第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

ニート(NEET)が就職支援もらえるところの紹介!正社員就職って難しくない!

ニート(NEET)である状態から抜け出し、正社員就職をしようとしても、就職活動が上手くいかず、一人で悩んでしまう人もいるでしょう。そのような人には、就職をサポートする団体や民間企業に相談するのがおすすめです。今回の記事では、ニートが正社員就職を始める際に知っておきたいことや、就職支援をおこなっているサービスについて説明します。

ニートが正社員就職を始める時に知っとく方が良いこと

ニート(NEET)という言葉は元々イギリス英語で、「Not in Education, Employment or Training」を略したものです。その言葉が示すとおりニート(NEET)
とは学校に通わず、働かず、職業訓練をおこなわない人
のことを指しています。

ニートは自由な時間が多く、働いてストレスを溜める心配がないということで、みずからニート生活を選ぶ人もいるでしょう。しかし、ニート生活を長期間続けられる人はごく一部の人だけです。

現在、ニートの高齢化が社会問題となっています。年齢を重ねる前に、ニートの将来的なデメリットについて知っておく必要があるでしょう。

ニートの状態であったとしても、働いていない理由、就職活動をしていない理由は人によってさまざまです。就職活動に失敗したり、病気やケガで働けなかったり、資格取得や進学のための勉強をしているなど、多くの理由があります。

対人関係を上手く構築するのが苦手であったり、自分の能力に不安があったとしても、生活が困窮すれば無理にでも働きに出ようと考えるかもしれません。

しかし、人によっては親が面倒を見てくれたり、しばらく働かずに過ごせるだけの貯金を持っている場合もあります。将来を不安に感じていたとしても、すぐに働きに出る必要性を感じられず、なかなか社会復帰できないケースも多いです。

たとえニート生活が快適であったとしても、一生遊んで暮らせるだけの財産がなければ、その生き方を続けることはできません。人生のどこかで行き詰まってくる可能性が非常に高いでしょう。

家族のサポートが十分であるからといって、ニートとしての生活を続けるのが最善かというと、そうではありません。一時的には楽に感じられるかもしれませんが、後々困ることになってしまいます

親からのサポートは、一生受けられるわけではありません。数十年後になくなる可能性もあれば、突然サポートを受けられなくなる場合もあります。

そうして稼げる能力のないまま社会に放り出されたとき、ニートはどのように生きていけばよいのでしょうか。お金を長期間稼ぎ続け、安定した生活を送るためには、一時的にではなく、継続的に収入を得られる方法を持っておく必要があります。

ニートのままでいることに不安を感じ、正社員になろうとしても、年齢の壁が立ちはだかることがあります。20代のうちであれば、一時的にニートであっても面接で熱意を見せることができれば正社員となることも夢ではありません

しかし、30代40代となると一気に正社員となるのが難しくなります。履歴書の職歴に記載がなければ、面接で必ず理由を聞かれるでしょう

資格の勉強や一時的な体調不良など、納得させられる理由があれば良いのですが、ニートの期間が長引けば長引くほど、理由を説明するのが難しくなります。

また、正社員の募集自体にも年齢制限があるので、将来的に正社員を目指すのであれば、なるべく早めに行動するのが良いでしょう。

ニートのままでは経済的な不安が解消されないので、長い目で考えると、やはり若いうちから正社員を目指すのがおすすめです。将来的に結婚して、経済的に安定した家庭を築きたいのであれば、なおさら早めに安定した職に就くのが望ましいでしょう。

社会人としての経験は、将来のための貴重な財産となります。ニートから正社員が難しければ、まずはフリーターになることから始めてみるのもひとつの方法です。

正社員の面接に通るのが難しくても、アルバイトであれば採用してもらえるかもしれません。正社員登用制度のあるアルバイトにチャレンジしてみるのも良いでしょう。上手くいけば、アルバイトとしての働きを認めてもらえて、正社員への道が開けるかもしれません。

ニートから正社員となるためには、どのようなマインドセットを知っておけば良いのでしょうか。ニートの人は、自信を持てず、マイナス思考に陥りやすい人が多いです。

学校を卒業後に正社員になろうとしても、就職活動が上手くいかず、自信を失い、家に引きこもってしまうケースもあります。特に、人とのコミュニケーションが苦手で、面接で上手に自己PRができない人は、内定を勝ち取るのに苦戦しがちです。

