場合もミスが増えがちです。スケジュール管理とはその日にやるべきことや会議、訪問などの予定を記録しておき、それらを予定通りに実行することを指します。

これができていないと納期漏れが起きたり、ダブルブッキングをしてしまったり、会議に遅刻したり、商談までに必要な情報を用意できないなどの失敗に繋がります。

色んな仕事を並行して進めている

仕事でのミスが続く原因としては色んな仕事を並行して進めていることも挙げられますが、これはいわゆる「マルチタスク」を指しています。

マルチタスクとは、複数の業務を短時間ずつ切り替えながら同時に進めていく業務の進め方を指します。たとえば電話対応をしながらメールの処理をするといったものです。

「マルチタスクができる人は優秀だ」というイメージをお持ちの方は多いかもしれませんが、実際には向き不向きがあり一概にそうだとはいえません。

人によっては、このマルチタスクを行っているからこそミスが増えている可能性があるのです。

たとえばマルチタスクが苦手な方の場合、電話対応をしながらメールの処理をしようとすると、全く違う情報が頭の中に入ってくるため集中が途切れ途切れになり、ミスが増えやすくなります。

日頃の行動に問題がある

次に、日頃の行動に問題があることが挙げられます。具体的には下記のようなケースです。

(1)メモを取っていない
(2)自己管理ができていない
(3)身の回りが散らかっている
(4)仕事の目的を把握する前に着手している

メモを取っていない

上司からの指示や会議の内容をメモする習慣がないと、後で思い出そうとしても全てを正確に思い出すことはできません。結果、指示されていた仕事を放置してしまったり、与えられた仕事を正確にこなせなくなってしまうのです。

ちなみに、メモを取る習慣があってもそれを後からわかりやすくまとめる習慣がないと、メモを取っていない場合と同様にミスが増えやすくなります。

上司からの指示や会議の内容をメモしようとすると、時間がないためまとまりがなくなりがちです。そのため、メモを取ったことに満足してそのまま放置してしまうと、後で見返した時に内容が理解できなくなってしまうのです。

自己管理ができていない

主に生活面において自己管理ができていないこともミスの増加に繋がります。たとえば、夜更かしが当たり前になっていて寝不足が続けば、仕事中に集中が途切れやすくなりミスに繋がります。

他にも、ファストフード中心になっているなど食生活が乱れていれば、胃が疲れて質の良い睡眠が取れず、集中力低下に繋がります。お酒を飲みすぎた場合も、翌日の仕事に支障が出るでしょう。

このように、「仕事に影響が出るとわかっているのに自分の欲望を優先してしまう」自己管理能力の低さが、結果としてミスを引き起こしてしまっているのです。

身の回りが散らかっている

デスクやデスクの引き出し、デスクトップなど、身の回りが散らかっていることもミス増加の原因として挙げられます。

身の回りが散らかっていると資料やデータを探すのに時間がかかるほか、気が散って仕事に集中しにくくなるからです。

仕事の目的を把握する前に着手している

根本的な目的を把握する前に仕事に着手してしまっていることも、ミスが増える原因です。「あまりピンとこない」という方に向けて、簡単な例え話を用いて説明していきます。

あなたの友人Aが風邪をひいて寝込んでしまったため、友人Bと2人で彼の家に看病しに行ったとします。そこであなたは、友人Bからこのように頼まれました。

「友人Aのために何か食べるものを買ってきてほしい」

この時の友人Bの目的は、“風邪をひいている友人Aが少しでも元気になるように、何かしらエネルギー源になるものを食べさせる(飲ませる)こと”になります。

しかし、もしここで「とりあえず食べ物を買ってくれば良いんだ」と考えて、カップラーメンや焼き鳥を買ってきたらどうでしょうか?風邪をひいている友人Aには食べさせることができませんよね。

一方で、目的をきちんと理解していれば消化に良いものを用意したり、栄養ドリンクなど、必ずしも食べ物である必要がないこともわかるはずです。

仕事も同じで、何か仕事を頼まれた時にはどんな目的を達成するためにその仕事が必要なのかを理解してから着手しないと、方向性がズレてミスに繋がる可能性があるのです。

ミス後の工夫が足りていない

最後に、ミス後の工夫が足りていないことも挙げられます。要は”改善策を立てて実践する”というアクションを取っていないということです。

改善策を立てなかったり、立てるだけ立てて実践に移さなかったりすると同じミスを繰り返す原因になってしまいます。「反省はしてるけど対策を考える習慣はないかも」という方はこれが原因かもしれません。

ミスを減らす効果的な方法12選

では、ミスを減らしていくにはどういった対策を取れば良いのでしょうか?

