第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【衝撃】フリーターもイケる!未経験でもデザイン関係に就職できる方法

IT化がどんどん進んでいる現在では、ウェブ業界や広告業界でデザイナーの需要が高まっています。デザインの仕事を経験したことがなくても、スキルを身につければ、デザイン関係の会社に就職するのは夢物語ではありません。私たちは、フリーターの方やデザイン業界で働いたことのない方にも、自信を持って就活に臨んでほしいと考えています。この記事では、未経験からデザイン業界に就職するためのコツなどを紹介します。

まずはデザインの仕事の種類を知ろう

デザイン業界を志すのであれば、まずはどんな仕事なのかを具体的に知ることから始めましょう。

デザインの仕事には様々な種類があり、どれも高い専門性が必要とされる仕事です。
パソコンを使用して行われるデザインの仕事でも、目的や業界によってそれぞれ仕事の中身は変わってきますから、自分がやりたいデザインの仕事が何かをしっかり認識することが重要です。

例えば同じグラフィックデザイナーであっても、ゲームのキャラクターをデザインする仕事もあれば、出版物のデザインをする仕事もあります。
仕事内容に合わせて異なるスキルが必要になるため、名前は似ていても業務内容は全く別のものであると言えます。

ホームページを作りたいと考えているのであれば、ウェブデザイナーの仕事がおすすめです。
ちょっとしたブログや企業のサイトを一から設計し、レイアウトやイラストなどを含めたウェブページ全体をデザインする仕事になります。

現代では、知りたい情報があった時にはウェブ上で検索するのが一般的なため、ホームページやサイトが持つ広告効果は計り知れません。
そのため、どこの企業においてもウェブデザインの技術を持った人は重宝される傾向にあります。

他にも、インターフェースデザイナーやインダストリアルデザイナーなど、それぞれの製品やサービスに特化したデザインの仕事が数多くあります。
やりたいデザインの仕事を見つけたときには、まずは自分の持つスキルと仕事内容が適しているかどうかを検討するのが望ましいでしょう。

もしそれまで未経験で仕事内容をよく知らないままデザイン業界に就職してしまった場合、自分の想像していた業務内容と違っていたり、自分が不得意なことをやらなければいけなくなったりする可能性があります。
それまでフリーターとして過ごしてきたのであれば会社に入社する場合とでは多少なりとも勝手が違いますので、自分が会社に入ってどのようなことをやってみたいのかを具体的にイメージすることが、失敗しない会社選びにつながります

デザイナーになるにはどうしたら良いの?

「これをデザインしたい!」というモノがある場合

デザインしたいモノや製品がはっきり決まっている場合、その製品を扱っている企業に就職するのが一般的です。

例えばインダストリアルデザイナーになりたい場合、文具のデザインをしたければ文房具会社へ、車のデザインをしたければ車を生産している企業へ入社するのが近道となります。

企業でデザイナー枠を募集していることがほとんどなので、関連企業の求人情報は細かくチェックするようにしましょう。
ゲームのキャラクターをデザインしたいというような場合も、ゲームを製作する会社のグラフィックデザイン部門に応募するのがおすすめです。

「ウェブデザイン」や「グラフィックデザイン」を希望する場合

一方で、ウェブデザインやグラフィックデザインをしたい場合には、広告代理店やデザイン事務所、出版社などが主な活躍の場所となります。
デザイン事務所に入った場合は、様々な企業や個人からの依頼を受けてデザインをすることになるので、より個人のスキルの高さが求められることになります。

また、広告業界や出版業界でデザインの仕事をしていく場合、初めからデザインの仕事そのものを任されることは少ないかもしれません。
最初はデザイナーのアシスタントをし、徐々に経験を積んでいったのちにデザイナーとしての仕事を任されるパターンは少なくないからです。
フリーターから未経験の業界に入った場合には予想とのギャップに驚く場合もあるかと思いますが、入社してすぐにデザインの仕事をできなくてもがっかりせずに、地道に経験を積んでいくことが大切です。

なお、デザインや広告とは全く関係のない会社でも、事業の拡大や顧客のニーズの変化に伴い、新たにデザイナーを募集している場合があります

新しくデザイン部門を設けている場合、それまでの土台がないぶんデザイナーの仕事内容はハードなものになりますが、同時に一から自分の手で作り上げていく充実感を得られるメリットがあります。
このような企業では特にウェブデザイナーを募集している場合が多いので、ウェブデザインをやりたいと考えている人は、未経験やフリーターでもしり込みせず、大企業や広告会社以外の募集にも注目してみるのがおすすめです。

▶フリーターから抜け出して正社員として働くための仕事選びのコツ

気になる!業界デビューは難しいの?

未経験でデザイン業界に入るのは難しいの?