圧迫面接によって就職活動がトラウマとなってしまい、気力が失われ、ニートとなってしまうこともあります。

まわりの友人が卒業後すぐに就職するなか、なかなか内定をもらえないとなると、自分の能力に問題があると感じてしまいやすいものです。そのような状態から這い上がるためにも、考え方から根本的に変える必要があります。

面接が得意な人と不得意な人は確かに存在します。しかし、面接が苦手であっても仕事ができないとは限らないこと、事前の準備次第で採用率を高めることができることを知っておきましょう。

たとえコミュニケーション能力に長けていても、実際の仕事となると上手くこなせない人もいます。面接が苦手で就職活動が上手くいかないのであれば、事前に想定される質問を網羅し、入念にシミュレーションをおこなうことが大切です。

また、採用される確率を上げるにも資格を取得したり、スキルを磨いておくと良いでしょう。英語ができる、パソコンが使えるなど、アピールの材料をできるだけ増やしておくことが肝心です。

単に資格やスキルを面接官に印象づけるためだけでなく、自信を深めることができるというメリットもあります。就職活動は社会人として働くための第一歩となりますが、そのスタートに失敗したからといって、あきらめる必要はありません。

たとえ、一度正社員やアルバイトとして働いたことがあったとしても、仕事が上手くいかず、ニートになってしまう場合もあるでしょう。再び社会復帰しようにも、以前の社会人経験がトラウマとなってしまい、次の一歩を踏み出せなくなることもあるかもしれません。

本来は仕事を問題なくこなせる人であったとしても、人間関係や会社の待遇が悪ければ、ストレスで精神的に追い込まれてしまいます。

特に人間関係に関しては、会社を選ぶ際に確かめるのが難しく、運にも左右されがちです。一度働けなくなったとしても、再就職をあきらめる必要はありません。自分を否定せず、前向きに考えていきましょう。

就職先を決める際には、その仕事が自分に向いているかどうかも重要なポイントとなります。たとえば、商品を相手に売り込むのが苦手で営業職ができなかったとしても、窓口での接客であればできるかもしれません。

また、事務作業でミスが多い人でも、トラックの運転であれば難なくこなせる場合もあります。重要なのは、仕事が上手くいかなかったとしても自信を失わず、自分に合った仕事なのかを冷静に分析することです。

そして、世の中に存在する仕事を徹底的に調べ、どの仕事であれば向いているのかを考えてみましょう。もしかしたら、今まで気づかなかっただけで、自分の力を発揮できる天職が見つかるかもしれません。

ニートから正社員となるためには、成功するための考え方を知っておくことが大切です。ニートの期間が長引くと、誰かと会うのが億劫になったり、ネガティブな思考にとらわれてしまうこともあります

けれども、ニートとなってしまった原因を客観的に分析し、自分の強みを見つけることで、前向きに社会復帰を目指すことができるでしょう。

一人での就職活動が難しい理由

就職活動は一人でおこなうこともできますが、モチベーションを保つのが難しかったり、自分に合った仕事探しを効率的におこなえないこともあります。ニート生活が長引くと、誰かと会話をする機会も少なくなり、面接で上手く会話ができない場合もあるでしょう。

就職活動の成功率を高めたいなら、誰かに協力を仰ぎつつ成功への近道を探すのが得策です。頑張り過ぎて心が折れてしまわないよう、一人での就職活動が難しい理由について知っておきましょう。

ニート生活を続ける人のなかには、外へほとんど出ることなく、誰ともコミュニケーションを取らずに生活する人が多くいます。生活が限られた範囲で完結していると、異なる考え方の人と話す機会がなく、考え方の幅が狭まってしまいがちです。

正社員としての就職を目指すにしても、具体的に何から始めれば良いのか分からなくなることもあります。また、就職活動で悩んだときに相談できる相手がいなければ漠然とした不安感を解消できず、モチベーションが下がってしまうかもしれません。

自己分析や業界研究が大事だと分かっていても、誰からのアドバイスもなく、自分でおこなうのは大変です。たった一人で内定までたどり着くのは、努力と強い意志が必要となります。