前提として「この方法を取れば確実にミスがなくなる」といった絶対的なものは存在せず、いかに自分に合った方法を見つけていくかがカギとなります。

そのためには「どうやら自分はこの方法を取るとミスをしにくくなるようだ」と感じるものを見つけられるまで、色んな方法を試していく必要があります。

そこでここではミスを減らす方法の中でも特に効果的なものを12個ご紹介しますので、ぜひいくつかトライしていただき、ご自身に合ったものを見つけていただけたらと思います。

今回ご紹介する方法は、大きく下記の3つに分けられます。

仕事の進め方を工夫する

まずは仕事の進め方を工夫する方法です。具体的には下記が挙げられます。

【仕事の進め方を工夫する方法】

(1)優先度の高い順に片付ける
(2)TO DOリストを活用する
(3)シングルタスクに切り替える
(4)全ての仕事で見直しを徹底する
(5)タスクごとに”My期限”を設ける

優先度の高い順に片付ける

まずは優先度の高い順に片付ける方法です。仕事の優先度を適切に判断して片付けていくことができれば、納期漏れや〆切に追われるリスクが軽減し、ミス防止に繋がります。

まずは自分のタスクを全て洗い出し、下記の表に沿って優先順位をつけましょう。

中でも緊急度・重要度が高いものから片付けていき、緊急度・重要度が低いものは仕事に余裕があるタイミングや隙間時間に着手すれば、少しずつ片付けていくことができます。

TO DOリストを活用する

次に、TO DOリストを活用する方法です。その日一日でやるべきタスクをリスト化して管理することで、自分が今日一日で何にどれくらい時間を割けば良いのかがわかり、効率的に仕事をこなせるようになります。

また、片付けた内容を線で消していくようにすれば、やり忘れ防止にも繋がりミスが軽減します。

シングルタスクに切り替える

次に、シングルタスクに切り替える方法です。先ほどもお伝えしたように、マルチタスクによって集中が途切れミスを誘発している可能性がある方は、一つのタスクを終えてから次に取り掛かるようにしましょう。

「でも、一日で終わらないような仕事も結構あるんだよな・・・」という場合は、一つのタスクを3段階程度に分けてみましょう。

たとえばプレゼン資料の作成であれば「必要データの選定、収集、整理」「資料の目次設定、内容の制作」「プレゼンの練習」といった段階に分けることができます。

このように大きな仕事は細分化し、区切りの良いところまで終わらせてから別のタスクに着手するようにすれば、うまく脳内を切り替えながら仕事を進められるでしょう。

全ての仕事で見直しを徹底する

次に、全ての仕事で見直しを徹底する方法です。メールの送信前や資料の提出前など、仕事の規模にかかわらず必ず最終チェックを行うようにしましょう。

ちなみに、最終チェックを行う際には”自分を疑う姿勢”を強く持つことが大切です。「きっと大丈夫」という意識がミスを誘発することを覚えておきましょう。

タスクごとに”My期限”を設ける

最後に挙げられるのが、タスクごとに”My期限”を設ける方法です。スケジュール管理が苦手な方に多い傾向として、”前倒しの期限”を設けていないことが挙げられます。

たとえば20日に提出期限の資料を19日に作り始めるなど、期限ギリギリになってから着手し始めるという方は多いかと思います。しかしこれは納期漏れや焦りによるミスに繋がってしまいます。

