就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【男女別】面接の髪型マナー!好印象を与えるセット方法とは?

面接を受ける際は、服装や言動に加えて髪型にも配慮する必要があります。面接官に好印象を与える髪型とは、どのようなものでしょうか?

第二新卒で面接を受ける人の中には、「そもそも社会人らしい髪型についてよくわかっていない」という人もいるでしょう。

この記事では、面接で好印象を与えるヘアセットの方法について、男女別に詳しく説明します。

面接官が髪型で見ていること

面接にやってきた相手について、面接官はお客様や社外の人に対して失礼のない人材であるかどうかを見ています。

そのため、面接に挑む際は、髪型についてもそのような印象を与えることを意識する必要があるでしょう。ここでは、面接官が髪型に対して見ていることを具体的に説明します。

清潔感があるか

業種や職種を限らず、面接では必ずといっていいほど清潔感がチェックされています。なぜなら、清潔感がない人は、お客様や社外の人に不快な思いをさせる可能性が高いからです。

担当者の第一印象が悪ければ、それだけで企業の商品やサービスに対するイメージも悪くなる恐れがあります。そのことは、売上や業績にも少なからず影響を与えるでしょう。

たとえ、お客様や社外の人が商品やサービスに対していいイメージをもっていても、清潔感がない担当者では「安心して依頼できない」と思われる場合もあるのです。

担当者の印象のせいで依頼がためらわれてしまうようでは、ビジネス上の大きな機会損失となりかねません。

面接の場で面接官から清潔感がないと思われると、そもそも就職や転職に対する熱意を疑われる恐れもあるでしょう。「入社の意欲が高ければ、見た目にも気を使うはずだ」と面接官は思っています。

面接は、限られた時間で自分をアピールする必要があるので、どのような印象をもたれるかについてもしっかり意識したほうがいいでしょう。

面接の場で、少しでも評価を高めるには、清潔感のある髪型を心がけることが大切です。

TPOをわきまえているかどうか

面接時の髪型は、TPOをわきまえているかどうかも見られています。面接は、社会人同士が対話するフォーマルな場です。

フォーマルとは、格式張っており、あらたまった雰囲気があることを意味します。そのため、面接のTPOを意識するなら、スーツに合わせて髪型もきちんと整えることが必要です。

特に、面接の場合は初対面になるため、第一印象を決める重要なシーンだといえます。

仮に、面接の場にふさわしくない髪型をして行けば、面接官から「入社後もだらしない髪型で出社するのではないか」と思われる可能性があるでしょう。

また、社会人経験がある場合、「この人は髪型に気を使わずに働いている」と思われるケースもあります。面接の場では、そのままオフィスで働いても通用するような、きちんとした髪型をする必要があるでしょう。

面接の髪型で押さえておくべきポイント3つ

面接を受ける際は、さまざまなポイントに配慮することが必要です。ここでは、面接の髪型で押さえておくべきポイントについて具体的に説明します。

清潔感がある

繰り返しになりますが、面接時の髪型は清潔感を出すことを第一に考えましょう。なぜなら、清潔感はビジネスにおいて重要な要素だからです。

いくら高いスキルや難しい資格をもっていても、清潔感がなければ内定はなかなか勝ち取れないでしょう。特に、第二新卒では具体的なビジネススキルよりも素質や熱意といったポテンシャルが重視されています。

もちろん、話しているうちに印象が変わることはありますが、面接という限られた時間の中では、見た目による第一印象は重要な意味をもつのです。

第二新卒として就職や転職を目指すなら、自分が客観的に見て清潔感があるか確認しましょう。

自分を客観的に見るのが難しい場合は、両親や兄弟姉妹、友だちなど第三者から意見をもらうのも効果的です。私たちエージェントも、一人ひとりに合った客観的なアドバイスを行っています。

