就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

30代無職になる理由とは?20代無職が今から取るべき行動3選も公開

30代は働き盛りともいえる年代です。しかし中にはさまざまな事情から30代で無職になるケースもあります。

「将来に対して焦りを感じている」「働きたいけれどどうすればいいかわからない」とお悩みの方もいらっしゃることと思います。

そこで本記事ではそもそもなぜ30代無職になってしまうのかの主な原因と、無職を抜け出すための方法について詳しくご紹介します。

少しでもお役に立てれば幸いです。

30代無職の問題点

仕事をしないままぼんやりと日々を過ごしていて、気が付いたら30代になっていたという人も少なくありません。

ただ、日々を過ごす中でも「本当に無職のままでいいのだろうか」と漠然とした不安を感じる人もいるでしょう。無職の状態が長く続くと、やがてさまざまな問題に直面することになります。

30代無職の場合、一体どのような問題が発生するのでしょうか。主な問題点について見ていきましょう。

仕事の選択肢が限られていく

無職期間が長いと、その分仕事の選択肢がどんどん狭まってしまうことになります。

なぜなら30代は仕事をするうえでは即戦力が求められるようになり、必然的に一定の社会人経験やビジネススキルが要求されるからです。

20代からバリバリ企業で働いてきた人は、30代の時点でそれなりの経験や知識が身に付いているものです。

一方、30代であまり仕事をしたことがないとどうしても企業から「経験不足」だと捉えられてしまいやすいのです。

無職期間が長ければ長いほど、「今まで何をしてきたのだろうか」と厳しい目で見られてしまい、結果として採用してもらえる可能性も低くなってしまいます。

企業側としても、どうしても30代の人材を探す際は経験やスキルのある人を優先したくなるものです。

そのため、無職の方が一念発起して「30代から仕事を探してみよう」と思っても、そもそも応募条件を満たす仕事が少ない可能性が高いです。

すると自身が希望する仕事に応募したり就職したりすることが難しくなるため注意が必要です。

やはり憧れている業界や職種がある場合は、なるべく早い段階からその仕事に携わっておくことをおすすめします。

独身の場合、婚期を逃しやすくなる

30代無職の場合、収入がなく独身という方もいらっしゃるのではないでしょうか。独身でなおかつ30代無職だと、結婚が遠ざかってしまうおそれがあることが問題点として挙げられます。

