就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

コールセンターのバイトが怖い・・・!実際の仕事内容とメリット・デメリットとは?

コールセンターバイトは「怖い仕事」というイメージを持たれがちです。その実態を理解すれば、自分に合った仕事か否かをより的確に判断できるでしょう。

そこで本記事では、コールセンターバイトの実際の仕事内容や、メリット・デメリットなどを解説します。

コールセンターバイトに就こうかどうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

コールセンターバイトが怖い!実際の仕事内容とは?

コールセンターの画像

「コールセンターバイトが怖い!」と考えている人は多いようです。厳しい仕事だととらえられがちなコールセンターのバイトですが、実際はどのような業務を行っているのでしょうか。コールセンターバイトの主な仕事内容は電話対応です。

例えば商品の注文を電話で受け付ける、商品・サービス利用者の問い合わせについて受け答えをするなど、顧客からの電話対応業務があります。

また、商品・サービスの営業やアンケートなどを行う目的で、コールセンター側から顧客に電話する架電業務もあります。

受電か架電、いずれかの業務と決まっている職場もあれば、どちらも存在する職場もあります。

受電がメインの職場であっても、1度の電話で完結できない内容であれば一旦電話を切り、内部で確認した上で顧客に架電するというケースも考えられます。

電話対応が仕事内容のほぼ全てのため、電話で話すことが苦手であれば、コールセンターバイトは厳しくて怖い仕事だとイメージするかもしれません。

コールセンターバイトに向いているのは、電話対応が得意な人です。自分の得意分野を仕事にできるため成果に繋げやすく、意欲的に業務に取り組めるでしょう。

また、嫌なことがあっても気分の落ち込みなどを引きずらず、気持ちの切り替えをして働ける人もコールセンターバイトに向いています。

詳しくは後述しますが、コールセンターではクレームの対応なども求められます。ネガティブな内容の電話に受け答えしなければならない場面もあるため、大変なケースに当たったとき、その後の業務に気持ちを影響させないことが重要です。

そのほか、業務の成績が働く原動力になる人もコールセンター向きと言えるでしょう。

これも後述しますが、コールセンターにはノルマや目標がある場合が多く、成績が目に見えやすい職場でもあるため、このような環境に身を置くことが苦でない人は自分の適性を発揮できそうです。


高卒で満足のいく年収を実現したい方は就職・転職の検討を_角丸版

コールセンターバイトのメリット

コールセンター メリット

怖いとイメージされがちなコールセンターバイトですが、実は数多くのメリットがあります。ここでは、主なメリットの内容を詳しく見ていきましょう。

体力を必要としない

コールセンターバイトのメリットとしてまず大きいのは、働く上で体力の有無がほぼ影響しないことです。

コールセンターは基本的にデスクに座った状態で仕事をします。業務中の動作は電話をとる・パソコンを打つなどが主です。

デスクを離れるとすれば離れたところに座っている上司に指示を仰ぎに行くときや休憩などでしょう。つまり、仕事はほぼ座った状態で完結するということです。

力仕事や立ち仕事などは発生しないため、体力に自信がない人でも無理なく働けるでしょう。

例えば体力勝負の仕事に就いていたものの体力に限界を感じ、あまり体を使わなくても良いバイトに転職したいという場合などにぴったりです。

人間関係に悩まされにくい

コールセンターのバイトは職場のスタッフ同士のやり取りなどがそこまで頻繁にあるわけではありません。

もちろんどの顧客からの電話を誰が受けてもしっかり対応できるよう、情報共有は必須ですし、上司からの指示を受けたり、顧客の電話の内容を上司に相談したりといったコミュニケーションは発生します。

しかし、それ以外は主に個人での電話対応が仕事のメインです。電話で話したり、受電・架電の内容を記録したり、個人業務がメインになるため、それほど職場のほかの人と何度もやり取りをすることはないでしょう。

また、コールセンターはシフトが細かく組まれている場合もあり、スタッフが入れ替わり立ち代わりになっている職場も存在します。

そのため、同じ人たちと長時間ずっと顔を突き合わせているという状況にもなりにくいと言えます。これらの要因により、コールセンターは職場の人間関係に悩まされにくいという特徴があります。

