第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

必読!フリーターから正社員に就職したい人がするべき事とは?

フリーター生活から正社員への就職を考えたものの、何から始めればいいのかわからない!という方も多くいらっしゃることでしょう。就活に必要なポイントを抑えて、フリーターから正社員になるために必要な情報をまとめました。

まず最初にする事は?

  • 現状の整理をしよう
  • なぜ正社員での就職をするのかを改めて考えてみましょう。責任ある大きな仕事をしたい、社会人として成長したい、もっと稼ぎたいなど理由は様々あるでしょう。その理由に正解はなく、自分が納得できる理由を軸に就活をすすめることが、成功への近道です。
    しかし、実際の所は前向きな理由だけでなく、安定した雇用に就きたい、将来の賃金に関する不安などといった理由でも問題はありません。実際にフリーターから正社員へ就職をした方の中でも、結婚などのライフイベントにより、安定した雇用を求めてや、年齢面での将来の不安から就職した方も多くいらっしゃいます。
    自分の人生をより良くするために正社員就職を目指すという事は、決して悪い事ではないのです。もちろん、選考の際に社会人経験を積んでいきたいなどのはポジティブな理由を伝えるようにしましょう。

  • 就活のスケジュールを決めよう
  • フリーター生活から正社員への就職活動を始めた時に、必ず就職活動を終わらせる時期を決めましょう。正社員へ就職できない方で多いのが、なんとなく就活を続けて、結果として就職できないというパターンです。厚生労働省の調査では、フリーター期間が6ヶ月以内であれば70%が就職できるが、半年が経ってしまうと就職できる確率は60%程度に、そして年齢が経つにつれて就職できる可能性は下がっていき、同時に応募できる求人もなくなってしまいます。フリーターでの就活は、新卒時での就職活動と違い卒業などの終わりがないため、自分で期限を設定しなければなりません。
    また、1年以内には。。。などではなく、1ヶ月ないし2ヶ月以内には内定を獲得する!といったスピード感で動きましょう。企業がフリーターを正社員で採用する理由の一つとして、すぐに働いてくれる若手採用がしたいという点があります。また、期限を決め、早く社会に出たいという意識を持つことによって、企業への就業意欲をアピールする事ができます。

  • 正社員での生活とアルバイトのどちらが大事?
  • 中にはアルバイトの勤務年数が長くなり、バイトリーダーなど、アルバイトメンバーの中でも重要なポジションになっている方もいることでしょう。その際には、きちんと就職活動をすることを伝え、就職が決まったらすぐにアルバイト先を辞められる様にしておきましょう。アルバイト先から引き止めなどされる場合もありますが、自分の今後の人生のためにも、情に流されずにしっかりと退職の意志をつたえましょう。アルバイト先に気を使うあまりに就職活動ができず、年齢も30を過ぎそのアルバイト先をクビになってしまう。。。では後悔しきれませんよね?

▶フリーターと正社員の違い・就職するメリットとは?

就活を始める準備をしよう

フリーターから正社員への就職活動では、以前に新卒時に就職活動を行っていた方もいらっしゃることでしょう。その際に気を付けなくてはいけないのが、スーツや書類を使いまわししていないかです。半年も経てば体型が変わっている方もいらっしゃるでしょう。もったいないと感じてしまう方もいるかもしれませんが、就職してからはスーツを着る機会も増えるので、現在の体型に合ったものを着ましょう。
そして、一番いけないのが書類の使い回しです。以前に考えた自己PRや志望動機を使いまわしている方も多く見られますが、フリーターでの就活では新卒以上に自己PRと志望動機が重要になります。今の自分の考えや経験に沿ったものを改めて作成しましょう。


▶志望動機の書き方はこちら

求人に応募しよう

未経験歓迎求人に気をつけよう

フリーターから正社員へ就職する際の関門として、求人を探すといった点があります。求人広告で応募する際には、募集要項を必ず確認し、自分の経歴が対象であるかを確認してから応募しましょう。また、新卒の求人の様に総合職採用ではなく、職種を固定しての募集が主になります。ここで気をつけなくてはいけないのが、自分が知っている職種や業界だけに応募をするといった点です。まずはイメージで決めずに、様々な仕事を調べてみましょう。きっと、自分の知らなかった良い仕事も見つかるはずです。

▶未経験OKの求人を探す

フリーターからの就職では大手企業は難しい?

社会人経験がない段階での就職活動では、いわゆる大手・有名企業に就職できる可能性は極めて低いです。なぜなら、ネームバリューのある企業や人気の業界の企業は、新卒採用だけで十分に採用ができ、中途採用も経歴のあるキャリア採用だけの場合がほぼです。社会人経験が無いとポテンシャル採用になるので、なかなか大手での募集は少なくなります。もし、大手企業や有名企業への就職にこだわりがあるのであれば、すぐの就職を狙って日数を消化するのでなく、成長できる企業に入社し経験を積み、数年後の転職を狙う方が就職できる可能性はグッと高くなります。

求人に応募した際のライバルは?

比較されるのは同年代のフリーターではなく、社会人経験も含めた同年代と比較されます。25歳であれば新卒入社後しっかりと3年の社会人経験を持った方、27歳ともなれば5年の社会人経験を持っていて、役職に付いている方も増えてきます。そのような方と比較される中で就職するためには、今までの分を取り返して社会人として成長するといった強い意識が企業からは求められます。ひとつ覚えておかなければならないのは、就職を先延ばしにすればするほど就職は難しくなるということです。

まとめ

30歳を超えてしまうと、フリーターからの正社員募集はほぼなくなるのが現状です。もちろん、日数が経てば経つほど選べる求人は減ってゆき、希望の職種や業種にしぼっていたがために、就職自体ができないというケースも少なくありません。もし、希望の業種や職種が人気のものであり、新卒での就職ですら難しい様であれば、いきなりの希望職種・業種への就職を目指すのではなく、将来的に希望の仕事に就けるよう、経験を積んだり、キャリアアップが見込める様な仕事を探しましょう。
例えば今、あなたが職歴の無い24歳であり、希望の職種で就職できてなかったとしても、今就職をして社会人経験を3年積めば、27歳正社員歴3年の立派な中途採用のターゲットになります。10年後、20年後自分がよりよい生活を送ったり、やりたい仕事で働いているためには、1日でも早く経験を積めるよう行動をしましょう。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