第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

フリーターと正社員の違いとは?社員に就職すべき?アルバイトを続けた場合と就活方法

フリーターとしてアルバイトを続けるのと正社員で働くのでは、一体どんな部分が違うのでしょうか。

生涯賃金が違うと聞くけど、アルバイトの方が手取りが多そうだし休みも取れそうと考えている方もいらっしゃるでしょう。

お金や待遇だけでなく、今後の生活に与える影響なども含めフリーターと正社員の違いと就職するメリットをまとめました。

「自分に合った仕事は?」おまかせで仕事のプロに無料相談!

フリーターと正社員のお金について

フリーターと正社員では一生で貰える賃金に大きな差があるなど、賃金の違いは皆さんも聞いた事があるでしょう。

しかし、職業にもよりますが大卒初任給の手取りは一般的に16万円程度。

それであれば「フリーターとして時給900円のアルバイトを1日9時間、月20日働くのと変わらないのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

また、「時給の高い深夜のバイトを長時間働いて勤務日数を増やせば、わざわざ会社に就職して正社員にならなくてもフリーター生活の方が稼げそう!」と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、実際はその限りではないのです。正社員が貰っている手取り以外の給与・報酬を含めて比較してみましょう。

毎月の収入

職業に限らず、正社員の給与額は額面に注目しましょう

額面とは給与支給額から保険料などを天引きする前の金額であり、この額が額面=実際にもらっている給与になります。

さらに正社員はフリーターと違って賞与残業手当などもあるため、単純な手取りと労働時間で計算してはいけません。

正社員とフリーターの給与を比較する際に気をつけてほしいポイントが年代ごとの違いです。正社員であれば、定期的な昇給や職能・役職による手当など給与の上昇が見込めます。

求人のモデル年収を見てみると、年代や役職によって大きな差が出ているのはこの昇給制度のためです。

しかし、フリーターであれば定期的な評価と昇給がある職場の方が少なく、何年労働していてもほぼ同じ時給で働くことになるといった事も珍しくありません。

そのため年々貰える額の差は広がってゆき、生涯賃金に大きな差が生まれてくるのです。

生涯賃金

“生涯賃金”とは、ひとりの労働者が生涯にわたって得る賃金の総額で正社員とフリーターで比較すると、なんと2億円もの違いがあるとも言われています。

具体的には大卒正社員では2億5千万円、アルバイトでは6千万円程度と言われています(22歳~60歳まで38年間勤務した場合)。*

前述の通り正社員の年収は職業に関係なく右肩上がりのため、最初に貰える額がフリーターと変わらなかったとしても5年後、10年後は大幅に違う額になります。

さらに、退職した後も正社員として勤務を続けていれば退職金がもらえ、さらに天引きで納付していた年金も支給開始されるので退職後もまともな生活を続ける事ができます。

しかし、フリーターであれば退職金などはなく、職業に関わらず体力的にも60歳までアルバイトを続けられる事の方が稀です。アルバイトはもちろん若い方ほど優遇されるので、年齢と共に市場価値が下がってしまいます

(*)参照元:ユースフル労働統計 2017

福利厚生

正社員であれば、家賃補助家族手当など通常の給与に加えて手当が支給されます。

さらに正社員においては役職が上がれば役職手当などの支給もあり、想定以上の給与が支給される事もあります。

また、直接支給される福利厚生の他にも会社が保有している宿泊施設などが利用できたり、提携しているスポーツジムや飲食店を割安で使うことなどが出来ます。

フリーターと正社員の休日・休暇ついて

一見、フリーターは休みが多く、正社員は休みが少ないと思う方もいらっしゃると思います。

しかし、実際はその限りではなく、職業や業務・労働内容によっては制度が充実している正社員の方が休暇が充実している場合もあるのです。

なぜそう言えるのかを具体的にみていきましょう。

毎週の休み

基本的に正社員であれば休日は固定(交代制もあります)であり、会社の規定により最低の休日日数は決まっています。

休日出勤などであれば代休制度を利用するなど、会社の規定として制度は決まっております。一方フリーターであれば、シフト制の職場である限り、ある程度希望を出す事ができます。

しかし、時給制のため会社の規定で最低の休日日数が決まっていることは少なく、代休などの制度も無いことがほぼです。

長期休暇

正社員であれば、会社にもよりますが夏季休暇や年末年始休暇など長期休暇があります。さらに、慶弔休暇や年休など通常の休日とは別の休暇がもらえます。

最近ではバースデー休暇などの記念日休暇や、リフレッシュ休暇などの新しい休暇制度を導入する企業も増えております。一方、フリーターであれば休みはある程度自由に取る事ができるでしょう。

しかし休めば休むだけ給与が下がるのはもちろんのこと、他のアルバイトの方との仕事の兼ね合いもあるので、年に何回も長期休暇を取ることは難しいでしょう。

フリーターと正社員の社会的信用・キャリアの違いついて

正社員で雇用されるということは、単純な報酬の面だけでなく社会的な信用を得る事でもあります。将来的な面も含めて比較してみましょう。

ローンなどの審査

正社員は賃金などの直接なメリットだけでなく、社会的に有利になるといった点もあります。

車や家など大きな買い物をする際にローンを組もうと思っても、フリーターでは審査に通らないという事も珍しくありません。また、クレジットカードの金融機関の審査も通りにくいのが現状です。