一般的に、仕事の悩みでよく挙げられるのは職場の人間関係です。職場の人と気が合わない、いつも冷たくされる、何かと衝突してしまうなど、人間関係の摩擦で思い悩む人は非常に多く見られます。

職場はあくまで働くところであると割り切り、人間関係に期待しないという考え方もありますが、あまりにも関係が悪化すればそうも言っていられなくなります。

人間関係が悪くなれば、それが業務にも影響してくる可能性があるからです。業務に必要な連絡がスムーズにされない、何かあったときにフォローされないなど、関係が良くない人から仕事に必要なコミュニケーションまで省かれてしまうこともあります。

こうなってしまうと人間関係のせいで業務の効率が落ちてしまうため、仕事に対するモチベーションも低くなっていくでしょう。

最終的には仕事を辞めようと考えるかもしれません。人間関係を理由に退職するケースは珍しくないのです。

つまり、人間関係に悩まされにくいコールセンターバイトなら、職場の人とのコミュニケーションに関するストレスを溜め込みにくく、人間関係が原因で離職する可能性も低いと言えます。

シフトの自由度が高い

コールセンターバイトはシフトの自由度が高いことも魅力の1つです。自分の希望通りのシフトに入れないバイトは辛いもの。例えばスタッフの人数が少ないバイトなどは自分の望むシフトより多くシフトを頼まれることもあるでしょう。

バイトは正社員より働き方に融通がきくことがメリットですが、シフトの自由度が低いとバイトの良さを活かしきれなくなってしまいます。

コールセンターにはスタッフの人数をできる限り多くし、シフトの自由度を高くしている職場が多々見られます。人員を最低限にしてしまうと、シフトが上手く組めずスタッフが足りないなど、何か起きたときに対応しきれないためです。

コールセンターが電話を取り切れないという事態は避けなければならないため、十分な人員体制を整えておく必要があるのです。

対応できる人数が多ければ、1人1人のシフトの自由度は高くなります。例えば朝や午前中のみ、午後のみ、夜間のみなどといった細かなシフトも認めてもらいやすいでしょう。

もちろん午前から夕方までなどフルタイム勤務も可能です。自分の希望に沿ったシフトを組みやすいことから、コールセンターは限られた時間を使って働きたい人にも人気があります。

例えば趣味の時間をしっかり確保したいなど、プライベートを重視したい場合にも適した仕事と言えます。

なお、急なシフト変更を希望したいときにも融通をきいてもらえる職場も少なくありません。コールセンターはほかの仕事と掛け持ちで行っている人もよく見られます。

例えば芸能活動を本業にしている人が、安定した収入を確保するためにコールセンターで働くというパターンもあります。

このような場合、どれだけ本業を優先してもらえる仕事かが掛け持ちのバイト選びのポイントになります。

コールセンターはダブルワークの1つとして働いている人も多いため、本業関係で突発的にシフト変更が必要になったときにも対応してもらいやすいのです。

接客スキルが向上する

コールセンターバイトは接客業です。直接対面することはないものの、日々不特定多数の顧客に対応します。

そのため、接客スキルが向上することもメリットと言えるでしょう。電話対応は相手の表情が見えず、声のみという状況で接客を行わなければいけません。

限られた情報しか得られない中で相手に満足してもらえるような接客をするためには、一定のスキルが必要です。

そしてこの接客スキルはコールセンターで働き経験を積むことで磨かれていくでしょう。

なお、コールセンターにかかってくる電話の相手は取り扱い商材にもよりますが、性別も年代もバラバラです。

しかも、電話をとるまで相手がどのような人なのか何もわかりません。電話相手の話の内容や声色などから、相手が何のために電話をかけているのか、ニーズを的確にキャッチし、速やかに適切な対応をとることが求められます。

このような高度なスキルを身に付けられるのはコールセンターの業務ならではでしょう。電話の相手によっては話の内容が明確でない場合もあるため、相手がこちらに伝えたいことを素早く汲み取る能力は非常に重要です。

また、丁寧な言葉遣いも身に付けられます。言葉遣いが接客に似つかわしくなければ電話の相手は不快感を覚え、商品・サービスやそれを提供する企業などにネガティブなイメージを持つ可能性があります。

