就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

バイトが怖い。。理由を考え最適な解決策を紹介!

自分に合った環境を求めてバイトを転々とする人もいるでしょう。もしくは、収入を得る手段としてバイトをしている人もいるかもしれません。どのような事情でも、バイトが怖いと感じると前に進めなかったり新たにバイトを探したりする必要が出てきます。本記事では、バイトが怖いと感じる理由を考え、それぞれの最適な解決策を紹介していきます。

バイトを怖く感じる原因

バイトが怖い理由といってもさまざまなものがあります。では、バイトのどのようなことで怖いと感じるのか一般的な原因をいくつかあげてみましょう。

バイト先の人間関係が怖い

バイト先の人間関係が良くないと、仕事にも影響を及ぼします。

すでに仲の良いグループができ上がっている状態のところに入った場合、仲間外れにされることが怖いと感じるかもしれません。人間関係が悪い職場になると、コミュニケーションが十分に取れなくなってしまいます。

業務に必要な連絡事項が伝わってこないといったことがあれば、不信感を持つこともあるでしょう。また、人数が少ない職場の場合、同じシフトの人との相性が合わないとバイト自体が苦痛になることもあります。

顧客に苦手な人がいる

顧客が苦手というのは、接客のバイトに見られる原因の一つです。お店によっては、クレームが多かったり面倒な注文をしてきたりと難しい顧客がいる場合もあります。

そういった顧客に叱られた経験があると、自分の業務中に来たらどうしようという不安が大きくなります。中には、自分だけが苦手に感じる顧客もいるかもしれません。

例えば、自分を目当てに通っているような顧客がいれば、それだけで怖いと感じることはあります。ただ気に入られているというだけでなく、ストーキングを思わせるような態度が見えるとバイトに行くこと自体が怖くなるでしょう。

リーダーや店長に怖い人がいる

バイトの場合、リーダーや店長は上司に当たる存在です。シフトの相談をすることもあれば、仕事の指示をあおいだり報告をしたりすることもあります。

リーダーや店長は出勤する率も高いため、どうしても顔を合わせる頻度が高くなりがちです。一度怖いと感じると苦手意識が出てしまい、できれば会うことを避けたいと考える人もいるでしょう。

仕事を教えてもらうときに厳しい口調で言われたという経験があると、特に怖いと感じる人もいます。また、自分では実際に叱られた経験はなくても、他の人が注意されている様子を見ていて怖いと感じるのかもしれません。

仕事でミスをしないか不安

まだバイトを始めたばかりの時期なら、仕事でミスをすることが怖いと感じる人もいるでしょう。特に、未経験の仕事だと、覚えられるかどうか不安になることは多いものです。

接客業ならミスをすれば顧客からのクレームは免れないでしょうし、お店の評判にも影響することになります。

工場のような流れ作業で物を作るバイトなら、自分が追いつかないことで周囲に迷惑がかかるかもしれません。現代ではSNSで顧客に拡散されることもありますし、良くない口コミを書かれることもあります。

そういったことも考えると、余計に怖いと感じるでしょう。

バイト先の環境が厳しい

応募の時点では気づかず、いざ働き始めてみると聞いていた環境より厳かったということもあります。例えば、シフトを提出しているにも関わらず残業が常態化してしいたり、各種ハラスメントが横行しているなどがあります。

特にサービス業の場合、お客様の来店状況によってはシフト通りの人員では対応しきれない場合があり、残業をお願いすることもあります。

その際に残業を強要したり、帰れない雰囲気を作るなどで自身のプライベートを犠牲にして残業をする人もおり、こうした環境に怖さを感じる人もいるでしょう。


企業訴求CTA ポップ版

バイトを怖く感じない為の対処法

バイトが怖いと感じても、対策をしておくことで解決につなげることは可能です。ここでは、さきほどあげた原因を解決するための対処法について紹介していきます。

バイト先の人間関係が怖い場合

人間関係が怖いと感じるときは、実際には自分の考えすぎであることも少なくありません。もともと人と付き合うのが苦手な人は、とにかく挨拶をすることを心がけてみましょう。