自分に合った企業を見つけるためには、業界研究を入念におこなうことが重要です。しかし、求人サイトの情報や企業のwebサイトを眺めても、実際の仕事内容や雰囲気をつかみにくい場合があります。

そもそも、すべての職種のなかから、自分に最適な職種を探すだけでも一苦労です。興味のある職種のなかから、気になる求人をピックアップしつつ、就職支援を利用して情報を得るのが望ましいでしょう。

第三者の協力を得ることで、効率よく自分の希望に近い求人を探し出せるようになります。

ニート生活を終えるために就職活動をするにしても、正社員として採用されること自体をゴールにせず、その先を見据えておくことが重要です。

せっかく入社したとしても、仕事内容がどうしても自分に合わなければ、働き続けるのは難しくなります。フルタイムで働くなら、なるべく興味を持てて、苦痛にならない仕事を選ぶのが良いでしょう。

漠然としたイメージで業界や職種を決めてしまうのではなく、先に自己分析を真剣におこなう必要があります。

興味があるかという点だけでなく、自分が得意なことに焦点を当てるのもひとつの方法です。それほど興味が湧かない仕事だとしても、センスがあれば苦もなくこなせるかもしれません。

就職支援を受ければ志望動機や自己PRの書き方を教えてもらえるのも良い点です。履歴書の書き方に慣れていなければ、何が正解なのかが分からず、時間がかかってしまいます。

面接で好印象を与え採用してもらうためには、企業が求める人材を知り、それに合わせて適切に自己PRすることが大切です。就職支援を受けることで自分の書いた志望動機や自己PRの内容を添削してもらえるので、就職活動の成功率を高めることができます。

ニートが自分で求人に応募し、企業の面接を受けるとなると、ハードルの高さにひるんでしまうかもしれません。

そのような場合は、まずは就職支援サービスを利用し、誰かに相談してみるのが良いでしょう。一人で抱え込んでいる悩みを誰かに話すことで、不安が消え、準備万端の状態で面接を受けられます。

中卒ニート(NEET)が正社員就職するための仕事探し。学歴不問の求人が狙い目

仕事探しについて考える前にまず気になるのが、そもそも中卒・ニート・職歴なしでも働ける場所があるのかどうかではないでしょうか?

不利な条件が揃っている状況の場合企業側が雇ってくれるのか、正社員として仕事に就けるのか不安に感じてしまうのも無理はありません。

しかし世の中には沢山の求人が出されており、それらの中には学歴・職歴・経験不問という求人も意外と多いのです。

しかもいわゆるブラックと言われるような悪条件の求人ばかりではなく、健全な企業からも募集が出されていますので中卒でも、ニートでも、職歴なしでもチャンスは十分にあります。

従って学歴や肩書きを理由に簡単に諦めの心境になる必要はなく、十分前向きに考えることができるのです。

しかし中卒・ニート・職歴なしの三拍子が揃っている場合アピールポイントが少ないことが就活においてネックに捉えられがちです。

そこで大事になってくるのが「自分には何ができるのか」をしっかりと整理、把握することです。そのためには自己分析が大切であり、自分のことを深く知らなければいけません。

さて、ここではニートが正社員に就職するための仕事探しについて言及していきます。もっと読みたい方はコチラ!

就職支援できるところは?

就職活動に不安を抱えていて、一人で悩んでいる場合は、若者の就職支援をしているところに相談してみるのがおすすめです。相談できる場所としては、ハローワーク、自治体、民間団体、就職エージェントなど、さまざまな選択肢があります。

それぞれのメリットとデメリットを知ったうえで自分にとって最適なサービスを利用することが、採用への近道です。就職支援サービスで気になるものがあれば、気軽に登録してみると良いでしょう。

ハローワーク

ハローワークは厚生労働省の機関で、「公共職業安定所」が正式な名称です。全国各地に設置されており、求職者への就職支援のほか雇用保険の手続きもおこなえます。

就職活動に関する相談や職業訓練など、就職するためのサポートをしてもらうことが可能です。ハローワークのメリットとしては、求人登録の際に企業側の金銭的な負担がないため、求人登録数が多いことが挙げられます。

また、ハローワークは全国各地に設置されているため、地元での就職先を探している人は利用しやすいでしょう。窓口で職員に相談すれば、企業に対する疑問点などを、電話で直接確認してもらえます。

