就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

職場の嫌いな人を気にしないためのコツ8選|改善しない時の対処法も

会社には様々なタイプの人がいるので、そりが合わないと感じる人、嫌いな人が出てくるのも当然です。ただ、自分と合わないタイプの人と仕事をするのはストレスになるでしょう。

そのため、その人に歩み寄ろうと努力するなど何かしらの対処が必要です。そこで本記事では、職場の嫌いな人を気にしないためのコツについてご紹介いたします。少しでもお役に立てれば幸いです。

職場の嫌いな人を気にしないためのコツ8選

まず職場の嫌いな人を気にせず、仕事をこなすにはどうすれば良いのでしょうか。気にしないためのコツについてお伝えしていきます。

職場の嫌いな人を気にしないためのコツ

その人を嫌いな理由を明確にする

その人の存在自体が嫌いというわけではなく、自分の中で「こういうことをされるのが嫌」という考えがあり、その人の行動に苦手意識を持っている可能性もあります。明らかに相手が自分に対して悪意を持っていない場合、このケースが多いです。

嫌いな人にこれまでされた嫌と感じたことを洗い出してみると、その人が嫌いな理由が見えてくるかもしれません。相手が嫌いな理由がぼんやりとわからない状態の場合、嫌いな理由が見えてくるだけでも心の整理が付けやすくなるでしょう。

そして、同僚や部下などその人からされて嫌な言動を直接伝えられる関係なら、それを伝えてみましょう。されて嫌なことを伝えることで状況が改善することもあります。

ただ、相手が上司などされて嫌なことを伝えにくい立場である場合もあるでしょう。この場合は明確にハラスメントに該当しない限りなかなか解決するのが難しいです。

周りに相談して味方になってもらう、されて嫌な言動を上司にされそうになった場合には会話の輪から外してもらうなど周りと協力体制をつくることをおすすめします。

また、声が大きくて怖いなど自分の先入観が原因でその人に対して苦手意識を持ってしまっているケースもあります。よく考えてみたら特にはっきりとした理由は無いというケースも考えられるでしょう。

そのため明らかな嫌がらせを受けていないなら、一旦冷静になって客観的にその人がどんな人なのか、どんな部分が嫌い・苦手なのかを考えてみてください。

仕事以外の会話は控える

人として合わずプライベートを詮索されるのが苦痛なら、仕事以外の会話を最小限に抑えるのも一つです。

会社で働いているとやたらと人との距離感が近かったり、噂話が好きで人のプライベートな話を聞き出して言いふらしたりする人もいるでしょう。これはハラスメントに該当するわけでもありませんし、人の性格は簡単に変わるものではありません。

そのため、このようなタイプは自衛するしかないでしょう。このタイプの人は本人だけでなく周りの人からも他人のプライベートな情報を聞きたがる傾向があります。

そのため、プライベートな話は信頼できる人だけにする、それ以外の人には余計な話はしないという行動を徹底すると良いでしょう。

また、プライベートな話を聞き出して、相手をばかにできる要素を少しでも増やそうとするいじめに繋がりやすいケースもあります。明らかに普段からばかにされているとわかる態度を取られているなら、無理に関わらないのが一番です。

必要な時にしか話しかけない、近づかない、会話も基本的に仕事以外の話はしないを徹底して自分の身を守りましょう。

職場では仕事の成果を追うことだけを考える

自分が何か行動を起こしたところで状況が改善するように思えない場合は、人間関係の改善に注力するのではなく、お金を稼ぐため、自分のやりたいことを実現するために働いていると割り切って仕事の成果を追い求めるのも一つの手です。

仕事だけに集中してしまえば職場の人間関係に気を向けている暇は無いでしょう。ただ、100%人間関係を諦めて割り切って仕事に集中すると言っても、嫌いな人たちと一緒に仕事をしなければならない状況は変わりません。

そのため、買いたいものを定期的に決めるなどして仕事を頑張る理由をつくる、あるいは”いつまでに転職する”などの嫌いな人たちと一緒でも仕事に集中できるような目標を立てるなどしてたうえで、仕事に集中できるよう取り組んでみましょう。

その人に対する周りの評判を聞く

ただ自分が苦手意識を持っているだけでその人には良いところがある、周りの人からも慕われているという場合は、その人の良いところを周りに聞いてみるのも良いでしょう。

周りの人から良い評判を聞くことで、その人に対する印象が変わるかもしれません。また、どうしても合わないと感じている人が相手でも尊敬できるところがわかっていれば、ストレスも和らぐ可能性があります。