結婚は生涯を共にするパートナーを決めるものであり、やはり相手にはある程度の経済力や生活能力を求める人が多い傾向にあります。

したがってもし無職の方が結婚を強く望んでいたとしても、相手がなかなか見つからなかったり、同意を得ることが難しい可能性があるのです。

仮に交際相手がおり、「無職でも気にしない」「結婚をしたい」と言っている場合でも、家族に反対されてしまうおそれもあります。

収入がない状態である以上、相手の両親に心配されてしまうのは無理もないことです。このように30代無職で独身の場合、結婚を実現することは難しくなるでしょう。

特に婚活で相手を探そうと考えている場合は要注意です。結婚相談所によっては入会時の審査として収入の証明が必要になるケースもあります。

また、結婚相手を選ぶ際の条件に年収や職種を重視する人も少なくありません。

このようなことを踏まえると、将来的に「結婚したい」「家庭を持ちたい」と考えているのであれば、やはり定職に就いておいたほうが無難といえるでしょう。

親が高齢になり生活の質が下がっていく

実家暮らしをしている人の場合、問題となるのが「親の高齢化」です。30代無職の人は収入がないため、実家で親に生活費を出してもらっているという人も少なくありません。

親がまだ若く、元気で働いているうちは問題が表面化しにくいでしょう。しかし、親は年々老いていき、いずれは仕事も退職することになります。

すると家計に余裕がなくなり、生活の質が下がってしまう原因になるため注意が必要です。

20代のうちは「仕事をせずお金がなくても親が何とかしてくれる」と気楽に構えられても、30代ともなるとそうもいきません。

定年退職後は親も年金暮らしになるケースが多く、金銭的に頼ることが難しくなってくることを念頭に置く必要があるでしょう。

中には、最終手段として「生活保護をもらえば問題ない」と考える人もいるかもしれません。しかし、生活保護を受給するためには細かな条件が設けられています。

誰でも簡単に受給できるものではないため、安易に生活保護に頼ろうと考えることは避けたほうが良いでしょう。

親を安心させるという意味でも、やはりしっかりと仕事や将来について考えることが大切になります。

外部との交流が減り悪循環にはまる

30代ともなると、結婚して家庭を持ったり仕事で出世したりする人も増えてきます。友人や同級生などにこのような変化がみられると、どうしても無職の方は自分と比べてしまう傾向があります。

すると、気分が落ち込んだり自分を卑下したりする原因につながります。

無職期間が長引くと「自分も周りのように頑張ろう」という気持ちも薄れ、どんどん「もうダメだ」と悲観的になってしまいます。

その結果、人との交流を避けるようになり、外に出て働く自信がますます失われるという悪循環に陥ってしまうのです。

加えて働いていないと収入がない分、外に出て遊んだり好きなものを買ったりできなくなります。

このような状態になると外への関心が薄れ、人によっては外出機会が減って運動不足になったり、人目を避けて昼夜逆転の生活になったりするケースもあります。

不規則な生活は心身にとって負担がかかるため、避けることが大切です。周りと比較することは避け、なるべくポジティブな気持ちで毎日を過ごすようにしましょう。

また、規則正しい生活を心がけ、外に出て適度な運動をするように心がけましょう。毎日短時間でも用事を作り、少しずつ外に出る習慣を身に付けることが大切です。

30代で無職になる人の特徴

そもそもどのようなきっかけで30代無職になってしまうのでしょうか。30代で無職になりやすい人にはいくつかの特徴があります。具体的な内容について見ていきましょう。

これまで正社員として働いたことがない

正社員としての経験がない方は、30代無職になりやすいとされています。

入社した会社を退職したり解雇されたりしたわけではなく、そもそもの職歴がない、正社員として働いたことがないという方も多いのです。

特に多くみられるのは、大学卒業後に就職せずそのまま無職になってしまったというケースです。

就職活動をしていなかったり、頑張っても結果が出ず仕事探しが嫌になってしまったりする人も少なくありません。

それ以外にも、派遣やアルバイトとして働いていたものの途中で仕事を辞めてしまい、無職になってしまったという方もいらっしゃいます。

若いうちは考えなしに仕事を辞めたとしても、間口が広く次の仕事もすぐに見つかりやすい傾向があります。しかし30代になると間口が狭くなり、なかなか次の仕事も見つからなくなってくるのです。

仕事探しが長引くと次第に意欲が低下し、「もういいや」と挫折してしまうのです。

正社員期間があっても離職期間が長く復帰できていない

30代無職になりやすい人の特徴として「離職期間が長い」ことが挙げられます。

もともとは正社員として働いていたものの、何らかの事情によって離職期間が長引き、結果として無職から抜け出せなくなってしまうケースも多いのです。

たとえば、残業が多かったり仕事内容が合わなかったりして、仕事を辞めてしまう人もいるでしょう。

このような場合、「しばらくの間は働かずにゆっくり過ごしたい」と考えてしまうものです。そして、ズルズルと長く休みそのまま社会に復帰できない人もいるため注意が必要です。

