就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

面接で空白期間について質問された時の答え方は?ブランクがあっても転職できる!

面接で空白期間やフリーター期間について質問を受け、答えに詰まってしまった方も少なく無いでしょう。
就職活動において避けては通れない空白期間やフリーター期間への質問。どの様に答えればうまく正社員での就職に近づけるのか確認していきましょう。

アルバイトを続けていた

フリーターの方にとって、一番多い理由になるのではないでしょうか。学生時代から続けていた方も、学校を卒業してからアルバイトを行っていた方も、なぜ正社員で就職をせずに、アルバイトを続けていたのかを答えられるようにしましょう。

資格の勉強

公務員試験を受けていて、民間での就職に切り替える方も多くいることでしょう。その際には、なぜ公務員試験を受けていたのかをしっかりと答えられる様にしましょう。

安定しているからなどと答えてしまうと、面接官に良い印象は与えられないので気をつけましょう

資格を勉強していた方でも、その資格を活かして働ける仕事に応募する際は問題ないでしょう。

しかし、あまり関係の無い仕事に応募する際には「その勉強を活かして働かないのか?」などといった質問がよくあるので、答えられるよう準備しましょう。

第二新卒の面接で見られているポイントとは?

書類選考が通過すると次はいよいよ面接となりますが、 第二新卒の皆さんは具体的に面接官が選考者の何を見て合否を判断しているかご存じでしょうか?それを知っているといないとでは通過率が大幅に違ってきます。

面接では自己PRの内容や志望動機の書き方で悩まれる方がほとんどだと思います。もちろん面接の中身はとても重要なことですが、それ以外にも声の出し方や見た目の清潔感を変えることで選考通過に大きく関わってきます

メラビアンの法則においては見た目、声、話の内容が印象の多くを占めていると言われており、見た目からの印象は55%、声からの印象は38%、話の内容からの印象が7%とされています。

なんと人に与える印象に関しては見た目が半分以上も占めているのです。ぜひ、身だしなみのチェックを怠らないようし、声の出し方やや話の内容の濃さにも気をつけましょう。

また、選考に参加する際にNGとされている見た目、仕草のワースト3を皆さんはご存知でしょうか?これもまたよく知らないまま面接に臨んでしまうと選考で失敗してしまいます。

さて、このコラムでは第二新卒の面接で気をつけるべき点についてリサーチしています。もっと読みたい方はコチラ!

家庭の事情

20代も過ぎると親の介護など、不可抗力に近い事情も多々出てくるものです。そのような場合は、素直に伝えるだけでなく今後は問題が無いことを伝えましょう

例えば介護のために就職をしていなかったとすれば、今後も介護を理由に休みがちになったり辞めてしまったりしないかと企業としては考えてしまいます。その懸念点を払拭できるよう、今は問題が無い事を伝えましょう。

夢を追いかけていた

音楽や創作活動など自分の夢に向かっていた方は、企業によってはちゃんと夢を諦めているのか、また夢を追いかけるために仕事を辞めてしまわないかと懸念されてしまいます。

正社員就職を決意したのであれば、しっかりと今後の社会人としてなりたい姿や方向性を企業に伝えましょう

「転職したい!でも書類の準備がよくわからない・・・」そんなあなたにおすすめ

第二新卒でいられる間に転職してもっとやりたい仕事を探し出したいと考える人が非常に増加傾向にあり、それらの多くは書類作成に頭を悩まされます。

そこで近年人気を集めているのが就職・転職エージェントの利用です。エージェントでは企業がどんな観点で採用を行っているかをレクチャーしています。

例えば第二新卒者は履歴書を作成する際に、新卒との違いをはっきりと認識できている人が多くありません。実はこの違いを把握できていないことが原因で書類審査に通過できないでいる第二新卒者が多いのです

第二新卒者も新卒者もポテンシャル採用が基本となっているところは同様ですが、第二新卒者は多少なりとも社会人経験があるという点でまず新卒と異なります

そして第二新卒は社会人経験があることに付随して、ビジネスマナーも一通り身についているであろうという前提を企業から持たれます。そして短期間で前職を辞めているという事実もあります。

これらの要素を把握した上で、ポジティブな新卒との違いを履歴書に盛り込み自分をアピールする必要があるのです。

さて、このコラムでは第二新卒者が悩みやすい転職における書類作成についてリサーチしています。続きはコチラ!

休んでいた

非常にシンプルな理由ですが、就職活動においてはプラスになる要素はほぼないでしょう。企業に対しては、休んで空白期間を作った事への後悔と、これからは改善するという前向きな姿勢を伝えましょう

気をつけるポイント

いくら面接で自分を良く見せたくても、正直に嘘はつかないようにしましょう

採用担当者が聞きたいのは今までの事だけでなく「これからどうして行くのか」なので、アルバイトを続けていた方はなぜアルバイトから正社員に就職しようと思ったのかを、公務員などの試験を受けていた方はなぜ民間企業への就職に切り替えたのかなど、今までとこれからの方向性をしっかりと話せるよう準備しましょう。

【体験談】フリーターから就職を成功させた人はこんなにいます!

「今までずっとフリーターだったからまともな職歴もないし、正社員に就職できずに失敗するんじゃないか・・・」と不安な気持ちでいっぱいの方も少なくないと思います。

しかし、実はこんなにたくさんのフリーター出身の方が正社員就職に成功しているのです。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div