前髪が目にかかっていない

面接の髪型については、前髪が目にかかっていないかどうかもチェックしましょう。前髪が目にかかっていると表情が見えにくく、暗い印象になります。

表情をしっかりと面接官に見せるには、眉毛まで見えるように前髪をセットするのがおすすめです。例えば、前髪を中央で分けたり、おでこを出したりするといいでしょう。

表情がよく見えるようになると相手から明るい印象を受けることに繋がり、自然とコミュニケーションも円滑になることが期待できます。結果的に、面接でも仕事に対する熱意が伝わりやすくなるかもしれません。

ただし、顔をしっかり出すといっても前髪を横にまっすぐ切りそろえた「ぱっつん前髪」は避けたほうが無難です。なぜなら、ぱっつん前髪は重い印象になったり、幼く見えたりしやすいからです。

ぱっつん前髪は、女性がしていることが多い傾向ですが、男女ともに面接時は注意したほうがいいでしょう。

髪色が派手でない

就活や転職の面接に望む際は、派手な髪色は避けましょう。第二新卒なら髪色は真っ黒でなくても構いませんが、染めるとしても落ち着いた茶色にとどめておいたほうが無難です。

業種や職種によっては、実際にその企業で働いている社員の中に派手な髪色の人がいるかもしれません。

その場合、入社後は自由な髪色にしても問題ありませんが、面接の場では落ち着いた色味にしておいたほうが安心です。

面接は選考の場なので、いきなり派手な髪色をしていると常識がないと思われる恐れがあります。

ちなみに、最近はカラーリングをしていないという人でも、自分の髪色の状態はきちんと確認しておかなければなりません。

なぜなら、過去に染めた部分が傷んで髪の色が明るくなっていたり、根本とそれ以外の部分の色が違っていたりするケースもあるからです。

その場合は、面接前にメンテナンスをして、髪色を自然な状態に整えておく必要があります。

髪質や髪型によっては、黒色ではなくナチュラルな茶色にしたほうが軽やかで明るい印象になる場合もあるので、自分の髪に合わせて調整するといいでしょう。

職種に合わせた髪型

面接を受けるときは、職種に合わせた髪型を意識しましょう。世の中にはさまざまな職種があり、それぞれで認められる髪型には違いがあります。

例えば、営業や接客のようにお客様や外部の人と頻繁に接する職種では、男性がロングヘアの状態で面接に挑むとだらしないと判断されるでしょう。

しかし、ファッションやクリエイティブに関する職種であれば、男性のロングヘアも面接の合否には影響しないことが多い傾向です。

ただし、髪型に対する評価は、同じ業界でも企業によって異なる場合もあります。実際に、どのような髪型なら認められるかどうかについては、応募する企業の傾向をチェックして判断する必要があります。

企業のホームページを見たり説明会に参加したりして、社員の様子を確認するのがおすすめですよ。

男性の髪型のマナー

男性の場合、面接ではどのような髪型のマナーに気をつけたらいいのでしょうか。ここでは、男性向けに面接時の髪型のマナーを紹介します。

OKな髪型・セット方法

男性は、ショートヘアにすると面接官に対して好印象を与えやすいです。短く切った髪型は、清潔感が出るだけでなく、アグレッシブで仕事ができそうな雰囲気も醸し出せます。

前髪やサイドだけでなく、襟足も短めにするとさわやかさが増すでしょう。ショートヘアなら整髪料も少量で済むので、ツヤを出す程度に使用して全体をまとめます。

ただし、毛量が少ない人や薄毛が気になっている人は、少し長めにして整髪料でふんわり感を出すのがおすすめです。前髪を長くする場合は、整髪料で前髪を整えておでこが出るようにしましょう。

理髪店や美容室で相談すると、ビジネスにふさわしい髪型に整えてもらうことが可能です。面接を受けることも伝えれば、初めてでもセットしやすい髪型にしてもらえるでしょう。

