第二新卒や高卒、フリーター向けの
就職 / 転職支援サイト【 第二新卒エージェント neo 】

相談予約はこちら

就職/転職に有利な情報を探す

就職/転職に有利な情報を探す

閉じる

【フリーターが就職するための志望動機】どうやって作るの?

就職活動に向かうにあたって、最初にぶつかる壁は志望動機ですよね。その企業に採用の可否は志望動機で決まると言っても過言ではありません。では、志望動機は一体どのように書けばよいのでしょうか?今回は、志望動機の書き方のコツとポイントについてご紹介します。

まずは業界研究と企業研究!

志望動機を書くには、まず希望する業界について調べる必要があります。
自分の希望する業界の特徴や現状、将来性や成長性などを知ることで、自分の経験や適性をその業界でどのように役立てることができるのか、業界の発展のために自分には何ができるのかという観点から自分をアピールすることができます。

▶業界研究のやり方はこちら

業界研究を終えたら、次は希望する企業の企業研究を行いましょう。

採用担当者は、きちんと企業研究をしているかどうかをしっかり見ています。業界内でのその企業のポジションや役割、展望、企業が求める人物像などと自分の経験や特性を照らし合わせて、自分をアピールできる志望動機を作りましょう。また、他社と比較してどうなのかということまで調べておくとより理解が深まるのでおすすめです。

▶企業研究のやり方はこちら

自己分析を自己PRに生かす

自己分析とは、自分自身を分析し、理解することです。自分のことは自分が一番よく分かっているような気がしていますが、意外と自分のことはわからないものです。これまでの経験から得た価値観や夢、人間性をしっかり分析、理解したうえで、自己PRにつなげなくてはなりません。自分の能力や経験を企業運営にどのように役立てることができるのかということを書くとより深い志望動機になります。
また、企業は採用の際に、就職希望者が自社の社風や経営方針に合致しているかということを見極めています。どんなに高学歴で人間性に優れていても、その企業の経営方針に合致しない場合は採用を見送られることもあります。企業の経営方針や社風をしっかり理解したうえで、自分の能力や経験がそれらに合致しているということを証明できたらより個性的な志望動機になるのでお勧めです。

▶自己分析のやり方はこちら

文章構成のポイントと面接のポイント

志望動機を書く際には、まず結論から書くのが鉄則です。先に結論を書くと、読み手はその結論を頭の中に置きながら次の文章を読むため、より理解が深まるのです。

説得力のある文章を書くには次の構成で書くのがベターです。

  1. 結論
  2. 業界研究や企業研究の成果
  3. その企業で成し遂げたいこと、自己PR

結論は簡潔でインパクトのある表現を使うのがオススメです。
また、面接では、フリーターの方は新卒者と差別化をはかった志望動機が求められます。新卒とは違うフリーターの方ならではの志望動機を考える必要があります。さらに、履歴書やエントリーシートの内容と全く同じ志望動機を語るのはあまり好まれません。より深堀りした受け答えをしましょう。

自信を持って前向きな自己アピールをしてみよう!

志望動機は就職活動の中でも大変比重が大きく、それだけ労力もかかります。フリーターの方は「学校生活以外の部分で経験が豊富である」という前向きな自己アピールにつなげるのも一つの方法です。自信を持って志望動機を作成してみましょう。

おわりに、ブラック企業への就職/転職をしたくない方

私たち第二新卒エージェントneoは、本当の意味で安心できる企業をご紹介いたします。一度学校(中学や高校、大学)を卒業してしまうと、いわゆるネームバリューのある人気企業への就職は難しくなってしまいます。しかし、人気の企業に勤める事が、若手が安心して長く働ける事であるとは限らないのです。

私たちは、知名度にかかわらず、社員を大事にして安心して働ける求人をご紹介いたします。社風や環境、やりがいなど、働く上で本当に価値有る企業の求人をご紹介いたします。

20秒で終わる会員登録はコチラ