怖いと感じるあまり、自分から壁を作っている場合もあります。もしかしたら周囲は話したいと思っているのに、自分がそのタイミングを与えていないのかもしれません。

無理に話題作りをする必要はありませんが、まずは笑顔で接してみましょう。そして、話しかけられたら明るく応じましょう。

まだバイトを始めたばかりなら、仕事でわからないことを教えてもらいながら距離を縮めるのも一つの解決策です。

同じことを何度も聞くのは良い印象を持たれませんが、できないことに対してアドバイスを求めると好印象につながります。そして、教えてもらったりフォローされたりしたときは感謝の言葉をしっかり伝えることも大切です。

顧客に苦手な人がいる場合

クレームを言ってくる顧客に苦手意識を持つ人は多いかもしれません。常連客でクレームや面倒な注文が多いときは、その理由を冷静に考えてみることも必要です。

まず、いつもどのようなことがクレームの対象になっているのかチェックしてみましょう。一見クレームのように感じても、接客マナーを正そうとしてくれている場合もあります。

クレームの中には、自分にとって役立つ意見が紛れていることも少なくありません。顧客の言葉をヒントに、自分の接客態度を見直してみるのも一つの考え方です。顧客の立場になって、客観的に自分を見てみましょう。

顧客が自分に固執していると感じるときも、まず冷静に考えることです。単なる勘違いという場合もありますが、中には危険な事態へ発展することもあります。

違和感を感じたら同じ職場の人に相談しましょう。周囲から見てどのように感じるか聞いてみると、客観的な意見を得ることができます。

ただし、バイトの帰りに待ち伏せをされたり連絡先を聞かれたりという行為があったときは、早めに上司に相談し、解決を図ることが大切です。

リーダーや店長に怖い人がいる場合

リーダーや店長など、自分より立場が上の人に対して怖いと感じるときは、そのきっかけを冷静に考えてみましょう。怖いと感じる理由にもさまざまなものがあります。

例えば、表情が怖いだけかもしれません。表情が怖い人でも、話してみると親切な人はいます。話し方が怖い人も同じです。言葉が乱暴なだけで、実際にはスタッフを思いやる気持ちであふれているかもしれません。

中には、過去に叱られた経験から怖いと感じている人もいるでしょう。その場合は、なぜ叱られたのか考えてみることです。自分に落ち度があって叱られたなら、まず自分が反省することで解決につながります。

ただ、役職がついている人でも、中には身勝手な意見を押し付けてくる人もいます。注意される内容に一貫性がないなど疑問を感じるときは、あまり接点を持たないようにすることも一つです。

業務に必要なこと以外は話さないようにし、バイト先で会うだけの人と割り切って考えるほうがいいでしょう。正社員の場合は異動もあり得ますから、その人の配属が変われば解決します。

仕事でミスをしないか不安な場合

仕事でミスをしないか過剰な不安を抱えてしまうのは、過去にバイトで何らかのミスをした人にありがちなことです。ミスをしたことで顧客からクレームを受けたり店長や先輩から叱られたりした経験があるのではないでしょうか。

ただ、バイト自体が初めての人や未経験のバイトのときはミスをしないか不安になることは多いものです。たとえ経験のある業種であっても、店舗が変われば細かい流れには違いがあります。

慣れるまでスムーズにできないのは誰でも同じです。あまり緊張せずに少しずつ覚えていくようにしましょう。

まず、仕事を覚えるまではきちんとメモを取ることです。難しいと感じることや疑問があったときは、そのままにしてはいけません。自分の中で解決できるまで、先輩や店長に確認して教えてもらう姿勢も必要です。動作をともなうものは、可能であればメモの他に動画を残しておくという方法もあります。