どれだけ高時給のアルバイトであってもどのような職業であっても雇用形態で判断されるので、手取りが高くともアルバイトであれば審査には通りにくいのです。

雇用、将来の安定

雇用の安定といった面においても、正社員とフリーターでは大きな違いが有ります。

正社員は法律で守られているので簡単には解雇されることがありません。しかし、アルバイト契約であれば、雇用主からの一方的な通告で解雇することができます。

そのため、正社員で働くことは安定した生活への第一歩なのです。近年では、正社員でもいつ会社が潰れるかわからないから安定していないとの声もあります。

しかし、フリーターであれば尚更雇用は安定しません。

さらに万が一勤め先が倒産してしまっても、正社員であれば今まで務めた職歴があり、会社倒産という正当な理由もあるため、正社員になっておけば転職活動においても大きなマイナスになることは少ないです。

一方アルバイト雇用であれば、長く勤め年齢が上がるほど仕事内容を変えての応募が難しくなるため、また同じ様な環境を探す事になってしまいます。

できる仕事の幅も違う

フリーターの仕事で身につくスキルは、同じ仕事内容で活かせるものがメインになります。例えば、コンビニのアルバイトであれば、レジ打ち・品出し・清掃など、特定の場面でのみ使えるスキルになります。

そのため、スキルを活かしての就職や転職は同業界のみに限られてしまう事がほとんどであり、別の仕事に就くためには未経験歓迎の求人へ応募する必要があります。

正社員としてスキルを積んでいれば、転職や何らかの理由により再就職する際にも、様々な選択肢があります。

例えば営業職として仕事をしていれば、仕事によっては営業力や交渉力だけでなく、企画や資料作成、PC操作、事務処理など他の方面のスキルも身についていることがあります。

さらには、ビジネスマンとしての地力や知識も付いているので別業界・別職種への挑戦も可能です。

仕事えらびのコツをつかめば、後悔しない就職ができる

ここまでお話しすると「正社員で就職してみたい」と思う方もいるかもしれません。また、「どんな仕事がしたいだろう?」と具体的な採用情報を探している方もいらっしゃると思います。

しかし、その前に仕事選びのポイントを知っておきませんか?

この記事では、実際にフリーターから正社員になった先輩が後悔した事例や正社員になるタイミングは”早いほうがいい”ということを

  • アルバイト経験は社会人経験として見なされない場合が多いこと
  • 若さも採用されやすい理由になる

という2点に基づいてまとめています。また、すぐにやめたくならない仕事選びのコツについてもポイントをまとめています。

というのも、就職に成功して働き始めたらアルバイトの時より仕事を辞めにくい環境になるからです。

せっかく手に入れた仕事をやめたくならないために「入社後に活躍できる仕事に就いて高い意欲をもって働き続けられる環境を手に入れること」を意識して就職活動をすることをおすすめしています。

仕事選びに後悔したくない方にぜひ一度読んでいただきたいです。

就職に必要な書類や面接の準備も行っておくと就職活動が上手く行きやすい

就職するか悩んでいても就職活動が怖くて先に進めない方もいるかもしれません。

しかし、お伝えしたいのは「就職活動を始める際に書類に書く内容や面接の質問も先に対策できていれば怖がる必要はない」ということです。

就活に必要な履歴書に書く志望動機は「なぜこの会社で働きたいのか」を採用担当者に分かりやすく伝えるもので、企業の方針や将来の展開を調べて「自分の経験や大事にしている考え」を書くことが大事です。

面接で必ず聞かれるフリーター期間の理由についてはあなたの状況に合わせて回答する内容を変えて、真摯に面接官に伝えることが大切です。

もちろん、フリーター期間にアルバイトを続けていた人、資格の勉強をしていた人、家庭のために過ごしていた人の回答は違って当たり前です。

また、実は志望動機で書かないほうがいいこと、面接のときに気をつけるべきポイントもあります。

詳細に関しては別の記事ページにまとめていますので選考を受ける前に確認して、第一志望への合格率を上げましょう。

書類選考が通過しないことに悩む前に確認したいこと

就職活動の流れとして履歴書職務経歴書を提出する「書類選考」に通ったら面接に進むことが一般的です。

しかし就活をしていく中では書類だけで落とされてしまい、なぜ落ちてしまったのかわからずにもやもやしている方もいらっしゃることでしょう。

応募書類に不備があったり内容が薄かったりすると、面接にたどり着けぬまま落ちてしまうことが多々あるのです。

履歴書や職務経歴書がその企業の採用者が初めて自分の内面を「表面的」に知る重大なタイミングだからこそ、これらの応募書類に書くべきことや理想の書き方などを知っておくと一気に内定が近づきます。

また応募書類作成時にはアルバイト経験しかない場合の職歴の記載の仕方など難しい要素が多いため、よくわからぬまま作成してしまうと失敗を繰り返してしまいます

このコラムでは他にも履歴書は手書きとパソコンでの作成どちらにするべきかそもそも職務経歴書がどんなものなのかなど、書類選考通過のための履歴書や職務経歴書の書き方のポイントを解説しています。

就活が不安な方へ。フリーターから就職を成功させた人はこんなにいます!

経済的な不安や雇用の不安定さから、正社員になりたいと考えているフリーターの方は多くいらっしゃいます。

その中でも「今までずっとフリーターだったからまともな職歴もないし、正社員に就職できずに失敗するんじゃないか・・・」と不安な気持ちをご相談いただくことも少なくありません。

もし同じ気持ちの方がいらっしゃいましたらフリーターから正社員に就職成功た先輩の体験談を読んでみてくださいね。境遇の似た先輩もいるかもしれません!

まとめ

フリーターと正社員では、給与などの目に見える待遇以外でもその後のキャリアや生活において大幅な違いが出てくるのが現実です。

今がよければその後の人生の事は気にしないとお考えの方にはオススメは出来ませんが、将来より良い生活を送りたい方は正社員へ就職し、安定した生活を送ることをぜひ目指しましょう。

正社員就職を無料で手伝ってくれるサポートに申し込む