第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【実録】第二新卒、川崎で転職。今すぐ知るべき4つの大切なコト

転職先を探したいと思っていてもためらってしまう人は大勢います。今、転職に踏み切れば第二新卒として扱ってもらえるけれど、本当にすぐに転職するべきなのかと悩む人もいるでしょう。ここで川崎での転職市場の状況を知り、転職すべきかどうかを判断できるようになりましょう。

若いなら第二新卒として転職しよう

今ならまだ第二新卒として扱ってもらえるという人は、すぐにでも転職活動を始めるのが得策です

一般的な事実として企業が中途採用枠で募集しているのは大抵は即戦力の人材になっていて、十分に現場経験を積んでいることが必須になります。

十年以上も同じ職種で働いてきた人が応募しても、実力的に十分ではないという理由で不採用になることすらあり、転職を達成するには厳しい関門があるのが実情です。

しかし、若さをアピールできる状況の場合には話が違います。
若ければキャリアが十分になくても構わないというスタンスで採用してくれる企業がたくさんあるのです。

企業にとって若い人材は長期的に事業を展開していく上で生命線になります。
過去に行ってきた事業も含めて全て現場で経験して理解しているという人が社内にいると、これからどんな事業を展開していくかを考える上でその人が重要なアドバイザーになるからです。

また、若い人は学習能力も高くエネルギーにも溢れているので事業を拡大する上での原動力になります。

このような観点から新卒が積極的に採用されていますが、新卒を十分に確保できずに嘆いている企業も増えているのが実状です。
これは新卒の獲得競争が激化していることに加え、内定を出したのに辞退されてしまうこともしばしばあるからです。

このため、第二新卒を獲得したいという企業が増えているのが現状です。
川崎にある企業も例外ではなく、第二新卒を求めて積極的に求人を出している企業が多数見受けられます。

そしてその選考の際に重視される最大のポイントはやはり若さです。
同程度の能力がある人材が応募してきたら若い人を採用する場合が多いので、少しでも若いうちに転職を決断した方が良いと言えます。

また、一般的に第二新卒として認められるのは学校を卒業して新卒として採用されてから三年以内の人です。
この時期を過ぎてしまうともう若手としては目を向けてもらえなくなってしまうこともあります。

もう少し働いてから転職しようと思っているとあっという間に月日が経ってしまうので、思い立ったならぜひ早めに転職活動を始めましょう

▶【保存版】第二新卒は未経験でも経理に転職OK!仕事選びのコツを書いてみました

第二新卒にとって若さ以外に重要なことは何か

第二新卒として転職する上では年齢以外にも重要なポイントがあります。

ただ若いだけで良いのであれば既卒の人なども企業は募集しようと考えるでしょう。

既卒の人と第二新卒の人との違いは社会人として働いた経験があるかどうかです。

就職するとまず新人としてビジネスマナーなどの基礎的な研修を受け、さらに現場で上司に仕事のやり方を教わりながらだんだんと責任を求められる仕事をしていくことになるでしょう。
仕事が板につくまでには数年間はかかる場合が多いですが、少なくとも社会人として働く上で欠かせない常識は身につきます。

その常識こそが第二新卒に求められているものなのです。

社会人として働いた経験がない人が職場に入ってきた場合にはその人のために基礎的な研修を行うか、上司がマンツーマンで指導しなければなりません。
その負担なく現場の仕事に直接関わる教育を始められるのが第二新卒の魅力です。

このような観点で募集されていることを考慮し、社会人としては一人前と胸を張れる状況になっておきましょう。
その上で転職に挑めば企業からも高い評価を受けて採用してもらえます。

もう一つ重要な点として覚えておきたいのが意欲の大きさです。

企業側の考え方としてまず第二新卒は二つの大きなグループに分け、そのどちらに該当するかで採用候補に入れるかどうかを判断しています。
今の仕事に不満を持っているのは共通していたとしても、転職に対する姿勢は人によってかなりの差があるでしょう。

そこに着目し、意欲的に新しい職場で成長して企業に貢献したいという意志を持っている人は採用候補に入れています
それに対して今まで抱えていた不満が前面に出てしまい、やりたくないことから逃げ出すようにして転職しようとしている人は採用を見送るのです。

このような違いを理解し、十分に企業研究をして自分の意欲をアピールできるようにしておきましょう。

応募先の企業がどのような事業を行っていて、これからどんな方向に展開をしようとしているのかを十分に把握しておくことが大切です。

その上で自分の興味関心がどこにあり、どんな形で貢献していきたいのかを考えれば意欲は十分に伝えられます。
ここで働きたいという企業が見つかったら十分に情報を集めて根拠とし、説得力のあるアピールをするように心がけましょう。

▶【最短ルート!?】第二新卒が渋谷の企業に転職する方法!

第二新卒として転職するならサポートを受けよう

川崎での転職で迷っていた人も第二新卒として転職できる間に魅力的な仕事を探し出しましょう。
その際に大切なのがプロによるサポートを受けて転職活動をすることです。

川崎にはかなりの数の企業があり、仕事の種類も多岐にわたっています。
この転職でやりたい仕事を見つけ出し、満足して働けるようになるには網羅的に調べた上でこれだというものを決めなければならないでしょう。

しかし、それにはあまりにも時間も労力もかかってしまい、気づいたら月日が経ってしまうかもしれません。
でも、私たちのサポートを受けるだけでその問題は解決できます。

私たちは第二新卒として転職したいと考えている人たちのサポートを行っている転職エージェントです。

転職エージェントの役割は仕事を探すサポートをして転職を成功に導くことです。
どんな仕事が川崎で募集されているのかを紹介したり、求人を見てわからないことがあれば企業に問い合わせて確認したりしています。

また、応募書類の添削や面接の質問対策などをして企業から魅力的な第二新卒の人材だと考えてもらえるようにするのも私たちの重要な役割です。
企業に第二新卒としての強みをアピールするには企業の事業内容に関する情報も必要ですが、私たちが情報提供をするので心配ありません。

このように多岐にわたるサポートを受けられるので、転職活動にかける時間も労力も節約できます
そして、希望に合っている求人を短期間で見つけ出し、年齢的に有利な状況で応募できるのが特徴です。

私たちは転職後の満足も重視しているので本気で転職したいと思う企業からの求人が見つかるまで努力を惜しみません。
納得できるまでじっくりと私たちと仕事探しをして、新しい職場でやりがいのある仕事をできるようになりましょう。

川崎で転職するなら第二新卒のうちに決断しよう

川崎では第二新卒を獲得したいと考えている企業が多数あります。

今ならまだ第二新卒として転職できるという人は躊躇せずに今がチャンスと考えて転職を決断しましょう。

若さをアピールポイントとして転職できるのは第二新卒の間だけで、それ以降はキャリアや実力で採用を勝ち取らなければならなくなります。

第二新卒なら社会人としての基礎が身についていて、新しい企業で働くことへの意欲をアピールできれば採用してもらえるでしょう。

私たちはその転職を実現させるためにプロとしてサポートしているので、転職をしようと思い立ったら私たちに相談に来て下さい。

▶第二新卒から内定!マーケティング志望動機の考え方

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