第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【求人内容のウソホント?】第二新卒で英語力のある人歓迎

英語力を求める第二新卒向け求人では、一体どんなことに気を付けてアピールをしたら良いのでしょうか。 求人票上の「英語力」が意味するところと、留学経験の要否、英語力のアピール方法、注意点などについてまとめました。

求人票に書かれた「英語力」とは?

第二新卒向けの求人票で「英語力のある人歓迎」のフレーズを見かけることがあります。この「英語力」というのは、文字通り英語が使える力のことです。ですが、「留学経験がないといけないのだろうか…」と不安になることはありません。留学経験がなくとも、英語を話す・書くなど、実務として使える能力があれば良いのです。いずれにせよ、具体的にどのくらい英語が使えるのかを分かりやすく示す必要があります。TOEICなどの点数で示すのも悪くありません。ですが、「TOEICの点数は良くても、英会話はできない…」という人も少なからずいます。もし英語は話せるけど、TOIECの点数は悪い、またはその逆である場合などは、アピール方法に工夫が必要です。

求人企業からアピール方法を考える

英語力のある人材を募集している企業の業務内容から、「求められている英語力がどんなものであるのか」がある程度判断できます。求人やオフィシャルサイトから何を求められているのかが分析できたところで、アピール方法を考えましょう。TOEICを受験し、具体的な数字で英語力をアピールするのも1つの方法です。また、英語力はあくまでも1つの判断基準であると考えるようにしましょう。英語力のアピールも重要ですが、英語を活かして、今後自分がどのように仕事をしていきたいのか?という点のアピールを忘れてはいけません。企業は自社にメリットをもたらしてくれる人材を探しているのです。

英会話が苦手な人はどうすればいい?

TOIECでは高得点を出せるけれど、英会話が苦手という人もいます。英会話が苦手な場合、応募前に英会話力を高められれば言うことはありません。ですが、その時間をとるのが難しい場合もあります。今後英会話力を高める意欲があるのならば、自分の現状について面接で率直に説明しましょう。今はできない、けれど、前向きに努力中であることをアピールすれば、面接官の心象も良くなる傾向にあります。この時に「がんばります」という言葉だけでは、説明が足りません。何をどのように進めて、どの程度の結果を出せるようにする予定であるのか?など、具体性を持たせて説明しましょう。

重視されるのは、留学経験よりも実際の能力

第二新卒向けの英語力を求める求人では、留学経験よりも実際の能力が重視されます。自分のできること・できないことを、ポジティブな言葉で説明できるように準備しておきましょう。また、英語力はあくまでも仕事のツールの1つです。英語力をアピールするあまり、志望動機などがおろそかにならないように注意しましょう。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