ハローワークのデメリットは、中小企業の求人が多く大企業が少ないという点です。また、専門性の高い職種の募集も少ないので、ハローワークの求人だけではなく、他の就職支援サービスを併用した方が良いでしょう。

また、ハローワークは求人登録が無料であるためブラック企業の求人が混ざっていることがあります。求人票の内容と実態とがかけ離れていることもあるので、注意が必要です。離職率が高いとしてもそれを事前に見極めるのは大変で、求人票を選別するには時間がかかります。

自治体(地方)

自治体が運営する若者向けの就職支援施設としては、ジョブカフェが挙げられます。ジョブカフェの正式名称は「若年者のためのワンストップサービスセンター」です。

46の都道府県に設置されていて、職場体験、セミナー、カウンセリング、職業紹介など、若者向けの就職支援をおこなっています。

自治体によって上限年齢が異なる場合がありますが、原則として15歳から34歳までの若年者が対象の施設です。就職支援を受けたいニートやフリーターが気軽に相談できる場所となっています。

ハローワークの場合は高年齢の求職者もいますが、ジョブカフェは若者向けの情報が集められているのが大きな特徴です。複数名でおこなうグループワークもあるので、同じ世代の人と仲良くなりやすく、内定に向けて一緒に頑張ることができます。

ニートとなった人のなかには、同世代の人と関わるのが少なくなりコミュニケーションを取るのが苦手になってしまった人もいるでしょう。

ジョブカフェで同じ境遇の人たちとの交流を深めることで、コミュニケーションに慣れたり、モチベーションの向上にもつながります。また、求職者本人だけでなく、保護者向けのセミナーなども開催されているので、子どもの就職で悩んでいる方にも利用されています。

ジョブカフェのメリットは地元の求人を見つけやすいという点です。基本的に求人は都市部に集中しており、地方には就職支援をしている民間企業が少ない傾向にあります。

一方、ジョブカフェであれば全国各地に施設があり、地元密着型の企業を探しやすいでしょう。また、その名前のとおり、カフェに通う感覚で気軽に就職支援を受けられるのも良い点です。

対象年齢に当てはまる人であれば、正社員であっても、ニートやフリーターであっても誰でも利用できます

ジョブカフェのデメリットとしては、同じジョブカフェという名前であっても、地域によってサービスの充実度が異なる場合があるという点です。

また、住んでいる場所によってはジョブカフェまで通うのが大変で、効率的に仕事を見つけるのは難しいと感じる人もいるでしょう。また、希望条件によってはジョブカフェだけでなく、エージェントなど複数のサービスを併用する方が良い場合もあります。

民間団体

民間団体が運営している就職支援サービスの代表としては、地域若者サポートステーションが挙げられます。愛称はサポステで、厚生労働省が認定したNPO法人や株式会社によって実施されています。

全国175箇所に設置されていて、どの都道府県に住んでいても利用可能です。対象年齢は15歳から39歳までとなっており、家族からの相談も受け付けています。

セミナーを受講したり、キャリアコンサルタントに相談したり、職場見学や就労体験をおこなうなど、さまざまな就職支援が用意されています。

地域若者サポートステーションのメリットは、精神的なサポートが充実しているという点です。働いていない期間が長く、自信を失っている人でも就職できるように、話しやすい環境をそろえています。

キャリアコンサルタントや臨床心理士に相談することで、働くことへの不安を解消し、自立のための一歩を踏み出せるのがメリットです。

また、遠方で地域若者サポートステーションに通い続けるのが難しい場合は、学校や公的施設を利用した出張相談や、メールや電話でのサポートを利用できます。また、高校中退者や進路が決まっていない卒業生に対しての就職支援にも長けています。

地域若者サポートステーションの利用で意識しておきたいことは、基本的に職場紹介を主とするサービスではないという点です。専門家に相談したり、職場体験やセミナーを受けたりすることはできます。

しかし、職場紹介を受けたい場合はハローワークやジョブカフェ、就職エージェントなど、他のサービスを利用する必要があるでしょう。また、施設によっては担当者の評判が悪い場合もあります。

