就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

ネオニートとは?メリット&デメリット、収入を得る方法やニートとの違いを検証

ビジネスシーンが進化して働き方が多様化する中で「ネオニート」というキーワードを目にする機会が増えました。一般的な会社員とも従来のニートとも違うネオニートは、現代社会の生活スタイルとして注目を集めています。

今回はそんなネオニートについてメリット・デメリットや従来のニートとの違い、収入を得るための方法などを検証していきましょう。

ネオニートとは?

ネオニートとはニートから派生した比較的新しい概念の言葉です。まずはネオニートについて、「言葉の定義」と「ニートとの違い」についてしっかり把握しておきましょう。

まずネオニートとは特定の企業に所属せず、生活するのに十分な収入を自力で確保している人の事を指します。

一般的には親や自分と同世代の人と比べても遜色無い程度の収入を得ている人をネオニートと呼ぶ事が多いです。

ネオニートの主な収入源は働かずに収入を得る「不労所得」となっています。

ネオニートにはインターネット関連の技術や知識に長けた人が多く、それを活かして自宅に居ながら収入を得ているケースが多いと言えるでしょう。

働かずして十分な収入を得ているという事実から、世間的には「成功者」として見られる事も多いです。

なお、ネオニートという言葉が一般的に知られるようになったのは、2005年に放送されたテレビ番組で使用された事がきっかけとなっています。

ニートとの違い

ネオニートはニートから派生した言葉であるため、その実態を把握するにはニートについても理解しておく事が重要です。

ニートとは「Not in Education, Employment, or Training」の頭文字を取った造語であり、教育・雇用・職業訓練のいずれにも属していない人の事を言います。

元々はイギリスの労働政策において用いられた言葉であり、15~34歳がこの言葉の対象となっていました。基本的には労働に対する意欲がなく、家に引きこもりがちな人が多いです。

仕事を探す気力もなく収入を得る術を持たないため、親の収入に頼って生活しているというケースがほとんどでしょう。

社会的な立場も保証されていないため、ニートになってしまった原因の解明と解決策を講じる事が求められます。

精神的な負担が原因である場合も少なくないので、時間をかけてゆっくり社会復帰を目指すケースも珍しくありません。

一方、ネオニートは自分で収入を得る術を持っているという点がニートとの最大の違いです。

企業に属して労働する事こそないものの、「お金を稼ぐ」という事に対しては意欲的な点も特徴になります。

ネオニートも「働かない」という点ではニートと共通していますが、「働かずに日々を過ごす」というのがニートの根本であるのに対してネオニートは「働かずにお金を得る」という考え方が根底にあるのです。

そのため、ネオニートは個人事業主の一種であるという見方もあります。収入的に親元から自立しているため、世間的な風当たりはさほど強くないと言えるでしょう。

ネオニートのメリット&デメリット

ネオニートという働き方を選ぶ人がいるのは、そのスタイルにメリットがあるからです。

しかしその反面、ネオニートには気をつけておくべきデメリットも存在しています。ここではネオニートになる事のメリットとデメリットをそれぞれ見ておきましょう。

ネオニートのメリット

ネオニートは会社へ出勤する必要がないため、時間を有効に活用する事が出来るという点がメリットとして挙げられるでしょう。

会社員の場合は朝の身支度・出勤・帰宅などにある程度の時間を割く必要があります。また、勤務中も会社の中や外回りなどで原則的には個人の時間の自由は利かないと言えるでしょう。

一方でネオニートの場合は自宅から出る必要がなく、基本的には誰かに時間的な制約を強制される事がありません。

収入を得るための活動も自分で時間を調整出来るので、自分の生活スタイルを仕事に合わせる必要がないのです。その分、自己管理が重要になりますがこうした自由な生き方に憧れを抱く人も少なくないでしょう。

ネオニートになる事で、煩わしい人間関係から解放されるという事もメリットであると言えます。会社勤めとなれば同僚や上司はもちろん、取り引き先や提携業者など幅広い人間関係の中で仕事をこなす事が求められます。

こうした人間関係を楽しむ事が出来る、人脈を使って活かす事が得意だという人にとってはさほど苦にならないかもしれません。

しかし、慣れない人間関係の中で上手く立ち回る事は容易ではなく、苦手な人と仕事をする事に抵抗感を覚える人も少なくないでしょう。

あまり親しくない人と接する事が苦手な人にとっては、自宅でお金を稼ぐネオニートというスタイルは魅力的に映ると言えます。

また、ネオニートは自分のスキルや頑張りが全て自分に返ってくるという点もメリットです。会社員は上司や人事部が自分の評価を査定するため、中々努力や結果が認めてもらえず昇給・昇進出来ないという事例も少なくありません。