それ以外にも、正社員として勤務していたときに嫌な思いをして、働くことへの抵抗感を持ってしまうケースもあります。

一度働くことへの抵抗感を持ってしまうと、なかなかそれを克服することは難しいものです。どうしても「働くことが怖い」と思ってしまい、離職期間が長引きやすくなります。

このような理由から離職期間が長引くと、事情を知らない企業は「長期間働かず何をしていたのだろう」と疑問を持つでしょう。

その結果、なかなか採用が決まらず社会復帰が難しくなってしまうのです。

家族や周りの人の支えが大きく甘えている

30代無職になってしまう方はに、周りに甘えているという特徴があります。そもそも人が生きていくためには、お金が不可欠です。

働いて収入を得なければ生活ができないため、嫌な思いをしながらも毎日仕事に取り組んでいる人も多くいます。

しかし、金銭的に支えてくれる家族や周りの人がいる場合、それに甘えて「無理に働かなくてもいいや」という考えが生まれてしまうのです。

特に何をしても許される家庭環境の場合、子どもが自立できず親に甘えてしまう原因につながります。

幼少期から甘やかされて育ってきた場合、精神的にも打たれ弱くなかなか社会の厳しさに適応できないケースも少なくありません。

無職になってしまう原因はこのように本人だけではなく、家庭環境に隠れている場合もあります。

将来に対する目標や希望が無く、日々過ごしている

30代無職の人は将来何がしたい、というような具体的な目標や希望がないという特徴があります。もともと自ら進んで何かをするということがなく、受け身な人が多い傾向にあるのです。

そもそもやりたい仕事が見つからなかったり、働く意味を見い出せていないと、仕事を探す意欲も生まれにくいものです。

いつか誰かが何とかしてくれる、やりたいことが見つかるというように悠長に構えていて30代に突入し、急激に焦ってしまう人も少なくありません。

若いうちは自身のやりたいことを見つけるため、時間を費やすことも一案です。しかし、30代になっても働かず経験もスキルもないままだと、企業から「怠けている」と捉えられてしまうおそれがあります。

具体的な目標や希望がない場合でも、何らかの仕事に就き主体的に動くことが求められる年齢といえるでしょう。

体調不良等やむを得ない事情

中には体調不良が原因で30代無職になってしまうケースもあります。もともと持病があり体調が安定せず、定職に就くことが難しい方もいらっしゃるようです。

また、人によっては精神的な疾患を患っていることもあります。

仕事をしていて限界がきてしまったり、就職活動時のストレスやプレッシャーが大きすぎたりするなどの原因で、心身を壊してしまう人も少なくありません。

このような体調不良が原因の場合、病状が良くなったとしてもなかなか企業側の理解を得ることが難しい傾向です。

本人はやる気があっても、企業側は「再び病状が悪くなり欠勤・退職をするのではないか」と採用に踏み切れない要因になり得るのです。そのため、就職が決まらず無職期間が長引く人もみられます。

30代無職で仕事に就く方法

中には「何とか今の状況を変えたい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。きちんと現実に向き合い、対策を練ることで無職を抜け出すことは十分可能です。

30代無職を抜け出すための方法にはどのようなものがあるのか、具体的に見ていきましょう。

ハローワークを利用する

30代無職から仕事を探すために、有効な方法として「ハローワークの活用」が挙げられます。ハローワークとは公共職業安定所のことで、国が管理する職業紹介を行うための施設です。

ハローワークに登録することで、人材を募集している企業の求人を紹介してもらうことができます。

ハローワークは窓口で担当者から求人紹介を受ける以外にも、自身で求人を探すことも可能です。自身に合う方法でじっくりと求人を探すことができるでしょう。

なお、利用料金は無料なので金銭的な心配もありません。ハローワークには幅広い求人があり、中には年齢制限がなかったり経験不問としているものもあります。

自宅近くにハローワークがある人は、一度相談に行ってみると良いでしょう。

就・転職エージェントを利用する

自分一人で就職活動をすることに不安がある場合は、就・転職エージェントを活用することがおすすめです。就・転職エージェントは担当者と二人三脚で就職活動を進められることが特徴です。

求人の紹介はもちろん、履歴書の書き方や面接の練習などを行えるサービスもあります。

30代無職で職務経験が少ない場合、「自身をどのように売り込めば良いのかわからない」と悩んでしまいがちです。

このようなときに就・転職エージェントに相談すれば、プロの視点からアドバイスを受けることができます。企業の採用情報にも精通しているため、効果的なアプローチ方法を教わることができるでしょう。