働く環境が怖い場合

残業やハラスメントを始め労働環境に怖さを感じる場合、早期に環境が変わることは望みにくいかと思いますので業界業種を変えることをオススメします。

例えば飲食店で働いていた人であれば、対人で接客を行わない、コールセンターの業務に変えるなどです。

コールセンターは対応できる時間が決まっている場合が多い為、シフト通りに勤務することが一般的です。またハラスメントに悩んでいる場合は在宅で行える仕事を探してみると良いかもしれません。社内でのコミュニケーションも限られるため、ハラスメントが起きにくい環境を作る事ができます。


仕事選び 汎用性アリ_角丸版

バイトの応募、面接の怖いを解消する方法

バイトを始めるとき、応募や面接の段階で怖いと感じる人もいます。ここで怖いと感じてしまうと、なかなか先へ進めなくなってしまう人もいるのではないでしょうか。ここでは、バイトの応募や面接での怖いと感じる原因とその解消方法を紹介していきます。

自分でも働けるかどうか不安

特に初めてのバイトを考えているときに陥りやすいのが、自分でも働けるかどうか不安になることです。

バイト経験がある人でも、初めての業種に挑戦するときは不安を感じることは多いでしょう。働くことそのものに不安を感じて怖くなったときは、周囲でバイトをしている人に話を聞くのも解決策です。

話を聞くときは、できるだけ自分が興味を持っている業界でバイトしている人が良いと思います。

話を聞けそうな人がいない場合は、バイトしようと思っているところに顧客として行ってみて、雰囲気を見るのもいいでしょう。

実際に行ってみるというのは、自分がバイトとして採用されたときに経験として役立てることもできます。

そのためには、顧客として訪れたとき「どのようにしてもらったことが良かったか」など対応や印象を覚えておくことです。

自分が応募を考えている店舗ではなくても、同業であれば同じような雰囲気を体験することはできます。実際に行くのが難しい業界の場合は、ネットなどで情報を集めてみるという方法もあります。

応募の電話をかけることが怖い

バイトの応募をする際、まず電話をかけて確認するのは一般的なことです。しかし、中には電話をかけることが苦手な人もいるでしょう。

怖いと感じる主な理由は、適切な話し方ができるかどうかの不安です。

この問題の解決方法としては、電話をかける前に自分で練習することが挙げられます。まず、電話で伝えることと聞きたいことを書き出しておきます。

バイトの応募で確認しておきたいことは「まだ募集しているかどうか」と「応募方法」です。他には、バイトの応募で電話したこともわかるように伝える必要があります。これらをすべて書き出し、あとはスムーズに話せるまで練習すればいいのです。

例えば「お忙しいところ恐れ入ります。〇〇のバイトの応募を見てお電話しました。接客スタッフの応募は現在も行っていますでしょうか。」で十分でしょう。

このとき「〇〇のバイトの応募を見てお電話しました〇〇と申します。」のように自分の名前を伝えるとより丁寧になります。

まだ募集中であれば「では、応募方法を教えてください。」と質問すればいいのです。応募先によっては、人事など担当者が明記されていることもあります。

その場合は「〇〇のバイトの応募を見てお電話しました〇〇と申します。担当の〇〇様は御在社でしょうか。」という具合に、担当者につないでもらうのが一般的です。このとき、必ず自分の名前を伝えることも忘れてはいけません。

電話が怖いと感じるのは、うまく話せないという不安からくることがほとんどです。あらかじめ話すことを書き出しておき、練習しておけば不安を解消することはできます。

何度も練習して自信をつけておくことで怖さはなくなっていきます。電話を切るときは「ありがとうございました」「失礼いたします」という言葉を添えることも大切です。また、電話が苦手なときはWebで応募するという方法もあります。可能であればWebでの応募を考えてみるのもいいでしょう。

面接で答えられるかどうか不安になる

面接についての不安も電話をかけるときの不安に似ています。どのようなことを聞かれるのか、それに対して答えられるかどうかが不安の原因です。

面接も電話と同じような要領で一般的に聞かれそうな内容を書き出しておき、回答する練習をしておきます。

バイトの場合だと、まず聞かれるのは応募理由です。次に勤務希望日(曜日)や時間帯、通勤手段などもよく聞かれる内容です。

自己PRやいつから働けるのかといったことも考えておくと慌てずに済みます。面接当日は生活感のある服装と髪型を心がけ、時間に余裕を持っていくことも大切なポイントです。