そこで、タスクごとに自分用の前倒しの期限を設けることが効果的です。たとえば20日が納期なら、18日を”My期限”として設定してスケジュールに組み込みましょう。

日頃の行動を工夫する

次に、日頃の行動を工夫する方法です。具体的には下記が挙げられます。

【日頃の行動を工夫する方法】

(1)仕事の目的を把握する
(2)メモを取り、すぐにまとめる
(3)デスクなどを定期的に整頓する
(4)動線に”思い出す工夫”を施す
(5)規則正しい生活を心掛ける

仕事の目的を把握する習慣をつける

まずは仕事の目的を把握する習慣をつける方法です。先ほどもお伝えした通り、その仕事を任された背景を正確に理解しておかなければ、本来の意図とズレてミスに繋がりやすくなります。

仕事を頼まれた時には、どういった目的のためのものなのかを自分から聞いてみるようにしましょう。そして一度で理解できなければ、理解できるまで確認しましょう。

「何度も確認するなんて恥ずかしい」と感じるかもしれませんが、仕事でミスをしてしまうよりも先に細かく確認しておいた方がリスクは小さいはずです。

「正確に仕事を行うために確認させてください」と一言添えれば、相手も納得してくれるでしょう。

メモを取り、すぐにまとめる

次に挙げられるのは、メモを取り、すぐにまとめる方法です。常にメモ帳とボールペンを持ち歩くようにし、ちょっとしたことでもメモを取るように心掛けましょう。

また、メモを取った後はできるだけ早くその内容をまとめ、後から見返した時に理解しやすいようにしておきます。

たとえば、その場でメモする時にはメモ帳の左側のページを、内容をまとめる時は右側のページを使うと元のメモと照らし合わせやすいためおすすめです。

また、PC上でメモを取る場合にはメモをまとめておくフォルダを用意し、そこに一括で管理しておくと後から見返しやすくなります。

デスクなどを定期的に整頓する

次に、デスクやデスクの引き出し、デスクトップを定期的に整頓する方法が挙げられます。身の回りを整頓することで気が散りにくくなるほか、必要な資料やデータをすぐに取り出せるようになるため業務能率が高まります。

動線に”思い出す工夫”を施す

次に、動線に”思い出す工夫”を施す方法が挙げられます。動線とは、人や物が移動する際の軌跡や経路を指します。

忘れっぽいことが原因でミスばかりしてしまうという方は、この動線上に”思い出す工夫”を施すことでミスを軽減させることができます。

たとえばPCの周りにポストイットを貼ったり、前倒しの納期をスケジュール表に記載しておくなどが効果的です。

規則正しい生活を心掛ける

最後に、規則正しい生活を心掛ける方法が挙げられます。

早寝早起きを心掛けたり、食生活の乱れを正して疲れを溜め込まないように気を付けたり、お酒の飲み過ぎで次の日に疲れを持ち込まないように留意しましょう。

それだけで注意力が散漫になるのを防ぎ、ミスを軽減しやすくなります。

ミスした後の工夫を徹底する

最後に、ミスした後の工夫を徹底する方法です。具体的には下記が挙げられます。

【ミスした後の工夫を徹底する方法】

(1)改善策を立て、必ず実行する
(2)ミス一覧を作る

改善策を立て、必ず実行する

まずは改善策を立てて実行することが挙げられます。ミスをしてしまった後には必ず原因を突き止め、改善策を立てるようにしましょう。

ミスをする度に改善策を考えて実行し続ければ、自然と同じミスが起こりにくくなります。

もしミスの原因が分からなかったり、どんな改善策を立てれば良いのかわからない時には、上司に相談してみましょう。

ミス一覧を作る

ミス一覧を作ることでもミスを軽減させることができます。

自分がしてしまったミスとその原因、改善策をノートやGoogleスプレッドシートなどに逐一記録してみましょう。繰り返し記録しているうちに”自分のミスの傾向”が見えてくるはずです。

たとえば、納期に間に合わせようと急いでいる時や定時ギリギリのタイミングでミスをすることが多いのであれば、自分には”時間に余裕がない時にミスをする”傾向があるとわかります。