NGな髪型・セット方法

面接の場では、個性的すぎる髪型は避けたほうが無難です。例えば、ツーブロックや刈り上げなどは、面接にふさわしくないと判断される恐れがあります。

もちろん、業種や職種によっては、個性的な髪型でも問題ない場合もあるでしょう。

しかし、複数の企業を受けたり髪型の許容範囲があいまいであったりする場合は、社会人としてどこでも通用する髪型にしておいたほうが賢明です。

そもそも同じ企業内でも、面接官の年齢や考え方によって意見が分かれるケースもあります。なお、髪を短くカットしている場合でも、面接の際は必ず整髪料を使いましょう。

なぜなら、整髪料をつけていないと、スーツと髪型のバランスがちぐはぐになってしまう可能性があるからです。適量の整髪料を使用することで、「身だしなみをしっかり整えている」という印象になります。

男性の髪型でよくあるQ&A

面接にふさわしい基本の髪型やセット方法がわかっていても、実際に髪を整えているといろいろと疑問が出てくるものです。ここでは、面接時の男性の髪型についてよくある疑問とそれに対する回答を紹介します。

ワックスは使ってもいい?

男性の場合、面接時のヘアセットにワックスを使用してもいいのか悩む人も多いです。基本的に、面接にふさわしい髪型に整えられるのであれば、どのような整髪料を使用しても問題はありません。

いつもワックスを使用しているなら、面接時にもワックスを使ったほうがスムーズにヘアセットができるでしょう。ただし、面接に適した髪型にできるワックスを選ぶ必要があります。

面接に挑む際は、ツヤを出せるワックスを選ぶといいでしょう。髪にツヤを出すことで、社会人らしい上品な印象になります。

ツヤを出しやすい整髪料としては、ジェルもあるため、社会人の中にはジェルを使用している人も多いです。しかし、慣れていないとベタついてしまう恐れがあるので、無理に使う必要はありません。

ジェルは、束感を出しやすいことが特徴ですが、薄毛の人が使用すると地肌が目立ってしまうこともあります。その場合、ジェルよりもワックスを使用したほうが髪全体をふんわりと見せやすいです。

また、ワックスを選ぶ際は香りにも注意が必要です。香りがきついと社会人としてのマナーをわきまえていないと思われる可能性があります。

無香料タイプのワックスも多くあるので、購入する際はラベルをチェックしましょう。なお、ワックスに限らず整髪料を選ぶときは、必ず香りに配慮する必要があります。

坊主はアリ?

一般的に、坊主は社会人にはふさわしくない髪型だといわれています。

ビジネスマン全体を見てみると坊主は珍しい傾向のため、面接官によっては面接に坊主で現れる人に対して違和感を覚える人もいるでしょう。

そのため、面接に向けてあえて坊主にするのは避けたほうが無難です。しかし、人によっては普段から坊主にしており、面接までに伸ばせないケースもあるでしょう。

その場合は、髪が伸びるまで選考に応募するのを控えたり、ウィッグを被ってごまかしたりする必要はありません。

なぜなら、そもそも坊主はすっきりした髪型であり、清潔感があったり表情がよく見えたりするメリットもあるからです。

面接においては、「髪型が坊主だから」という理由だけでマイナスの評価になることはほとんどありません。

面接官の反応がどうしても心配な場合は、態度や発言で社会人らしさをアピールすれば問題はないでしょう。坊主であることを気にしすぎると、自身がなさそうに見えるので要注意です。

落ち着いた態度を意識して堂々と話しましょう。また、坊主にしている理由を聞かれたときに備えて、説得力のある回答を用意しておくとより安心です。

ロン毛がアリな職種とは?

ロングヘアを気に入っており、「できれば切らずに臨みたい」という男性もいるでしょう。しかし、ロングヘアでも問題ない職種は限られてしまいます。

例えば、広告関係の職種やファッションに関わる職種であれば、ロングヘアでも評価にはあまり悪影響が及ばない傾向です。

ほかにも、仕事上でお客様や外部の人とあまり触れ合う機会がない職種なら、ロングヘアでも採用されるケースはあるでしょう。

加えて、中小企業やベンチャー企業の中には個性的な人材を欲しており、見た目よりも中身を重視しているところもあります。

そういった企業に絞って就職や転職を目指すなら、ロングヘアのまま面接を突破できる可能性があるでしょう。

ただし、どのような職種を選ぶとしてもロングヘアで面接に行く場合は、きちんとまとめる努力をすることが大切です。整髪料を使って顔がきちんと出るように整えたり、ヘアゴムでまとめたりする必要があります。

ロングヘアの場合でも、清潔感や第一印象には最低限の配慮をしなければなりません。ロングヘアは、おしゃれではありますが見る人によってはだらしなく見えてしまいます。

面接官から、「この人とは一緒に働きたくない」と思われないよう、身だしなみはしっかりと整えてから面接に臨みましょう。

もみあげはどうすべき?