月給制の場合が多いのである程度収入は安定しているとも言えますが、自分の努力が中々認めてもらえないというのはモチベーションに大きく響くでしょう。

一方ネオニートの場合は原則として一人で作業が完結するため、誰かに評価を査定してもらうという機会もありません。収入も作業内容や作業量が直結するので、自分の頑張りが分かりやすく反映されるのです。

ネオニートのデメリット

ネオニートのデメリットとしては、まず収入が不安定であるという事を理解しておきましょう。ネオニートの収入源はほとんどの場合、インターネットを通じたものになります。

詳しくは後述しますが、収入源が世間的な動向に左右されやすいものが多いという点が収入の不安定さに繋がっているのです。

また、会社員であれば常に企業から仕事を与えてもらう事が出来ますが、ネオニートは自分で収入を得るための作業を見つけ出す事が必要になります。

ネオニートは、自分がやるべき事を誰かから安定して供給してもらえる訳ではないのです。

ネオニートが収入を安定させるためには、効率的に作業を確保するための仕組みを作る事が重要であると言えます。

また十分な収入を得ているとは言え、ネオニートには社会的な信用がないという事もデメリットです。

会社勤めでもなければ個人事業主でもないので、ネオニートは世間的に「無職」という扱いになってしまいます。

ローンを組んだり家を借りる際の審査において、無職というステータスは不利に働いてしまうケースがほとんどです。ネオニートがこうした場面で信用を得るには、十分な貯金を作っておく事が一つのアプローチになります。

また、ネオニートという言葉にマイナスイメージを持つ人も少なくないので、周囲からの目線が気になるという事もあるでしょう。

誰かに職業を聞かれた場合には「フリーランス」と答えると若干イメージが和らぐ事があります。

ネオニートには何においても「保証」がないという点も気をつけておきたいデメリットと言えます。会社員が企業で働く場合、社会保険へ加入するケースがほとんどです。

企業が従業員の保険料納税や管理を代行し、万一の際には保険が適用されます。一方でネオニートは自分で国民健康保険などに加入し、納税も自分で行う必要があるのです。

これは年金についても同様となっています。また、会社員は有給制度を利用すれば収入を維持したまま休みを取る事が可能です。

仕事が閑散期であろうとも、出社すればその分の給与は保証されます。しかしネオニートは自分が活動を怠ればその分きっちりと収入は減ってしまうのです。

ネオニートは作業の時間配分だけでなく、自身の健康管理もしっかり行う事が重要と言えるでしょう。

ネオニートになる方法とは?収入を得るには?

ネオニートになるためには「企業に属さず」「自宅で十分な収入を得る」という事が条件になると言えます。

当然ながら、特に手続きや資格の取得が必要な訳ではないので、条件を満たせば後はネオニートを自称するだけと言えるでしょう。

収入を得るための具体的な方法は問われないので、自分の得意分野を活かす事も可能です。とは言え、世のネオニートが収入を得ている方法にはある程度の傾向が見られます。

ここではネオニートが収入を得るためにとっている一般的な手段と、それぞれの方法についてのコツや注意点を見ていきましょう。

広告収入

アフィリエイトによる広告収入は、ネオニートの収入源としてメジャーなものとして知られています。

アフィリエイトとは自分のブログやwebサイトに広告を掲載し、その広告を閲覧者がクリックしたりリンク先で商品を購入した場合に報酬を受け取るシステムの事です。

報酬はリンク元から支払われます。アフィリエイトを行う人の事をアフィリエイターと呼ぶ事も併せて覚えておきましょう。

アフィリエイトで見込める収入は人によってまちまちですが、月間で100万円以上の収入を得ている人も少なくありません。

アフィリエイトを行うには、まず広告を掲載するためのホームページやブログ記事が必要になります。有料・無料ともに様々なサービスがあるので必要な機能に応じて選びましょう。

広告の掲載スペースが確保出来たら、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)へ登録します。ASPはアフィリエイターと広告主を仲介する業者です。