バイト初日の怖いを解消する方法

バイト

無事に採用されてバイトを始めることになっても、初日が怖いということもあります。その場合はどのように解決すればいいのか悩んでしまう人もいるでしょう。そこで、バイトの初日が怖いと感じる要因とその解消方法を紹介していきます。

初めての環境に溶け込めるかどうかが怖い

バイト先の人間関係については、事前に把握することは難しいです。そのため、バイト初日はどのような環境なのか気になる人は多いでしょう。初日の印象を良くすることは、働くうえで大切なことです。

まず、誰に対しても明るく笑顔で接します。自分から挨拶をし、わからないことは積極的に質問するほうが好感を持たれやすくなります。

また、職場の人の名前は早めに覚えることも重要なことです。店長やリーダーに紹介されたときは「今日から働くことになりました〇〇です。よろしくお願いします。」と元気に挨拶しましょう。

慣れないバイト先で気をつけておきたいことは言葉づかいです。年下と思える相手であっても、敬語で話しておくことをおすすめします。

実際に自分より年下でも、バイト先の先輩であることに変わりはありません。いきなり馴れ馴れしい言葉づかいをすると、反感を持たれることが多いといえます。仕事中は必要以上の会話を避け、誰にでも丁寧に接することです。

仕事を覚えられるかどうか考えると不安

初めての職場ですぐに仕事を覚えられる人はそうそういないでしょう。わからないことがあっても、怖いと思うことはありません。バイト初日は、全体の流れを覚えるだけで終わってしまうことも多いものです。

業務内容にもよりますが、実際の仕事をしないまま就業時間になることもあります。バイト初日は、仕事を覚えるより環境に慣れることに集中することです。

実際に仕事を教えてもらったときは丁寧に聞き、わからないことや聞き逃したことはすぐに聞くようにしましょう。

初日は、他の人の邪魔にならないよう注意することも必要です。覚えたいことがあれば先輩などに直接確認し、許可を得て見させてもらうのもいいと思います。

遅刻しないかどうか不安になる

バイト先によっては、実際に働く場所と面接場所が違うことも多いものです。面接場所とバイトする場所が違う場合は、バイト初日に遅刻しないか不安になる人もいるかもしれません。

そのようなときは、バイトに入る前に実際に現地に行っておくと不安を解消できます。その際、できるだけ実際の通勤ルートを通って行くようにしましょう。

公共交通機関も同じものを使うことをおすすめします。特に、普段行くことが少ない地域の場合は、必ず事前に確認しておくと安心できます。

そして、当日は早めに自宅を出ることです。どうしても時間が取れないときは、Webで調べておくという方法もあります。徒歩も含めた所要時間、ルート、乗り換えなど必要なことは事前に調べておくことが重要です。

仕事、働き方を変える選択も柔軟に

バイトは気軽に働く手段と考える人もいるかもしれません。正社員として働くほうがよりハードなイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、働く以上は雇用形態に関係なく責任をともなうものです。

自分に合った仕事や環境を選び、安定して働くという視点で考えるなら、正社員で働くことには価値があるといえます。バイト先に疑問を感じたときや新しいバイトを考えるなら、正社員という選択をするのも一つの解決になるでしょう。

働く前に職場の環境を知りたい、自分の希望する条件で働きたいと思っているなら私たちにお任せください。第二新卒エージェントneoなら、専任のアドバイザーが就職・転職に向けての悩みや不安の相談に応じます。

応募や面接で感じやすい不安についてもぜひお気軽にご相談ください。実際には、バイトではなく正社員で働きたい人も多いのではないでしょうか。プロのアドバイザーが、就職・転職で困っていることをバックアップします。

仕事について悩みがあるなら、まずは無料登録をしてみましょう。自分では探せなかった仕事や就職が難しいと感じていた業界の仕事を探すことも可能です。


「自分に合った仕事は?」

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ

div