利用するものにもよりますが、就・転職エージェントは基本的に無料でサービスを提供しているところが多く費用面でも安心です。Webで簡単に登録を済ませられるものもあり便利です。

たとえば私たち第二新卒エージェントneoでは若年層に特化してサポートを行っている他、このようなメリットがあります。

ご紹介する企業はプロの観点で厳選しているため、ブラック企業を紹介される心配はありませんし、気になる求人がなければ利用をやめることもできます。

もし就職の進め方がよくわからなかったり、短期間で就職したい方はご相談だけでもかまいません。ぜひ一度私たちにお話をお聞かせください。


仕事選び

家族や友人に職場を紹介してもらう

無職の人が仕事探しをするための方法として、「家族や友人からの紹介を受ける」という選択肢もあります。

家族や友人が勤めていたり、よく内情を知っていたりする企業で人材が不足していないか、聞いてみるのも良いでしょう。

紹介であれば職場の雰囲気や仕事内容などを事前に聞き出すことができ、安心して仕事に臨めるというメリットがあります。

ただし、紹介を受けるからには相手に迷惑がかからないよう、細心の注意を払うことが基本です。急に仕事を退職するなどの行為は避け、真面目に仕事に取り組む必要があるでしょう。

資格があれば就きやすい仕事を探す

過去に取得した資格があれば、それを生かせる職場を探すことも一案です。企業の求人票を見てみると、募集要項に必要な資格やスキルが記載されています。

自身が持っている資格を生かせる仕事であれば、書類選考を突破し面接までこぎ着けられる可能性を高められます。

面接でうまく知識をアピールできれば、即戦力の人材として興味を持ってもらえる可能性があるでしょう。

取得している資格がない場合は、興味のある仕事を見つけ、それに関連する資格を取得することも良い方法です。

仕事に就くため資格を取得したというエピソードを盛り込めば、面接でも採用担当者に「やる気がある」と好印象を与えられるでしょう。

ひとまずアルバイトを行う

無職期間が長期化している場合、いきなり正社員として働くのは不安という人も少なくありません。このような場合は、まず働くこと自体に慣れるため「アルバイトをする」ことも一案です。

長期間自宅で自由に過ごしていた場合、体力が衰えてフルタイム勤務についていけない可能性があります。

最初から心身に大きな負担がかかると、せっかく決まった仕事をすぐに辞めたくなる原因にもなり得ます。これでは、せっかく就職活動をした努力が水の泡になってしまうため注意が必要です。

それに、正社員はアルバイトに比べて担当する業務の幅が広かったり、責任の重い仕事を任されたりするケースも多いものです。

このようなプレッシャーに耐えられる自信がない場合は、手始めにアルバイトから始めると良いでしょう。

アルバイトを通して働く意味や充実感を得て、そこから正社員を目指しても遅くはありません。また、アルバイトの中には正社員登用を行っているものもあります。

正社員登用を前提としているアルバイトを探し、コツコツと仕事に取り組むことも良い方法です。周りと自分を比べて焦ったりせず、自分のペースで仕事をしていきましょう。

20代無職が今から取るべき行動3選

30代ではないものの、将来的な不安がある20代無職の人もいるでしょう。

前述したように、30代で無職になると仕事がなかなか見つからないなどのリスクが高まるため、なるべく早い段階で手を打つことが大切です。

30代で無職にならないためにはどうすれば良いのか、必要な活動について見ていきましょう。

就・転職エージェントを利用する

20代のうちにやっておきたいことに「就・転職エージェントの利用」が挙げられます。20代無職の人のなかには、経験こそないものの憧れの業界や職種があるというケースも多いものです。

未経験の仕事に就く際、非常に重要になるのが年齢です。未経験の仕事は20代か30代かによって、採用にあたり大きな壁があります。

自ら求人サイトで調べて応募する際にも、年齢制限が設けられており30代では応募できないものもあるのです。

なぜなら、20代は伸びしろがあり育てがいがあるなどの理由で、経験がなくても積極的に採用しようと考える企業も多いためです。

それに、20代の時点できちんと無職を抜け出し、就職活動に取り組む姿勢に好感を持つ採用担当者もいます。

反対に、30代になるとそもそも面接を受けられる企業が大幅に減ってしまいます。30代になるとある程度の経験や能力を求められるため、未経験だとなかなか選考を突破できないのが現状です。

