第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

接客・販売職の志望動機の例文掲載!書き方のコツと求められるポイントとは?

企業が選考の際に何を重要視しているのか、どのようにアピールして行けば選考に通過しやすくなるのか。知っておけば選考のプラスになる情報をまとめ、未経験から接客・販売職に就職するための志望動機の書き方をご紹介します。

接客・販売職とは?

正社員には将来マネジメントや店舗の運営を任せたい

接客・販売職について、よくアルバイトと業務内容が変わらないと言う方もいますがそれは大きな間違いです。接客・販売職においての正社員採用は、将来的にマネジメントや店舗全体の運営をして欲しいという思いがあります

店舗の基本原理として、利益を増やすためには店舗数の増加は絶対となっております。さらに、どんな仕事でも言える事なのですが、数字に責任を持ち改善を行ってくれる人材が企業からは必要とされています。

接客・販売職の仕事内容

実際の仕事においては現場から入る事がほとんどです。どんな仕事にも言えることですが、現場の業務内容をしっかりと把握できていないと、マネジメントなどが出来ないからです。

もちろん、接客のスペシャリストを目指す場合はなおさらですよね。業務内容は企業によって様々にはなってしまいますが、販売職である以上、お客に商品を販売するといった点が基本となっています。その上で、店舗内での販売企画や、運営に携わるのが一般的です。

知っておくべきポイント

では実際にどのような点をアピールしたら、選考で高評価を得られるのかを見てみましょう。

接客・販売職に求められるポイント1.「責任感」

仕事において、売上などの数字責任は切っても切れないもの。サークルやアルバイトなどで責任感を持って行動したエピソードは大きなアピールポイントになる事でしょう。

接客・販売職に求められるポイント2.「アピアランス(身だしなみ)」

一般的にアピアランスとは身だしなみの事を指しますが、ここでは表情や声なども含まれます

対面の仕事であるため、笑顔やさわやかな挨拶が求められます。なかなか書類などではアピールし難い点なので面接の際に心がけるのが良いでしょう。

接客・販売職に求められるポイント3.「聞く力」

成果を残すためには、来てもらったお客様が店舗、ブランド、さらには自分の固定客になる事が一番です。そのため、お客様のニーズをしっかりと聞き取り継続的なお付き合いが出来る人材の市場価値は自然と高まります

第二新卒の面接で見られているポイントとは?

書類選考が通過すると次はいよいよ面接となりますが、 第二新卒の皆さんは具体的に面接官が選考者の何を見て合否を判断しているかご存じでしょうか?それを知っているといないとでは通過率が大幅に違ってきます。

面接では自己PRの内容や志望動機の書き方で悩まれる方がほとんどだと思います。もちろん面接の中身はとても重要なことですが、それ以外にも声の出し方や見た目の清潔感を変えることで選考通過に大きく関わってきます

メラビアンの法則においては見た目、声、話の内容が印象の多くを占めていると言われており、見た目からの印象は55%、声からの印象は38%、話の内容からの印象が7%とされています。

なんと人に与える印象に関しては見た目が半分以上も占めているのです。ぜひ、身だしなみのチェックを怠らないようし、声の出し方やや話の内容の濃さにも気をつけましょう。

また、選考に参加する際にNGとされている見た目、仕草のワースト3を皆さんはご存知でしょうか?これもまたよく知らないまま面接に臨んでしまうと選考で失敗してしまいます。

さて、このコラムでは第二新卒の面接で気をつけるべき点についてリサーチしています。もっと読みたい方はコチラ!

実はココに注意!

アルバイトと仕事内容がかなり違う

前述の通り、接客・販売職は雇用形態によって大幅に仕事内容が変わります。正社員での採用は、数字の責任が大きくて大変そうと言った意見もありますが、その責任があるからこそアルバイトにはないキャリアアップが用意されています

現場メンバーのマネジメント、店舗の運営、さらにはエリアの統括や本社部門への移動など、中途の経験者でも入りにくいポジションにも比較的就き易いキャリアになっています。

さらに、正社員での経験は今後のキャリアチェンジにも大きく影響してきます

現場での接客経験を積んでの営業職などへの転向や、マネジメントや数字責任などの店舗運営を経験しての管理職への転向など、キャリアアップ、キャリアチェンジの幅は他の職種と比べても広めとなっています。

もちろん、これはただ漠然と仕事をするのではなく、しっかりと目標を持って働いた場合になります。

「転職したい!でも書類の準備がよくわからない・・・」そんなあなたにおすすめ

第二新卒でいられる間に転職してもっとやりたい仕事を探し出したいと考える人が非常に増加傾向にあり、それらの多くは書類作成に頭を悩まされます。

そこで近年人気を集めているのが就職・転職エージェントの利用です。エージェントでは企業がどんな観点で採用を行っているかをレクチャーしています。

例えば第二新卒者は履歴書を作成する際に、新卒との違いをはっきりと認識できている人が多くありません。実はこの違いを把握できていないことが原因で書類審査に通過できないでいる第二新卒者が多いのです

第二新卒者も新卒者もポテンシャル採用が基本となっているところは同様ですが、第二新卒者は多少なりとも社会人経験があるという点でまず新卒と異なります

そして第二新卒は社会人経験があることに付随して、ビジネスマナーも一通り身についているであろうという前提を企業から持たれます。そして短期間で前職を辞めているという事実もあります。

これらの要素を把握した上で、ポジティブな新卒との違いを履歴書に盛り込み自分をアピールする必要があるのです。

さて、このコラムでは第二新卒者が悩みやすい転職における書類作成についてリサーチしています。続きはコチラ!

志望動機の例文

「御社が、同業他社と比べて、お客様一人ひとりに合わせたサービスを提供している方針に共感し、応募いたしました。
学生時代の飲食店でのアルバイトにおいては、来店頂いたお客様に、より満足していただける様心がけていました。
具体的には、忙しいときでも笑顔を忘れずに接することや、手が空いたときには積極的に掃除をするなどを行っておりました。
この経験を活かし、お客様の満足度向上はもちろん、御社の成長に貢献したいと考えております。」

その他、店舗ごとの特徴をしっかりととらえて志望動機に織り込みましょう。また実際に店舗に行き、そこで働いているスタッフや、他の店舗との違いを把握しましょう

3ポイントまとめ

・キャリアアップの幅を知っておこう
・責任感をアピール
・アピアランスでプラス得点

接客・販売職の志望動機では、人に関する所だけでなく、責任感など自分に関するところも重要です。しっかりとアピールすべき点をアピールし、就職成功につなげてください。

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