ただ、色々な人に片っ端から嫌いな人の良いところや評判ばかりを聞いて回っていると、周りにその人を嫌っていることを知られてしまったり、嫌いな人本人との関係が悪化したりすることもあり得ます。

したがって、あくまで評判を聞いて回っていることは知られないように、信頼できる人だけに聞くと良いでしょう。

嫌いな人の長所を探す

普段の仕事ぶりや自分以外の人との関わり方を見て、その人の良いところを探してみるのも良いでしょう。

この場合、その人に対して「嫌い」「苦手」という前提があるため良いところを探すのは難しいかもしれませんが、良いところが見えてくることでその人に対する関わり方のコツがわかったり、苦手意識や嫌悪感が和らいだりするかもしれません。

また相手との関係が悪い場合、良いところが見えてきたら会話の中で相手の長所を褒めてみましょう。褒められて嫌な気持ちになる人は少ないです。たくさん褒めることで相手の自分に対する態度も変わるかもしれません。

自分に非がないか考える

場合によっては相手ではなく自分に非があることもあり得ます。どうして嫌われているのか、どうして敵対的な態度を取られるのか、一旦普段の自分の言動を振り返ってみましょう。

考えられる例を挙げると、仕事でミスをして周りに迷惑をかけている、自分が人との距離感を理解していないなどです。

ここ最近自分に対する周りの人の態度が変わった、明らかに職場の人たちと会話の数が減っていると感じたら、自分に原因がある可能性が高いでしょう。

ただ、今の仕事に就いたばかりの場合は経験も知識も浅く、ミスが生じるのは仕方のないことです。上司に仕事のミスについて相談してみることで、解決策が見えてくるかもしれません。

この場合に大切なのはミスから学ぶことです。改善のための策を考え、ミスを減らして成長を見せることで状況も改善するでしょう。

自分の言動が相手を不快にさせている場合はすぐに自分を客観視して物事に対する考え方を工夫するほかありません。すぐに対処しないと自分の周りから人が離れて仕事に支障が出てしまう可能性があります。

自分の言動で職場の人に嫌な思いをさせている場合、学校や家でも自分の言動が原因で周りの人に嫌な思いをさせているかもしれません。

過去にあった友達とのトラブルや、仲良くなりたかった人と仲良くなれなかった経験など、人間関係での失敗を振り返ってみて、自分の問題点を洗い出してみましょう。

ただ、人間の性格はその人が育った環境が大きく影響するものです。そのため、周りの人も自分と似た思考であるせいで自分の問題点に気付けなかったり、改善の仕方がわからなかったりすることが想定されます。

自分で考えるだけでなく信頼できる友達がいるなら友達に意見を聞いてみたり、いなければカウンセラーに相談してみたりすると良いでしょう。

会話の量を増やしてみる

苦手な人と会話ができないほど関係が悪いものでないなら、会話を増やすことでお互いの理解が深まり、関係が良くなることがあります。

苦手意識を持っている人との会話は難しいですが、相手の好きなことや相手の仕事へのスタンスなど理解して良いところが見えてくれば、その人との会話も苦にならなくなってくるでしょう。

ただ、苦手意識を持っている人と1対1で会話をするのはなかなか会話のきっかけも掴みにくいですし、会話を広げるのも大変でしょう。

そのため、まずは自分と仲が良い人や信頼できる人と苦手な人が会話をしている時に輪に入れてもらうところから始めるのがベターです。

ただ、このやり方は場合によって相手との関係を悪化させてしまうリスクもあります。そのため、相手がどんな人か事前に情報収集をした後に実行に移してください。

趣味など共通の話題を見つける

趣味など共通の話題があれば、趣味の話から徐々にその人が親しい人に見せる顔が見えてくるかもしれません。

人によっては人とのコミュニケーションに苦手意識があって、あまり親しくない人に対してそっけない態度を取ってしまう人もいます。

このタイプの人は共有の話題があれば話が盛り上がって仲良くなれるケースもあるため、苦手な人と仲の良い人などから情報収集をしてみると良いでしょう。

職場の嫌いな人へのNG対応

いくら嫌いな人でも対応として適切ではないものもあります。

これからご紹介するNG対応をやってしまうと、相手から嫌がらせを受けていたなど、たとえ相手に非があっても適切に対処してもらえなかったり、自分が悪者として扱われてしまったりするリスクがある可能性があるため留意が必要です。