ASPへの登録が完了すると、そのASPで取り扱っている商材の広告を選択して掲載出来るようになります。

アフィリエイトでの収入を得るためのコツは、人気がありそうな・これから人気が出そうな商材を見極めて広告を掲載する事です。

いくら広告を掲載したページを用意しても、閲覧者に興味を持ってもらえなければ収入に繋げる事は出来ません。

また、より多くの閲覧者にページを見てもらうためには「独自ドメイン」の取得がおすすめです。

ドメインとはインターネット上におけるwebページの住所のようなもので、アドレスの後半部分がドメインにあたります。

独自ドメインの取得には費用がかかりますが、無料ドメインよりも信憑性が高いので検索結果が上位に表示されやすいというメリットがあるのです。

一度広告を掲載してしまえば後は待つだけのアフィリエイトですが、収入が増えるまでにはある程度時間がかかると考えておくのが賢明です。

自分のホームページやブログを見てもらうためには、内容を工夫して閲覧者の興味を惹き付ける事が重要になります。

また、アフィリエイトにはいくつかの禁止事項が設けられており、違反するとアカウントの停止や法的処置といったペナルティが下される事も覚えておきましょう。事前にしっかりと調べて、安全な運用を心がける事が重要です。

FX

FXをメインの収入源としているネオニートも少なくありません。FXとは「Foreign Exchange」の略であり、日本語での正式な名称は「外国為替証拠金取引」となります。

FXを簡単に言えば「異なる通貨間での売買」を行う事で、例えば「日本円でドルを買う」「ユーロをポンドで買う」といった取り引きをするのです。

それぞれの通貨の価値(レート)は常に変動していて「レートが安いうちに買い、レートが高い時に売る」というのが基本的なアクションになります。

FXを始めるためには、まずFXの取り扱いがある企業で専用口座を開設する必要があります。その口座に入金したお金で取り引きを行うのです。

少ない元手でも取り引きを開始出来る点はFXのメリットでもあります。なお、FXを取り扱う企業は10社以上存在しており、それぞれに特徴が異なるという点も重要なポイントです。

自分に合った企業で口座を開設する事もFXで失敗しないためのポイントなので、口座開設の際は十分に注意しておきましょう。

FXで効率的に利益を上げるためには「損切り」の決断を早めに行う事が重要だと言われています。損切りとは、手持ちで価値の下落が始まった通貨の取り引きを早めに終える事です。

通貨のレートが常に変動しているという事は、現状のレートが低くても少し待てば上昇する可能性があるとも言えます。

しかし、こうした希望的観測で待ち続けた結果大きな損失を被ってしまうと取り返しのつかない事にもなり兼ねません。FXでは利益を大きくするよりも、損失を最小限に抑える事を意識する事が重要なのです。

FXを行う際に注意しておくべき点は「レバレッジ」というシステムについてです。レバレッジとは簡単に言うと「手持ちのお金以上の金額で取り引き出来るようにする」という仕組みになります。

レバレッジはFXが効率的な収入源となる大きな要因でもありますが、逆に言えばレバレッジを高めに設定する事は大きな損失を被るリスクを高める事にもなるのです。

また、FXを取り扱う企業では状況に応じて、トレーダーが手持ちのお金以上に損失を被らないために「ロスカット」という強制的な取り引き終了措置を取る事があります。

取り引きに慣れるまではレバレッジの設定を高くても3倍までにしておくと良いでしょう。

投資という観点では、株式投資もFX同様にネオニートの収入源となっているケースが多いです。

株式とは企業が活動資金を調達するために発行している券(電子化されているのが一般的)であり、証券取引所を介して購入・売却する事が出来ます。

株は保有している数に応じて企業が生み出した利益の一部(配当金と呼ぶ)を受け取る事が可能です。配当金以外にも、企業によって様々な株主優待が用意されている事も覚えておきましょう。

また、それぞれの企業が発行している株券を「銘柄」と呼び、FXの通貨と同じように銘柄の価値は常時変動しています。銘柄の価値が高い時に売りさばく事も、株式で収入を得る一つの手段なのです。

株式投資を始めるにも、まず専用の口座を開設する必要があります。株式の口座には「店舗型」と「ネット型」の2種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあるので注意しましょう。

店舗型の場合は電話や窓口を通じて銘柄の売買を行います。担当者が付くので知識や経験がなくても相談しながら取り引きを進められる事がメリットです。

しかしその反面、人件費などの関係で手数料が比較的高い点がデメリットと言えるでしょう。

ネット型は手数料が安く、全ての取り引き作業をネット上で完結出来る利便性の高さが魅力です。一方、担当者が付く訳ではないので意見を仰ぐ事が出来ない点はデメリットと言えるでしょう。