そのため、少しでも可能性のあるうちに、就・転職エージェントを活用して仕事探しを行うことがおすすめです。

就・転職エージェントは一人ひとりの経験やスキルをチェックし、希望をヒアリングしていきます。

きちんと希望条件を聞き出したうえで仕事を紹介するため、就職後のミスマッチを効果的に防げます。20代のうちに自分に合う企業と巡り会うためにも、就・転職エージェントに相談してみましょう。


非公開求人訴求

30歳の目標を作る

20代のうちは「まだ若い」という認識から、何となく日々をやり過ごしてしまう人もいるでしょう。しかし、何の目標もないまま毎日を過ごしていると、すぐに時間が過ぎて30代に突入してしまいます。

あとで「自分には目標も希望もない」と焦らないためにも、20代のうちに30歳の目標を作っておきましょう。

30歳の自分はどのようなことをしたいのか、具体的にノートに書き出していくことがおすすめです。

どのような仕事につき何の役割を果たしているのか、どのような自分になっているのか理想を詳しく書き出しましょう。

このとき、なるべく現実的な目標にすることが大切です。あまりにも現実とかけ離れた目標にしてしまうと、達成する気そのものが失われてしまいます。

目標を立てることで、そのために必要な行動も明確になるというメリットがあります。その仕事に就くために資格を取るなど、自分が今何をすべきか道筋がはっきりとするでしょう。

その目標に向かって日々努力することが、無職を抜け出すための大きな鍵となります。

周りで仕事に励む人の話を聞く

無職になると家にこもりがちになり、人との交流が減ってしまう人も多いでしょう。しかし、そこで自分の殻に閉じこもってしまうと、ますます社会との接点が失われてしまいます。

20代のうちに無職を脱出したいと考えているのであれば、積極的に人との交流を増やすことがおすすめです。自分が置かれている状況を客観視するためにも、外部の人と交流しましょう。

仕事に励んでいる友人がいれば、詳しく話を聞いてみることがおすすめです。毎日どのような仕事をして何にやりがいを感じているのか、また将来的なビジョンなど詳しく話を聞き出しましょう。

話を聞いているうちに感化され、自然に「自分も仕事を頑張りたい」と意欲がわいてくる可能性があります。

加えて、興味のある分野の第一人者が主催するセミナーに参加したり、書籍を読んでみたりすることも良い手です。

精力的に仕事に取り組む人の考えに触れることで、自分が何をすべきか考えるためのヒントを得られるでしょう。

まとめ

30代で無職というと、一般的にはどうしてもネガティブなイメージを持たれやすいかもしれません。

しかし、無職になる理由は人それぞれであり、それを理由に自分を卑下していては明るい未来が遠のいてしまいます。

自分は自分だとポジティブな考えを大切にして、状況に合わせて臨機応変に対応していきましょう。

ただし、無職であることに何らかの焦りや危機感を抱いている場合は、すぐにでも動き出すことがおすすめです。

30代であっても資格を取得したり自分自身を上手にアピールしたりすれば、仕事が見つかる可能性は十分にあります。諦めず、自分に合う方法で粘り強く仕事探しをすることが大切です。

また、20代で無職を脱出したかったり将来に不安を感じていたりする場合は、繰り返しになりますが私たち第二新卒エージェントneoにぜひご相談ください。

所属するキャリアアドバイザーが詳しく話を聞き、仕事探しのサポートを行います。何か不安なことがある場合も、キャリアアドバイザーに相談できるため心配いりません。

充実した書類添削や面接対策などのサービスがあるため、再就職はもちろん初めて社会人デビューを目指す方でも安心です。興味のある人は、まず簡易登録をしてみてはいかがでしょうか。


内定獲得率

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div