就職活動においてはどこの業界もそうですが、経験のある人の方がより採用されやすいという傾向はあります。
即戦力を求めていたり、経験がものを言うような大企業であったりした場合には悔しいことに未経験の人が不利になってしまうのです。

ただしそれはあくまでも会社の需要によって異なるので、未経験のフリーターでも諦める必要はありません
未経験の人を積極的に募集している会社は意外に多く、そのような会社では入社後の育成もしっかりおこなってくれる場合がしばしばあります。

そうした会社を狙えば、未経験であることは全くハンデにはなりません。
また、大企業であっても高いスキルを持っていると判断された場合には、未経験のフリーターでも採用してもらうことができます
独学で学んできていても、大手企業の現場でしっかりと働いていると言う人は少なくありません。

フリーターからデザイン業界に入るのは難しいの?

デザインの世界では、スキルとセンスの有無が重要視されます。
イラストを描くための専門のソフトを使えたり、デザイン用語や基礎知識を理解できたりしていることがまずは前提条件です。

そこに加えて、人とは違う発想を持っていたり独自の表現をできたりする人は、より安定したデザイナー生活を送ることができるでしょう。
デザイナーの仕事で食べていくには、このスキルとセンスの2つの点が必要不可欠になります。

向き不向きもあり誰でもできる仕事とは言えませんが、それと同時に採用においてはそれまでの経歴があまり重要ではないということも言えます。
つまり、スキルを持っていて何か光るものを持っていると判断された人ならば、フリーターからでも十分就職が可能であるということです。

自分に基礎的な知識が何もないということで不安を感じている人もいるかもしれませんが、初めからデザイナーとしての仕事をするのではなく、最初はアシスタントのような仕事から始められるような会社もあります
そのような会社では研修や指導を随時実施するため、デザイナーとしての技術を教えてもらうことができ、育ててもらうことができます。
知識がゼロの状態で就職を考えている場合でも、このような会社を選べば不安を抱く必要はありません。

とはいえ最初からある程度の技術や知識を持っていた方が就職できる企業の幅は広がるので、専門学校に通い直したり通信講座を受けてみたりするのも一つの方法です。

▶フリーターは知らなきゃ損!「応募書類の書き方」と「就職エージェントの力」

履歴書と職務経歴書の書き方のコツ

履歴書と職務経歴書の書き方は、採用されるかどうかに大きく影響する重要なポイントです。

特にフリーターの方の場合は職務経歴書に書ける内容が薄い場合がほとんどなので、工夫を凝らす必要があります

また履歴書は用意しても職務経歴書はよくわからないから準備しない、という人も少なくありませんが、職務経歴書があった方が採用側に自分の熱意をより強くアピールすることができます
履歴書と合わせて職務経歴書も作成するのがおすすめです。

職務経歴書は、それまでどこの企業でどのような仕事をしてきたかを記載するものです。
そのため、必然的にフリーターの方は記入できる内容が少なくなり全く何も書くことがないという方も出てきます。

しかし、たとえ正規雇用でなくフリーターであってもそれまでのアルバイト経験を記入することで、効果的に自分をアピールすることが可能です。
もしもそれまでにデザイン関係のアルバイトをしたことがあるという場合には、ある程度の基礎知識を持っているという風に見てもらうことができます。

また、デザインとは全く関係のないアルバイトであってもバイトリーダーを任されていたり、長期間働いてきていたりした場合には「責任感がある」「仕事を最後までやり遂げる人である」という風に強調することにもつながります。

履歴書にも自己アピール欄はありますが、職務経歴書の方がより詳しく自分の長所や強みを書き込むことができます
もしアルバイト経験が自分にとってあまりアピールポイントにならないという場合には、クラブ活動や趣味などの自分を魅力的に見せられる分野のことに言及しましょう

大切なのは、応募先がほしいと思うような人材像に合うようにアピールすることです。
履歴書だけでは伝えきれない自分の熱意を、職務経歴書を利用して存分に訴えかけましょう。

わからないことはプロに相談しよう

それまでフリーターで未経験であるデザインの仕事に就職したいと考える場合、デザイン業界がどのようなものか、自分の技術は通用するのかどうかなど、わからないことだらけの場合がほとんどです。
そんなときには、就活エージェントを利用して、客観的に見て自分がどのくらいの市場価値を持っているのか判断してもらうのも一つの方法です。
フリーターで未経験だから無理かも…と悲観的になる必要は全くありません。

また、求人サイトでデザイン職の求人がどのくらいあるのかを調べることは就職を成功させるためには必要不可欠です。
より多くの選択肢を見つけることで、自分が理想とする職場を見つけることができます。

履歴書や職務経歴書の書き方についても、よく知らないまま作成していては書類選考の段階ですぐに落とされてしまいます
私たち第二新卒エージェントneoでは、書類の書き方をはじめ就職活動にかかわる全般を丁寧にサポートしますので、エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

▶フリーターの女性だからこそ考えたい。仕事のやり方とメリット・デメリット

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