なお、株式投資は一般的にある程度の元手が必要とされる事にも留意してください。投資自体は数万円からでも可能ですが、出来れば10万円以上の元手は確保しておきたいところです。

株式投資で利益を上げるコツは「銘柄選び」「売却を適切なタイミングで行う」という2点です。

銘柄を選ぶ際には「その企業の財務が健全であるか」「その企業に将来性はあるか」「購入時点での価格が割安かどうか」という3つのポイントを意識しましょう。

売却タイミングを見極めるには知識と経験を積み重ねる事が重要ですが、まずはFXのように「損切り」のラインを定めて許容出来る損失を超えないようにするのが堅実です。

株式投資では投資する銘柄を分散させるように心がけましょう。いくら優良銘柄であっても業績不振や不祥事、社会的な事件の煽りを受けた二次被害によって株価が下落するリスクは拭いきれません。

すべての資金を一つの銘柄に投資してしまうと、予期せぬ株価の暴落が起きた際に致命的な痛手となってしまうのです。特に初心者で銘柄選定のコツが掴めないうちは分散投資を行っておく方が安心と言えるでしょう。

FXと株式投資に共通して言えるのは、本格的に行うのは十分に勉強が進んでからの方が良いという事です。

インターネットオークション

上記3つに比べて手軽に始められる収入源としてはインターネットオークションが挙げられます。自宅にある要らないものや高値で売れそうなものをネットオークションに出品するだけなので、特に難しい知識や特別なスキルを必要としないのです。

オークションでは値段を吊り上げるスタイルが一般的ですが、ネット上のフリーマーケットサイトやアプリを利用して定額で出品するというのも良いでしょう。

こうしたオークションサイトやフリマアプリは買い取り専門店に持ち込むよりも高値で売れるケースが多いので、出品出来そうなものを多く所有しているのであれば有効な手段と言えます。

商品を魅力的に見せる画像の載せ方や、ユーザーが安心して落札投票出来るようにしっかりした商品説明を記載する事がポイントです。

注意したいのは、出品する商品の適性な相場を把握していないと自分が損をしてしまったり、商品が中々落札されなかったりするという点です。

慣れないうちは最低落札価格を自分が希望する売却価格に近い数値に設定しておくと良いでしょう。何度出品しても売れ残ってしまうようであれば、情報収集して出品価格が適性な相場になっているか見直す事も必要です。

また、ネットオークションやフリマアプリは出品してそれで終わりではありません。商品が売れたら落札者と連絡を取り、発送の手配を自分で行う必要があるのです。

出品数が少なければさほど手間ではありませんが、出品数が増えればそれだけ管理や手配が大変になる事も覚えておきましょう。

ポイントサイト

ネオニートの収入源の中で最も手軽と言えるのが、ポイントサイトを利用する事でしょう。ポイントサイトではアンケートに回答したりデータ入力を行う事でポイントが加算され、それを現金やギフト券に交換するという仕組みが一般的です。

中にはインターネットに掲載される記事を作成してポイントを稼ぐサイトも存在します。ただし、こうしたポイントサイトは一つ一つの単価が低いという点に留意しておきましょう。

まとまった収入を得るためには出来るだけ単価の高い作業を探したり、空き時間にコツコツと継続して作業をこなしたりといった努力が必要になります。

一般的にポイントサイトだけで生計を立てるにはかなりの作業量をこなす必要があるので、他の収入源を補うような形で利用するのがベターと言えるでしょう。

ネオニートとしてやっていける人の特徴

ネオニートはニートから派生した概念であるため、誰でも気軽になれるというイメージを持つ人も少なくありません。しかし、ネオニートは言ってみれば会社で働かずしてお金を得るスキル・知識を身につけている「成功者」です。

ネオニートとしてやっていける人には、以下のようにある程度の傾向や特徴が存在します。

規則正しい生活をすることができる

ネオニートのメリットの一つには「時間を自由に使う事が出来る」というものがあります。ただし、ネオニートとして成功している人には規則正しい生活を送る事が出来るという傾向がある事にも留意しておきましょう。

働かずに収入を得るにしても、毎日決まった作業を決まった時間にこなす必要が出てくる場合もあります。例えばFXや株式投資なら決まった時間にレート・株価の動向をチェックしなければ、正確な判断を下す事が出来ません。

ネットオークションにおいてもオークションの終了時間に状況を確認したり、落札者との連絡を定期的にチェックしてスムーズな取引を心がける事が重要になります。

金銭管理が細かくできる

ネオニートは会社員のように給与明細や源泉徴収が支給される訳ではないので、自分で稼いだお金の管理をしっかり行う事が重要です。

加えて、ネオニートは比較的収入が不安定なので多く稼げる月もあれば収入が少ない月もあるでしょう。収入と支出のバランスをしっかり把握していないと、ネオニートとして生活を成立させる事は出来ないのです。