男性の髪型については、もみあげにも注意が必要です。さりげない部分ですが、顔の近くにあるので目立ちやすいといえます。そのため、個性的になりすぎないように気をつけ、短めにカットしたほうがいいでしょう。

もしもファッション感覚でもみあげを長くしている場合は、事前にきちんと整えたほうがおすすめです。カットを失敗すると不格好になるので、できれば理容室や美容室できれいに整えてもらいましょう。

くせ毛・天然パーマは良くない?

くせ毛や天然パーマの人の中には、「髪がまとまりにくく面接にふさわしい髪型にするのが難しい」と感じている人もいるのではないでしょうか。

「髪がまとまらないと、印象が悪くなる」と心配している人もいるかもしれません。しかし、くせ毛や天然パーマであっても、それが原因で面接が不利になることはありません。

面接に挑む際の髪型で、最も重要なのは清潔感なのです。髪を短めに切ったり、セット力の高い整髪料を使ったりすれば、十分対策できます。自分の髪質に合わせ、まとめやすい髪型にカットしましょう。

もちろん、気になるならストレートパーマや縮毛矯正をかけても構いません。社会人の中にも、ストレートパーマや縮毛矯正をかけている男性はいます。

ただし、髪がまっすぐになりすぎると、かえって不自然に見えるケースもあるので要注意です。清潔感や社会人らしさを重視し、自然に見える髪型に整えることを意識しましょう。

もし一人では細かい判断が難しいという場合には、転職エージェントで専門のキャリアアドバイザーから個人に沿ったアドバイスを受けることも可能です。

不安な方はこちらをチェックするのもおすすめです。


内定獲得率

女性の髪型のマナー

女性の髪型のマナーは、男性とは異なる部分もあります。ここからは、面接にふさわしい女性の髪型のマナーについてみてみましょう。

OKの髪型の種類

女性は髪の長さのバリエーションが豊富であり、それぞれ面接にふさわしい髪型も異なっています。例えば、ロングであれば面接時は後ろで1つに結んだほうがすっきり見えるでしょう。

毛の量が多いなら、お団子にまとめるのもおすすめです。髪を1つにまとめると後れ毛がたくさん出てしまう場合は、ハーフアップにするという手もあります。

また、セミロングもロングと同じく1つにまとめるかハーフアップにするとすっきりとした印象になりますよ。

1つに結ぶのが難しいボブカットの場合は、おでこや眉がしっかり見えるように長さを調整してカットしましょう。そのうえで、お辞儀をしたとき顔に髪がかからないよう顔周りの髪はスプレーで整えておくと安心です。