そのため、コールセンターの業務においては、どのような人にも丁寧だと感じてもらえるような言葉遣いが求められます。

相手が抱く印象は電話対応によって決まります。わかりやすく丁寧な言葉遣いで好印象を持ってもらえれば、商品・サービス・企業のイメージアップにもつながります。

また、例えばクレームなどネガティブな内容の電話がかかってきたときでも、コールセンターの電話対応が顧客にとって満足できるものであれば、気持ちを収めてくれる可能性もあります。

コールセンターで働く人は言わば電話対応のプロ。そしてコールセンターバイトをすれば、接客スキルを高め、誰でも電話のプロを目指せます。

服装髪型が自由である

コールセンターバイトの大きな魅力と言えるのが、服装髪型の自由さです。

服装や髪形を制限される仕事は少なくありません。取引先や顧客など、勤務中に外部の人と直接会う機会がある職場の多くは、服装や髪型に関するルールが取り決められているでしょう。

これは、従業員の見た目が直接会社のイメージにも影響するためだと考えられます。

その点、コールセンターは外部の人と直接対面する機会がほぼありません。外部とのコミュニケーションは顧客の電話対応のみです。

つまり、コールセンターのスタッフがどのような服装髪型をしていても電話の向こうの人にはわかりようがないのです。そのため、コールセンター業界はスタッフの身だしなみについて特に制限を設けていない職場が多く見られます。

例えばヘアスタイルに関してはカラーはまずOK、色味は一般的なカラーだけでなく金髪やビビッドな色など奇抜なカラーでも注意されることはあまりありません。

また、パーマやドレッド、ツーブロックなど髪型に関しても特に制限はなしです。服装の自由度も高く、公共の場に似つかわしくないファッション以外は幅広く許容されています。

ギャル風、ロリータ風、パンク風など個性的なスタイルの人もコールセンターでは珍しくありません。

アクセサリーも何をどのように身に付けても注意されることは少ないでしょう。眉・鼻などのボディピアスを着けている場合も面接時の受け答えが問題なければ特に気にされることもないでしょう。

メイクやネイルに関しても同様と言えます。ネイルは派手なものは禁止としている仕事もありますが、コールセンターであれば業務に支障がない範囲で許容されるでしょう。

仕事に合わせて自分のファッションを変える必要がないため、服装や髪型に独自のこだわりがある人はぴったりな職場です。

仕事用の服を準備しなくて良い分、私服にお金をかけられるという利点もあります。

また、音楽活動や芸能活動をしているなど、ファッションへのこだわりが仕事の一環でもある人の掛け持ちバイトとしてもコールセンターは適しています。

コールセンターバイトのデメリット

コールセンター デメリット

コールセンターバイトにはメリットだけでなくデメリットもあります。そしてこのデメリットがコールセンターバイトが怖いと言われる原因にもなっているのです。ここでは、コールセンターバイトのデメリットを詳しく見ていきましょう。

クレームを受けることがある

コールセンターバイトが怖いというイメージの大きな原因となっているのはクレーム電話です。

コールセンターバイトにかかってくる電話の内容は穏やかなものばかりではありません。クレームの電話がかかってくることも少なくないでしょう。

電話はこちら側の顔が見えない分、相手もいろいろなことを言いやすく、感情表現がエスカレートしていくこともあります。

激しい怒りをぶつけられたり暴言を言われたり、びっくりするような剣幕の電話に対応しなければならないこともあるでしょう。

このようなクレーム電話の対応に疲れてコールセンターを離職する人もよく見られます。クレーム対応はメンタルを削られやすいものです。

例え自分が悪いわけではなくても、コールセンターのスタッフとして働く以上、苦情に対しては謝罪をしなければならないケースがあります。

こちら側の説明や謝罪に理解を示してくれる相手であれば良いですが、何を言っても聞く耳を持ってくれない人もいます。

何十分と延々クレームを言い続ける顧客も存在します。また、中にはクレームの常習者などもいます。このように、不特定多数の相手からのクレームを受けることで精神を疲弊し、コールセンターバイトに嫌気がさして辞めてしまうというパターンが多いのです。