気軽に相談できる点は良いですが、担当者との相性が悪い場合は地域若者サポートステーションだけにこだわらず、他の就職支援サービスも検討してみましょう。

就職エージェント

就職エージェントとは、就職したい人と人材を探している企業をマッチングさせるサービスのことです。履歴書やの書き方、面接に通りやすくなるコツなど、一人では対策しづらいところを徹底的にサポートします。

企業選びをプロのアドバイザーに相談して客観的に分析してもらったり、自分に合った企業を紹介してもらうことが可能です。求職者の希望や適性に合わせて、仕事を探してもらえます。

紹介された仕事に興味がなければ、断っても問題ありません。納得のできる仕事が見つかるまで、根気強く対応してもらえます。

ちなみに、就職エージェントは無料で利用することができます。なぜなら、求職者が利用料を支払うのではなく、採用者が決まると企業から就職エージェントに報酬が支払われる形となっているからです。

そのため、行政がおこなっている就職支援よりも手厚いフォローを受けられたり、積極的に求人を教えてもらえる場合が多いでしょう。無料で利用できるうえサポートが充実しているということで、求職者にとってはメリットの大きいサービスといえます。

また、就職エージェントのみに情報を掲載している企業もあるので、就活サイトでは見つからなかった条件の良い非公開求人を見つけられるかもしれません

就職エージェントを利用するデメリットとしては、会社と直接やり取りするのではなく、就職エージェントを通す必要があるという点です。質問したいことがあれば、基本的には、就職エージェントの担当アドバイザーに一旦相談する形となります。

折り返しの連絡が増えるため、連絡が大変と感じる人もいるでしょう。ただし、企業に直接聞きづらいことでも確認しやすいというメリットもあります。

また、担当者と相性が悪く、就職活動がスムーズに進まないことがあるかもしれません。そのようなときには、担当を変更してもらうのもひとつの方法です。

既卒や第二新卒など若年層の就職活動で悩んでいる場合は、私たち第二新卒エージェントNEOにお任せください。面接対策や職場紹介だけでなく、面接の日程調節や面接後のフィードバック、内定後のアフターフォローなど、細かいところまで徹底的にサポートします。

ニートもしくはフリーターの方でも大丈夫ですので、気軽にご相談ください。内定が決まった後にビジネスマナーなどの研修を受けることができるので、社会人経験がない人でも安心です。入社後にも担当アドバイザーが相談にのり、全力でサポートします。

フリーターが就職するには?就活対策やおすすめ職種、フリーターと正社員の違いなど公開

フリーター生活から正社員への就職を考えたものの、何から始めればいいのかわからない!という方も多くいらっしゃることでしょう。

まず、皆さんは自分がどうして正社員に就職したいと思ったのか、明確に把握できているでしょうか?

フリーターの就職活動においては、自分が納得できる理由や希望を軸に就活をすすめることが成功への近道となります

お金をたくさん稼ぎたい、プライベートを充実させたい、安定した雇用に就きたい、将来の生活を豊かにしたい、将来起業したい・・・。

仕事探しを行う際には、それぞれの希望に沿った企業や職場を探す必要があります。ぜひ今一度、自分の心の声に耳を傾けてみてください。

また、正社員とフリーターの生活の違いを知ると「今すぐ正社員になりたい!」と感じる方も多いかもしれません。このコラムではそれについても記載しています。

他にもだいたいどのくらいの期間で就活を成功させるようにゴールを設定すべきかなど、これから正社員を目指す方に知っていただきたい情報がたくさんあります。

ぜひ就活に必要なポイントを押さえ、フリーターから正社員になるために必要な情報を知ってください!もっと読みたい方はこちらをCheck!

【体験談】フリーターから就職を成功させた人はこんなにいます!

「今までずっとフリーターだったからまともな職歴もないし、正社員に就職できずに失敗するんじゃないか・・・」と不安な気持ちでいっぱいの方も少なくないと思います。

しかし、実はこんなにたくさんのフリーター出身の方が正社員就職に成功しているのです。ぜひ体験談を読んで安心と勇気をもらいましょう!

おわりに、「仕事探し」って実は難しくないんです

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。
本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか...。

「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

でも、「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」、言ってしまえばこれだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いているそこのあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ、私たち第二新卒エージェントneoに頼ってください。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

20秒で終わる会員登録はコチラ