第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【フリーターが就職するための志望動機】企業研究の必要性って?

業界研究を行ったら、次は企業研究を行いましょう。企業研究を行うと、志望企業の理解を深めることができます。また、本当に自分の志望する企業かを見極められることも期待できるでしょう。今回は、フリーターの方が就職活動をする際の企業研究の必要性、やり方、志望動機への活かし方をご紹介します。

企業研究はなぜ必要か

企業研究では、志望する企業の事業展開、会社概要や顧客・市場などについて調べ、理解しましょう。志望動機を作るにも、まずは企業のことを知らなければ作れないため、企業研究は志望動機を作る上で必要だと言えます。企業側も、企業のことを良く調べ、理解している人材を採用したいものです。また、企業研究の結果、志望企業に対するイメージの変化が起こることもあります。
もし企業研究をせずに就職してしまうと、その企業が思っていたイメージと違うので働き続けられないといった状況が発生する可能性もあるのです。そのような事態を避けるためにも企業研究は必要です。

企業研究のやり方とは

企業研究をするには、まず企業の情報を調べることが必要です。情報収集の手段の例としては以下のものがあります。

  • 企業のサイト
  • 会社案内パンフレット
  • OB、OG訪問
  • 就職情報誌
  • 新聞やテレビなど

企業について情報を調べたら、しっかりまとめて理解することが大切です。数社調べた場合、同じ業界であれば似た特徴もありますが、混同しないように気をつけましょう。
業界での企業のポジションや役割、今後の展望などを自分なりにまとめておくと志望動機を作る際や面接を受ける際に役に立ちます。消費者の目線で調べるだけではなく、企業の一員としての目線でも調べると企業研究をより掘り下げて行うことができるでしょう。

企業研究の志望動機への活かし方

企業研究で知り得た知識をすべて志望動機に書くのではなく、自分のアピールポイントと照らし合わせて使えそうな部分をピックアップし活用しましょう。
企業のどこに惹かれて志望したか、自分の知識や経験、適性などをどのように企業の発展に活かせるかなどを書いて志望動機を作ると説得力のあるものになります。フリーターの方ならではの学校を卒業してからの経験もぜひ加えましょう。企業をしっかりと知り理解することで、より具体的な志望動機を作ることができるので、企業研究は必要です。また、面接官とのコミュニケーションにも企業研究をしっかり行うことが役立つでしょう。企業についてよく理解をすることで、面接での発言の説得力が増します。

企業研究は企業が求める人材を把握するためにも必要

企業研究は、具体的で説得力のある志望動機を作るために必要なプロセスです。しっかりと企業研究を行い、理解を深めること大切です。企業への理解を深めたら、どのような人材を企業が欲しているかが分かってくるでしょう。企業研究の結果を自分の経験や能力と照らし合わせ、自分をアピールできる志望動機を作りましょう。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