クレームに気持ちを乱されることなく働くためには、クレーム対応は仕事であって自分に対し直接文句を言われているわけではないと割り切ることが大切です。

電話の相手がクレームをぶつけているのは商品・サービスの提供元であり、自分個人に対してではありません。

クレームが自分に向けられているものだと考えると落ち込みやすくなるため、あくまで自分は聞き役だと考え、精神的に受け流すことで気持ちが楽になるでしょう。

ノルマや目標に追われる

コールセンターの仕事はただ漫然と対応していれば良いというわけではありません。ノルマや目標が設定される職場が多いため、数字に追われながら働かなければならないことはデメリットと言えるでしょう。

コールセンターのノルマ・目標は、主に受電・架電の件数です。例えば顧客からかかってくる電話をとり対応する業務なら受電件数の目標が設定されます。

また、商品・サービスの紹介などコールセンター側からの架電であれば何件電話をかけたか、何件レスポンスをもらえたかなどがノルマとして課されます。

ノルマ・目標をなかなか達成できなければ当然上司から注意されることもあるでしょう。

ノルマ・目標を達成しなければならないという焦燥感が大きなストレスとなる可能性もあります。こういったプレッシャーをかけられることが嫌な人は少なくないはずです。

ただし、ノルマや目標をクリアし、良い成績を収めればインセンティブを得られる職場もあります。

コールセンターはほかのバイトと比較して時給が良い職場が多い傾向にあります。

夜勤など時給がアップしやすい時間帯にシフトを多く入れることで効率的に稼ぐことも可能ですが、インセンティブを得られればさらに高い収入を得られるでしょう。

ノルマや目標をモチベーションアップのために利用できれば、優秀な成績を収め、職場になくてはならない人として存在感を発揮できるかもしれません。

本当に自分に合った仕事に就きたいなら

本当に自分に合った仕事を見つけるためには、自分にとってどのような状況が1番大変かを理解することが大切です。

「自分がどんな時にストレスを感じるか」「どんな時にしんどいな、嫌だなと感じるか」を洗い出し、そのような気持ちになりにくいであろう仕事や働き方を選ぶことです。そうすれば、自分にとって本当にストレスの少ない仕事に就ける可能性があります。

また、正社員の求人を視野に入れてみるのも1つ。正社員は業務の多さや責任の重さ、人間関係の複雑さなどに悩まされやすいのではと考える人もいるかもしれません。

しかし、正社員の中にもそのような事柄に悩まされることが少ない仕事はあります。必ずしも正社員だからといって悩みが大きかったり、自由が奪われたりするとは限らないのです。

「このタイミングで就職するべきだろうか」と考えている方は、後々後悔しないためにも、正社員の仕事にも目を向けながら仕事を選ぶことをおすすめします。

ただし、自分1人では本当に自分に合った仕事を見つけるのは容易ではないでしょう。そこでおすすめなのが就職エージェントの利用です。転職エージェントは転職者をサポートするサービスのことです。

私たち第二新卒エージェントneoはこれまで22,500人以上の就・転職を支援してきた実績を持つ転職エージェントです。

転職を目指す会員をさまざまな方向からきめ細やかにサポートします。専任の就活アドバイザーがカウンセリングを行い、個人の希望や適性に合わせて求人を紹介。

応募関係書類の添削や面接対策など、採用に向けた活動もしっかりサポートします。また、採用が決まった後の入社日調整なども本人の代わりにフォロー可能です。

そのほか、会員向けの内定後研修なども開催しているため、社会人としてまだそれほど経験が多くない人でも入社までに基本的なビジネスの知識・スキルを勉強できます。

このように、求人探しから入社まで、転職活動をトータルで支援できるのが私たちの大きな強みです。

転職活動に慣れていない転職ビギナーが転職を成功させるのは簡単ではありませんが、私たち第二新卒エージェントneoが豊富な実績とノウハウでもって力強くバックアップします。

現職と並行して新しい職場探しを進める方も、転職活動を私たちがサポートする分、現職を退職するための準備も余裕をもって行えるでしょう。

ぜひ私たち第二新卒エージェントneoと一緒に、本当に自分に合った職場を探し、転職を成功させませんか。会員登録は公式サイトから無料で可能です。短時間で簡単に完了するので、ぜひ実際に登録してみてください。


「自分に合った仕事は?」

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div