就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

第二新卒の面接で見られているポイントとは?

書類選考が通過すると次はいよいよ面接になりますが、
具体的に面接官が選考者の何を見て合否を判断しているかご存じでしょうか?
今回は面接官が見ている選考要素の大枠についてまとめました。

みなさんは、メラビアンの法則をご存知でしょうか?
この法則はアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した、人の印象を数値化した法則になります。
メラビアンの法則を基に、選考内で面接官にどのようにアピールしていくべきなのかご紹介いたしますね。

~メラビアンの法則について~

  • 話の内容からの印象は、7%
  • 声からの印象は、38%
  • 見た目からの印象は、55%

面接では自己PRの内容や志望動機の書き方で悩まれる方がほとんどだと思います。
もちろん面接の中身はとても重要なことですが、それ以外にも声の出し方や見た目の清潔感を変えることで選考通過に大きく関わってきます。

見た目と仕草のワースト3、分かりますか?

では、ここでクイズです。具体的に以下のような選考参加に関するNGな見た目と仕草の中で、
ワースト3はどのような順位になるでしょうか?

  • 下を向いて話す
  • 無表情で反応が薄い
  • 猫背で姿勢が悪い
  • シャツが汚れている
  • 髪の毛を触る

正解は?

1位 服装の乱れ(シャツ・スーツが汚れているなど)
2位 無表情で反応が薄い
3位 猫背で姿勢が悪い

やはり上位にランクインしてくるのは、面接官が選考者に抱く印象に関してのことですね。

まとめ

みなさんも、選考にいく際には鏡の前で自分自身の姿を確認し、企業様に一緒に働きたいと思っていただくことのできるような印象を与えることができるのかどうか確認してから選考に挑んでみてはいかがでしょうか?

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div