さらに、ベリーショートなら、前髪を7:3の割合で分けると清潔感と大人っぽさを両立させられます。サイドの髪が長めの場合は、耳が見えるように髪をかけておきましょう。

NGの髪型の種類

どれくらいの長さであっても、髪が顔にかからないように意識する必要があります。特に、前髪が目にかからないように気をつけ、横に流したり分けたりしましょう。

そのためには、セットした髪型が崩れないよう、スプレーを使ってキープすることも大切です。前髪を作る場合は、ぱっつん前髪にならないように注意しましょう。

ぱっつん前髪でも、短くすれば眉毛を出せますが、そうすると個性的すぎる印象になりかねません。

加えて、ロングやセミロングの長さの髪を後ろで1つにまとめる場合は、結ぶ位置が高くなりすぎないように気をつけましょう。

高めに結ぶと幼稚な印象になるため、耳と同じかそれよりも低い位置で結ぶようにするのがおすすめです。なお、髪を結ぶときはリボンやシュシュは使わないようにしましょう。

職種によっても異なりますが、基本的にリボンやシュシュはビジネスシーンに適していないと判断される場合が多いです。

同様に、カチューシャも面接にはつけて行かないほうがいいアイテムです。面接のために髪を結ぶ場合は、シンプルな黒のヘアゴムを使用するのが無難だといえます。

女性の髪型でよくあるQ&A

女性の場合、さまざまな髪型のバリエーションがあるので、面接前は髪型について悩む人が多い傾向です。ここでは、面接時の女性の髪型についてよくあげられる疑問とそれに対する回答を紹介します。

髪色はどれくらいがいい?

業界にもよっても異なりますが、女性は男性よりも髪色に対する許容範囲が広い場合が多い傾向です。とはいえ、面接時は黒に近いナチュラルな髪色にしておいたほうがいいでしょう。

NPO法人日本ヘアカラー協会が定めているヘアカラー基準でいえば、レベル5~6程度のナチュラルブラウンまたはブラウンが面接に適した髪色です。

多くの美容室で、このヘアカラー基準が採用されているので、希望のレベルを伝えると面接前もスムーズに髪を染められます。

面接では、黒髪がいいと考えられていますが、真っ黒すぎると不自然な印象になる恐れもあるので要注意です。髪色は、派手すぎなければ問題ないので、無理やりに黒髪にする必要はありません。

そもそも、地毛が黒髪よりも茶髪に近い人は少なくありません。髪色は、自分の肌の色や雰囲気に合わせて選ぶことが大切です。

巻き髪はナシ?

面接に挑む場合、基本的に巻き髪は避けたほうが無難です。巻き髪は、派手な印象があり一般的なビジネスシーンにはマッチしません。

フォーマルな場で巻き髪が適しているのは、パーティーのような華やかな場です。TPOの違いを理解していることをアピールするためにも、面接時の巻き髪は控えたほうがいいでしょう。

どうしても髪にまとまりを出したい場合は、ヘアアイロンを軽く当てて髪の毛の向きをそろえる程度がおすすめです。

使ってもいいヘアピンは?

髪をまとめる際にヘアピンを使用するなら、なるべく目立たないものを選ぶ必要があります。具体的には、黒や茶色のアメリカピンやUピンを使うのがおすすめです。

アメリカピンは、一般的に最もよく使用されており、ちょっとした後れ毛をとめたり、前髪を固定したりするのに向いています。

一方、Uピンはたくさんの毛をとめるのに適しているため、髪をお団子にするときに使うと便利です。派手な色のピンや飾りがついているピンは、カジュアルな印象になるので使わないほうがいいでしょう。

同様に、バレッタやヘアクリップなども面接に挑む髪型には適していません。華美になりすぎないよう、髪の毛をシンプルにまとめることを意識しましょう。

くせ毛・天然パーマは良くない?

男性同様、女性の中にもくせ毛や天然パーマに悩んでいる人は多くいます。とはいえ、くせ毛や天然パーマが面接に悪影響を与えることはありません。

髪を1つにまとめたり、ピンで固定したりすれば、しっかりと清潔感を出せます。くせが強いのであれば、髪を短くするよりもある程度長くしてヘアゴムで結んだほうがまとめやすいです。

もともと髪を短くカットしているなら、面接時はスプレーを使ってボリュームを抑えると全体がしっかりまとまります。

ストレートパーマや、縮毛矯正をかけるのも1つの解決策ですが、髪にダメージが出やすいので注意が必要です。

髪が傷んでバサバサしていると、清潔感がなく見えてしまうので、ヘアケアにも力を入れたほうがいいでしょう。

面接時に注意してほしい髪型マナー

面接時には、ほかにも注意したい髪型のマナーがあります。ここでは、第二新卒としての就職や転職を目指す場合に注意してほしい髪型マナーについて説明します。

面接時と履歴書で髪型が全く違うのはNG

履歴書を出す時期と面接を行う時期は、少しずれるケースもあるでしょう。そうなると、履歴書に添付した顔写真と面接時の髪型に差が出る可能性もあります。

基本的に、履歴書に添付した顔写真と面接時の髪型がまったく違うのはよくありません。なぜなら、企業は履歴書に添付された顔写真を見て書類選考を行っているからです。

顔写真から、その人の印象を感じ取り自社に合いそうだと思うから面接に呼んでいます。そのため、面接時の髪型がまったく違うと、「イメージしていた人物と違う」とがっかりされてしまいかねません。