毎日の収支を家計簿アプリなどを利用してしっかり記帳していくのがおすすめと言えるでしょう。また、買い物した際のレシートは保管しておくと記帳の際にも便利です。

場合によっては確定申告に必要な事もあるのでレシートや領収書はなるべく月ごとにまとめるなどして保管しておきましょう。

お金を稼ぐことに貪欲になれる

ネオニートの世界にも様々な事情を持つ人がいるので、中には親族の遺産などで十分な後ろ盾があるという場合もあるでしょう。しかし、ネオニートは会社で働かず自力で生活費を捻出するというのが一般的なスタイルです。

どんな方法で収入を得るにしろ、お金を稼ぐという事に貪欲な姿勢をとれる人でなければ十分な収入を得る事は難しいでしょう。

例えばFXや株式では日々レートの確認をしたり金融関係の知識を身に付ける事が重要です。

アフィリエイトの広告収入やネットオークションにしても、ユーザーの関心を惹き付けるための工夫は欠かせません。会社で働かないという事は、努力をしないという事ではないのです。

効率的に収入を得るにはどうすれば良いのか、常日頃から向上心を持って取り組むクセを付けておきましょう。必要であれば有識者の意見を仰ぐという事も大切です。

会社で働いた経験がある

逆説的になりますが、ネオニートとして成功している人には会社で働いた経験を持つ人が多いです。ネオニートは会社で働く事はありませんが、お金を稼ぐ上で誰ともコミュニケーションを取らないという訳ではありません。

例えばネットオークションであれば落札者と連絡を取る作業が必要になります。こうした場面では社会常識としての敬語やマナーが役に立つのです。

社会へ出て身に付けた一般常識は、商材の選定やホームページ・ブログ記事の内容にも反映されます。あまりにも常識からかけ離れた広告や記事は、ユーザーに振り向いてもらえないと言えるでしょう。

今すぐネオニートになる必要がないのであれば、一度社会人としての経験を積んでおくと将来ネオニートになる際にその経験が役に立つと言えます。

既に社会人経験があるのであれば、その頃に身に付けたビジネスマナーなどを思い出しておきましょう。

体調管理を自ら行える

規則正しい生活リズムは健康維持のためにも大切なポイントです。体調不良で作業が出来ないと収入減に直結してしまうネオニートにとって、健康的な身体は基本中の基本とも言えます。

「時間の使い方が自由」というのは、プライベートと作業の時間的な割り当てを自分で決める事が出来るという事なのです。

就寝時間と起床時間、食事を取る時間などをある程度決めておくと規則正しく一日のスケジュールを組みやすくなるでしょう。

また、平日と休日の感覚が無くなりやすいネオニートは、お金を稼ぐために毎日作業してしまうケースも少なくありません。

作業内容や量にもよりますが休みなく作業を続ける事は心身ともに少なからず負担をかけ、確実に疲労を蓄積させてしまいます。

その日の収入が0になる不安はあるかも知れませんが、定期的に休日を設けて身体と心をリフレッシュする事も大切です。

ネオニートになるにはまず正社員経験から!

さて、これまでの記事を読んでまずは正社員になることから始めてみようと考えている方や、ネオニートとして生きていくための知識やスキルを企業で学びたいと考えていらっしゃる方も多いかと思います。

もし一人では転職活動の方法がイマイチわからないなどとお困りの方は転職エージェントの利用が非常に便利です。

転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の就職支援サポートです。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは、第二新卒者をはじめとした若者を対象に、プロの転職アドバイザーがマンツーマンでご対応。個人の希望条件や性格、適性に沿った求人をご紹介いたします。

加えて面接後のフィードバックや入社後のケア、個人では行いにくい企業との交渉ごとも第二新卒エージェントneoではすべて代行。

アドバイザーの丁寧さと人柄のやわらかさもあいまって、就活が非常にスムーズだったとのお声を多くいただいております。

ご相談だけでもかまいません。私たちのサービスはすべて無料で就職、転職どちらにも対応しておりますので、一人でお悩みの方はぜひ利用を検討してみてください。


内定獲得率

【体験談】就職や転職を成功させた人はこんなにいます!

実はこんなにたくさんの方が正社員への就職や転職に成功しています。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div