そういった傾向さえ把握することができれば、それをもとに対策を立てることで大半のミスを防止することができるでしょう。

ミスから立ち直る方法

さて、ここまででミスを減らす効果的な方法をご紹介して参りましたが、仕事でのミスが立て続くと情けなさや周りへの申し訳なさで精神的に大きなダメージを受けますよね。

そこで最後に、ミスから立ち直る方法をご紹介したいと思います。

考え方を工夫する方法

まずは考え方を工夫する方法です。

【考え方を工夫する方法】

(1)「今ミスしておいて良かった」と考える
(2)「自分が悪い」ではなく「自分の行動に原因があった」と考える

「今ミスしておいて良かった」と考える

まずは、「今ミスしておいて良かった」と考える方法です。たとえば社内会議があったことを忘れていて数分遅刻してしまったとします。

普通なら「やらかした・・・」と落ち込んでしまいそうなところですが、「これが社外の会議じゃなくてまだ良かった、次から注意できるから今ミスしておいてラッキー」と考えることで、辛い気持ちを和らげることができます。

ただし、その後きちんと改善策を立てて実践することが大前提となります。

「自分が悪い」ではなく「自分の行動に原因があった」と考える

次に、「自分が悪い」ではなく「自分の行動に原因があった」と考える方法です。要するに、仕事のミスを理由に自分の人格を否定しないということです。

たとえば商品発注でミスをした時、「自分は本当にダメなやつだ」と自分を否定すると辛くなってしまいます。一方で、「きっと睡眠不足で集中できてなかったんだな」と”自分の行動”に焦点を当てるとどうでしょう。

漠然と自分を責めていた時によりも辛くなりにくいうえに、原因が見えてくることで「今日からは12時に寝よう」などと再発防止に繋げることができます。

「自分が悪い」と考えるのではなく「自分の行動に原因があるはずなのでそれを改善しよう」と考えることで、より前向きな気持ちになれるのです。

行動を工夫する方法

次に、行動を工夫する方法です。

【行動を工夫する方法】

(1)ただ話を聞いてくれる人に話してスッキリする
(2)自分に合った仕事を探してみる

ただ話を聞いてくれる人に話してスッキリする

まずは信頼できる友人など、ただ話を聞いてくれる人に話してスッキリする方法です。こちらの話をただ黙って「うんうん」と聞いてくれる人に話すことがポイントになります。

ここで、良かれと思ってアドバイスをくれるような人に話してしまうと「やっぱり自分が悪いのか・・・」「それはわかってるんだけど・・・」と逆に辛い気持ちが加速してしまう可能性があるため注意しましょう。

ちなみにTwitterなどのSNSでつぶやくことも効果的ですが、その場合はトラブル防止の観点から、具体的な人物名や仕事内容、誰かを傷つけるような表現は避けるようにしましょう。

自分に合った仕事を探してみる

最後に、自分に合った仕事を探してみる方法が挙げられます。仕事でミスばかりしてしまうという方は、ひょっとすると今の仕事が合っていないだけの可能性があります。

そこで、自分に合った仕事を探してみることで「自分でも活躍できそうな仕事があるんだ」と勇気が湧いたり、「今後その仕事に転職するために今頑張ろう」と気持ちが前向きになりやすくなります。

ちなみに、自分に合った仕事を探すには下記の2点をクリアする必要があります。

(1)「働く目的」を明確にする
(2)目的に沿った仕事を探す

そもそも自分が仕事に求めることは何なのか、何のために働いているのかなどの”働く目的”を明確にすることで、より自分のためになる仕事選びができるようになります。

そのうえで、職種のまとめ記事などを参考に様々な職種を知ることで、自分の性格や理想の働き方に合った仕事を見つけられるかもしれません。

ちなみに、本当に自分に合った仕事をより詳しい見地から教えてほしいという方は転職エージェントでカウンセリングを受ける方法がおすすめです。

【転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、履歴書・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

転職エージェントでは専属のキャリアアドバイザーが希望や性格から「本当に合った仕事」をカウンセリングしてもらえる他、必要に応じて書類・面接対策~入社までを徹底サポートしてくれます。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っている他、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

「自分でも活躍できる仕事を知りたい」「転職すべきか教えてほしい」という方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


仕事選び

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div