職場の嫌いな人へのNG対応

仲間外れにする

嫌いな人をグループの輪から外すのはNGといえます。

よく一緒にいるグループに嫌いな人がいる場合はみんなである日突然無視をするのではなく、その人からされて嫌なことを軽く上司の耳に入れたうえで、嫌いな人がいる時はグループの輪に入らないなどして相手と距離を置きましょう。

この際にやらない方が良いのは、グループ全員で口裏合わせをすることです。無自覚に人が嫌がるようなことを言うなど、相手側に避けられる原因があったとしても、グループ全体で一斉に無視をしたら学生のいじめと同じものとして扱われてしまいます。

ただ、自分が嫌がることをする人と仲良くする義務も無いため、嫌いな人と疎遠になりたい場合は周りを巻き込まないように配慮しましょう。

嫌がらせをする

相手が嫌いでも仕事上必要な連絡をしない、大切な書類を隠すなど相手を貶めるような嫌がらせは絶対にやってはいけません。

元々相手から嫌がらせを受けていたり、悪口を言われたりしていたとしても、「嫌がらせの被害者」から「他者に嫌がらせを行った加害者」に変わってしまいます。

嫌がらせをしていると最悪の場合相手から訴訟を起こされたり、会社から懲罰を受けたりする事態に陥ってしまうこともあります。なんとなく苦手意識を持っている人が相手の場合はさりげなく避ける程度を心がけましょう。

また、相手から嫌がらせを受けている場合はやり返すのではなく、できるだけ証拠を集めたうえで上司や人事部などに相談するのがベターです。

敵意を示す

仕事中に睨む、マウントのような発言をするなど嫌いな相手に敵意を示すのも避けましょう。周りからわかるレベルで相手への敵意をむき出しにしていると、職場の人たちに気を遣わせてしまいます。

場合によっては自分の評価も「気難しい人」に代わってしまうでしょう。嫌いな人に対しては、できるだけ関わらない、視界に入れないスタンスを徹底して、相手が嫌いであるという態度を表に出さないようにしましょう。

嫌いな人の悪口を言う

人に嫌な思いをさせたり、迷惑をかけたりしているなら別ですが、嫌いな人の悪口は人に言わないようにしましょう。人の悪口は簡単に広がりますし、より嫌いな人との人間関係が悪化する原因になってしまいます。

職場で「悪口を言いふらす人」というレッテルを貼られてしまうリスクもありますし、嫌いな人の悪口は職場で話さないようにしましょう。目につく言動はできるだけ職場の人と関わりのない家族や友人に話すのがベターです。

そして、どうしてもその人の言動に嫌な部分があるなら上司に相談したり、本人にそれとなく伝えたりしましょう。

それでも改善しない時の対処法

転職エージェント

嫌いな人に対して対処を試みても改善しない場合には異動や転職を視野に入れるのも一つの手でしょう。特にハラスメントを受けていたり、体調不良を起こしていたりするなら今すぐストレスの原因である職場から離れた方が良いといえます。

ただし、嫌いな人から離れたいという理由で転職活動に臨むと、「とにかく今すぐに今の職場から離れたい」という気持ちが先走り、あまり納得のいかない企業に転職してしまう可能性があります。

そこで転職を行う際には転職エージェントを利用すると、企業の社風や実際の空気感を担当者に聞いてから選考を受けられるため便利です。

【転職エージェントとは?】

専属のキャリアアドバイザーが転職活動の準備~入社までをサポートしてくれるサービスです。

カウンセリングを通じて自分に合った仕事を紹介してもらうことができ、書類・面接対策や面接日程の調整などを代行してもらえます。

転職エージェントでは専属のキャリアアドバイザーが希望や性格から「本当に合った仕事」をカウンセリングしてもらえるほか、必要に応じて書類・面接対策~入社までを徹底サポートしてもらえます。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っているほか、このようなメリットがあります。

第二新卒エージェントneoのサービス内容

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

「自分に合った職場を紹介してほしい」「もっと人間関係が良好な職場に勤めたい」という方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


退職理由_嘘記事用_女性修正版

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

LINE友達追加