ただし、履歴書に添付した顔写真と面接時の髪型は、細かいところまで完全に一致していなくても大丈夫です。

別人に見えるほど差がある場合は問題ですが、多少の違いを神経質に気にする必要はないでしょう。

そもそも、履歴書に添付する写真は「直近3カ月以内撮影したもの」といった条件がついている場合も多いです。

その条件を守っているなら、少し髪が伸びていたり反対にカットして整えていたりしても問題ありません。

例えば、履歴書に添付した顔写真の髪型があまり社会人にふさわしくなかった場合は、面接の際に髪型を整えて行くのも1つの戦略だといえます。

面接ですっきりとした髪型で登場すれば、その分印象をアップさせられるでしょう。

面接中に髪を触るのはNG

面接中は、基本的に髪には触れないようにしましょう。なぜなら、面接中に前髪に触ったり耳にかけたりしていると、面接官から「落ち着きがない人」と思われてしまうからです。

普段から髪に触るのがくせになっている人は、面接でそのくせが出ないように気をつけましょう。とはいえ、いくら意識していても緊張するとつい普段のくせが出てしまうかもしれません。

そのため、面接時だけ気をつけようとするよりも、普段からくせを直す努力をしたほうがいいでしょう。

面接中に髪に触れないようにするには、サイドの髪や前髪が邪魔にならないように整えておくことも大切です。面接前のヘアセットでは、顔を動かしても髪が邪魔にならないかどうか確認しましょう。

特に、前髪の長さが中途半端な場合は、邪魔になりやすいので注意が必要です。また、面接中に髪型が崩れないよう整髪料を使ってしっかり固定しておきましょう。

面接直前にも髪型チェック!

面接当日は、朝の準備の際だけでなく、面接直前にも髪型をチェックしましょう。なぜなら、家でしっかり髪型をセットしても、面接会場へ移動している間に髪型が崩れてしまうケースもあるからです。

特に、雨で湿気が多い日や風が強い日は髪型が崩れやすくなるため、注意しなければなりません。また、面接会場が家から離れていて移動時間が長い場合も髪型は崩れやすいです。

そのため、面接会場へ向かうときは忘れずに鏡や整髪料を持参し、いつでも髪型をチェックできるようにしておきましょう。

面接にふさわしい髪の状態をキープするには、自分の髪質に適した髪型を選んでおくことも重要です。人によって髪質は異なるので、まとめやすい髪型や直しやすい髪型はそれぞれに異なります。

そのため、面接の髪型を決めるときは、自分の髪の状態を把握したうえで最も適したものを選ぶことが必要です。普段と違うヘアセットになるので、事前に練習しておくと安心でしょう。

さて、本記事では面接の髪型についてご紹介して参りましたが、いかがでしたか?参考になっていれば幸いです。

しかし、中には志望動機や自己PRなど他にも面接でわからないことが多く、失敗してしまわないか不安だという方も多くいらっしゃることでしょう。

そこで近年、20代の間では転職のプロに相談して転職活動を行う方法が人気です。

転職エージェントではプロの視点での書類対策や本番さながらの面接対策の他、会員限定で知ることができる求人情報も得ることができます。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは、第二新卒者をはじめとした若者を対象に、プロの転職アドバイザーがマンツーマンでご対応。個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。

加えて面接後のフィードバックや入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行。

アドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさもあいまって、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

ご相談からでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人での面接対策でお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。


面接対策ならプロがサポート!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div